中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


佃島4稲荷社初午祭・地口行灯の風情

[サム] 2017年2月13日 12:00

DSC03691'ELS.jpg 

DSC03695RS'G.jpg 2月12日は初午。

旧佃島地区には稲荷神社が3個所4社鎮座しています。

一部(上町)には、住吉神社の境内社のひとつで、明治2年、大伝馬町1丁目より遷座したとされる「入船稲荷神社」。

二部(下町)には、佃島の開祖森孫右衛門一族が奉祀した屋敷神が発祥とされる「森稲荷神社」。

三部(東町)には、玉垣の刻銘に元漁師町の残影を残す「浪除稲荷神社・於(御)咲稲荷神社」。

稲荷神社の総本社、京都伏見稲荷大社の祭神が臨降したとされるのが、和銅4年(711年)2月初午の日。

豊作を祈る農村のお祭りが原型となり、稲荷信仰が結びついたのが「初午祭」とされます。

江戸時代、初午祭には、地口(駄洒落の意)の絵行灯が神社を飾り、賑わったとされますが、佃地区には、今でもその風情が残っています。

芝居などの台詞や成句などを捩(もじ)ったもので、飾られた行灯のひとつは「ゑんま舌の力もち(縁の下の力もち)」と読めます。

祭典の運営は佃住吉講の講員があたり、10:00から住吉神社平岡宮司が各稲荷神社を回り、修跋式が執り行なわれます。

神饌として油揚げの他、酒、海の幸、山の幸等々が供えられ、各々の神社名を染め抜いた奉納旗が並び、太鼓の音が響き、祭りムードを盛り上げています。

 

 

「獺祭」スイーツ―バレンタインに如何?

[滅紫] 2017年2月13日 08:00

100_2244.JPG 100_2243.JPG

100_2165.JPG 100_2166.JPG

デパートもスーパーもバレンタインフェアたけなわの今日この頃ですが、先週までは確かコンビニには「恵方巻」の大きな宣伝ののぼりが・・・・忙しいですね。有名店のチョコレートも百花繚乱でどれも洒落たパッケージで美味しそうで目移りしてしまいます。何かちょっと違ったものはないでしょうか?思い出したのは昨年銀座店オープンをお知らせした「獺祭ストア」。確かあの時スイーツの中にチョコレートもあると伺った記憶が。早速お邪魔してみました。ありました!「獺祭二割三分」を使用したビタータイプとミルクタイプを組み合わせた3個入り(1296円)と5個入りの「獺祭チョコレート」。獺祭と一緒に召し上がるのも勿論ですが、他のワインやスパークリングにもぴったりの大人のチョコレートです。米ぬかで作ったバームクーヘン(2375円)もあります。獺祭ケーキ(1640円)もほのかなお酒の甘みで甘いものの苦手な方にも好評です。

一味違ったバレンタインギフトに如何でしょう?

 

獺祭ストア銀座  銀座5-10-2 GINZA MISS PARIS 1階

TEL 6274-6420

営業時間 11:00~20:00月~日・祝

 

 

江戸の伝統を今に伝える  ~ 漆器 黒江屋 ~

[rosemary sea] 2017年2月12日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をブラッシュアップして取材します、 rosemary sea です。

 

DSC01902a.jpg漆器の老舗、黒江屋さんは元禄2年(1689年)の創業です。

 

日本橋のたもとにのれんを掲げて300年、日本古来からの漆工芸の精緻を現在も守り続けています。

今回は入園・入学・就職シーズンを前に、それぞれのお祝い関係の品をここ、黒江屋さんの商品でご紹介させていただきます。

株式会社 黒江屋 取締役 支配人 田中さんにお話を伺いました。

 

DSC01885a.jpg

うめ お子様用汁椀・はし・スプーンセット

左が男の子用・溜内朱、右が女の子用・総朱です。

入園のお祝いに最適かと。椀は漆の手塗り、箸とスプーンも漆塗りです。

とても趣きのあるお品です。どちらも4,000円+税。

 

DSC01884a.jpg

蒔絵の入ったボールペン。各4,000円+税。

この価格帯のものが、お祝いですと出やすいそうです。

輪島塗のものですと2~4万円だそうです。

男性用ですと右から3番目の赤富士柄、女性用ですと左から2番目の桜柄がおすすめです。

 

DSC01890a.jpg

越前塗、富士山の描かれた飾皿。32,000円+税。

実用というよりこのように飾っていただくことが多いとか。

 

DSC01906a.jpg

こちらも越前塗の飾皿、絵柄は。32,000円+税。

とても華やかな一品です。贈られたら喜ばれますね。

富士山の飾皿とともに会社関係の昇進のお祝いに用いられることが多いそうです。

 

DSC01907a.jpg

屏風時計 中 赤富士、4,000円+税。

置時計もお祝いとして人気だそうです。値段もお手頃です。

赤富士の柄や桜の柄、いろいろな商品にこの絵柄があります。

 

DSC01899a.jpg

日本はし朱・黒ペアセット、木製 漆塗 2,400円+税。

こちらは定番商品です。

日本はし=日本橋になぞられた、黒江屋さんブランドの代表格です。

 

DSC01886a.jpg DSC01888a.jpg

店舗入り口左脇には有名な擬宝珠(ぎぼし)が展示されています。

ある経緯のもと、黒江屋さん蔵となった日本橋、あの橋としての日本橋の擬宝珠、橋のたもとにあったものです。

「万治元年戊戌年(1658年)9月吉日 日本橋御大工椎名兵庫」の刻印があります。

御大工の御とは幕府用達のことだそうです。

 

江戸東京博物館に江戸時代の日本橋の一部が復元されていますが、ここの擬宝珠はこの黒江屋さんのものを復刻されたもの。黒江屋さんのものが本物です。

黒江屋さんの歴史につきましては次回に詳しくご紹介させていただきます。

 

DSC01904a.jpg日本橋1-2-6 黒江屋国分ビル2階

03-3272-0948

営業時間  9:00~18:00

定休日   土・日・祝祭日

東京メトロ 日本橋駅 B9出口より徒歩1分

      三越前駅 B5出口より徒歩3分

日本橋からみて榮太樓總本鋪さんの手前隣り、2階です。

黒江屋さんのホームページはこちら ⇒ http://www.kuroeya.com/

 

 

超絶技法!インド細密画展〔ギャラリー銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年2月11日 09:00

銀座2丁目にあるギャラリー銀座2階で、現在、インド細密画の「モハメッド アリ カーン ゴーリ展」が開催されています

india010.JPG

インドミニアチュール絵画は、16世紀頃、高度な技法が使われ完成されたそうで、その難易度の高い技法を、現在に伝えるインド細密画展覧会です

細密画家アリ氏は、平成11年からこのギャラリー個展を開いているそうで、中央区での個展はここだけだそうです

india020.JPG

会場では、虫眼鏡)を貸してもらえますので、1つ1つの作品をじっくり鑑賞させてもらうことができます

india030.JPG

とにかく、アリ氏細密画のすばらしさをお伝えするには、実際に見ていただくしかありません

リスの尻尾の毛(細いそうです)で、インド細密画専用の紙に描かれた作品は、ものすごい集中力の持続によってひとつひとつ生み出されたのだろうなあと思いました

美しさ細密さすばらしいです

作品に見入ってしまうとはこういうことなんですね

india040.JPG

開催期間は、2月6日)から12日)までです。

開廊時間は、 午前11時から午後7時までで、最終日はまでとなります。

india050.jpg

ギャラリー内での写真撮影については、特別にアリ氏にご了解をいただきました

また、ご本人から流暢な日本語で、懇切丁寧な説明もしていただきました

ありがとうございます

ギャラリー銀座のHPはこちら ⇒

https://www.gallery-ginza.com/

 

 

「門出二人桃太郎」-猿若祭二月大歌舞伎―歌舞伎座

[滅紫] 2017年2月10日 18:00

100_2228.JPG100_2229.JPG100_2230.JPG

100_2231.JPG100_2232.JPG

中村勘九郎さんの二人の息子、5歳の七緒八くんと3歳の哲之くんがそれぞれ「三代目勘太郎」「二代目長三郎」を襲名しての初舞台。TV特集も組まれるほどの大評判とあって客席は満員。皆様のお目当ては「門出二人桃太郎」。二人の父親の勘九郎さんと弟の七之助さんの初舞台も30年前の同じ演目。祖父に当たる十八代目の勘三郎さんの初舞台も同じ桃太郎役の「昔噺桃太郎」でこちらは58年前。私は残念ながらこちらは見ていませんが、同行者は「見た」というのがご自慢です。さあ、幕が開きました。おばあさんは時蔵、おじいさんは芝翫、両親が勘九郎、七之助。犬、猿、雉が染五郎、松緑、菊之助。吉備津神社の神主夫婦が菊五郎、魁春という豪華版。二人がセリフを一言言ったり見得を切ったりする度に場内大拍手。口上もしっかり。後ろに控えている勘九郎さんの心配そうな顔はやはり父親の顔です。二人が今の勘九郎さんや七之助さんの年齢になるまで見続けることが出来るのかしら?ちょっと不安はありますが、これからの長い楽しみが増えました。

100_2233.JPG100_2234.JPG100_2235.JPG100_2236.JPG

100_2237.JPG100_2239.JPG

夜の部は「絵本太閤記」の「尼崎閑居」と「梅ごよみ」。「梅ごよみ」は随分見ていないなと思って上演記録を見ると前回は13年前でした。個人的には孝夫・玉三郎・勘九郎(十八代目勘三郎)の組み合わせが最高だったと思っているのですが、今回の染五郎・菊之助・勘九郎もとてもよく、菊之助と勘九郎の巽芸者のさや当てが面白い。それにしても菊之助さんはため息がでるくらいきれいです。同行者と「素敵!」「綺麗!」と他に言葉はないのかとボキャ貧を嘆いておりました。

昼の部は「猿若江戸の初櫓」(こちらも30年前と同じ演目)「大商蛭子島」「四千両」「扇獅子」です。

歌舞伎座は歌舞伎座稲荷がありますので2月の午の日には初午祭か二の午祭を行っています。今年は12日に初午祭があり、幕間にお汁粉がふるまわれます。これはこの日だけですが、地口行灯が今月公演中は3階に飾られていますので是非ご覧ください。幕間に3階に上がり撮らせてもらいました。売店で記念に吉備団子を購入。私の前の方は一人で10個も。どうされるのでしょうね。鬼がたくさんいるとか。・・・

100_2241.JPG

千穐楽は26日

お問い合わせはチケットホン松竹0570-000-489 10時~18時

 

 

ベルギービールと熟成肉のお店〔デリリウムカフェ ギンザ〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年2月10日 14:00

deliri009.JPG

銀座5丁目、晴海通り上にある、銀座4丁目交差点三原橋交差点のちょうど中間地点からちょっと入った三原小路の入り口にある、ベルギービール熟成肉のおいしいビアカフェです

deliri010.JPG

看板のピンクの象が印象的です。ピンクの象幸せのシンボルだそうです

本店は、ベルギーの首都ブリュッセルにあります

deliri011.JPG

ガラス張りのお店は開放的で、外を眺めながらの食事はとてもいい感じです

deliri001.JPG

品揃え豊富ベルギービールの選択に迷います

ワインリストも充実しています

deliri003.JPG

黒毛和牛門崎熟成肉ラグーを混ぜたチョップドサラダ」です

熟成肉のラグー、おいしいです

deliri004.JPG

ジャガイモのスペイン風オムレツ トマトソース」(左)とピクルスです

deliri005.JPG

イベリコ豚のソーセージと骨付きソーセージ」です

deliri006.JPG

生ウニのクリームパスタ こだわり生パスタ

生ウニ生パスタの組み合わせ、最高です

deliri014.JPG

石巻市雄勝湾直送のムール貝の白ワイン蒸し」です

ムール貝の身が大きい

deliri008.JPG

このムール貝のスープで作ってもらったシンプルリゾットが、とてもとてもおいしかったです

リゾットは、「シンプル」以外に、「パルミジャーノ」、「イカ墨」、「ウニクリーム」で作ってもらうこともできます

deliri013.JPG

デリリウムカフェのHPはこちら ⇒

http://www.deliriumcafe.jp/ginza/

 

 
<<前のページへ 1234567891011