中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


日本橋の新たな情報発信基地 オープンです。  ~ 日本橋観光案内所 ~

[rosemary sea] 2017年8月 6日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』のエディターとして取材します、 rosemary sea です。

 

7月23日(日)にオープンしました、日本橋観光案内所さんにお伺いました。

 

DSC02669a.jpg

日本橋のたもと、日本橋船着場の向かいです。

日本橋1-1-1という日本橋の中心から、老舗や名店、観光スポットのご案内、イベントやお祭りの情報など、ここ日本橋のまちの楽しみ方についてのホットな情報をお届けします。

日本橋の新たな情報発信基地、オープンです。

日本橋観光案内所 運営責任者の山本さんにお話を伺いました。

 

DSC02660a.jpgまずはこちらのサービスは・・・

〇 対面案内

多言語対応のスタッフさんが丁寧にご案内

日本語・英語・中国語・イタリア語、などです。

〇 大型ガイドマップ、舟運マップ

日本橋エリアの広報マップと、クルーズのわかる舟運マップを展示されています。

〇 日本橋の老舗紹介

日本橋の手みやげにぴったりな老舗・名店の逸品を展示・販売されています。

〇 各種パンフレット配布

日本橋の観光に役立つフリーペーパーや、イベントパンフレットなどを配布されています。

〇 デジタルサイネージ

日本橋発着の舟運スケジュールを大型デジタルサイネージ(電子看板)で随時配信されています。

〇 その他サービス

無料WiFi環境の提供や、多言語対応のお店紹介なども行っておられます。

 

DSC02654a.jpg「大きく分けて、まちのインフォメーションと、目の前の船着場発着の船のインフォメーション、この2つが主軸となっています。

船のインフォメーションに関しましては今までの総合的なご案内というのが、紙で掲示されているくらいでした。

それをデジタルサイネージで出しています。

本日(取材日の7月27日)は船の臨時便も出ておりますので、ご案内しています。

リアルタイムの情報提供をしていくというのがここの目的でございます。

現在は舟運のご紹介のみで、予約は承っていないのですが、将来的には予約等もできるような施設にしたいと考えています。」

 

DSC02658a.jpg

DSC02659a.jpg「商品の販売も行っています。

ここにあるのは日本橋の老舗といわれるお店の商品の一部です。

これらのお店は土日にお休みを取られているところが結構多いです。

お客様がその土日にせっかくいらしても、お店をご紹介してもお休みというところがありますので、そのようなときでもほんの一部でもお買い求めいただける、展示紹介だけでなく商品の販売も行っている、ということです。」

 

榮太樓總本鋪さん、黒江屋さん、文明堂東京さん。ロズマリの記事でおなじみの先が並んでいます。

 

DSC02657a.jpg「これは『日本橋かるた』です。

これが購入できるのはコレド室町1地下1階の日本橋案内所とここだけになります。」

・・・

このかるたは『日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会』(略称:日本橋ルネッサンス委員会)さんが作成されたオリジナルかるた。

楽しく遊びながら、この日本橋の奥深さに触れられるように、と、委員会創立10周年記念事業として2009年に作成されました。

 

ちなみに『日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会』さんは・・・

日本橋に関係する皆さんが、日本橋地域全体の更なるまちの活性化や賑わいの創出を目指して活動されています。

DSC02653a.jpg DSC02670a.jpg

こちらのスタッフさんは涼しげ情緒あるゆかた姿でご案内されています。

「夏の間はスタッフはゆかたを着用しています。秋以降は着物姿になります。」

・・・秋にもお邪魔させていただきます。山本さん、本日はありがとうございます。

 

DSC02663a.jpgDSC02664a.jpg日本橋観光案内所

日本橋1-1-1地先

東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅、東京メトロ東西線・都営浅草線 日本橋駅が至近です。

「日本橋」のたもと、三越日本橋本店さんとは対岸になります。

営業時間  10:00~17:00

無休

日本橋観光案内所さんのホームページはこちら

⇒ http://www.nihonbashi-info.tokyo/

 

 

2017 涼やかリゾートテラス

[サム] 2017年8月 5日 16:00

DSC00533ELSR'.jpg 

DSC00530RS'G.jpg 8月3日、ファンケル銀座スクエア(銀座5)10Fテラス付「ロイヤルルーム」に、「涼やかリゾートテラス」がオープン。

会期:8月3日~6日 11:30~18:30

眩しい程に輝く太陽の陽射しが降り注ぐ中、期間中、①13:30~ ②15:30~ ③17:00~の3回 (各回約20分)、冷えたドリンクを片手に、リゾート気分溢れる日替わりの音楽ライブが楽しめます。

 8月3日 沖縄三線 かじくあつし 

 8月4日 アコーディオン 吉岡里紗

 8月5日 サックス 米澤美玖 

 8月6日 アコースティックギター 宇高靖人

銀座の天空の庭で、ココロもからだも潤う特別な4日間です。

 

 

元月島第一小学校跡地にある25mプールを畑にした「月一園」で無農薬野菜を大収穫

[桜やよい] 2017年8月 5日 12:00

23区の中で、唯一中央区内の月島地区に25mプールの広さの畑を持っている学校があることをご存じでしょうか?それは、月島第一小学校・幼稚園です。元月島第一小学校・幼稚園跡地(中央区月島4-2-1、学校・幼稚園から徒歩5分の場所にある)に、平成9年から月島第一公園内の小学校25mプールを農園として活用しています。児童・園児が毎年沢山の「無農薬月一園産野菜」を収穫したり、食べたりして教育活動に活かしていらっしゃいます。

IMG_2718.JPG DSC_0823.jpg

 

4月に「月一園」に伺うと菜の花が咲く畑で、冨川重信さんがにこやかに笑っていらっしゃいました。「月一園」の近くにお住いの冨川さん(昭和5年8月20日生まれで、もうすぐ87歳)が、平成9年からずっと20年間も毎日畑を2回以上も見回って畑の世話をしてくださっています。今日は、これから5月に小学校の児童や幼稚園児が畑に種や苗を植えに来るので、その準備をしているそうです。

IMG_2717.JPGIMG_2709.JPG

 

「月一園」は、この猛暑の時期に朝夕畑の水やりを冨川さんがやってくださっているお陰で、5月に植えたキュウリの苗が7月には大人の背丈以上に勢いよく育っていました。幼稚園5歳児の収穫を取材させていただきました。6月は玉葱、ジャガイモ、キュウリ、ミニトマト、ピーマン等を収穫したそうです。今日は人参の収穫です。どんな人参が出てくるかが楽しみです。松原淳子園長先生に「月一園」の魅力をお聞きすると、「日々植物が成長変化する様子を見て命を感じたり、葉や実に触れ感触を味わったりすることを体験しています。お店の野菜と違う様々な形や大きさの野菜に驚く子供たちを見ていますと、どの子も五感が刺激されて豊かな感性が育まれています。」とおっしゃっていました。3年間の栽培計画があり、主に5歳児が「月一園」を活用しているそうで、3歳児は5歳児が植えたサツマイモを10月に保護者と一緒に掘ることから始まり、4歳児の2月に種ジャガイモを植えます。他の野菜は、身近にある園庭のプランターでも栽培しているそうです。

DSC_0818.jpg DSC_0857.jpg DSC_0875.jpg

5月に苗を植えたサツマイモを担任の大川綾子先生が「こんなにサツマイモの葉っぱとツルが伸びてきているね」と園児に見せています。「青いトマト、早く赤くならないかな~。まだ食べられないよね。あと、もう少しだね」「大きいキュウリ、こんなところに見つけたよ」

DSC_0826.jpg DSC_0828.jpg DSC_0860.jpg

 「ピーマン、大きくなってきている。まだ、もうちょっとかな。」「赤ちゃんトウモロコシだ」背丈ほどの野菜の中に入っていく園児たちは探険隊の気分です。

DSC_0846.jpg DSC_0914.jpg DSC_0925.jpg

「人参、掘れた~。僕も。私も。見てみて!」と大興奮です。沢山採れた人参を幼稚園まで一人一人がスパー袋に入れて運びました。「人参の数を並べて数えよう」吉澤恵美先生が「どの人参が大きいかな?」 みんなで長さや太さを見比べて、人参チャンピオンを選びました。

 

7月13日は、5歳児が大活躍のカレーパーティーの日でした。

DSC_0894.jpg DSC_0916.jpg DSC_0923.jpg

包丁を持つ反対の手を「猫の手」にして人参・ジャガイモ・玉ねぎを、園児たちは慎重に切っています。恐々切っている様子ではないので園児たちに聞いてみると、家でも包丁を使って野菜を切る練習をしてきたとのことでした。納得です。小学校家庭科室でお母さん方がカレーを作っているところを見学に行き、グツグツ煮える様子やカレールーの匂いに5歳児たちも嬉しそうです。3歳児の保育室にカレーのお鍋を届け、5歳児たちは、自分たちが育てた野菜を包丁で切ったことを自慢げに伝えていました。

DSC_0932.jpg DSC_0942.jpg DSC_0952.jpg

3歳児の担任渡邉大二郎先生が、お弁当箱に半分入ったご飯の上にカレーをかけていきます。カレーが大好きだという子供たち。アッという間にペロリと完食、お弁当箱は空になりました。苦手な野菜がカレーに入っていても「美味しい。カレー大好き!」の連呼です。遊戯室では、「月一園」をいつもお世話をしてくださっている冨川さんと生田真弓さん(「月一園協力隊」チーフ)を「カレーパーティー」に招いて、4・5歳児がお二人に聞きたいことやお世話をしてくださっている感謝の気持ちを伝えました。冨川さんは「子供たちが収穫している時の笑顔を見るのが一番嬉しい。それが畑の世話をするエネルギーとなっている」とおっしゃっていました。4・5歳児と一緒に冨川さんもカレーをいただきながら、子供たちとの会話が弾んでいました。

 

小学校の「月一園」は、学年毎に栽培物を決め、6年間の栽培計画に基づいて有効活用をしています。冨川さんとともに「月一園協力隊」の保護者もこの教育活動を支えています。

 

「月一園」や冨川さんに対しての想いを三木滋校長先生に伺うと「冨川さんの『月一園』に対する20年の功績は大きく、昨年は中央区からも文化・生涯学習関係者功労者として表彰を受けられました。月島第一小学校としても冨川さんのお蔭で『月一園』を教育活動に活用できていることに真に感謝をしております」 幼稚園・小学校それぞれの発達段階で、栽培・食育活動が子供たちの成長のプラスになっていることを改めて確認することがができました。

DSC_0964.jpg DSC_0948.jpg DSC_0953.jpg

小学校3年生の収穫を取材させていただきました。児童たちは、キュウリ畑で背丈以上の葉っぱをかき分けながら、「わっ、大きいキュウリ見つけた!」「ここにもある!」と一人1本を収穫。畑の作物の成長を促すためには、雑草取りが一番大変な作業です。児童は思い思いの場所に行って雑草取り競争です。山地由希子先生が「雑草見せて!」と声を掛けると、一斉にクラス全員が「オー!」と声を上げ、雑草を持った手を高く差し上げました。

DSC_0967.jpg DSC_0980.jpg DSC_0994.jpg

雑草取りのチャンピオンを決めるときは、児童たちの眼差しは真剣です。チャンピオンをたたえる拍手の後、リベンジを誓って「次の雑草取りは頑張るぞ!」の声も聞かれました。生田さんから、ミニトマトを、あーんと開けた口に入れてもらっています。「美味しい。トマト大好き。甘い~」(雑草取りで手が汚れていたので、大サービスだったようです。でも、たまにはこういうこともアリですね。)いつも畑では、冨川さんにお礼と感謝の気持ちを伝えています。

DSC_0832.jpg DSC_0835.jpg DSC_0841.jpg

これは、1年生の収穫です。ジャングルのようなキュウリ畑に入っていくのは、スリルがあります。「わっ、大きいキュウリ見つけた!」「わっ、曲がったキュウリがある!」「キュウリのイガイガが痛い!」それを聞いて、冨川さんは、「トゲがあるほど新鮮なんだよ」と。「ピーマン、好きだよ」という1年生に、「ナスもこんなに実がなっているよ」と冨川さん。なぜか、1年生はピーマンを収穫している児童の方がが多いように感じました。ナスは苦手なのかな~。

DSC_0836.jpg DSC_0842.jpg DSC_0854.jpg

最後に生田さんから、キュウリの「葉っぱクイズ」が出されました。「元気な葉っぱ」「病気の葉っぱ」「萎れた葉っぱ」はどれ?1年生は全員この問題に正解。病気の原因はうどん粉病にかかり、そして萎れてしまうことを学習していました。1年生は、担任の廣瀬綾香先生と「冨川さん、いつもありがとうございます。」とお礼を言って、収穫物を嬉しそうに持って帰りました。

DSC_0960.jpg DSC_0961.jpg DSC_0963.jpg

月島第一公園で夏休みが始まった7月21日からラジオ体操が開始しました。ラジオ体操後、「月一園協力者」の保護者が当番制で「月一園」の鍵を開けてくれ、児童・園児と一緒に水やりや雑草取り、野菜の収穫をします。

DSC_0970.jpg DSC_0973.jpg DSC_0981.jpg

ピーマンが赤くなっているのに、児童たちは大喜び、大興奮です。「どうして赤くなるのかな~」「パプリカだよ。家に帰って調べようかな」ピーマンも収穫した後、ほっておくと完熟熟して赤くなります。パプリカとは違いますね。「月一園」での発見は、夏休みに入っての楽しみの一つです。

 

「月一園」には、害虫・病気だけではなく、ねずみやカラス・野鳥などの被害もあります。その都度「月一園協力隊」と知恵を出し合って対策を立てながら、冨川さんが野菜を守っていらっしゃいます。子どもたちの笑顔を見ることが冨川さんのエネルギーとなり、また子供たちも冨川さんに「ありがとう」の気持ちを伝え合うことで、感謝の心が育っています。本当に互恵性効果のバランスがよく、「月一園」があることで冨川さんと児童・園児の心が生涯に亘って繋がっていくと特派員は信じています。

(月島第一小学校・幼稚園の許可を得て、撮影させていただいたおります)

 

 

リカちゃんキャッスルのちいさなおみせ

[五月雨ジョージ] 2017年8月 4日 18:00

「リカちゃんキャッスルのちいさなおみせ」に行ってきました。

IMG_6550.JPG

 このお店は、福島県小野町に"人形の一貫生産オープンファクトリー"(外観はまるで西洋のお城です!)を運営しているリトルファクトリー株式会社が、タカラトミーのライセンスを得て、オリジナルのリカちゃん人形を製造、このお店だけの品ぞろえ商品を販売しています。

 
 店内に入ると、たくさんのショップオリジナルのドールや、ドレス、小物類が出迎えてくれました。平日のお昼過ぎにも関わらず、若い女性やお子様連れのご婦人まで、たくさんのお客さんが商品を手に取っています。お客様が、自分だけのリカちゃんを作り上げることができるのですから、商品を選ぶ目は皆さん真剣そのもの。お店の方に伺いますと、男性のお客様も来店されることも多くなっているとのことでした。

IMG_6534.JPG

IMG_6535.JPG

IMG_6536.JPG

IMG_6530.JPG

 

 また、このお店では、メーカーではすでに販売終了している「ジェニー」ドールも取り扱っています。

IMG_6532.JPG

IMG_6537.JPG

 

 さらに私のおすすめ商品、それはリカちゃんラーメン(即席中華めん)です! 赤い袋の「喜多方ラーメン」と白い袋の「白河ラーメン」の2種類あります。ちょっと他の袋めんでは味わえない美味しさです。よく友人へのお土産にするのですが、ほとんどが「うまい!」といってリピーターになっています。そのうまさの秘密は、リカちゃんキャッスルの近藤社長の徹底した味へのこだわりでした。店員さんに伺うと、ラーメンの試作を社長自ら何度も繰り返して味見して、納得の味に仕上げたそうです。福島県のリカちゃんキャッスル、当ショップで販売している他、オンラインショップでも購入できるそうです。

(→http://www.liccacastle-shop.com/liccacyan/7.1/LFKR-14001/

 

 私は、今日も各5袋ずつ買ってきてしまいました!

IMG_6554.JPG

 

 日本一知名度の高い人形の、日本一オリジナリティあふれる唯一無二の中央区のドールショップ、それが「リカちゃんキャッスルのちいさなおみせ」です。ぜひ一度、友人やご家族と一緒に訪れてみてはいかがでしょうか。

※ショップの店員の皆様およびリトルファクトリー株式会社(リカちゃんキャッスル)の広報・高橋様におかれましては取材のご協力をいただきました。誠にありがとうございました。

 
店舗情報
【所在地】東京都中央区日本橋小網町18-10 J SQUAREビルB1(半地下です)
【電話】03-5614-0959
【営業日時】火~日 12時~20時まで(年末年始を除く)
【アクセス】都営浅草線/日比谷線 人形町駅 A6・A5出口より徒歩5分
      銀座線/半蔵門線 三越前 B6出口より徒歩5分

 

 

「季節限定ランチ」ー桃と生ハムのカッペリーニー銀座千疋屋

[滅紫] 2017年8月 4日 14:00

100_2468.JPG 100_2474.JPG

「季節限定」に弱い私がやってきたのは銀座千疋屋さんの地下、2階のフルーツパーラーには時々寄りますが、地下は初めてです。入口近くに個室がありテーブル席が7-8席。迷わず「桃と生ハムの冷製カッペリ-ニ」に、友人は「エビとアボカドのジェノベーゼ」を。サラダ、ヴィッシソワ-ズ、飲み物付きで1620円、ジェノベーゼは1296円です。冷製カッペリーニには桃のコンポート、土佐小夏のジュレ、トマトが入って見た目も涼しそうなメニューです。

100_2469.JPG 100_2470.JPG

 

「フルーツポンチ」のちょっとレトロなポスターを見つけて伺うと「開店したころのフルーツポンチ」を描いたものとのこと、そういえば銀座千疋屋さんは明治23年(1890)創業の「日本初のフルーツパーラー」そして「日本初のフルーツポンチ誕生」(大正12年1923)のお店でした。デザートにこのフルーツポンチをお願いしました。ステムの長いグラスもその頃使っていたものに似せたデザインだそうです。使っている果物も当時とあまり変わっていないとのこと。ほぼ100年近く前の人たちには随分と「ハイカラ」な食べ物だったのだろうなと思いをはせながらいただきました。

100_2473.JPG

 

銀座千疋屋フルーツパーラー 電話3571-4388

11時―20時 日祝は19時 ランチは11時から14時

 

 

 

清涼 蕎麦で暑さ乗り切る

[あすなろ] 2017年8月 4日 09:00

夏真っ盛りですね。

 

暑い日には冷たい麺類をカラダが欲するようで、
日本橋室町にある利休庵の暖簾をくぐりに。

 利休庵.jpg

 

目当ては、爽やかな味わいの『おろしそば』。
大根おろし、レモン、海苔、胡麻、糸削りの鰹節、
薬味ねぎで真っ白な更科そばをいただきます。

 おろし蕎麦.jpg

 

大根おろしで薄まることを考えた濃いめ
のつけ汁。その後の蕎麦湯も美味しいです。

蕎麦は多くの栄養素が含まれていますので、
食欲が衰えがちな夏にはもってこいの食事といわれます。

蕎麦を食べて、この暑さを乗り切きましょう。

 看板2.jpg

 

◆利久庵
東京都中央区日本橋室町1-12-16

 

 
<<前のページへ 1234567891011