中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


稲荷堀(とうかんぼり)跡を歩く!

[株式会社 彦晴] 2018年8月 4日 18:00


前回の箱崎川跡を歩くの終点であった、箱崎川第一公園の手前に行徳河岸の案内板があります。

先日この案内板を見つけた際、次は稲荷堀跡を歩こうと決めてました。

IMG_1417.JPG

箱崎川が日本橋川に交わる手前、上の地図では上に伸びる水路が確認できます。

これが、今回歩いてみた稲荷堀(とうかんぼり)です。まずはじめに稲荷の読みですが

音読みして「とうか」、俗に「とうかん」と呼ばれたそうです。私も仕事の関係で

このあたりをよく通るのでとうかん堀通りの名前は知ってましたが「とうかん」が

「稲荷」と書くと知ったのは中央区の観光検定を受験するために勉強している時の

ことでした。

IMG_1419.JPG IMG_1422.JPG

こちらのとうかん堀通りがこの水路跡にできた道路です。

右の写真は箱崎川跡を背にして蛎殻町交差点方面を撮ったものです。

つまり写真の右側が現在の日本橋蛎殻町、左側が日本橋小網町となります。

つまり、このとうかん堀通りが境界線となっております。

とうかん堀通りをしばらく進むと小網町側(左側)の歩道に稲荷堀跡の案内板があります。

IMG_1425.JPG

案内板の地図を見ると箱崎川から東堀留川まで通じていて、途中東方面に

分流して酒井雅楽頭邸や土井甲斐守邸などの大名の屋敷地の間を流れていました。

 

大体、蛎殻町の交差点で東に折れ再び北西へ進みます。

IMG_1429.JPG IMG_1430.JPG

この道を人形町方面に進むと左手には日本橋小学校が見えてきます。この日本橋小学校の前身が中央区立東華小学校です。この東華「とうか」の名も稲荷堀の「とうか」から名付けられたそうです。

IMG_1436.JPG IMG_1445.JPG

江戸末期には姫路藩酒井氏の藩邸があり、明治初期には西郷隆盛の屋敷がありました。

左の写真は日本橋小学校の裏側、小網町側からの撮った写真です。

IMG_1433.JPG

 

ところで、先ほどの「稲荷堀跡」の案内板によると

「『稲荷堀』の俗称は、堀の西側にあった安藤家屋敷の北西に稲荷神社が祀られていたことに由来します。」とあり、この稲荷神社とは?どこの稲荷神社のことだろうか自分なりに調べてみました。

IMG_1427.JPG IMG_1428.JPG

まず、最初に考えられるのが、明星稲荷神社です。現在の位置も日本橋小網4丁目にあり、安藤家屋敷跡内になります。しかし安藤家屋敷跡地の北西には立っていない。

明星稲荷神社は「失せ物」探して預ける神社としても有名だそうで、遠くは京都・大阪方面からのご参拝者もいるそうです。

 

第二に小網神社であろうか?

IMG_1442.JPG

 

IMG_1437.JPG

"稲荷堀の名は、安藤邸の西方に稲荷(江戸図によっては明星稲荷、小網稲荷とも

記載)あったので、稲荷の音読「とうかぼり」、俗に「とうかんぼり」と呼ばれていた"

『川の地図辞典 江戸・東京23区編』菅原健二著より

とうかん堀通りの延長線上に小網神社が建ってます。そう考えるとこの稲荷神社とは?

 

それとも、銀杏稲荷であろうか?

IMG_1449.JPG

 

"その時分銀杏八幡は、まだ小高い山の上に祀られてあった。その山がちょうど私の家の北側の塀の外に見えて、その名の拠っててくるところの大銀杏が空に高く聳え立っていたものである。溝とも川ともつかぬ一すぢの小さな流れが、東から進んで来て、それがの塀に沿うて鍵なりに曲がって流れ込んでいた。これが稲荷堀で、まだ朝霧の晴れやぬ夏の朝など、この石垣のあひだへ鰻籠を仕掛けている人の姿を見たことを子供心にぼんやり憶えている"

「『郷土室だより』 第21号 ありなしやーわが幼児の記 岡倉由三郎著より」

結局のところ、答えは出ませんでした。

  

今回の街歩きでは、稲荷堀に関係するものの発見はありませんでしたが、「とうか」からいろいろと考え調べることがありました。

 

それから実際に歩いて感じたことは江戸時代の藩邸無駄に大きすぎでした。これが現代だったら、固定資産税でもかなり額になってしまうのではないでしょうか?

  

最後になりましたが、稲荷堀沿いの蛎殻町周辺は、明治から昭和初期にかけて陶磁器問屋が集中した場所でもありました。その名残りで人形町では毎年「せともの市」が開催されます。

因みに本年度の予定は8月6日(月)~8月8日(水)となっております。

もしかしたら、貴重な瀬戸物がリーズナブルな価格で手に入るかもしれません。

どうぞ皆さんお誘いの上、足をお運びください。

 

 

ちょっとティーブレイク ―涼味一服、冷茶のすゝめ―

[いのちゃん] 2018年8月 4日 14:00

 

暑い日が続いていますね。

この季節になると、わが家の冷蔵庫には冷茶が欠かせません。

 

_DSC9067.JPG

 

写真は水出し緑茶です。

水出しといっても、お茶パックに詰めた茶葉に水を注いで冷やすだけ。

きちんと淹れればなおよいのですが、毎日のことですからごく簡単に。

それでも十分おいしいんです。

 

_DSC9028.JPG

 

お気に入りの茶葉は京都に本店のあるお茶屋さんの粉茶。

気軽に飲めるお手頃価格でおすすめです。

中央区では日本橋高島屋銀座三越などでお買い求めいただけます。

 

_DSC8968.JPG

 

グラスとピッチャーはいずれも 人形町せともの市 で購入したものです。

 

涼しげなうすいグラスは冷茶の気分にぴったり。冷酒にも合いそうです。

ずいぶん前のことで値段は忘れてしまいましたが、超のつくお買い得品だった

ことは間違いありません。

 

_DSC9005.JPG

 

ピッチャーはHARIOの耐熱ガラス製。

水出しだけでなく、熱く淹れたほうじ茶や煮出した麦茶を冷ますときにも使えます。

 

さて、今年の 人形町せともの市 もいよいよ来週に迫りました。

みなさんもぜひ掘り出し物を探しにお出かけください。

 

炎天下でのお買い物の際は、のどが渇いていなくても冷茶でこまめに水分補給を。

たくさん汗をかいたときは、熱中症対策として適度に塩分も摂ってくださいね。

 

 

人形町せともの市

 毎年8月の第一月曜日から3日間 2018年は 8月6日(月)〜 8日(水)

 10時から20時ぐらい ※雨天時や最終日は早じまいの傾向があります

 人形町商店街にて (人形町通りの人形町交差点から水天宮交差点まで)

 

 

 

 

「炎暑」に一番!かき氷―銀座仏蘭西屋の「ミルク金時」

[滅紫] 2018年8月 4日 12:00

かき氷の看板.jpg 仏蘭西屋の入り口.jpg

暑い! 熱い!23日には熊谷で5年ぶりに国内最高気温を更新、何と41.1度。「災害級」の暑さだそうです。23日から二十四節気の大暑に入り、暑さはこれから本番ですが、もうそろそろ暑さ疲れが。こんな時、この「氷」の暖簾を見るとついふらふらと入ってしまいます。実は私、本日「かき氷」2軒目です。朝から出ているので、お昼替わりにまず一杯(意外とカロリーあるのでダイエットには向きません)。今回は「お三時」です。銀座仏蘭西屋は松屋銀座の一筋裏、スタバ一号店と俺のベーカリーの間のビル地下一階です。混んでいます。この暑さだと誰しも考えることは同じで「一時の涼を求めて」ほぼ満席。何とか禁煙席が取れました。迷わず「ミルク金時」を。(先ほど「宇治ミルク金時」を頂いたのです)。来ました!「?」ちょっとミルクが少ないような・・・

かき氷の画像.jpg

一口いただいて「?」は解けました。何と削られた氷からミルクの味が、店員さんに伺うとやはり「ミルクを入れて凍らせた氷を削っている」とのこと。そして最後まで氷が溶けません。かき氷をいただいていて最後のあたりは水となってしまうことが多いのですが、最後の一口まで「きちんと氷」。これはかき氷好きには嬉しい。次回はこちらの「イチゴミルク」に挑戦したいと思います。これだけ暑いとすぐにまたお邪魔しそうです。こちらは「モーニング」(懐かしいですね)でも人気のお店で8時から11時までいただけます。

銀座仏蘭西屋 銀座3-7-16 銀座NSビルB1 TEL 03-3564-0462

月―木 8:00-22:30 金8:00-23:00 日祝8:00-22:00

 

 

新富にある小さなお稲荷さん〔新富稲荷神社〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年8月 4日 09:00

mitudai201802.JPG

新富2丁目にある小さなお稲荷さん新富稲荷神社です

mitudai201803.JPG

新大橋通り平成通りに挟まれた通り上、オフィス街の道路に面して、銀杏の木朱色の鳥居が、そこだけ異空間であるかのように存在しています

mitudai201804.JPG

今でこそ、「そこ」にあることに違和感がありますが、明治維新後においても、このあたり一帯は築地新島原遊郭があったそうで、遊郭の中にある神社だったようです

mitudai201805.JPG

また、境内にある手水舎を見ると、手水鉢と屋根の扁額には奉納七世坂東三津五郎の名があり、歌舞伎役者奉納は、このあたりが、芝居町であったことによるものでしょう

mitudai201806.JPG

このお稲荷さん坂東三津五郎の所縁は、明治期に浅草猿楽町にあった守田座の座元で歌舞伎役者十二代目守田勘彌が、当地に芝居小屋を移転し、地名をとって新富座としたのが始まりだそうで、その勘彌の子が、この七代目坂東三津五郎だそうです

mitudai201807.JPG

ちなみに、手水鉢の家紋は、坂東三津五郎大和屋家紋、「三ツ大です。

mitudai201801.jpg

この炎天下お昼の散策は絶対にお勧めしませんが、になって、も少しあったりすると、新富界隈の散策もよいかと思います(でも、やはり、暑い

 

 

ゆったり空間のアンテナショップ 中編  ~ おいでませ山口館 ~

[rosemary sea] 2018年8月 3日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をディフュージョンさせて取材します、 rosemary sea です。

おいでませ山口館さんは日本橋ビジネス街の中心に位置する、ゆったり空間のアンテナショップです。

前回のご紹介はこちらです。

 ⇒  http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/07/post-5454.html

山口県は最近お世話になりました携帯電話ショップのT越さんの故郷、そしておいでませ山口館さんはロズマリ食リポ隊のS山さんご推薦のお店です。

 

おいでませ山口館 一般社団法人山口県物産協会 東京支部 柳井章雄(やない あきお)館長にお世話になりました。

それではお品のご紹介です。

IMG_20180725_132005a.jpg IMG_20180725_132041a.jpg

獺祭(だっさい)焼酎39度 旭酒造(株) 岩国市 720ml 3,240円(税込) 

西日本豪雨で入荷が危ぶまれましたが、山口館さんには順調に入ってくるそうです。獺祭コーナーもございます。

今更ご紹介せずとも、かなり有名ですよね。日本酒の世界に革命を起こしました。

杜氏の「勘」による酒造りを廃し、機械化と人の手によるところを明確にする合理的な発想、先進的な醸造技術が話題になりました。販売も独自ルートです。

酔うため、売るためのお酒でなく、味わうお酒、美味しいお酒を追求されています。

獺祭、かわうその祭り。かわうそが捕まえたお魚を岸に並べて、まるでお祭りをしている様。転じて文章を書く際、参考資料を散乱させる様。ロズマリ部屋の現状です(笑)。・・・横道にそれました。

旭酒造さんの所在地、岩国市周東町獺越(しゅうとうまち おそごえ)。古いかわうそが子供を化かして追い越してきた、という云われからのネーミングです。

「獺祭さんの焼酎、東京ではここ以外にはあまりないと思います。」館長。

IMG_20180726_112937a.jpg IMG_20180726_113020a.jpg

左画像:貴(たか) 特別純米60 (株)永山本家酒造場 宇部市 720ml 1,350円(税込)

酒造家:永山貴博さんが造る注目のお酒。スタンダードモデル。優しいお米の味と、身体にすっと行っていく喉越しが特徴。

「結構人気があります。」館長。

 

右画像:雁木(がんぎ) 八百新酒造(株) 岩国市 左:純米大吟醸鶺鴒(せきれい) 5,400円(税込) 中:純米大吟醸ゆうなぎ 2,430円(税込) 右:純米吟醸みずのわ 1,620円(税込)

「せきれい」は気品の香り、「ゆうなぎ」はしなやかで風格ある味わい、「みずのわ」はやわらかくすいすい飲めます。

「昔から、お酒好きなかたには絶大な人気があります。」館長。

IMG_20180726_112959a.jpg IMG_20180725_132156a.jpg

左画像:山猿(やまざる)  永山酒造合名会社 山陽小野田市 左:純米吟醸西都の雫(せいとのしずく) 1404円(税込) 右:純米酒 1188円(税込) なお、右は獺祭スパークリングです。

山口県原産の酒米「西都の雫」を原料とした、旨味とキレのお酒。

「昔からあります。」館長。

 

右画像:毛利 (株)山縣本店(やまがたほんてん) 周南市 左:純米酒(緑)1,317円(税込) 中:純米大吟醸 1,728円(税込)

純米大吟醸は純米酒大賞2017 最高位 グランプリ受賞、(緑)は同 純米酒部門 金賞を受賞されています。

「知っているかたはこれ目当てで来られます。」館長。

IMG_20180725_132121a.jpg

左:海響(かいきょう) 1,200円(税込) 中:蔵人(くろうど)の自慢酒 2,500円(税込) 右:獅道(しどう)3,500円(税込) 全て下関酒造(株) 下関市

蔵人の自慢酒は日本酒アワード2018 最高金賞受賞。

IMG_20180725_132915a.jpg IMG_20180725_132933a.jpg

左:甘酢白たくあん 450円(税込) 右:三度漬け白菜本造り 390円(税込) どちらもうまもん(株) 岩国市

「甘酢白たくあん」は井戸水で洗った大根を塩漬け・米酢と砂糖(ザラメ)で漬け込み・上下入れ替え漬け込みの三度漬けです。自然発酵です。

「三度漬け白菜本造り」は荒漬・中漬・本漬の三度漬け替えの、古来からの醤油蔵に住む酵母菌を受け継ぐ乳酸発酵食品です。

「根強い人気があります。無添加・低糖度です。知っている人はこれを買いたいということで来られる。」館長。

IMG_20180725_133548_1a.jpg IMG_20180726_112732a.jpg

左:うに製品全般 びん詰め、粒うになど

「全部アルコール漬けなんです。東北だと塩漬けですね。保存もききます。

ごはんに乗せても、そのまま酒の肴でもいいですね。

幕末に長州はヨーロッパと大砲撃って戦って負けて、イギリスの船員と酒を酌み交わしながら話しているときにブランデーに中にうにを落としたらしいです。

それを食べたらおいしかった、そこから下関でうにのアルコール漬けができた、始まったと云われています。」館長。

 

右:雲丹(うに)醤油  972円(税込) うにのやまみ 下関水陸物産(株) 下関市

下関市長賞受賞の逸品です。

「卵かけごはんに、醤油がわりに。パスタにもかけるといいですよ。」館長。

IMG_20180725_133055a.jpg IMG_20180725_133133a.jpg

左:ふく一夜干し 1,100円(税込) 大日本パール工業(株) 下関市 右:ふくスティックフライ 720円(税込) ふくの河久(かわく) 下関市

「山口では『ふく』です。一夜干しはこれだけ入って1,100円。

これはあぶったりしないといけないですけど、スティックフライは調理済です。そのまま食べられます。

骨なしで、おべんとうなどにもいいですよ。」館長。

IMG_20180725_133016a.jpg IMG_20180725_133233a.jpg

左:けずりかまぼこ 648円(税込) 右:蒲さし(白・赤)  388円(税込) どちらも宇部かま 宇部蒲鉾(株) 宇部市 

「けずりかまぼこは蒲鉾を削っていますが、このメーカーさんだけです。

蒲さしはいつも売上ベストテンに入っていて、値段の割においしいとのことです。」館長。

IMG_20180725_133207a.jpg

白銀(はくぎん) 648円(税込) 白銀本舗 (株)杉本利兵衛本店  防府市

焼き抜き蒲鉾独自の歯ごたえ。原料の新鮮さが美味しさの秘密です。

常に売上ベストテン上位のお品です。

IMG_20180725_133322_1a.jpg IMG_20180725_133336a.jpg

IMG_20180725_133336_1a.jpg

あご・れんこん・いわし・ごぼう・とび魚・げそのから揚げピヨピヨフライ 全て648円(税込) (株)奥野寿久商店 下関市

「ピヨピヨフライ」はチキンと白身魚を揚げたものです。

「酒の肴にもおかずにもなります。下関で買うのとほぼ同じ値段です。場所によってはここより高いところも。」館長。

IMG_20180725_133450a.jpg IMG_20180725_133455a.jpg

IMG_20180725_133455_1a.jpg

いか天・めんたい天・じゃこ天 全て216円(税込) 村田蒲鉾店 萩市

手作りが伝わる味わいです。

IMG_20180725_133532a.jpg IMG_20180725_133548a.jpg

左:仙崎産絹もずく 339円(税込) (有)仙崎海産 長門市 右:ちりめん 324円(税込)(株)国近商店 長門市

「もずく」はもずくの繊維がぎっしり詰まっています。「ちりめん」は山口県産使用です。

「もずくは天然物です。ちりめんは海が綺麗なところで採れるので、相当数が出ます。」館長。

 

・・・おいでませ山口館さんのご紹介は、あと1回続きます。ご期待ください。

 

IMG_20180726_112528a.jpgおいでませ山口館 

日本橋2-3-4 日本橋プラザビル 1階

東京メトロ東西線・銀座線 日本橋駅が至近です。

日本橋髙島屋さんの、中央通りを挟んで反対側の区画にあります。

03-3231-1863

営業時間  10:30~19:00

12月31日から1月3日を除きます。

 なお、8月11日(土)・12日(日)は臨時休業となります。

おいでませ山口館さんのホームページはこちら

⇒  http://www.oidemase-t.jp/

 

 

「わくわく恐竜ランド」〔タイムドーム明石〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年8月 3日 14:00

kyor201802.JPG

明石町12番1号、中央区保健所等複合施設の6階にあるタイムドーム明石中央区立郷土天文館)では、現在、夏休み特別企画として「わくわく恐竜ランド」を開催しています

kyor201803.JPG

場所は、下の地図赤〇のところ、聖ルカ通りに面していて、道路の向かい側は聖路加国際病院になります

kyor201800.jpg

期間は、7月21日)から9月2日)までです。

開館時間は、平日が午前10時から午後7時まで、午前10時から午後5時までとなります。

休館日は、毎週月曜日です。

kyor201804.JPG

見て、触って、遊びながら学べる恐竜展です

kyor201805.JPG

コーナーもたくさんあり、

ボタンを押すだけで恐竜の手足が動いたり鳴いたりする「恐竜操縦ステーション」や、楽しみながら学習できる「恐竜クイズパネル」、

kyor201807.JPG

中に入って写真を撮ることができる「恐竜たまごで写真を撮ろう

kyor201806.JPG

ティラノサウルス頭骨などが展示された「恐竜化石コーナー

kyor201810.JPG

好きな恐竜に色を塗り、スキャンすると目の前の平原に自分の描いた恐竜が登場する「うごく恐竜塗り絵

kyor201811.JPG

これは、すごくて、自分で色を塗った恐竜大画面に現れて、動き回ります

kyor201812.JPG

お子様大興奮のコーナーです

kyor201808.JPG

小さなお子様向けの恐竜アイテムで、恐竜の背中に乗ったり、記念撮影したりすることができる「ミニ恐竜で遊ぼう

kyor201809.JPG

恐竜に関するクイズに3択で答えていく「恐竜タッチパネルクイズ

ティラノサウルスパネル」は、ティラノサウルスに関するパネルを展示しています

kyor201815.JPG

入場者全員に記念品がもらえるそうですよ

是非、ご家族、お子様連れでお立ち寄りください

なお、会場での写真撮影については、ご了解をいただきました

kyor201813.JPG