中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


大人の自然観察会 <浜離宮恩賜庭園>

[サム] 2017年4月18日 12:00

R0038242ELS'.jpg 

DSC_0302RSG'.jpg

 4月16日(日)、浜離宮恩賜庭園にて、中央区環境情報センター主催の「大人の自然観察会」が開催されました。

10:00~12:00

講師はNACOTの自然観察指導員。

春に咲く花や生き物たちの生態系を観察し、自然の中で環境の変化を学びます。

この日は、都心で最高気温26.1℃を観測し、今年初めての夏日となり、園内の木々毎に微妙に色味が異なる青葉若葉が織り成す緑のグラデーションも一層眩しく感じます。

「ケヤキの新芽が不揃いの時は要注意」(ケヤキは、遅霜が来そうな時は、新芽が霜で枯れないよう、リスクヘッジの為、時間差をつけて疎らに芽吹く)、虫媒植物の花色・形状と訪花昆虫の形状・習性とのマッチング、テントウムシ・アブラムシ・アリの三角関係等々、興味深いレクチャーを拝聴しながらの散策。

腰を屈めて "足元の小宇宙" をつぶさに観察すると、思いがけない気付きも得られます。

文化財庭園ということもあり、都心にあって、手があまり加えられず、生態系が保全されている一端を改めて垣間見たフィールドワークでした。

 

左から、オオジシバリ、オニタビラコ、カタバミ、ヘビイチゴ、クサノオウ

R0038252RRS.jpg R0038244RRS.jpg R0038236RRS.jpg R0037375RRS'.jpg DSC_0246SQRRS.jpg

 

 

【東日本橋】 おすすめタイ料理 「バンコック ラララ食堂」

[いのちゃん] 2017年4月18日 09:00

楽しそうな名前のお店を見つけてやってきました。その名は バンコック ラララ食堂

東日本橋にあるタイ料理屋さんです。

"ラララ"という言葉はタイでは「のんび~り」「ラク~に」という意味を持つそうです。

IMG_7279.JPG

お店は2階なので階段を上ります。店員さんが笑顔で迎えてくれました。

店内は懐かしさを感じる雰囲気でとても居心地がよかったです。

IMG_0085.jpg

IMG_7271.JPG

 

さて、ランチメニューから選んだのは...

人気ナンバーワンの「カオマンガイ=蒸し鶏と炊き込みご飯(スープ付)」

生姜の効いたソースがおいしかったです。

IMG_0080.jpg

 

「ガイガパオ=鶏挽肉とホーリーバジル炒めご飯(目玉焼き付)」

おなかいっぱいになりました。

IMG_0084.jpg

「トムヤムクンミニ米麺」

スープは辛さと酸味のバランスが絶妙でした。また食べたい!

ちょこっと飲みたいときにうれしい「ミニミニ生ビール」もありました。

IMG_0076.jpg

 

ミニサイズのサイドメニューが充実していて、いろいろな組み合わせを楽しめます。

この日のランチタイムはお客さんが途切れることがありませんでした。

おひとりの方も多かったです。人気の高さがうかがえました。

ラララ食堂、「のんび~り」「ラク~に」おすすめです!

 

IMG_7280.JPG

バンコック ラララ食堂

中央区東日本橋34 2階

都営浅草線東日本橋駅・都営新宿線馬喰横山駅・JR馬喰町駅より徒歩2分

日曜定休

 

 

銀座桜通り2017 銀座シックス4月20日開業 銀ブラレポート

[銀造] 2017年4月17日 18:00

 4月16日(日)、銀座1丁目のアンテナショップ「茨城マルシェ」と「食の國福井館」の歩道には、20本以上の八重桜が満開です。銀座一丁目交番方向に、ゆったりと八重桜の花見を楽しみました。 銀座桜通りの八重桜は、4月20日頃までは見頃でしょうか。

1492325690284.jpg

  

その後、「鳩居堂」さんへ行きたいという、米国はオレゴン州ポートランド市からのご夫妻をご案内しました。

1492325927775.jpg

 

 途中、英語でガイドをしているグループに合流しました。彼らとは、銀座桜通りから銀座の路地裏、名店などを訪問しました。

天気が良かったので、沢山の方々が歩行者天国を楽しんでいらっしゃいました。

4月20日開業のGinza Six の前まで来ると、開店が待ちきれない人達、

1492336309258.jpg

お着物で銀座を散策する4人組のお嬢さん方にも出会いました。銀座は着物が似合いますね。

 

 

隅田川右岸を自転車散歩!(柳橋~豊海橋編)

[株式会社 彦晴] 2017年4月17日 16:00

とりあえず、両国付近より隅田川右岸(中央区側)を南下してみた。リバーサイドを走るので面白くないので、リバーサイドより一歩入った路地を中心に史跡・神社・建物などを回りたいと思った。気が付くと柳橋に向かってペダルをこいでいた。柳橋は今でも情緒ある景色が残っており好きな橋の一つだ。橋の欄干にはかんざしのレリーフが花を添えています。

IMG_0166.JPG IMG_0170.JPG IMG_0172.JPG

そして靖国通りに出れば、そこは両国広小路跡です。現在でもかなり道幅が広く江戸時代は火除地であったことが感じられる。また靖国通り沿いには国登録有形文化財でもあるレトロな「玉置文治郎ビル」が立っている。

 

IMG_0182.JPG IMG_0189.JPG IMG_0193.JPG

そして、少し隅田川沿いに戻れば川上稲荷神社、日本橋中学校裏にあった「矢ノ倉」の石碑、そして日本橋2丁目付近からのスカイツリーです。

 

IMG_0194.JPG IMG_0196.JPG IMG_0199.JPG

まだ、頑張って咲いていた浜町公園のしだれ桜です。一方通行一車線のトンネルです。この写真だけを見ると、ここは東京ですか?と思う人もいると思います。(浜町隧道)浜町公園の下を通ってます。ただし一方通行です。そして3枚目の写真は有名な箱崎ジャンクションを下から写してみました。

 

IMG_0201.JPG IMG_0202.JPG IMG_0204.JPG

箱崎ジャンクションの下にあった永久稲荷神社、場所がわかりにくいです。何も案内板がなかったので少し調べてみました。『永久稲荷:箱崎町河岸永久橋にあり、徳川氏入国後この地が埋築されたときに創立され、爾来付近の産土神として栄えた。稲荷のほかに金比羅と庚申が合祀されていた。中央区史より』永久橋のほとりに立っていたのですね。そして3枚目の写真は有名な高尾稲荷神社です。逸話の真偽は別として高尾稲荷の祭神として実物の頭蓋骨が社の中に安置しているそうです。少しびっくりしました。

 

IMG_0207.JPG IMG_0208.JPG

そして、高尾稲荷神社のすぐ近くには日本銀行創業の地の記念碑があります。そして目の前には豊海橋が目に入ってきます。今日はたった1時間15分の自転車散歩であったが改めて中央区の魅力を再認識することとなった。今後も自転車散歩のブログを続けていきたいと思う。

 

 

 

月島川では桜が満開です。 「春のうららの・・・」

[kimitaku] 2017年4月17日 14:00

  月島川では、桜が満開です。

寒い日が続いたせいか桜の多くが蕾のまま、

温かい日の到来を待っていたのかもしれません。

  ・・・・・・・

両岸には屋形船もたくさん停泊しています。

月島川水門の向こうは隅田川

反対側には住友トリトンスクエアのビル群が一望です。 

 

 今日は平日ですが

週末にはたくさんの花見のお客さんを楽しませてくれることでしょう。

今日一日は 滝廉太郎の「花」の歌詞がぴったりみたいです。

ck1110_201704171.jpg ck1110_201704173.jpgck1110_201704175.jpg ck1110_201704174.jpgck1110_201704172.jpg

 

 

 

クリスタル・シンフォニーが晴海ふ頭に入港

[AWL] 2017年4月17日 12:00

4月13日クリスタルシンフォニーが一昨年4月以来2年ぶりに晴海埠頭に入港しました。

クリスタルシンフォニー.gif

クリスタル・シンフォニーはクリスタル・ハーモニー(現飛鳥Ⅱ)の姉妹船として日本郵船が1995年に建造した豪華客船です。全客室海側、バスタブ付きで、本格的な日本食サービスがあり、日本人スタッフも乗船しているので、日本人がクルーズするには適した客船の一つといえます。総トン数51,044トン、全長238m、旅客定員は922人で、欧米では5万総トンクラスの中で最も評価を得ている客船だそうです。

 

晴海ふ頭に1泊した後、14日の夜8時に晴海客船ターミナルのペンライトに送られてホノルルへ向けて出港しました。豪華客船をまじかに見るだけでクルーズ気分が味わえますね。

 

東京港への客船入港予定です。

http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/kanko/cruise/nyukou.html