中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


小網町の三軒長屋 美味しくて良心的な昼食 「小料理 銭形」

[銀造] 2018年2月 5日 14:00

 以前、この特派員ブログでもご紹介した小網町の三軒長屋。 昭和初期に建設された大変趣のある看板建築です。いつか、食事に行こうと、ずっと思っていましたが、日本橋から水天宮にかかる手前で思い出し、昼食に行ってきました。 三軒長屋の二軒、そしてその隣のビルの一軒が営業中でした。 場所は、日本橋小網町13番地4、小網神社の近くです。

1517468915893.jpg

向かって、左から「味の曙」は、天麩羅のお店。ランチ限定串揚げ定食は、8本ついて、800円。

そして右端のお店は、「せき亭」というお店で、ランチメニューは、お刺身、さば柚子醤油焼、豚生姜焼き、牛ときくらげ野菜炒め、カキフライ、海鮮丼、牛方ロースステーキ丼と沢山の品ぞろえ、全て1千円でおつりがくる値段設定です。

私は、ちょうど真ん中の、「小料理 銭形」へ入りました。刺身定食850円が一番高く、鮪中落ち丼750円、生姜焼定食750円、・・・とあります。(値段は、2018年2月1日現在です)

1517469035629.jpg

 熱々の肉豆腐定食700円は、白味噌と、かつお出汁を使用した優しい味のお味噌汁で、冷えた心と体に優しく温かく、じわーっと効いてきました。 過去何年間で頂いた中で、一番美味しかった、人心地がついたお味噌汁でした。 味噌汁だけでも、食べにいく価値があります。(写真は、箸を付けましたので、2割減です) 

平日の昼食は、13:30頃までで、夕方は17時から再開です。 土曜日は、夕方からだけで、要予約です。「小料理 銭形」の電話番号は、03-3667-6743

建物については、中央区のHPで紹介されている、こちらをご参照下さい。

http://www.city.chuo.lg.jp/bunka/timedomeakashi/kindai_kentikubutu_tyousa/kindai36.html

 

 

2018 住吉神社 追儺祭・豆まき

[サム] 2018年2月 5日 12:00

P2030218ELS'.jpgP2030187RS''G.jpg 2月3日は節分。

住吉神社(佃1)では、追儺祭祭典斎行後、15:00より、恒例の「豆まき」が行なわれました。

節分とは、本来、季節の変わり目の、立春・立夏・立秋・立冬の前日という意味で、豆まきはこの日に行なう除災招福の神事儀礼のひとつ。

一般に節分というと、冬の節から春の節に移る立春の前日。一年の始まりとして、特に重んじられ、次第に節分と云えば春の節分を指すようになったとされます。

神楽殿より、豆とお菓子が撒かれる段になると、"福" を貰おうと、集まった子供たちが一斉に手を伸ばし、「こっち、こっちぃー」「おねがいしまぁーす」と喚声が上がります。

今年は土曜日ということもあり、境内は大勢の子供たちの熱気に包まれました。

 

 

中央区初、「変なホテル」オープン!

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月 5日 09:00

2月1日、築地2丁目に、「変なホテル 東京 銀座」がオープンしました

中央区で初の「変なホテルオープンとなります

最先端のロボットがフロントでお出迎えしてくれる話題のホテルです

henn201801.JPG

オープン当日、会社帰りに立ち寄らせていただくと、エントランスには、オープンを祝うたくさんの胡蝶蘭

ホテルの方に許可をいただき、フロントを見せていただくと、本当に人型ロボットヒューマノイド2名がお出迎え

henn201803.JPG

さらに、全客室には、「ロボットクリーニングニオイ・しわ・ほこり・花粉をリフレッシュしてくれるクローゼット)」が完備されているとのことで、泊まってみたい気にさせる魅力あふれるホテルです

中央区に新しい名所がまた一つ増えた感じです

henn201804.JPG

東京都内の「変なホテル」は、第一号の西葛西に続き、このホテルが本日オープンし、この後、浜松町赤坂浅草橋羽田続々オープンが予定されているそうです

henn201809.jpg

変なホテル 東京 銀座」のHPはこちら ⇒

https://www.hennnahotel.com/ginza/

henn201807.jpg

 

 

「伝説の映画スター」写真展〔Art Gallery M84〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月 3日 16:00

銀座4丁目、歌舞伎座のほぼ真裏にあたり、松屋通りに面して建つウインド銀座ビルの5階にある「Art Gallery M84」さんです

aud201802.JPG

ここで、現在、「写真展『伝説の映画スターたち、オードリー等』」が開催されています

aud201803.JPG

開催期間は、1月29日)から3月17日)までで、時間は、10時30分から20時まで。最終日は、17時までとなります。

日曜日休館日です。

aud201804.JPG

会場には、ゼラチンシルバープリントの作品が約40点展示されています

著名な写真家が、往年の映画スターを撮影したものばかりです

aud201805.JPG

今回、日本で初めて展示されるものとして、オードリー・ヘプバーン1950年頃メトロ・ゴールドウィン・メイヤー製作大スペクタクル映画クオ・ヴァディス」の王女リジア役の候補(結局はデボラ・カーに決定)としてスクリーンテストを受けた時に撮影した幻のプリントがあります(上の写真、左側)

ちなみに、「ローマの休日」が制作されたのは1953年ですから、その約3年前ということですね

aud201806.JPG

ずらりと並んだ「伝説の映画スターたち」は、オードリー・ヘプバーンの他、私の独断と偏見で挙げさせていただくと、アンソニー・パーキンスビョルン・アンドレセンブリジット・バルドーシャーロット・ランプリングダーク・ボガードグロリア・スワンソングレタ・ガルボイザベル・アジャーニジェームズ・ディーンジャン・ギャバンジョーン・クロフォードジョン・トラボルタマリリン・モンローマレーネ・ディートリヒ早川雪洲、等々々

aud201807.JPG

写真の美しさと、往年の映画スターの懐かしさ同時に堪能できる写真展です

是非、ご来場ください

aud201808.JPG

なお、今回も、会場での写真撮影について、特別にご了解をいただきました

ありがとうございます

aud201809.JPG

Art Gallery M84のHPはこちら ⇒

http://artgallery-m84.com/

 

 

バレンタイン特別ライティング「ラブリーショコラ」

[サム] 2018年2月 3日 09:00

P1310175'ELS'.jpgP1310163'RS'G.jpg 東京スカイツリーでは、映画「今夜、ロマンス劇場で」の公開を記念して、カラフルなチョコの組み合わせにより、元気さやポップさを表現したバレンタイン特別ライティング「ラブリーショコラ」を、1月29日~2月14日、期間限定で点灯中。

 1月29日 18:10~22:00

 1月30日~1月31日 17:00~22:00

 2月1日~2月14日 17:15~22:00

 22:00~24:00 通常ライティング(粋・雅・幟)

東京スカイツリータウンでは、映画とコラボレーションしたバレンタイン企画も併せて実施中です。

31日夜は「皆既月食」。中央大橋より永代橋越しに、カラフルな「ラブリーショコラ」が輝く一方、南東側の夜空では、「部分食」進行中です。

 

 

旬の"黒トリュフ"づくしのコース  ~ ファロ資生堂 ~

[rosemary sea] 2018年2月 2日 16:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をマストと心得て取材します、rosemary seaです。

 

東京銀座資生堂ビル10階のファロ資生堂さん、2月17日(土)までの期間、『黒トリュフフェア』を開催されています。

 

黒トリュフ・・・

「黒いダイヤ」とも呼ばれ、芳醇で濃厚な香りが特長。

1月から2月が旬の時期です。

厳選された上質な黒トリュフを主役にオマール海老や牡蠣、豚、鳩、和牛などの食材を使い、香りを存分に楽しめる調理法でバランスのよいコースに仕立てられています。

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

 

それではコースのご紹介です。

黒トリュフ1a.jpg

Festa del Tartufo Nero al Ristorante FARO 2018(ファロ資生堂 黒トリュフフェア 2018)

16,000円(税込・別途サービス料10%)

画像はパイ、豚肉のつめもの、牡蠣のソテー、黒トリュフのバランスが絶妙な一品です。

ナイフを入れた瞬間の芳醇な香りが優雅な気分をもたらし、五感に響きます。

 ・ オマール海老のヴァポーレ 黒トリュフと帆立貝のムース コラリーヌソース

 ・ 豚肉のファルスとあたたかいパイ 牡蠣のソテーと共に 黒トリュフをふりかけて

   (画像のお品です。)

 ・ フォンドゥータチーズを詰めたトルテローニ 黒トリュフのヴルーテ

 ・ 黒トリュフで覆われたリゾット

 ・ ブレス産 鳩胸肉のローストと腿肉のコンフィ 黒トリュフ風味

             または

   和牛フィレ肉のソテー 黒トリュフのソース (+1,500円)

 ・ ドルチェワゴンよりお好みをチョイス

 ・ コーヒー

 本多シェフソムリエによる『黒トリュフコース』に合わせた「グラスワインコース[食前酒を除く5種]12,000円(税込・別途サービス料10%)」もございます。

 画像はイメージです。

 食材の入荷状況により、メニュー内容およびご提供期間が変更となる場合がございます。

 

・・・旬の、今だけの美味しさを、まさに黒トリュフづくしのコースでいかがでしょう?

 

ご紹介を繰り返しますが、ファロ資生堂さんは・・・

イタリア語で「灯台」という意味をもつ、資生堂パーラーさん運営のイタリアンレストラン。

伝統的なイタリア料理に四季折々の食材を取り入れています。

各種ワインや珍しい食後酒とともに、特別な晩餐をお楽しみください。

「ミシュランガイド東京」において"一つ星"を9年連続で獲得されています。

 

ファロ資生堂

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル10階

03-3572-3911

営業時間  ランチ 11:30~15:30(ラストオーダー14:30)

      ディナー 17:30~23:00(ラストオーダー21:30)

定休日  日曜日(月曜祝日の場合の日曜日は営業いたします。)祝日不定休

 2月19日(月)はビルメンテナンスのため休業となります。

ファロ資生堂さんのホームページはこちら

⇒ http://faro.shiseido.co.jp/restaurant/