中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座で星の海へ ソニー サウンドプラネタリウム

[ミル] 2016年1月12日 16:00

数寄屋橋交差点のソニービルで開催されている、音楽とプラネタリウムが楽しめるイベント、サウンドプラネタリウムにお伺いしました
今回で3度目となる人気のイベントです。

1.JPG

CDよりも音の情報量の多いハイレゾ(高解像度)の音源に合わせて、普段肉眼で見ることのできない星まで映し出せるプラネタリウム投影機・MEGASTAR-Ⅱ(メガスター・ツー)が美しい星空を奏でます。

プロジェクターに映し出される映像やグラフィックアートも美しく、とても楽しめるプログラムとなっています。


わたしは前回のサウンドプラネタリウムにとても感動したので、今年も本当に楽しみにしていました。


今回、会場となるソニービル8FのOPUSの床には、鏡面反射する素材が貼られています。
まるでウユニ塩湖のように、床にも星や風景が映って、とても美しい光景が楽しめます。


15分のプログラムの中で3曲が演奏されますが、会期の前半(1/17まで)と後半(1/18~2/14)では曲が変わり、また違った雰囲気を楽しむことができます。


2.JPG


わたしのおすすめポイントは、音楽とシンクロして動く星空です。
メガスターが楽器のように、星で音楽を奏でているようです。
頭上を流れる星の海にもぜひご注目くださいね


また、投影中のメガスターをすぐ近くで見られるのも、このイベントならでは。
常設のプラネタリウム館では、投影機のそばにはなかなか行けないもの。
すぐ隣でクルクルと回っているメガスターと星空を同時に楽しめるのは、とても貴重な機会です。

DSC_4181.JPG               (取材のため、特別に撮影させていただいています)

今回やってきている機種は、MEGASTAR-Ⅱ Phoenix(メガスター・ツー・フェニックス)。
不死鳥をイメージした真っ赤な塗装と、虹色の文字が美しいメガスターです。
投影中、キラキラと輝いている本体もとても素敵なので、ぜひご覧ください。

例年、土日祝は混み合うことが多く、特に会期が終了に近づくほど混雑するそうです。
わたしのおすすめは、平日の夕方5時以降です。
その時間だと、プラネタリウムを観て外に出た時、銀座のイルミネーションがまるで地上の星のように見えるのです。
この場所だからこそ楽しめる、美しい瞬間です。


サウンドプラネタリウムは、2月14日までの毎日、11時から19時まで開催されています。
入場は無料で、15分のプログラムが1時間に3回繰り返し上映されています。
詳細はホームページをご覧ください。


また、1階では、超精密恒星原板・GIGAMASK(ギガマスク)が初公開されています。
メガスター開発者の大平貴之さんが代表を務める大平技研と、ソニーDADCジャパンの共同開発により、10億個という世界最多の恒星投影数がプラネタリウムで可能になりました。
世界最小の1万分の2mmの穴で表現された、手のひらに乗る宇宙。
とても美しいのでぜひご覧ください。

3.JPG


銀座にお出かけの際は、ぜひ星の海の旅もお楽しみくださいね