中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


中央区の歩道っておもしろい!6 【銀座1丁目】

[湊っ子ちゃん] 2018年5月25日 14:00

中央区には、地域のみなさんに親しまれ、愛称を持った道が98路線あります。どの道にもストーリーがあり、様々な表情で私たちに語りかけてくれます。そしてじつは、愛称を持たない道にも、たくさんの魅力が詰まっているんです。今日は、そんなさりげない道に、スポットライトを当てたいと思います。
 

♪ 高速下のレトロな道
 
こちらは、銀座1丁目17番、「木挽町仲通り」の始まる一歩手前の道です。愛称はありません。あえて言うなら、特別都道451号線。首都高の銀座一丁目駐車場があり、その隣には京橋消防署が並びます。昭和通りからひとつ入ったところの、ひっそりとした道でありながら、車も人通りも多く、生活に欠かせない道です。
 
江戸時代の慶長期、外堀から楓川を目指し開削された約600mの水路、「京橋川」。戦後の復興事業の一環として、昭和29年(1954)から埋め立てが始まり、昭和34年(1959)に姿を消しました。ちょうどこの辺りに、「白魚橋」が架かっていたはずです。今は頭上を高速道路が横切り、日陰を作ります。

kyu01.jpg

この銀座1丁目駐車場は、一面レンガ張りになっています。どことなく懐かしい雰囲気が漂っています。駐在さんがおり、大きな窓越しに、思わず目が合ってしまうところも、なんだか人情味があります。歩道のわきには、小さな植え込みがあって、花が咲いています。コンクリートと車の騒音に囲まれたなかで、小さな花たちは、健気に季節を伝えてくれます。

kyu02.jpg

隣の京橋消防車は、住所が変わり、京橋3丁目14番になります。銀座1丁目駐車場との間の隙間から覗き込むと、通りの向こうはぐっと沈み込んだ地形になっており、かつての楓川を、猛スピードでゆく車たちが見えます。エントランスの植え込みには、かわいい花が咲いていました。そして、キュータくんがポーズをとっているのです。さらに、キュータくん用のミニのカーブミラーもあり、何ともかわいいです。

 

♪ 自動電話交換発祥之地
 

銀座1丁目駐車場の反対側は、もう木挽町仲通りです。セイコーウォッチの大きなビルに出会います。角を曲がって新金橋方面を向くと、敷地内の植え込みに「自動電話交換発祥之地」碑をみつけました。記念碑にはこうあります。

kyu03.jpg― 我が国における自動電話交換方式の発祥は、大正15年1月20日、旧京橋電話局の交換業務開始による。自動電話交換開始50年に当り京橋電話局跡であるこの地に、記念碑を造り昭和50年1月20日除幕した。記念碑は当時の自動電話交換機の回路図の一部を図案化したものであり、「自動電話交換発祥之地」は米澤滋博士の筆によるものである。―

(東京都中央区銀座1丁目26番1号)
 

この記念碑が除幕された昭和50年(1975)、ここに建っていたのは、ホテル銀座ラフィナート(旧名 京橋会館)という建物だったそうです。その時は、今よりもっと大きな回路図が、エントランスの外壁に掲げられているのを写真で見ました。セイコーウォッチのビルが建ったのは、平成28年(2016)5月です。この記念碑もそれに合わせ、新しく造り替えられたのだと思います。現在は、NTT東日本京橋ビルが、銀座2丁目にありますね。 こうして見ますと、名もない道にも、かけがえのない"あゆみ"があります。だから、中央区の歩道っておもしろい!と思うのです。

中央区観光特派員 湊っ子ちゃん

sign200.png
第11号 平成30年5月20日

 

 

ミルフィユ専門店★ミルフィユメゾンフランセ

[まぴ★] 2018年5月25日 09:00

松屋銀座にあるミルフィユの専門店です。
ここでしか買えないようで、フランス産小麦パイ生地が使用されています。

 

パッケージがとてもお洒落で高級感もあり、
いくつかの情報番組でも取り上げられたようです。

 

この日はプチガーデンパーティの手土産に
持っていきましたが、とても喜ばれました(*^^*)

 

DSC_3633.JPG

 

DSC_3631.JPG

 

R0013619.JPG

 

サクサクで香りも風味もよく美味しいし、
なんといっても銀座限定品なのがいいですね!

 

ミルフィユメゾンフランセ 松屋銀座のホームページ

 

 

 

コレド室町2 「大木屋 匠」 お肉の美味しいレストラン 29日は特にお得です

[銀造] 2018年5月24日 12:00

 今日は、東京メトロ三越前駅で下車して、名橋・日本橋周辺のお散歩を楽しみました。

沢山のお店がある、コレド室町のレストランを深く探索をしようと、思い立ちました。

コレド2の東宝シネマに上がりました。 大好きな映画は上映が始まっていて、次の上映まで時間がありました。

コレド1との連絡橋を渡ろうとして、レストランの散策を始めた、まさにその時でした。 メキシコ料理「エル・ボラ―チョ」の奥に、「大木屋 匠」の看板を見つけました。

 

 鉄板焼きで有名なお店らしいが、平日昼の1時過ぎに入った時は、お財布に優しいランチメニューで対応。 牛サーロインの「ステーキ丼」。通常¥1,450のお値段の物が、平日は税込1000円。食後のコーヒーも付いてきました。

1526390967879.jpg

 

 29日は、肉の日ということで、、通常¥1,450のお値段の物が、50食限定で、¥500。早い者勝ちで、 大特典があります。 ただし、11時頃には沢山の人が並んでいるというから、その少し前に到着しておかないと、恩典にはありつけないかも知れません。

1526391003266.jpg

 ご利用なさった時は、ポイントカードを入手しましょう。 スタンプ5個で、ランチタイムにはメニューからおひとり様500円引き。ディナータイムには、お好きなもんじゃ一品サービス。 スタンプ10個なら、ランチタイムにはメニューからおひとり様一品無料。ディナータイムには、お会計から15%オフ。 とのことです。(このポイントカードの有効期間は、確かめて下さい)

 お店の詳細は、こちらのHPご確認下さい。https://mitsui-shopping-park.com/urban/muromachi/storeguide/index.html

 

 

 

ビーズ織り作品展「Loom ~ 千の織り」〔ギャラリー銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年5月24日 09:00

loom201801.JPG

銀座2丁目の画廊、「ギャラリー銀座」で、ビーズ織りの作品展が開催されています

loom201802.JPG

期間は、5月23日)から5月28日)までです。

時間は、午前11時から午後7時までですが、最終日午後4時までですので、ご注意を

loom201803.JPG

ギャラリーは、階段を上った2階になります。

loom201804.JPG

会場には、カード入れ扇子入れお手玉から、壁に額装されているものまで、すべてビーズ織りの作品が展示されています

美しい色きめ細かい作業精緻な作品群です

loom201805.JPG

初めての作品展だそうです

loom201806.JPG

これらの作品を制作するための「織り機」も展示されており、「織り機」のことを「Loom」と言うということを知りました

loom201808.JPG

展示されている作品に触らせていただき、意外なほどの柔らかさ滑らかさしっとり感適度な重量感に驚かされました

実際に、間近肉眼で見ることで、素晴らしさを実感できる作品展です

是非、期間中お立ち寄りください

loom201809.JPG

なお、会場内での写真撮影については、ご了解をいただき、作品の制作方法等について、ご本人から説明していただきました

ありがとうございます

ギャラリー銀座のHPはこちら ⇒

https://www.gallery-ginza.com/

 

 

湊の画家 小川幸治の描く街

[湊っ子ちゃん] 2018年5月23日 18:00

小川幸治さんは、昭和23年(1948)、中央区湊町(現在の湊)にお生まれになりました。昭和51年(1976)より、古い街並みの姿を留めたいとの思いから、中央区内のスケッチをはじめられたそうです。小川さんの眼差しは、著名な建物はもちろんですが、とくに何気ない路地の様子や、街角に注がれています。

10m3m.jpg

― 私が生まれ育ったのは、東京中央区、鉄砲洲の湊です。生家は格子の出窓のある"しもた屋"でした。「小川君の近所は面白い家が多いね。」芸大の同級生にそう言われてみて、なるほど銅張りの商店や、押しぶしの長屋、出し桁造りの店、レリーフにカラフルなタイル張りの家と、個性に富んでいて調和もある街並みだなと再確認したのですが、その中で生まれ育った私は、それが当たり前と思っていました。(特別展冊子より、以下同じ)―

10m2m.jpg― 昭和51年、老朽化した我が生家の建て替えを機に、隣り近所の家並みから日本橋や銀座へと足をのばして、思い出の街を描き始めました。折しも東京は地価が高騰し、祖父・父・私と三代育ててくれた街並みが、再開発のもとに次々に地上げされ、子供の頃より見慣れた風景や潤いのあった日常生活は消えてしまいました。その時、私は強い危機感と使命感を感じはじめたのです。―

10nhm.jpg
10gm.jpg

― 銀座の賑わい、築地の魚河岸、モダンな下町、路地の植木、老舗の日本橋。歴史ある街にはそれぞれの味わいがあります。テアトル東京、日劇、東京証券取引所等の建て替えの話を耳にすると、早々に行って、写生するようになりました。―

10tm.jpg

10mm.jpg

― 東京の街が大きく変わたったのは、関東大震災、第二次世界大戦、地上げ旋風の三回でしょう。東京の街はあまりにも広く、たくさんの問題を抱えていて、とても興味深いところです。―

10a1m.jpg
10a2m.jpg

rain00m.JPG平成19年10月、中央区立郷土天文館タイムドーム明石にて開催された、「第4回特別展 小川幸治の東京画 20世紀末の銀座・佃・日本橋」の冊子に収められた小川幸治さんの言葉より、引用させていただきました。20世紀末、昭和から平成にかけて、それは東京が大きく変わった時代でした。そして21世紀、東京は新たな時を刻み続けています。

小川さんの作品は、社会福祉法人レインボーハウス明石の建物、1階エントランスのフリースペースで見ることができます。石造りの壁に直接印刷されており、古き佳き街並みを、私たちに伝えてくれます。(作品はこちらで撮らせていただきました)

中央区観光特派員 湊っ子ちゃん

sign200.png

第10号 平成30年5月19日


 

 

【遠足シリーズ第1弾】木像と和菓子に学ぶ赤穂義士

[Hanes] 2018年5月23日 09:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
皆さんは時代劇がお好きですか?
正直、大河ドラマならまだしも時代劇ともなると敬遠しがちの私は、
中央区観光検定の勉強をして初めて、区内に有名な時代劇に関する場所が3ヶ所あると知りました。
その時代劇とは、赤穂義士の吉良邸討ち入りをテーマにした「忠臣蔵」です。

■浅野内匠頭邸跡(明石町10・11地域一帯)
赤穂藩主浅野家の江戸上屋敷でした。

IMG_9224.JPG

■堀部安兵衛武庸之碑(八丁堀1-4)
越後国新発田藩溝口家の家臣、中山氏の子。
浪人となった父が亡くなった後、江戸に出てきて剣術で名を馳せました。
京橋永谷町(現・銀座1丁目)に住居を構えていたと言われています。

IMG_9233.JPG

■間新六供養塔(築地本願寺)
父と兄が仇討の義盟に加わっていることを知り、参加を決意した彼。
吉良邸討ち入りで本懐を遂げ、高輪泉岳寺へ引き上げる途中、
携えた槍に金子を結び付け、自身の供養料として築地本願寺の塀の中へ投げ入れたという伝説が残っています。

IMG_9212.JPG

しかし、赤穂事件の経緯を詳しく知らない私は、碑や塔を見ただけではピンと来ず、
まだ「忠臣蔵を見てみよう」という気にはなりません...
そこで、別の角度から赤穂事件を見てみることにしました。

■浅野内匠頭長矩のルーツをたどって
彼は赤穂藩(現在の兵庫県の一部)の3代藩主でしたが、遡ると広島藩浅野家の傍流であることが分かります。
そこで、広島出張の機会を利用し、赤穂義士に関する場所、明星院を訪れました。
このお寺は広島藩内五カ寺の一つで、毛利輝元の生母妙寿院の菩提寺でもあります。

DSC_2162.JPG

そして、奇跡的に被害を最小限にとどめた赤穂義士四十七体の木像でも有名です
本来安置されていた赤穂義士堂は原爆の爆風で倒壊し、一度原爆で消失したこのお寺に移されたとのことでした。
本尊に向かって右側には山田伊佐朗作「表門より討入りの義士」、

DSC_2150.JPG

左側には岩田彦四作「裏門より討入りの義士」が並び、
いずれも明治期製の楠の一本造りとなっています

DSC_2155.JPG

表門隊と裏門隊にわけて安置されており、どのような人々がどのような役割のもと
討ち入りに臨んだのかが一目で分かります
勿論、中央区に関連する堀部安兵衛(前列中央)と間新六(後列左端)もチェック!
間新六の若さには改めて驚きました

DSC_2154.JPG

■浅野内匠頭と赤穂義士に関する和菓子はいかが?
赤穂義士にはそれほど興味がなくても、和菓子は好きという方は多いのではないでしょうか?
そんな皆さんにオススメしたいのが、お隣の港区にある新正堂

IMG_9195.JPG

道路拡張工事で移転する前、このお店の敷地は田村右京太夫の屋敷にあたり、
その庭で切腹した浅野内匠頭の終焉の地でもあったのです

IMG_9194.JPG

このお店の看板商品は、その出来事に基づいて考案された「切腹最中」
初めは全く売れなかったというこの最中は、お詫びの品として証券業界で話題となり、
今では1日に200個以上売れることもあるそうです。
徐々に吉良邸討ち入りと赤穂義士について知識が増えてきた私は、
そのネーミングに惹かれ購入してみました

DSC_1506.JPG

切腹シーンを彷彿させるこのあふれんばかりの餡が妙にリアル
一体どのような経緯で浅野内匠頭は切腹をしなければならなくなったのか、知りたいという想いが強くなりました。
そして後日、赤穂義士の人数分異なるデザインのパッケージが目を引く「義士ようかん」を買ってみました。
勿論、中央区関連のお二人をチョイス

IMG_9199.JPG

パッケージの側面には、討入り時の配置のみならず、家紋等の説明もついており、
赤穂事件の背景がますます気になってきました

IMG_9200.JPG

それにしても、義士全員分のデザインがあると、集めたくなりますよね
中央区の史跡からは一旦離れてしまいましたが、こうして赤穂義士について別の角度から見てみることで、
時代劇を苦手と感じている方にも興味を持っていただけるのではないかと思います
勿論、既に「忠臣蔵」がお好きな方にとっても、関連付けて楽しんでいただけるのではないでしょうか。
私はこれを機にこの事件について勉強し、改めて中央区の史跡を訪れてみたいと思いました

【関連記事】
与太朗さん「間新六 ただ一人の墓・・・築地本願寺」
http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2013/12/post-1855.html
小江戸板橋さん「忠臣蔵のおもかげ」
http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2014/12/post-2252.html
与太朗さん「『堀部安兵衛武庸之碑』と細井広沢」
http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2015/02/post-2293.html
朱房の十手さん「赤穂義士 間新六供養塔が本願寺に?」
http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/06/post-4421.html

※お店の写真および商品につきましては、掲載許可をいただいております。

 

 
1234567891011