中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


東京オリンピックの選手村予定地を訪ねてみよう

[しばしばしばた] 2018年6月23日 18:00

こんにちは! 今日は、晴海5丁目にある、2020年東京オリンピック・パラリンピック選手村予定地を探検してみたいと思います。

2020年に予定されている東京オリンピック・パラリンピックで中央区に大きく関わることとしては、マラソンのコースが中央区内を縦断するほか、晴海地区に選手村が整備されることが挙げられます。
その選手村、いまはどのような様子になっているのでしょうか。
 
sbt_1806_01.JPG
トリトンスクエアのある晴海三丁目交差点から、並木道が素敵な晴海通り
中央清掃工場の煙突の方向へ進んでいくと・・・

 
sbt_1806_02.JPG
たくさんのクレーンが立ち並ぶ、広大な工事現場が見えてきます。
ここが、選手村の予定地になります。
 
sbt_1806_03.JPG
「選手村建設地」の看板も掲げられています。市街地再開発事業で整備する建物はオリンピック・パラリンピック期間中に選手村として利用され、大会後は一般の住宅になる予定です。
 
sbt_1806_04.JPG
工事が急ピッチで進められており、建設中の今しか見られない光景が広がっています。
 
sbt_1806_07.JPG
実はこの選手村予定地、1996年までは「東京国際見本市会場」があった場所です。
1959年の開場後、江東区に「東京ビッグサイト」が完成するまでの間の40年近くの間、東京モーターショーをはじめとする数々の国際的な展示会・イベントが開催されました。このことを示す記念碑が、中央清掃工場付近に置かれています。
 
そして更に遡ると、この場所は1940年に開かれる予定だった
「東京万博」の会場でもありました。1940年は「紀元2600年」を記念する年で、万博のほか東京オリンピックも予定されましたが、どちらも、戦争の影響で中止になり、幻の存在となってしまいました。
 
そんな、国際的なイベントとゆかりのある土地だったのですね~。
未来の選手村の姿を想像するだけでなく、過去の歴史にも思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
 
sbt_1806_06.JPGsbt_1806_05.JPG
ちなみに、晴海五丁目の先っぽにある「晴海客船ターミナル」臨港広場からは、海越しに東京タワーやレインボーブリッジを望むことができ、こちらもオススメスポットです