中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


冬を告げる花 「ツワブキ」

[サム] 2018年11月18日 14:00

DSC07667ELSR'.jpgDSC07693RS''G.jpg 立冬が過ぎ暦の上では冬。

ツワブキはキク科の常緑多年草で、艶のある大きな葉を持ち、太めの長い花茎を伸ばし、毎年秋から冬にかけキクに似た花を咲かせます。

通説では、蕗に似たその外観から、艶蕗と呼ばれ、転じてツワブキになったとされますが、蕗とは別種で、石蕗、艶葉蕗とも呼ばれます。

花色は限定されますが、葉は、斑入り、星斑、覆輪 など様々なものが作出されています。

「石蕗の花」は初冬(立冬から大雪の前頃迄)の季語として、親しまれています。

花の少ない初冬の浜離宮恩賜庭園にあって、明るい黄色の花は貴重な存在。濃い緑色の葉と対照的な暖かな花色は遠くからでも周りの景色に映え、一面をパッと明るくしてくれています。