中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


築地の新名所 Tutto Bene!

[王冠とあざみ] 2015年6月22日 14:00

築地在住と自己紹介すると、

『築地で一番美味しいお店は何処?』って

質問されることが多いのですが、そのような時には

寿司でも、定食でも、ラーメンでも無く

築地場外市場のイタリアン『パラティーゾ』をオススメしていました。

が、最近では、口コミでもすっかり評判に成って、観光客の行列が絶えず、

席の確保が大変すぎて、地元の人々が立ち寄りにくくなっていたところ。

 

しかーし、なんと6月初旬、築地7丁目(中央区築地7-10-10)

姉妹店の『トゥットベーネ』がオープンしました!

薪窯料理、つまりこちらの店舗では、ピッツァもいただけるのです!

 

__T.JPG

 

イタリアンの魅力は、元来、イタリア地方、それぞれに根付いている

無骨で力強い味わいにあるはずが、

日本の大抵のイタリアンは和風にアレンジされてたり、

上品に進化し過ぎてたりする傾向が...

けれど『パラティーゾ』『トゥットベーネ』は、そのような風潮に迎合などせず、

これが南イタリアだ! なんか文句あっか!

ぐらいのスタンスと勢いに満ち溢れているのです。

 

テリー伊藤氏が日本一美味しい!と絶賛し、

『パラティーゾ』で、一躍名物となった

「本日仕入れた貝類とチェリートマトのペスカトーレ風リングイネ」は、

『トゥットベーネ』にも健在です。

 

訪れた日のペスカトーレには

帆立貝、ムール貝、浅利、蛤、烏賊、手長海老等、

シーフードが何種類も入っていて、、、どれだけの出汁が抽出されているか

美味しさを想像するの容易いでしょう? 

手をベタベタにしながら(ワイングラスもベタベタ)

夢中になって貝や殻をチューチュー食すと、もれなく貝塚が出来上がります。

 

__ (10).JPG

 

 __ (8).JPG

 

そして当然、薪窯で焼き上げられるナポリピッツァも食べなくっちゃ!

縁が厚くモチモチしていて、

膨らんだ縁に焦げ目が付くのがナポリピッツァの特徴。

ゴルゴンゾーラと胡桃のピッツァは、塩味と甘味のバランスが絶妙です!

 

__ (11).JPG

 

この日は、これにて、お腹いっぱいになってしまいましたが

実は、ドルチェも絶品なことを知っているので

後日ランチで再訪した折に、ピスタチオのティラミスでリベンジ。

素朴に見えて、素朴だからこその底力。

ボリュームがあるのに、風味豊かでぺロリといけちゃいます。

 

__ (4).JPG

 

Tutto Bene!』とは、イタリア語で

『すべてうまくいくよ!』『問題ない!』っていう意味だそうですが、

ここで、美味しさと元気を注入したら

本当にそのような心持ちになりましたよ! 

 

__ (10) (2).jpg

 

 
1