中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ポーラ ミュージアム アネックス 「玉川堂200年展」

[ミル] 2016年6月13日 12:00

DSC_7527.JPG





印象的なポスターに惹かれて、銀座のポーラ ミュージアム アネックスの「玉川堂200年展」にお伺いしました。



何の予備知識もなく入ったので、どういった展示なのか、とても楽しみでした








DSC_7522.JPG

展示室に入ると、照明を落とした空間に、星のように輝く作品たちが。


一瞬で魅了されました。



玉川堂(ぎょくせんどう)は、日本を代表する金属加工製品の産地、新潟県燕(つばめ)市で、鎚起(ついき)銅器を制作されている会社なのだそうです。


鎚起銅器は、金槌で銅を打ち起こしながら、器を作り上げていく技法で、新潟県の無形文化財にも指定されているそう。




DSC_7511.JPG

会場では実演も拝見することができました。


銅を叩いて延ばすのではなく、叩きながら縮めたり、丸めたりして、形作っていく様子は、とても興味深いものでした。



この鎚起銅器の技法は、江戸時代後期、仙台の渡り職人によって燕に伝えられ、1816年(文化13年)に、玉川堂の祖、玉川覚兵衛によって受け継がれたのだそう。





DSC_7512.JPG

今回の展示では、初代・玉川覚兵衛から現在の七代目・玉川基行まで、200年間をつなぐ7人の作品を拝見することができます。


作品は、オイルを張った台の上に設置されているため、鏡面反射が美しく、しっとりとした質感の印象的な展示となっています。



DSC_7516.JPG

玉川堂は、1873年のウィーン万国博覧会をはじめ、戦前まで約30回の海外博覧会へ出品、受賞なさっているのだそう。


古き良き時代の香りと、日本の誇りが伝わってくるような、美しく見事な作品の数々です。



DSC_7521.JPG

幾世代を超え、静謐な時を刻み続ける、美の小宇宙。


200年という記念すべき年の作品展、ぜひお出かけください。




「玉川堂200年展 」

6月4日(土)〜 6月19日(日)

東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 3階

11:00〜20:00(入場は閉館の30分前まで)


実演などイベントの予定は、玉川堂ホームページをご覧ください。

http://www.gyokusendo.com/news/4680


 

 

銀座・画廊の夜会 2016 その2

[ミル] 2016年6月 7日 18:00

(「銀座・画廊の夜会2016 その1」の記事)

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/05/-2016-1.html

前回からの続きです


中央通りに面した黒田陶苑。

提灯の灯りがとても似合っていました。


DSC_7083.JPG

榊莫山の書が飾られた、3階の落ち着いた空間。

「-花-今井完眞 陶芸展」が開催されていました。


DSC_7086.JPG


DSC_7084.JPG

京都の若手の作家さんの作品とのことで、細部まで作りこまれた自然の造形がとても印象的でした。


こちらは「プロテア」という作品。


アフリカ原産の花の生命力を感じさせる、美しい陶芸。

和の空間と調和していました





こちらはギャルリーためなが。


DSC_7089.JPG

今年1月に逝去された「ポール・アイズビリ追悼展」を開催されていました。


アイズビリの作品を、1969年の開廊以来紹介して来られたとのことで、初期から晩年を網羅した展示をなさっていました。


南欧の明るい色彩が印象的な作品がたくさん並んでいました




玄関の佇まいも雰囲気のある、思文閣銀座。


DSC_7091.JPG

「コンラッド・ヨン・ゴードリー展」が開催されていました

DSC_7094.JPG
DSC_7095.JPG













山や滝の作品は、絵具の刷毛目で表現されたもの。


離れた場所で見ると、まるで写真のようでした。


思文閣銀座は、玄関から続くらせん階段を降りた先に、書斎のような展示室があり、空間をゆったりと使った展示がとても素敵でした




最後にお伺いした、日動画廊。


DSC_7098.JPG

玄関の両側の石像が、夜はとても神秘的でした


DSC_7099.JPG

開催されていたのは、「第53回太陽展」。


新旧の作家の作品が一堂に会して展示されていて、とても見ごたえがありました




梅原龍三郎や中川一政、向井潤吉といった大家の作品も多く展示されていました。


美術館よりももっと近くで拝見することができて、とても嬉しかったです


そして、ここで21時の終了時間を迎えました




DSC_7097.JPG

今回わたしは3時間の参加で、12の画廊を巡りました


本来の開催時間は4時間ですが、24画廊全部を巡ろうと思ったら、かなり駆け足になりそうです。


華やかな、初夏の夜の銀座もとても美しく、移動中も楽しめる「画廊の夜会」でした。


ご興味ある方は、ぜひ来年参加なさってみてください



画廊の夜会

http://ginza-galleries.com/yakai.html


 

 
1