中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


中央通り 室町をブラリ

[お江戸のマーシャ・堀内] 2016年1月29日 09:00

お昼に、室町3,4丁目をブラリ。

 

先ずは、大きなビルが取り壊され建築中のものがいくつもあるのに気付く。
ck1515_20160127 (1).JPG

 
2020年に向けて、南側の日本橋辺り含め中央通りが変貌するというが、江戸時代からの繁華街の町並み感は
そのままだろう。近い将来、福徳神社の横に出来るという緑の空間が楽しみである。

 

そんな室町4丁目に「三渓洞」という画廊がある。時々立ち寄り、時々の季節を味わわせて
頂いている。

ck1515_20160127 (5).JPG

ck1515_20160127 (4).JPG

そこに、「日本画五山」の一人である高山辰雄の絵が掛かっていた、これはヨーロッパの静かな
田舎の風景だろうか、ゴッホの糸杉のような木がシッカリと家を守っているように見える心象風景画だろう。
「三渓洞」は、江戸時代には両替商をされていたとか、大正時代から現在地で美術商を営んでおられる。
都心のオアシスとして、度々、訪れたいものである。

http://www.sankeido.co.jp/art/newworks/

   

そして、室町3丁目、ここもビルの建替中である。

江戸時代、3,5,12月の季節の変わり目には、特に賑わった「十軒店」の跡地でもある。

ck1515_20160127 (3).JPG

ck1515_20160127 (2).JPG←こちらはクリックすると大きくなります

  

温故知新

 

 

小舟町をブラリ

[お江戸のマーシャ・堀内] 2016年1月27日 09:00

お昼に小舟町をブラリ、

 

1)最初に、「舟すし」さんで握りランチをいただき、weekendのご褒美です。
静かな佇まいで、テキパキとした板前さんの握るお寿司は美味しい。

 

2)そして、少し右手へ行くと岩代稲荷神社、出世○○と書いた幟があります。
やはり、江戸時代、"伊勢屋、稲荷に、犬の糞"と言われただけあって、どこにでも
お稲荷さんはありますね。

ck1515_20160126 (4).JPG

  

3)それから、家へのお土産に、御菓子司の「日月堂」のどら焼きを買いました。その場で
餡子を入れてくれて(うさぎと桜の焼印)、こんな素敵な袋に入れてくれました(200円)。
こちらでは、オリジナル焼印入りでどら焼きを作ってくれるって知ってました?是非、どうぞ。
http://nitigetudou.com/

ck1515_20160126 (5).JPG

  

4)最後に、ズット気になっていた「伊場仙」さんの漢字アート展へ、
近くで見て、ようやく、"喜"ぶという字がこんなに人の笑い顔に見えて書かれているのだと
わかりました(口が開いていてニコニコ顔に見えますね-口の部分はここがお酒や料理を入れる器を表します-
古代漢字学の大家である白川静が解き明かした象形文字の説明)。

ck1515_20160126 (1).JPG ck1515_20160126 (2).JPG

ck1515_20160126 (3).JPG

 

スッキリしたところで、皆さんもよい週末をお過ごしください。

 

 

 

凧作り

[お江戸のマーシャ・堀内] 2016年1月23日 09:00

1/16、中央区文化・国際交流振興協会主催の国際交流サロンで
凧つくりを各国の方々と一緒に楽しんできました(ボランテイアです)。

 

場所は、明治時代から外国人居留地だった築地明石町。
講師は、たいめいけんの"凧博物館"の茂出木さん、多くの凧を
会場に展示して頂き、凧キットに、思い思いのデザインを描きながら作り上げました。 

凧の博物館;https://www.taimeiken.co.jp/museum.html

ck1515_20160122 (1).JPG ck1515_20160122 (2).JPG

ck1515_20160122 (3).JPG ck1515_20160122 (5).JPG

ck1515_20160122 (4).JPG

(因みに、私は、赤いダルマさんのデザイン)

 

近くのあかつき公園へ
いざ、凧揚げに!生憎、風が無さ過ぎたのであまり高くは上がりませんでしたが、
小さいころの思い出がよみがえり、外国人の方々も思い思いに楽しい時を
過ごされていました。中国、ベトナム、スペインなど多くの国の人達がいました。
(今度、どこかで凧揚げを始めようと思います)

 

ところで、中央区には5000人以上の外国人が居住しており、増加しているそうです。 
これからは、OMOTENASHIの精神が大切になってくると思います。

ck1515_20160122 (6).JPG ck1515_20160122 (7).JPG

(地図の写真は、クリックすると大きく表示されます)

 

 

銀座をブラリ

[お江戸のマーシャ・堀内] 2016年1月21日 12:00

久しぶりに、夕方の銀座をブラリ、

 

1)最初に、
四丁目の銀座煉瓦画廊(歌舞伎座横,オムライスで有名なYouのお隣)で、
建築家で江戸の水彩画を書かれる木下栄三さん(江戸検1級保持者)の作品を観てきました。
江戸城がどういう風に出来ていたのか、神田が当時はどういう処だったのかなど
とての興味深く見させていただきました。
http://ginzarengagarou.com/exhibition/2016/eizo_kinoshita.php

 

2)そして、
一丁目のPOLA MUSEUM ANNEX、"祝いのよそほい"ということから、江戸の浮世絵、使われていた
化粧道具など、美の追求への古の成り立ちに思いを馳せました。
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

ck1515_20160121 (2).JPG ck1515_20160121 (3).JPG

 

3)最後、二丁目のブルガリ銀座タワーです。他にも高級ブランド店が集まる街に変身してしまいましたね。

帰りは、キムラヤのアンパンをかじりながら帰りました。次回はゆっくり食事をしたいところです。

ck1515_20160121 (1).JPG

 

 

 

" 東都のれん会 "

[お江戸のマーシャ・堀内] 2016年1月14日 16:00

慌ただしく過ぎ去った正月松の内でした。昨年末「東都のれん会」というスタンプラリーに参加、
多くが東京の下町と呼ばれている場所にあり(中央区、台東区、墨田区、荒川区、江東区、千代田区、港区)、
江戸と現在を行き来しながら、雨風を問わず健脚作りをしたというお話です(大袈裟や!<ひとり突っ込み)。

 

「東都のれん会」とは、江戸~明治に創業し、東京で三代・百年以上の歴史を紡いできた54ののれん店の集まりで、
1951年の戦後の混乱期に発足したということですから驚きです。
扱っているものはといえば、佃煮、うなぎ、甘酒、お団子、眼鏡、果物、海苔、漆器、和紙、お茶、刷毛、弁当、扇子、楊枝、
刃物、稲荷寿司、お菓子、太鼓、天麩羅、すき焼き、豆腐、西洋料理、そば、履物、仏壇、人形、あひ鴨、清酒、あんこう鍋、
パン、呉服、帚、足袋、はんぺん、鰹節さん と衣食住の生活日常のものばかりで親しみやすいものです。
そんな中、26の老舗ブランドが中央区にお店を構えています。(中央区、\(^o^)/)

http://www.norenkai.net

 

普段からいくつかのお店に立ち寄ったりしていたのですが、今後は、より足しげく通うことになりそうです。

ck1515_20160112 (1).JPG ck1515_20160112 (2).JPG

ck1515_20160112 (3).JPG ck1515_20160112 (4).JPG

※上記写真をクリックすると大きくなります。

 

 

 

" 久々に、日本橋COREDO室町で、映画を "

[お江戸のマーシャ・堀内] 2016年1月 8日 18:00

COREDO室町2の3階"TOHOシネマ"で、「杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE」を観てきました。

 
午前/お昼の部だけだったので、お昼を食べる前に、戦前の70年以上前の出来事に向き合ってきました。
激動の第二次世界大戦下、日本政府に背き、リトアニアで命のヴィザを発行し、6000人ものユダヤ難民を救った
人(外交官)の実話です。
http://www.sugihara-chiune.jp/

 

日本橋に、このような映画館があること自体、2020年オリンピックが開催される東京にとって、
新しい可能性を感じます。日本橋観光で疲れた身体を休める席としても、音響もなかなかよいのです。

あと、12月下旬のとある日、三越前駅地下街の一角で、pepperやUNI-CUBなどロボットを実際に見る機会
がありました、人工知能を持つアンドロイドとともに、社会に少しづつ役立ってくれる時代も、
もう目の前のような気がします。来年以降、日本橋にも登場する日がやってくるような気もします。
2015年、2016年に感謝。

ck1515_20160106 (1).JPG ck1515_20160106 (2).JPG

ck1515_20160106 (3).JPG ck1515_20160106 (4).JPG