中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


洋菓子もお勧めです。 ~千疋屋総本店~ ②

[rosemary sea] 2017年1月30日 16:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をピックアップして取材します、 rosemary sea です。

 

千疋屋総本店さんは高級果物販売の有名店ですが、果物販売以外にもご紹介させていただきたい面が。

それは洋菓子のコーナーですけれど、ロズマリが申し上げるまでもなく、日本橋本店はお客さまでいっぱいでした。

 

株式会社 千疋屋総本店 日本橋本店 アシスタントマネージャーの川戸さん、それから販売副部長の吉田さんにお話を伺いました。

洋菓子コーナーは現社長の大島博社長になってから本格的にしっかりとちからを入れて行うようになったとのこと。

 

さて、商品のご紹介です。画像は全て、クリックすると拡大できます。

DSC01805a.jpgバナナオムレット

「一番人気です。右がそのバナナオムレットですが、中央がストロベリーオムレット、季節限定商品です。

ちなみに夏場はマンゴーオムレット、秋にはバナナモンブランオムレットが季節限定となっております。

左はチョコバナナオムレットです。」

 

DSC01851a.jpgグレープフルーツジェリー(右)。

「二番人気です。グレープフルーツをまるごと使ったジェリー。一度なかをくり抜いてジェリーとして入れ直します。

販売個数が限られているため、時間によっては売り切れ状態となります。

また、グレープフルーツは季節によって酸味が強かったりしますので、お出ししない時期もございます。

中央にオレンジジェリー、左にグレープフルーツジェリールビーがありますが、このなかではグレープフルーツジェリーが最も売れています。」

実際、最初の撮影日昼にはみるみる売れていってしまい、翌日再度お伺いして撮影できました。夕方には補充されることもあるそうです。

 

DSC01803a.jpg DSC01804a.jpg

フルーツサンドイッチ(左)、2種のフルーツサンドイッチ(右)。

「2階のフルーツパーラー&レストランでメニューにもあります。また、大人気で予約が即埋まってしまう毎週月曜日の『世界のフルーツ食べ放題』でもお出ししています。人気が高いので販売も好調です。2種のフルーツサンドイッチは月ごとに季節のフルーツを使っています。本店としては通常のサンドイッチを半分とクイーンストロベリーを使ったものを半分、今はこのようになっています。」

取材は1月です。2月からは半分はせとかに切り替わるそうです。

 

DSC01807a.jpg DSC01801a.jpg

シャーベットアイスクリーム(左)。

「冬場でも結構お買い求めいただいております。バニラ、バナナのアイスクリームが人気です。」

はシャーベット・アイスクリーム詰合せ 12個入り

「お中元・お歳暮に人気があります。」

 

DSC01852a.jpgフルーツポンチ

「果物は市場で一度確認しておりますが、配送されてこちらで見直してみると傷やへこみなどがありそのまま販売できないものもあります。

全てではありませんがそういった場合、2階のフルーツパーラー&レストランでパフェやフルーツポンチとして使うことがあります。他にこのようにフルーツポンチとして販売することも。」

味・品質・鮮度を追求する千疋屋さん、自信作です。

 

DSC01858a.jpgマスクメロンシャーベット

「マスクメロンを半分に切り、なかをくり抜いて果肉をカットしたものとマスクメロンシャーベットでなかに戻したものです。加工しておりますが、お値段はもとのマスクメロンと同じとなっています。」

 

DSC01806a.jpg DSC01811a.jpg

左は なめらかチーズのショコラロール。「日本橋本店限定商品です。」

右はアップルパイモンブラン。「通年商品です。安定した人気があります。」

 

DSC01808a.jpg DSC01810a.jpg

DSC01855a.jpg DSC01859a.jpg

上左は左、フルーツヨーグルト。右、苺ミルクプリン

「フルーツヨーグルトのなかは5月頃まで苺、その後はブドウの予定です。」

 

上右はストロベリーシュークリーム

 

下左は左から絹ごし杏仁メロン絹ごし杏仁トロピカル絹ごし杏仁ストロベリー

「今の季節ですと苺を使った商品がメインです。」

どれもとても美味しそうです。

下右はギフトのショーウィンドウ。ギフトも揃っています。

 

DSC01800a.jpg「オムレットやサンドイッチ、ケーキ、シュークリームなどは当日中にお召し上がりください。カップに入ったものは翌日までとなっております。」

左写真、右手奥にはお花の販売コーナーもございます。

 

千疋屋総本店 日本橋本店 1F メインストア(果物・花販売部)

日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー 1階 

03-3241-0877

営業時間  10:00~19:00

元日を除き無休

ただし、2月26日(日)はビル全体の電気設備点検日のためお休みです。

千疋屋総本店さんのホームページはこちら ⇒ http://www.sembikiya.co.jp/

 

 

 

老舗の伝統、そこからの革新 高級フルーツ専門店 ~千疋屋総本店~ ①

[rosemary sea] 2017年1月27日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をキャッチコピーとして取材します、rosemary sea です。

 

DSC01790a.jpg千疋屋総本店さんはご存知のとおり、高級果物販売の有名店です。

 

創業は1834年(天保5年)。武蔵国埼玉郡千疋の郷(現在の埼玉県越谷市千疋)のお侍であった初代・大島弁蔵氏が葺屋町(現在の日本橋人形町3丁目)に「水菓子安うり処」の看板を掲げて果物・野菜などを扱うお店を開きました。

二代目・文蔵氏のときに徳川家御用商人となり、三代目・代次郎氏になって日本橋本町(現在の日本橋室町)に移転しました。

その後、当時としては画期的な洋館3階建店舗、それから外国産果物輸入、メロン・ビワなど国産果物品質改良、わが国初の果物専門店、と常に業界をリードしてきました。

京橋千疋屋さんと銀座千疋屋さんはそれぞれ明治時代にここ日本橋からのれん分けされました。

2005年(平成17年)9月、日本橋三井タワーに日本橋本店オープン、現在に至ります。

老舗でありながら常に新たな革新のステージを目指し、売り上げを伸ばし続けられています。

DSC01792a.jpg DSC01783b.jpg

株式会社 千疋屋総本店 日本橋本店 アシスタントマネージャーの川戸さんにお話を伺いました。

 

早速、商品のご紹介。

DSC01785a.jpgマスクメロン

「千疋屋の代名詞と言えばマスクメロンになっていますので、御中元・お歳暮で考えると一番出ている商品です。

下げ札に「何日頃食べ頃です」と記載させていただいています。これは1日1日熟すスピードが変わってきますので、毎朝チェックして書き換えることもしています。手で触った柔らかさ、また、たたいたときに硬いものですと高い音がします。柔らかくなってくると太鼓のような弾力のある、音が低くなるんですね。というふうに音で見分ける方法もあります。あとはアンテナ、この蔓(つる)のことを言うんですけれども、これを見たり。このアンテナが少しづつ乾いてくるんです。たまに例外でアンテナがしっかりとしていても下だけ柔らかくなっていく場合もありまして一概に全部、というわけではありませんが。どうしても生ものなので難しいところもありますが、日々勉強しています。毎日触っていないと果物の状態がわからなくなってきますので、皆勉強しているところです。」

 

DSC01782a.jpgクイーンストロベリー

「香川県の三木町で生産されているものです。若干酸味があるんですけれども、甘さと酸味と香りのバランスがとれている、今の時期のイチオシです。クイーンストロベリーについては生産者限定になってしまうんですけれども、他は一般には生産者を限定するのではなくて、産地のところでいいところをとっていくというシステムです。生産者を指定してしまうと、生産者として一番良いというのはわかっているんですけれども、やはり出来ですとか、もしかしたら万が一不運があったりしてできなかった場合とかもありますので、やはりそういったときにフォローができるように、ということで。」

 

DSC01787a.jpgせとか

「オレンジのような果実の大きさなのにみかんのように皮が薄いので、召し上がりやすさもありますし味の濃さもあります。今月は愛媛産ですが、来月2月は長崎・島原産のものになります。

毎年なんですけれどもクイーンストロベリーとせとかに関しましては生産者のかたに店頭に来ていただいて一緒に販売していただけるという企画を行っています。今回はせとかの生産者が全店で2月25・26日に行う予定ですが、当店は都合で26日は休みとなります。25日だけ行います。」

 

DSC01781a.jpgデコポン

「こちらも今が旬です。

マンゴーなどは今の時期ですと南半球のブラジル産のものが上がってきています。

輸入ものですとバナナも人気があります。日によって違いますが主にフィリピン産、エクアドル産などです。ご自宅用やてみやげですとか、小分けすることもできますので。」

 

DSC01786a.jpg果物詰合

「お客さまのご要望に応じて組み合わせさせていただいております。一応2万円でこういったものが入っていますという見本がありますが、このままの内容で送って欲しいというかたもいらっしゃいますし、先様はこれが苦手なので入れ替えてもらっていいですか、とか。

お送りするのには多少お日にちをいただく場合もありますが、実際お出しする際はまた市場から取り寄せたものをお送りすることもあります。鮮度の落ちたものをお送りすることのないようにさせていただいております。」

 

DSC01797a.jpgそれぞれの果物には説明カードが横にあります。画像はクリックすると拡大できます。

「外国のお客さまも多いです。常連のかたも含め、ここのホテルに宿泊されているかたもいらっしゃいます。海外に商品を送って欲しいとか、ホテルの部屋でみかんを食べたいとか。」

 

千疋屋さん、続きはまた改めてご紹介します。

 

千疋屋総本店 日本橋本店 1F メインストア (果物・花販売部)

  日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー1階

  03-3241-0877

  営業時間 10:00~19:00  元日を除き無休

ただし、2月26日(日)はビル全体の清掃日となりましてお休みとなります。

 

なお、2階にはフルーツパーラー&レストラン、1階奥にはカフェディエスタがございます。

併せてご利用ください。

 

千疋屋総本店さんのホームページはこちら ⇒ http://www.sembikiya.co.jp/

 

 

ひな人形観賞会  ~ 宗家 源 吉兆庵 銀座本店 ~

[rosemary sea] 2017年1月19日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をアプローチとして取材します、 rosemary sea です。

 

DSC01776a.jpg「果実菓子 自然シリーズ」で新境地を開く和菓子の宗家 源 吉兆庵(そうけ みなもと きっちょうあん)銀座本店さんは今年も「ひな人形観賞会」を開催。

 

期間は1月16日(月)から3月3日(金)までとなります。

観賞できますのは午前10時から午後7時までです。

 

銀座本店さんの2階・特設会場にて、入場無料にて行われています。

お店1階のショーウィンドウを横切り奥左のエレベーターをご利用ください。

 

一見の価値ありです。

ぜひいらしてください。

株式会社 宗家 源 吉兆庵 銀座本店 中原マネージャーにお話を伺いました。

DSC01760a.jpg 

会場に入るとまず左右、上部より愛らしい吊るし雛が出迎えてくれます。

その数600本以上とのこと。

 

DSC01767a.jpg DSC01764a.jpg

奥へ進むと、正面にお雛様13段飾りが飾られています。まさしく豪華絢爛。

 

DSC01765a.jpg

エレベーター前の壁にも吊るし雛が飾られています。

 

特別企画2つご紹介。

3階銀座松濤 粋(しょうとう すい)では甘味「桃の節句 デザートプレート」数量限定メニューが登場。税込1,944円です。

有名なシャンパンブランド、モエ・エ・シャンドンのロゼアンぺリアルを使用した微発泡シャンパンフルーツゼリー、これと三笠生地であまおう・粒あんを挟んだスイーツが楽しめます。

 

4~6階銀座松濤では「ひな祭り懐石」、ランチ税込5,400円、ディナー税サービス込17,700円、要予約の季節限定メニュー。

どちらもひな祭りにちなんだ料理・演出となっています。

 

さて、商品も4点ご紹介。あんとろりは4月上旬まで、その他は2月上旬までの期間限定商品です。

DSC01773a.jpg吉祥梅(きっしょうばい)

酸味爽やかな梅あんを二層のしぐれで包み、紅梅と白梅をあらわしています。

 

DSC01771a.jpg鬼遣らい餅(おにやらいもち)

節分に向けての商品。鬼遣らい=豆まきのルーツ。宮中行事。

口どけの良いこしあんを求肥で包み、カステラそぼろをまぶして福豆に見立てています。

  

DSC01770a.jpg

左は彩苺(あやいちご)

もっちりとした生地に白あんと甘酸っぱい苺あんをとじ込めました。

右はあんとろり

もっちりとした小餅をとろりとしたあんにからめていただく新食感。

 

DSC01774a.jpg宗家 源 吉兆庵 銀座本店

銀座 7-8-9   03-5537-5457

東京メトロ銀座駅 A2出口より中央通り右側を汐留・博品館方面に徒歩5分

資生堂さんの手前

営業時間 平日 10:00~21:00

    土日祝 10:00~19:00

    無休

宗家 源 吉兆庵さんのホームページはこちら ⇒ http://www.kitchoan.co.jp

 

 

鏡開き ~ 榮太樓總本鋪 ~

[rosemary sea] 2017年1月14日 16:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をエントランスとして取材します、 rosemary sea です。

 

1月11日(水)、恒例の榮太樓總本鋪さん鏡開きに伺いしました。

1月9日に耳より情報としてお知らせしましたとおり、日本橋本店店頭にて当日午後2時より無料で「餅入りお汁粉」が振舞われました。

先着500名様、例年どおり50分ほどで終了となりました。

ロズマリは終了間際にやっと取材開始。

株式会社 榮太樓總本鋪 広報室 石倉室長に記事掲載のお許しをいただきました。

DSC01748a.jpg DSC01752a.jpg

DSC01751a.jpg DSC01750a.jpg

お餅はふんわりやわらか、お汁粉はやさしい甘さ、ベストマッチ。

(お客様インタビューではそのようにうかがいました。)

DSC01747a.jpg

その場でいただける場所の用意がありました。

幸せ感いっぱいの光景がそこかしこに。家族連れ、カップルも。

DSC01741a.jpg

同じく店頭にはかりんとうなどの商品販売も行われておりました。

通常価格より割安の販売、大盛況でした。

DSC01744a.jpg DSC01743b.jpg

また、江戸太神楽 丸一仙翁(えどだいかぐら まるいちせんおう)社中による門付(かどづけ)も。

残念ながら実際の門付芸自体の披露には間に合いませんでした。

400年の歴史を持つとされる獅子舞や曲芸、拝見したかったところです。

かろうじてお囃子だけは拝聴できました。

 

DSC01757a.jpg遅参もひとつラッキーなことがありました。

 

それは江戸太神楽 丸一仙翁・13代家元にお話を伺うことができたこと。(左の写真)

 

家元は日本橋のお生まれとのこと。

榮太樓さんには昭和26年より門付をされておられるそうです。

 

江戸太神楽 丸一仙翁社中 及び、家元自身につきましては後日改めてこちらのブログでご紹介させていただきます。

 

日本橋1-2-5

03-3271-7785

営業時間 9:30~18:00 (月~土)

定休日 日曜・祝日

榮太樓總本鋪さんのホームページはこちら ⇒ http://www.eitaro.com/

 

江戸太神楽 丸一仙翁社中さんのホームページはこちら ⇒ http://edo-daikagura.com/japanese/

 

 

 

バレンタインコレクション2017 ~ 資生堂パーラー ~

[rosemary sea] 2017年1月10日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』にチューニングして取材します、rosemary sea です。

 

資生堂パーラーさんの今年のバレンタインコレクションのテーマは、

『 Link of Hearts (ハートのつながり)』。

 

つまり、大切なあなたに想いをつなぐ、ということ。

このコンセプトのもとに全6種類をご用意しました。価格、税込540円から揃っています。

また、お好みに応じて選べます。

1月15日から2月14日までの販売となりますが、数量限定ですのでなくなり次第販売終了となります。ご購入はお早目に。

 

これらのパッケージに共通していますのは、ハートの模様。

そのハートが資生堂さんのシンボルマークのひとつ、唐草模様にアレンジされています。

唐草模様=途切れない模様。

途切れない想いを表現するには最適の模様です。

 

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

バレンタインコレクションの中から代表的なものをひとつ、ほかに2品の商品のご紹介です。

_AAE5024バレンタイン②b.jpg

ショコラバリエ2017。上の画像の一番上にあります。税込3,888円。

取扱店限定品です。

三段重となった小箱に入ったチョコレート詰合せ。屏風みたいに開きます。

とてもお世話になったかたへ。あるいは自分へのご褒美にいかがでしょう?

上段はル・ショコラ、6個。

抹茶・柚子・林檎・苺・ロッシェ・白桃です。

美味しさを引き出すためにお酒を使用、深みのあるリッチな味わい。

中段はマンディアン。6個。

スイート・ミルク・ホワイト各2個です。

ひと口サイズのショコラです。チョコレートにナッツやドライフルーツをトッピング。

下段はオランジェット、58g。

砂糖漬けしたスペイン産のオレンジピールをスイートチョコレートでコーティング。

オレンジのさわやかな香り、味わいがチョコレートのほろ苦さとマッチ。大人の味です。

食べ終わったら箱は小物入れ、というのもありですね。

 

ブランデー1a.jpgブランデーケーキ

ブランデーケーキa.jpg

通年商品ですが、チョコ以外のギフトとしてお勧めです。

北海道産の小麦粉・バターなど、厳選された素材を使用した、しっとりなめらかな口当たりのブランデーケーキ。税込1,944円。

召し上がりやすいよう、既に8枚にスライスしてあります。

また、パッケージにはブランデー工場の絵が描かれています。

 

サブレオフロマージュ1a.jpgサブレ・オ・フロマージュ

サブレ・オ・フロマージュ - コピーa.jpg

これも通年商品ですが、甘いお菓子の苦手な男性に贈るのにいかがでしょう?

ゲランドの塩で、チェダーチーズパウダーとゴーダチーズパウダーの芳醇なこくを引き出しました。

シャンパンやワインに合う香ばしいチーズサブレです。

18枚入、税込1,350円です。

 

ここでバレンタインデーの傾向についてちょっとひとこと。

自分へのご褒美や友チョコはご存じかと。

最近は『ママチョコ』もあるようです。

つまりはお母さんへ日頃の感謝を込めて、ということで。

自分もお母さんも、やさしい気持ちが倍加しますね。

 

資生堂パーラー 銀座本店ショップ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル1階

03-3572-2147

無休(年末年始を除く)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら ⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

お客さま窓口はこちら ⇒ フリーダイヤル 0120-4710-04

(月~土曜日10:00~17:00、祝祭日・年末年始を除く)

 

 

1月11日(水)、餅入りお汁粉が無料で先着500名様に  ~ 榮太樓總本鋪 ~

[rosemary sea] 2017年1月 9日 14:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をアイアンローとして取材します、rosemary sea です。

 

榮太樓總本鋪さんの耳より情報、お伝えします。

株式会社 榮太樓總本鋪 広報室 石倉室長に記事掲載のお許しをいただきました。

 

さて、その情報とは・・・

榮太樓さん恒例の「鏡開き」、今年は1月11日(水)の予定です。

日本橋本店店頭にて、午後2時より無料で「餅入りお汁粉」が振舞われます。

先着500名様、例年ですと40~50分でなくなってしまうとのこと。

その場でいただける場所の用意があるそうです。

日本橋へ、榮太樓さんへ、ぜひお立ち寄りください。

美味しい、美味しいお汁粉はいかがでしょう?

 

また、お店のなかには他に美味しい逸品が揃っています。お買い求めもよろしくお願いします。

昨年8記事にて榮太樓さん、ご紹介しています。

定番商品から新商品まで、また面白い逸話も含まれています。

左上の「執筆者一覧」より rosemary sea を選びご覧ください。

店頭に掲出されていましたお知らせです。

DSC01739a.jpg

 

なお、画像にもありますとおり、当日の天候により中止となる場合がございます。

予めご了承ください。

 

日本橋1-2ー5

03-3271-7785

営業時間 9:30~18:00(月~土)

定休日 日曜・祝日

榮太樓總本鋪さんのホームページはこちら

⇒ http://www.eitaro.com/

 

 
1