中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


タイムドーム明石の特別展「匠の生きたまち」へどうぞ!

[ドームくん] 2009年11月24日 08:45

 中央区民カレッジ終期講座「浮世絵の美と歴史」も11月17日の最終講議では

歌川広重の『東海道五十三次之内・日本橋』木版画摺りの技術を見せてもらいましたhappy01

絵師、彫師、摺り師のうちの 「摺り師」 の作業です。

次第に摺り上っていく作品から、まさに職人である摺り師の技量に唯、唯目を見張るばかりでした。

江戸時代から引き継がれた職人芸を堪能することができました。

 

中央区内にも立派な仕事を成し遂げた職人さん、仕事を受け継がれた職人さんもたくさんおられます。

 

 タイムドーム明石ではこの江戸、東京の伝統工芸とその歴史を紹介する

特別展『匠の生きた町』 を 開催しております。

もう残り少ない11月29日までですよ。

(28日にはボランテイアガイドの解説もあります)wink 

 

まだ御覧になられておらない方は是非おいでください。sign01

ドームくん

 

 

 

坂本竜馬が歩いた中央区

[ドームくん] 2009年11月11日 13:30


 スカイツリーも11月10日には高さが205Mに達しました。sign01

 佃大橋の上からその雄姿をはっきりと望むことができます。


混沌とした大海原にそそり立つ巨人、英傑の様に---

幕末、維新前夜に一筋の光明を燈して駆け抜けたガイな奴、『坂本竜馬』は

短い人生のうち二度にわたり3年余り江戸に、しかもこの中央区に滞在し

心技を磨いていたのをご存知でしょうか。sign02


その間、良き師、良き友に恵まれ、交友を深めていったのが将来の大仕事への布石となり、

又、家族のこと、恋人のことETCと、裏話まで ear

中央区民カレッジー学びの講座 『中央区ゆかりの人物ー坂本竜馬の歩いた中央区』 の

たったbearing 3回しかやってくれない授業の2回までに、先生の名講義wink に引き込まれて

竜馬の生涯のさわりの部分を学ぶことができました。confident


来週はいよいよ最終回good、実際に中央区内の竜馬ゆかりの地を巡ります。

                                             ドームくん

       

 

 

まるごとミュージアム2009 堪能してまいりました!

[ドームくん] 2009年11月 4日 08:45

 

 朝も早くからプログラム片手に中央区まるごとミュージアム2009たっぷりと賞味してまいりました。scissors 

 

 先ずはタイムドーム明石のプラネタリウムmoon3、「匠の生きたまち」特別展、常設展示。

 

 風が強くなった中、明石町防災船着場より船ship で朝潮発着所へ。

船上ガイドは風のせいかちっとも聞き取れなかったけれど、11万本の花びらの絨毯はすばらしかった。晴海トリトンスクエア横の遊歩道、160mほどに敷き詰められた花の絨毯、これは一見の価値があります。wink 

 

 「中央区味わい広場」で昼食restaurant とこれもお決まりコース、

この後中央区観光協会50周年記念事業フィナーレにてお開き。confident

 

 ああ、それにしても時間が足りないなwobbly。 土曜、日曜と二日間にしたら主催者が疲れてしまっちゃうのかな。ナンカ惜しいですね。

 

 それでも、花の絨毯=第9回晴海インフィオラータ2009in Tritonは11月4日まで、タイムドーム明石の「匠の生きたまち」特別展は29日まで開催されてます。「中央区まるごとミュージアム2009」の余韻をお楽しみになりたい方、見損なってしまわれた方はどうぞ期日までにお越しください。sign01

ドームくん

 

 
1