中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


本店で食べたい銀座若松の元祖あんみつ

[まぴ★] 2015年9月 9日 14:00

デパ地下の催事などでたまに販売されている
あんみつ発祥のお店銀座若松。
本店は銀座5丁目のコアビルの1階にあります。

明治27年創業のお汁粉屋さんで老舗中の老舗。
そして昭和5年に銀座若松であんみつが誕生したそうです。

他にも小倉あんや抹茶やクリームあんみつなどもありましたが、
ここはやっぱり元祖あんみつ!

 

RIMG2030.JPG

 

小豆、エンドウ豆、寒天、黒蜜と素材や産地には
かなり吟味してこだわっているそうです。

実は私は粒あんが苦手で、こし餡が大好きなのですが

ずっと粒あんだと思っていて食べにいかなかったのです(笑)

こし餡のあんみつがあるなんて嬉しい~!
おまけに若松のあんみつにのっているこし餡は別格です。

のどごしがなめらかでキメがびっくりするくらい細やかで、
しつこくないのに、しっとりしてるし、絶品のこし餡でした。

 
こし餡と寒天を絡めて食べるのもまた美味~(*^^*)
餡だけ買って帰りたいくらいでした。

デパ地下の催事でも買えますが、
陶器に盛られたあんみつを本店で食べるのは格別ですよ~。

 

RIMG2033.JPG

 

ちなみに、若松って昔から知ってたような気がしていたのですが、
難波の高島屋にもあるようです。

 

銀座若松のホームページ

 

 

 

銀座本店限定のジンジャーシロップかき氷

[まぴ★] 2015年9月 8日 14:00

以前にも特派員ブログで紹介したことのある、コンフィチュール・エ・プロバンス。
その時は看板商品である銀座のジンジャーシロップや焼き菓子の記事を書きましたが、

今回は本店のカフェ、それも本店限定のかき氷を食べに行ってきました。

8月のかき氷というメニューもあったのですが、
「あまおうと清水白桃」に惹かれ、それを注文しました。

 

RIMG1995.JPG

 

かき氷専用に開発したという
ミルクジンジャーシロップがかかっていて、
そこに瓶に入ったコンフィチュールを自分のペースで
かけながら食べていきます。

 

コンフィチュールは本来はジャムと同じ意味なのですが、
こちらのコンフィチュールフルーツをシロップで漬け込んだり、
煮込んだりしていて、ジャムよりはさらっとしています。

氷はコンフィチュールをのせると少し沈んでしまうくらい
ふわふわで、平成の名水100選に選ばれた水を使った氷だそう。

 

ミルクにはコクがあり、ジンジャーの辛味は発汗作用を促し、
そしてフルーツの爽やかさと甘味があいまって、
大人のかき氷といった感じです。

こちらはバナナやマンゴーのコンフィチュールのかき氷。
ジンジャーシロップのボトルのシャンデリアも可愛い!

 

RIMG1998.JPG RIMG1992.JPG

 

RIMG1999.JPG RIMG2002.JPG

かき氷は通年で販売されるようで、
季節によって色んな味が楽しめるようです。

 

ジンジャーシロップは東京駅でも買えるようになっています。

本店は銀座一丁目の並木通りにあります。

 

コンフィチュール・エ・プロヴァンスのホームページ

 

以前の記事はこちら

 

 
1