中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


お初穂祭<波除稲荷神社>

[サム] 2011年10月13日 08:30

R0015128S.JPG R0015123RS.JPG 10月8日・9日両日開催の「2011築地秋まつり」初日の10月8日、波除稲荷神社では「お初穂祭」が行われた。

9:30から祭典執行の後、先着300名にお初穂を祝う、神社ゆかりの獅子の里金沢の「笹寿司」と、お神酒「波除」の仕込み水でもある霊峰白山の恵みの水「白山新水」が配られた。

また参拝者には重陽の節句(菊の節句)に因み、食用菊を「萬歳楽<菊のしずく>」に浮かべた「菊酒」が振舞われた。

菊酒とは菊の花びらを浸したお酒のことで、その芳香と菊の花の高貴な気品によって邪気をはらい、寿命を延ばすと考えられ、早朝に菊花にたまった朝露を飲むと長寿によいと云われている。

尚11月23日の新嘗祭<どぶろく祭り>では、参拝者にご神饌田の稲より造られた濁り酒「幸穂」が振舞われる予定と云う。

 

        R0015137RS.JPG   R0015130RS.JPG   R0015134RS.JPG

        R0015118RS.JPG   R0015124RS.JPG   R0015125RS.JPG

 

pencil 庶民に親しまれた「厄除天井大獅子」は江戸末期に焼失したが、平成2年、樹齢3000年の大木から、金沢白山市在住の加賀獅子頭の木彫師知田清雲の手により再興された。高さ2.4m重さ1t、日本一の木造一本造り。これが縁で「お神酒」も白山市にある「萬歳楽」の醸造元小堀酒造店で醸されるようになったと聞く。

   

 

晴海 晴っ呼秋まつり

[サム] 2011年10月 3日 17:00

R0015004S.JPG R0015001RS.JPG 10月に入り、朝晩はめっきり涼しくなり、心地よいシーズン到来。

爽やかな川風に吹かれながら、テラスで憩うにも程良い季節です。

今年開業10周年を迎える晴海トリトンスクエアも秋一色。

朝潮運河沿いの「スロープガーデン」は、この時期、オレンジとイエローの 「フレンチ マリーゴールド」(サファリ オレンジ・サファリ イエロー)に植え替えられています

9月30日(金)~10月2日(日)の3日間「水のテラス、桜の散歩道」で 「晴海 晴っ呼 秋mapleまつり」が開催されました。

明石焼 濱、山田牧場 肉の串焼き&手作りサラミ、神戸 ミニ鯛焼、名古屋 手羽先、北海浜焼きといった日本各地の名店を縁日風にアレンジした「各店縁日」に加え、「世界のチーズ&生ハムフェア」も同時開催。

土日には「昔なつかしい縁日」「リサイクルマーケット」や「キャラクターショー」等々も組まれ、大勢の家族連れで賑いを見せました。

 

       R0015017RS.JPG   R0015035RS.JPG   R0015027RS.JPG  

       R0014987RS.JPG   R0015024RS.JPG   R0015014RS.JPG

 

 
1