中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


水生植物の小景

[サム] 2016年8月30日 12:00

DSC_0601SQRLS.jpg DSC02332RLS.jpg DSC02333RS''.jpg

 

DSC02352RSG.jpg

8月23日は暦の上では処暑。

二十四節気のひとつで、暑さがやみ、朝夕しだいに冷気が加わってくる候とされますが、まだまだ厳しい残暑が続きます。

そんななか、街なかの、オフィスや住宅の建物の谷間につくられた水と緑の空間は細やかながら、涼やかさと安らぎのひとときを演出してくれています。

佃リバーシティのマンション群の中庭の "池" に設えられた "ハナバスとスイレン鉢" もそのひとつ。

ハスはハス科の水生植物。根茎の肥厚部は蓮根と呼ばれ、食用とされますが、花が美しいので、古くからハナバスとして、花の色、大きさ等により多数の園芸品種が作出されています。

スイレンはスイレン科の水生植物で、朝開花し午後に閉じるのを、睡(ねむ)ると見立てて名付けられたと聞きます。その開閉時間は品種によってまちまちで、日本に自生するヒツジグサは未の刻(午後1~3時)に花を開き、夕方の5~6時に花を閉じるとされます。

何気ない日常情景に心が和みます。

 

 

祝リオ五輪金メダル特別ライティング

[サム] 2016年8月10日 12:00

DSC_0593LS (2).jpg DSC_0589LS (2).jpg

 

 リオデジャネイロ・オリンピック第4日の8日、柔道男子として北京大会以来2大会ぶりの金メダルを獲得した、73kg級大野将平選手と、アテネ大会以来3大会ぶりに金メダルに輝いた男子体操団体の栄誉を祝して、9日夕刻、東京スカイツリーでは、金色と日の丸をあしらった特別デザインのライティングが実施されています。

かつて日本のお家芸とされた柔道と体操復活の重圧の壁を乗り越えての快挙。

隅田川大橋から清洲橋越し、並びに中央大橋から永代橋越しに、メダル同様に金色に輝く、東京の新たなシンボルの晴れやかな雄姿が望めます。

今後とも日本代表選手の金メダル獲得の活躍に合せて、当日か翌日の夜に行われる予定の、同様の特別ライティングが楽しみです。

 

 

2016 住吉神社例祭

[サム] 2016年8月 9日 18:00

DSC02310RLS (2).jpg DSC02325RLS.jpg DSC02327RLS (2).jpg

 

 8月6ー7日は、佃住吉神社の例祭。

今年は陰祭りということで、3年に一度の例大祭(本祭り)の熱気溢れる様相とは趣を異にし、粛々と神事が執り行なわれています。

境内では8月6日11:00より大祭式。

8月7日 15:30~、17:00~、19:00~、には国指定重要無形文化財 若山胤雄社中による神楽奉納。

8月7日午後挙行された、平成27年度例大祭 "揃い" を着用した佃住吉講世話人一同参拝等を見るにつけ、地域の祭りを通じた強い絆と連綿と続く歴史の重みが強く伝わってきます。

宵宮・参拝式終了後の舟入堀テラスの住吉講テントでの連合睦会との親睦会並びにその後の住吉講親睦会等々の 佃風情 "宴" に関しては相変わらず健在です。

 

 

東京スカイツリー 「リオ五輪・パラリンピック 特別ライティング」

[サム] 2016年8月 9日 09:00

DSC_0585LS (2).jpg DSC_0588LS (2).jpg 

 

 リオデジャネイロ五輪がいよいよ開幕。

東京スカイツリーでは、リオデジャネイロ五輪・パラリンピックを盛り上げ、選手を励まそうと、特別ライティングがスタートしました。中央大橋から永代橋越しに目を楽しませてくれています。

会期:8月4日~22日(五輪)、9月6日~19日(パラリンピック)

点灯時間:18:45~24:00

両初日(8月4日、9月6日)には、ブラジル国旗をイメージした黄と緑を基調としたデザインのライティング。

大会期間中は、ブラジル政府の提案により、東京五輪へつなぐという思いから、ブラジル国旗と、日の丸をイメージした赤と白を基調としたデザインのライティングが、30分おきに交互に点灯。

東京スカイツリーが2012年に開業して以来、夏冬3度目の五輪・パラリンピックとなりますが、国旗を模して応援するのは初めてとの由。

また、両大会で日本代表選手が金メダルを獲得した際には、当日か翌日の夜に、金色と日の丸をあしらった特別デザインのライティング実施予定と聞きます。

 

 

KIRIKO TERRACE - WATER SIDE -

[サム] 2016年8月 8日 09:00

DSC02246PL.jpg

  

DSC02248LS (2).jpg 今年3月31日オープンの「東急プラザ銀座」(銀座5)。

建物全体が江戸切子をモチーフにしたユニークなデザインが目を引きます。

屋上は「キリコテラス」と名付けられたパブリックスペース。

一面に植え込まれたグリーンウォールに囲まれ、緑溢れる「グリーンサイド」と、プールが設えられた「ウォーターサイド」の、コンセプトが異なる2つのゾーンからなり、種々のイベントも開催されています。

「グリーンサイド」にはカフェスタンドが併設。

ガラス張りの広々と壁面を通して、地上約56mから、パノラマ上に広がる銀座や有楽町の街並みが一望できます。

お勧めはウォーターサイド「KIRIKO TERRACE - WATER SIDE -」。

7月1日よりビアガーデン「- LATIN GRILL / BEER GARDEN - WHITE and SKY Tokyu Plaza Ginza」オープンに伴い、一般開放時間は、月~金は11:00~15:00、土日祝は11:00~14:00に変更されていますが、銀座ならではのハレ感と、プチリゾート感を味わえる空間。

プールサイドの日陰のベンチで、爽やかな風に吹かれて、しばし昼下がりの時間を過ごすのも乙です。

 

DSC02257RS.jpg DSC02254RS.jpg DSC02255RS.jpg

 

 

塩尻ワインセミナー

[サム] 2016年8月 7日 09:00

DSC02200LS (2).jpg DSC02202LS.jpg

 

DSC02190RS (2)G.jpg 2014年10月26日オープンの銀座NAGANO(銀座5)。

イベントスペースがある2階では、「信州のことをもっと知りたい」という好奇心を満たす、信州の美しい自然・歴史・文化などをテーマにしたバラエティ豊かなセミナーや参加型イベントが連日開催されています。

今回は、7月28日に開催された、6種類の塩尻ワインをテイスティングしながら個性溢れるワインとぶどう、ワイナリーについて学ぶ「塩尻ワインセミナー ~夏にワインを楽しむ~」の様子のご紹介。

小口利幸塩尻市長の乾杯の挨拶、並びに塩尻市の概要ガイダンスに引き続き、赤羽誠治塩尻市産業振興事業部長のレクチャーを聴きながら、早速ワインのテイスティング。

 

① オリジナル塩尻サングリア(塩尻 「ラ・メゾン・グルマンディーズ」友森シェフ監修)

② 信濃ワイン 無添加 雪花(赤)ナイアガラ・コンコード にごり

③ アルプスワイン 善光寺竜眼 2015

④ 井筒ワイン シャルドネ 2015

⑤ 五一ワイン エステート ゴイチ ソーヴィニヨン・ブラン 2014

⑥ 塩尻志学館高校 KIKYO メルロー 樽熟 2012

 

おつまみプレートは題して「"市長の味噌"* とイタリアのランデブー」

1品目:<トマトカップ>

 市長の味噌+ゴルゴンゾーラ+はちみつ

2品目:<バゲット>

 市長の味噌+クリームチーズ+バルサミコ酢

*市長の味噌

小口市長が出勤前に畑仕事をし育てた大豆を原料に、都内の会社員が提案し、商品化の由

 

コンコード主体のワインに、ブルーベリーとオレンジを漬け込んだ「オリジナル塩尻サングリア」はこの時期にぴったりなドリンク。

尚塩尻志学館高校は、食品化学系コースの生徒が、ワインづくりの学習のため、ぶどうの栽培から醸造まで一貫して手がける、ユニークな高校。

販売は新酒の季節(11月)と学園祭(7月)限定という稀少ワインです。