中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ニュースでおなじみの風景 ~東京証券取引所~

[ビッキー] 2011年4月27日 08:30

春はなんだか新しいことに挑戦したくなる季節。街歩きも楽しくて良いけれど、ちょっと知識を深めたい・・・そんな思いで、「東京証券取引所」の見学に行ってきました!

丸善と髙島屋の南側を走る「さくら通り」の桜を愛でながら・・・

2011040712130000.jpg

 

こちらが正面玄関。堂々たる建物です。(見学入り口は反対側)

DSCN0427.JPG

簡単なリーフレットを頂き、早速見学スタート。エスカレーターで2Fにあがります。

さっそく目に飛び込んできたのはマーケットセンター。「チッカー」と呼ばれる円形の電光掲示板には、見慣れた社名がぐるぐる回っています。これこれ!これが見たかった!思っていたより、回転速度が速いような・・・ずっと見ていると目が回りそうです。

DSCN0435.JPG

別のエスカレーターで降りて、さらにマーケットセンターに近づくこともできます。みなさん、淡々とお仕事されています。私の視線、気にならないのかな(笑)

昔はここに立会い場があって、人がぎゅうぎゅう詰めになって手を挙げていたんだなぁ・・・今の若いかたはそんな光景ご存じないでしょうね!

clip_image002.jpg

1990年代半ば、システム化が進み立会い場に人が減ってきた頃 (東京証券取引所hpより引用)  この後、1999年4月30日に立会場は閉場となりました。

 

中央区日本橋兜町2-1 東京証券取引所 http://www.tse.or.jp/index.html

自由見学は9:00~16:30 (土日祝を除く・入館は16:00まで)

7/1より9/30まで、震災による節電協力のため見学は中止となるそうです。ご注意ください。

 

 

 

 

北斎はおあずけ ~三井記念美術館~

[ビッキー] 2011年4月26日 09:00

 本年度より観光特派員として活動させていただきます、ビッキーと申します。

主な出没地は日本橋。大好きな千屋さんからビッキーという名前を拝借!

中央区がますます元気になりますよう精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

さてさて、本日は「三井記念美術館」をご案内します。

美術館巡りが大好きな私。近代美術館の岡本太郎展、国立博物館の写楽 とともにとっても楽しみにしていたのが、三井美術館での「北斎展」でした。

ところが残念なことに、震災の影響でホノルル美術館所蔵の北斎たちは来日することができず今回は中止に!影響は意外なところにも及ぶものですね。

気を取り直して、「三井記念美術館 館蔵品展」を楽しむことにいたしましょう。

何しろこの美術館は、その建物自体が美しい!三井本館は1998年に国の重要文化財に指定されました。美術館へのアプローチは隣接する三井タワーに設けられ、光が差し込むアトリウムはうっとりしてしまうほど。昭和から未来へタイムスリップするかのような気分です。

今回の目玉は、お色直し(!?)後の初お目見えとなる「東福門院入内図屏風」。北斎の変わりの展示と侮るなかれ。重要文化財の名に相応しいとても鮮やかな屏風です。赤い色の発色の美しいこと。こちらは前半の5/15までの展示となりますのでご注意ください。

毎春の「三井家のおひなさま」コレクションも欠かさずお邪魔していますが、三井美術館の素晴らしいところは美術品のひとつひとつがとても丁寧に展示され、三井家のお宅にお邪魔しているような感覚になるところです。平日に訪れて、じっくり鑑賞するのがお勧めです。そして鑑賞の後は・・・特派員・銀造さんもお薦めの千疋屋さんで、マンゴーカレーをぜひ!

ちなみに、美術館にお尋ねしたところ、北斎展は東京での今年の開催はなくなり、来年以降また開催されるかどうかは未定とのことです。いつかお目にかかりたいものですね。

 

日本橋室町2-1-1 三井本館7F 三井記念美術館 http://www.mitsui-museum.jp/

 

2011042415190001.jpg

 入り口には お知らせの看板が

 

2011042422290000.jpg 

 三井本館裏手にて。左から日本銀行、三井タワー、三井本館。時代の流れを感じます。

 

 

 

 

 

 
1