中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座でちょっとセレブな"地産地消"

[ビッキー] 2011年5月23日 08:30

みなさま「銀座ハチミツ」をご存知でしょうか?

 

「今日はどこのお店でスイーツを食べようかしら?」と、いつものように楽しくパソコンを弄っていたところ、銀座・資生堂パーラーの見目麗しいメニューのなかに、気になるものを発見!

 

「銀座で採れた蜂蜜で味わうフレンチトーストshine

 

銀座で蜂蜜?蜂蜜って「ナントカ養蜂場」みたいなところでできるものじゃないの???気になったら即チェックです!

 

何でも「銀座ミツバチプロジェクト」というNPO団体さんが立ち上げた組織で、銀座の紙パルプ会館屋上で実際にミツバチを飼育されているそうです。                               銀座ミツバチプロジェクトさんのhpはこちら http://www.gin-pachi.jp/0/topics/1

ここ数年で 都会のど真ん中・銀座でも急速に緑化の動きが高まっているのだとか。早速hpに登場した 銀座三越の屋上にお邪魔してきました。


 

9Fの「銀座テラス」は、私たちのこどもの頃のようないわゆる「屋上遊園地」はないものの、緑がいっぱいでとても気持ちの良い空間。お子さま連れのママさんたちや、外回り中のスーツ姿の男性たちなどでいっぱいでした。


2011051915000000.jpgその一角にあるのが「テラスファーム」。12月に京橋築地小学校の4年生の手によって植えられたという菜の花はすくすくと成長していました。

また、ガーデンのエリアにはさまざまなハーブも植えられ、ラベンダーが咲いていました。このいい香りに誘われて、ミツバチが飛んできていましたよ。


2011051915050000.jpg

なるほど。銀座のど真ん中でも、こんな地道な努力が実を結んでいるのね・・・と「勉強」を終えたところで、フレンチトーストへの期待感は最高潮に!はやる気持ちをおさえつつ、資生堂パーラーへ。


 

こちらが「銀座で採れた蜂蜜で味わうフレンチトースト」(1,480円) こんがりと焼き色のついたトーストに添えられたハチミツの存在感!黄金色に輝いております。

2011051915490000.jpgかわいらしい店員さんが「本日はニホンミツバチの蜂蜜をご用意しました」とにこやかに教えてくださいました。ニホンミツバチは西洋ミツバチよりさらに希少なのだそうです。うれしい!

 

エレガントでセレブな内装のカフェで、文字どおり「お皿をなめるように」して味わったのは言うまでもありません!

 

都会で暮らしていたって、私たち人間はもっともっと自然と仲良くしていかなければなりませんね。ミツバチに感謝!


 


銀座資生堂パーラー サロン・ド・カフェ http://parlour.shiseido.co.jp/index.html#/top

中央区銀座8-8-3 03-5537-6231 *毎月曜日はお休みです

 

 

 

 

 

 

 

 

日銀短観・・・ならぬ 日銀探検!

[ビッキー] 2011年5月12日 08:30

さてさて、前回の「証券取引所見学」に続き、今回は日本銀行の見学に行ってまいりました。憧れの重要文化財の内部に潜入!ということで、ワクワク&ドキドキです。

                                                                                        こちらの見学は完全予約制。1週間前までに電話にて予約を済ませると、こんな書類が届きます。これを手に、いざ日銀へ!

2011051010170000.jpg

 

 

2011051012110000.jpgこちらは、西門を入って直ぐのショット。本館の玄関に当たります。奥に聳えるは日本橋三井タワー。


2011051012100000.jpg 玄関前にある水道。これはその昔、馬車で来る人も多かったために設置された、お馬さん用の水飲み場です!時代を感じます。(ちなみにまだ水はちゃんと出ますが、飲んじゃダメ!)

やはり明治29年に建てられたお国の重要文化財だけあって、内部撮影は完全NG。入り口には金属探知機(ゲート)もあります。

 

まずは20分ほど日銀の役割などについてビデオ鑑賞。その後いよいよ建物見学へ出発。

 

1階の旧営業場。現在は震災による影響で節電中のため、かなり薄暗いです。吹き抜けの天井はかつては天窓になっており、一杯の太陽光が降り注いだそうですが、関東大震災によって大手町で発生した大火災の火の粉が飛んできてドーム部分を焼いてしまったことから、それ以降は天窓を覆っているのだそうです。ちなみに関東大震災においては、ドーム部分が火事に遭った以外は大きな損傷は無かったそうです。辰野金吾、恐るべし。

 

2階には その長さから江戸城の大廊下になぞらえた「松の廊下」と呼ばれる廊下があり、歴代の総裁の肖像画が飾られています。全ての肖像画が屋内で椅子に腰掛けた状態で描かれているなか、第16代総裁・渋沢敬三(渋沢栄一の孫)のものだけは、屋外で描かれています。これはちょうど大戦中に在任(1944年に就任)した渋沢氏が、焼け野原になった東京の姿に心を痛め、これを現実として記録に残したいと、自ら日本橋の荒野を背景に選び描かせたのだそうです。

 

さて、いよいよ地下金庫へ!

 

まず圧巻なのは入り口の扉。アメリカ製・厚さ90㎝の金属扉は、どんな天災にも耐えられそうな風格があります。かつて紙幣の移動に使われていたトロッコのレールの跡や、関東大震災の火災の消火のために流された水の跡といわれる滲みなど、どこを見ても歴史の重みが。壁・床には無数の通気孔があり、お札の状態を保つ役割を果たしていました。しかしこの通気孔、万が一の盗賊の被害に備えて、近くの日本橋川から水を引いてきてこの穴から水を流し「盗まれる前に貨幣を水没させる」という大胆な構想を練られていたのだとか!実際に水を引くことはなかったそうですが。

 

賞味1時間ほどで見学は終了。少し急ぎ足な印象はありましたが、案内係のかたの説明は明快でとても楽しいものでしたよ!

その後は お向かいの「貨幣博物館」へ。昔のお札に「わ~懐かしい!」とこれまたテンションが上がります(笑)。1億円を持ち上げてみるコーナーなどもあり、無料で楽しめ勉強にもなります。日銀とセットでの見学がお勧めです。 2011051013090000.jpg   2011051013130001.jpg  

 

さて、見学の「お土産」として渡された資料たち。その中にとても興味深いものが!左下の小さなパックの中に入っているのは・・・「使用済みのお札のくず」。日銀ならではの粋なお土産に大満足!

 2011051110200000.jpgのサムネール画像

日本銀行本店見学 http://www.boj.or.jp/about/services/kengaku.htm/

細かいスケジュールなどはホームページをご参照ください。なお震災による節電の影響で、7月以降は見学を中止されるようですのでご注意ください。

 

 

 
1