中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


巷で話題の「力士シール」ってご存知ですか?

[柳 さつき] 2009年6月30日 17:00

「力士シール」というのは、巷での通称です。downwardleft実物はこんなシールです(場所は、地下鉄茅場町駅3番出口を出てすぐの、永代通り沿いにあるcafeスターバックス前の電話BOXの中から貼ってあります)。

rikishi.jpg

中央区だけでなく、最近は千代田区、港区、新宿区、渋谷区などにも勢力拡大中らしいのですが私が気づいたflairのは、2~3年前でしたか・・・・・・・・。

銀座や日本橋界隈で、けっこう頻繁に見かけておりました。

それも、人に見てもらいたいのか、単なるいたずらなのかsign02あまり目立たないような場所を選んで張ってあるのです。たとえば、上記のような電話BOXの中の電話器の裏だったり、史跡表示版の裏、交通標識の柱など・・・・・・・・・・・・。

こ~んなふうにdown・・・・・・・(永代通り、新川一丁目交差点のhotelホテルヴィラフォンテーヌの前にある史跡説明版の裏です)。

rikishi2.jpg rikishi3.jpgしかも、失礼ながらはっきりと申しますと、どう見てもかわいいとかステキとは思えない「不気味」な二つの顔のシールなのですcoldsweats02

いつ、誰が、何のためにsign02と、私としてもなんとな~く気にはなっていたのですが・・・・eye

それが、近頃は巷の話題になっているそうです。

pcパソコンでいろいろ検索しておりましたら、私などより、もっともっと深く関心を持たれている方々がたくさんいらっしゃいましたsign03とても、わかりやすく、詳しいのでアドレスを貼らせていただきました。

「銀座スパイの調査室」さん・・・ http://ameblo.jp/ginza-spy/theme5-10010258982.html#main

 「とんがり山」さん・・・・ http://tongariyama.kyo2.jp/c7661.html

「力士シール」の作者も絞られてきているようですネflair今後がとても楽しみです。

 

 

日本橋老舗リレーツアー参加して来ました(VOL.1)

[柳 さつき] 2009年6月26日 09:30

coldsweats02sign02あれれッ、まだ未公開「原稿」にしておいたのですが・・・・・・・・・・・・、22日に勝手に公開の場に登場してしまったようです。途中まで重なってしまいますが、どうぞ、ご了承くださいませ・・・・・・・・・・・crying 

  shikichanさんのご案内にありました、「日本橋老舗リレーツアー」に参加してまいりましたshoe

参加させていただきましたのは、数あるツアーの中の「表と路地の名店めぐり」です。

 HPpchttp://www.ninben.co.jp/meguri/ で発表されている予定は・・・・・・

日本橋三越本店ライオン前集合soonミカド珈琲本店soonつづれ屋soon島根館soon日本橋貝新soon割烹とよだ

 でしたが、その日の老舗さんのご都合に合わせるのが原則ですから、当日も変更がありましたが、そのほうが良かったかもflairと思ったほど、大変楽しく興味深く、11:00の集合から、14:30の解散までが、あっ という間に感じられました。

早速、簡単にご報告いたしますpencil

尚、長くなりそうなので、何回かに分けてのご報告とさせていただきたく・・・・・・・・・・・・。

また、訪問させていただくのに、あまり派手にカメラでパシャパシャというのも失礼かと・・・・・・デジカメcameraではなくmobilephone携帯だけ持参いたしましたので、かなり画像がご覧になりにくいのですが・・・・・・。

どうぞ、ご了承くださいませ(注dangerもちろん携帯でも、撮らせていただくときには、お店の方にお許しいただいております)。

cute 日本橋三越本店ライオン前集合

shinise5.jpg shinise4.jpg 

cuteミカドコーヒー本店さん

shinise1.jpgshinise2.jpg 軽井沢の行列の味は・・「モカソフトクリーム」ですheart04  参加者全員で一階スタンディング席(二階と三階はテーブル席やテラス席があり、お値段はスタンディング席が割安になります)でモグモグ。ミカドコーヒーさんのオリジナルのブレンドコーヒーをふんだんに使ったソフトクリームは、本当に美味しいです!!

secretないしょ話ear・・・ミカドコーヒー本店さんは日本で最初にチーズケーキの販売をなさったそうです。

shinise3.jpg

cute日本橋・にいがた館NICOプラザ&奈良まほろば館&島根館

日本橋・にいがた館NICOプラザでは、この日へぎそば、こしひかり、日本酒、柿の種や笹団子などの試食販売が行われていましたnote

柿の種は定番・カレー味・激辛・梅味・わさび味の5種類があり、立ち寄ったサラリーマンに人気でした。こちらでは、へぎそばやこしひかりの試食、会費から、へぎそば(乾麺)を購入し、おみやげにいただきました

pchttp://www.nico.or.jp/nihombashi/

shinise26.jpg shinise27.jpg shinise28.jpg

cute奈良まほろば館

つい先日まで、上野で連日、長蛇の列を作っていた興福寺の阿修羅像(モナリザなどを含めても、第三位を記録shine)と、話題性が人気を呼んだせんと君 に迎えられ・・・・・・!

shinise25.jpg shinise6.jpg

secretないしょ話ear・・・・こちらで販売されている、「平宗さん」の柿の葉寿司 は、都内のデパ地価でも、物産展でも手に入らない、地元では有名な柿の葉寿司の'元祖'のお店だそうです。

ある雑誌のレポーターさんが「今まで食べた柿の葉寿司は、なんだったのか?と、思えるほど美味し~」とおっしゃってました! 1パック(鯖・鮭・小鯛3個入り、¥420)shinise24.jpg

 cute島根館

pchttp://www.shimanekan.jp/

こちらでは島根館の館長さんたちのお話をうかがい、あご野焼き各種の試食などをさせていただきましたdelicious

島根県は、日本地図のどこにあるのか・・・・・・sign02という認知度が、全国でもワースト1位だそでうで、昨年、tvNHKさんとのコラボレーション企画で、認知度アップキャンペーンをなさったそうです。

そんないろいろなエピソードをお聞きしたりして、楽しいひとときを過ごしました! shinise9.jpg

shinise10.jpg

  島根館では、しじみやしじみを使った製品や海産物、乳製品、松平不昧公好みの和菓子などなど・・・・・県の物産も豊富に売られています。

そこで発見いたしました・・・・・・・winkshinise13.jpg

竹下元首相のご実家「竹下商店」さんの日本酒で、竹下元首相とお孫さんのDAIGOさんのラベルの日本酒です!

shimanekan.jpg 

島根館さんからのお土産の中に縁結び袋が入っていました・・・・・・・・・なんだかとても心が暖かくなりましたconfident

この続きは「VOL.2」にて、ご報告いたしたいと存じます、こうご期待sign01(どなたもご期待してないってばっbleah

 

 

 

日本橋でGUIMAUVE(ギモーヴ)が!

[柳 さつき] 2009年6月24日 09:00

GUIMAUVE(ギモーヴ)とは、日本の方には「マシュマロ」の名で知られていますflair

フランスの街角のパティスリー(お菓子屋さん)では、cake生ケーキやショコラなどの要冷蔵のお菓子を陳列したpenguin冷蔵ケースの上に、ドゥミセック(半生菓子)、フールセック(焼き菓子)、マカロンなどが並べられています。

たいていは、その隅の大きなガラスびんの中に積み上げて売られている、ポピュラーな駄菓子です。

gimove1.jpgそのギモーヴですが、一昨年あたりに販売開始し、昨年movieマスコミに登場したcafe「espressamente illy 丸の内」・・・・・・・・。数ある支店の中でも、ここだけでしか販売されていませんでしたので、売り切れていることが、ままあったのですが・・・・・。

scissorsところが、わが中央区は日本橋高島屋のお隣の、cafe「espressamente illy 日本橋」でも販売されるようになりましたhappy02

gimove6.jpg 

 こちらのギモーヴは、中にさまざまなフレーバーのクリーム&コンフィチュールが入っている、少しグルメなギモーヴですheart02 

「ふわっと」leftright「もっちり」の2つのタイプが選べます。

 また、イタリアン・カフェらしくフレーバーも、トマトやバジル、エスプレッソやカプチーノなどとても魅力的です。

gimove4.jpg gimove2.jpg gimove3.jpg 私は「ふわっと」タイプを5つともチョイスし、香り高いカフェとともにおいしくいただきましたconfident   ひとつ¥200(税別)です。 gimove7.jpg pchttp://www.espressamenteilly.jp/

 

 

京橋で角打ち

[柳 さつき] 2009年6月22日 09:30

お酒屋さんの店内で立ち飲みbeerすることを「角打ち」といいますが、ビジネス街・京橋で角打ちを楽しむことができるのが、中央通りにお店を構える老舗酒店『枡久』さんですscissorsmsk1.jpg

天井が高く奥行きの広い店内は、moon36時を過ぎると仕事帰りのビジネスマンで賑やかになります。

ずらりと並んだお酒・缶詰・乾きもの類の中から好きなものを選んでレジに持って行き、お支払いyenするセルフスタイルです。

どれも小売値段なのでmoneybagお財布にもヤサシイですヨwink

 さっそく、私もワイン(260円)wineと缶詰で一杯。

ワインはお女将さんが冷蔵庫から出してグラスに注いでくれます。カウンターやテーブルは常連さん(?)でfullでしたので、商品の陳列棚にemptyスペースをみつけて飲み始めました。

msk3.jpg

2~3人のグループの方が多いようですが、1人でふらりと来たお客さんも見受けられます。

オフィス街の中心地で、気軽に立ち寄れる角打ちのお店があるのはウレシイconfidentですね。

msk5.jpg

2杯目は冷蔵庫からカップ酒(260円)bottleを取り出して、チーかまをアテに。

msk4.jpg

「角打ち」で長居watchは野暮ng・・・ということで、今日はこれにて引き揚げましたpaper

 

clip「枡久」

foot中央区京橋2-7-19

clock営業時間(立ち飲みタイム) night17持~20時

danger土日祝 休み

 

 

 

 

 

「鯛焼き」番外編

[柳 さつき] 2009年6月12日 17:00

 わたくし柳、以前 pc鯛焼き対決という記事を紹介させていただきました、が・・・・・。 

 

先日、歌舞伎座へ「六月大歌舞伎」に出かけました。

今まで何度も何度も訪れていながら・・・・・、

秘かに3階で、歌舞伎座限定「紅白餅入り'めで鯛焼き'」 なる魅惑の品が販売されていたことに初めて気づきましたeye

ここは、我が中央区の、知る人ぞ知る逸品をご紹介せずにはいられませんネ!!

kabukiza 1.jpg早速、購入&試食・・・・・・・・delicious 

kabukiza 3.jpg kabukiza 4.jpg  

紅白のお餅は、アツアツのあんこの中ででトローリ・・・・・・・・・catface、大変美味しくいただきました!

価格はひとつ¥200⇒他店では、だいたい¥140くらいですので、¥60ほどお高いです・・・・・・紅白それぞれのお餅がひとつ¥30ってことですネcoldsweats01 でも美味しいので'アリ'です。

 

ちなみに、私どものこの「六月大歌舞伎」の目的のひとつが、松本幸四郎さんのお孫さんであり、染五郎さんの長男さん、四代目金太郎くんの初舞台でした。

とてもとてもかわいらしく、会場が拍手と笑顔で一杯happy01

しかしご本人は、おじい様、お父様に挟まれての連獅子、また先輩の方々による舞台挨拶の間も、キチンとなさっていて、見事に大役を果たされました

館内には「小さな松本金太郎展」が設けられ、代々の金太郎さんのお写真などを見ることができます。

http://www.kabuki-bito.jp/news/2009/06/__photo_5.html

「六月大歌舞伎」の千穐楽(最終日)は6月27日です。

 

 

 

MACARONSの重鎮:エルメ氏来日(まぴ★さんの記事に追記)

[柳 さつき] 2009年6月11日 09:00

5月末に、まぴ★さんが「MACARONS(マカロン)」の記事を書いていらっしゃいましたネhappy01

ちょうど先日、その2位にランクなさった「PIERRE HERME PARIS」のピエール・エルメ氏が、6月に発売する予定の新商品と、日本語訳で発売される「MACARONS」のレシピ本の発表のために5日間ほど来日なさっていたのです。

pierre herme anvi 2.jpg不肖、私、パーティーへ参加させていただきましたので、ブログをご覧の皆さまへご紹介いたしたいと存じます。

今回の新作はカシス(黒すぐり)とバイオレット(スミレ)の「アンヴィ」シリーズに新たに加わった「マカロン・アンヴィ」や最高に贅沢な板チョコレートのケーキ「エグジュべラント」などが紹介されました。

pierre herme envi 3.jpg

 

 ところで、マカロンについての追記ですが・・・・・・・マカロンには、フランスの各地方によっていろいろな種類があるますが、現在、日本で一番ポピュラーなのは、正式には「マカロン・ド・パリ」と呼ばれるそうです。

このマカロン・ド・パリは、その「ラデュレ」の創業者の弟さんが、もともとクッキーのように一枚のものだったマカロンに「ガナッシュ(チョコレートのクリーム)を挟んでみたら・・・・・・・flair」と、始めたのがきっかけだと伺ったことがあります(いろいろな説があるようですが・・・・・・・despair)。

そのラデュレに、シェフ・ド・パティシエ兼副社長として、エルメ氏(当時「フォション」にいらしたのです)が抜擢され、それから、マカロンをはじめ、ローズやライチ、フランボワーズを使った「イスパハン」などの数々の斬新で美味しい名作を生み出していかれ、世界中から'パティスリー界の巨匠'と注目されるようになられましたshine

いわば、「ラデュレ」と「PIERRE HERME PARIS」のマカロンは兄弟だったのですネ!!

ちなみに、日本橋三越さんのデパ地下の「ラデュレ」「PIERRE HERME PARIS」の両店のショーケースを覗くと、同じお顔のケーキが並んでますヨ(どちらも、とてもとても美味しいですよね!!)gemini

 エルメさんにこのpencil中央区観光協会の特派員ブログのことをお話しいたしましたら、大変喜んでくださり、また、快く、写真掲載にご協力いただきました、MERCI ムッシューhappy02

PIERRE HERME PARISのHP pchttp://www.pierreherme.co.jp/topics/