中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


デコパージュ展〔清月堂画廊〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年2月27日 09:00

銀座四丁目の交差点からすぐ近くの、あづま通りに面した清月堂画廊で、2月24日から、デコパージュ展が開かれています

decou1.JPG皆さん、デコパージュdecoupage)をご存知でしょうか?

デコパージュとは、17世紀頃ベネチアの家具職人が、東洋の()漆工芸に魅せられて、模倣したのが始まりで、切り抜く貼る塗るの三要素を含む手工芸だそうです(知らなかったぁ

decou2.JPG技法には多くのバリエーションがあり、プリント、素材、ペイントの組み合わせで作品を作ります素材は、木、ガラス、缶、陶器など、身近にあるものがすべて材料になるそうで、身のまわりの物をリサイクルするのにも役立つそうです(へぇー、これってまさにエコの発想

decou3.JPGこのデコパージュ展は、正式には、「オリジナル・デコパージュ ル・グラン講師作品展」だそうで、デコパージュのアトリエ ル・グランを主宰される永田みどりさんのお弟子さんたち(お弟子さんといっても皆さん講師の先生です)による作品の展示会です

decou4.JPGたしかに、講師の先生の作品展というだけあって、どれもこれもすばらしい、美しい、す、す、すごい作品ばかりですただ、作品それぞれの色調はとてもシックで、作品そのものが、日常生活で使える、いわば生活に密着した芸術品です

decou6.JPGさらに、驚いたのは、デコパージュの作品の幅の広さ、奥の深さです「これもデコパージュなんですか」と聞いてしまうほど、さまざまな技法の手工芸作品に驚きですdecou7.JPGこのデコパージュ展は、3月1日(まで開催されています最終日は、14:00までですよ

銀座にお越しの折は、是非立ち寄ってみてください

decou8.JPG清月堂画廊のHPはこちら ⇒ http://www.lintaro.com/gallery.html

ル・グランのHPはこちら    ⇒ http://le-grand.hobby.life.co.jp/index.htm

 

 

なら学講座〔奈良まほろば館〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年2月14日 14:00

manyo1.JPG

日本橋室町一丁目、中央通りに面して日本橋三越新館の向かい側にある奈良まほろば館で、「万葉集と漢字」と題する講座が開かれましたので、参加しました

manyo2.JPG

講師は、奈良女子大学文学部准教授の尾山慎氏です

時間は、約1時間半でしたが、先生のお話は大変おもしろく、ひらがなもカタカナも無かった時代に、「漢字」という外国の文字だけを使って、いかに「やまとことばのうた」を表わしたかという先人の工夫と知恵について、感動を覚える講義でした本当に、私たちのご先祖様は偉かった

この講座は第1回で、今後、奈良と関わりのある「仏教伝来」、「志賀直哉」、「源義経」等をテーマとしながら、第2回、第3回・・・と続いていきます

知的な刺激を受けるには、格好の講座だと思いますので、関心のある方は是非申し込んでみてください

はがきやFAX、あるいは奈良まほろば館のホームページから申し込む方法で、先着順で誰でも参加できますよ

当日、1階の展示コーナーでは、天平時代の衣装が展示されていました

manyo3.JPG

また、下の写真は、当館の人気商品、「柿日和」(左)と、「干し柿ゼリー」です。「柿日和」は、甘の富有をスライスした乾燥果実で、噛めば噛むほど甘みが出ます「干し柿ゼリー」も、本来の味が凝縮されていて、どちらもヘルシーです奈良は、の名産地ですよね

manyo5.JPG

「奈良に」で、すぐ思い浮かびました。 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 (子規)

子規は、大の好きだったそうですこんな句も詠んでいます

 「(前書き)我死にし後は」 柿喰ヒの俳句好みしと伝ふべし (子規)

manyo4.JPG

奈良まほろば館のHPはこちら ⇒ http://www.mahoroba-kan.jp/index.html

柿落ちて犬吠ゆる奈良の横町かな (子規)

 

 

 

ベスト・オブ・ザ・ベスト〔ブリヂストン美術館〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年2月 3日 09:00

今年の5月18日から、八重洲通りと中央通りの交差点にあるブリヂストン美術館は、休館して新築工事に入ります

数年後の新築開館が待たれますが、現在、休館前の最後を飾るに相応しい「ベスト・オブ・ザ・ベスト」のコレクション展が行われています。期間は、1月31日(から5月17日(までです

bridg2.JPG

このブリヂストン美術館には、石橋コレクション約2,500点のうち、約1,600点が管理されているそうです。ベスト・オブ・ザ・ベストでは、そのうちの約160点が展示されます

bridg3.JPG

私が行った日は初日でしたので、混んでいるのではと思っていましたが、各作品の前に1名から数名が立って鑑賞されている程度で、適度な混み具合でした

自分の気に入った作品を、自分のペースでじっくり見ることができ、「眼福にあずからせていただきましたっm(_ _)m」と言いたい気分で、本当に満ち足りた時間をすごすことができました

bridg4.JPG

3月31日からは、一部展示品の入れ替えがあり、福岡県久留米市にある石橋美術館から3点の重要文化財、『天平の面影』(藤島武二)、『海の幸』、『わだつみのいろこの宮』(青木繁)も出展されるそうです。「また、見に来ないと」と思っています

bridg1.jpg

『海の幸』(青木繁)

ブリヂストン美術館のHPはこちら ⇒ http://www.bridgestone-museum.gr.jp/

 

 
1