中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


2019「初芝居」―初春大歌舞伎―歌舞伎座

[滅紫] 2019年1月12日 12:00

100_3065.JPG

100_3063.JPG 100_3064.JPG

 

「平成」最後の初芝居にやってきました。1月は新橋演舞場、浅草公会堂、国立劇場と歌舞伎座の他に3座も歌舞伎公演!歌舞伎座のロビーに入ると大きな鏡餅や凧や餅花などの飾りつけ、それにお客様の新春らしい装いが初春の華やかさを更に盛り上げています。

 

100_3068.JPG 100_3066.JPG

 

満席です。今日は1列目の花道寄りなので首が痛くなるかもと少々心配ですが。

夜の部1幕目は「絵本太閤記」の「太十」と呼ばれる「尼崎閑居の場」。義太夫狂言の名作です。光秀は吉右衛門、息子の十次郎に幸四郎、母皐月役の東蔵さんが体調不良で4日から休演、代役は秀太郎さんです。そういえば演舞場の左團次さんも体調不良で休演。役者さんは25日間お休み無ですから確かに重労働ですね。賑やかな「勢獅子」の後は「松竹梅湯島掛額」。コミカルな八百屋お七もので、お七に七之助、吉三郎に幸四郎、ひょうきん者の「紅長」に猿之助で客席は大笑いの連続。「櫓のお七」は人形振りで演じられ七之助の全くの文楽人形にしか見えない所作に拍手が沸き起こります。「櫓のお七」の場面は舞台美術として「美しさ」の点では屈指のものだといつも思います。段々激しさを増していく雪の中。赤い鹿子模様の衣裳のお七が櫓に登っていくのは本当に綺麗です。

帰宅して着替えを始めたらぱらぱらと雪が落ちてきました。舞台の余韻を感じて「ふふふ」です。今年の新春歌舞伎は子供たちが人気の的。国立は菊五郎さんの二人のお孫さん、演舞場は海老蔵さんの2人のお子さんが評判です。「初春」気分を感じに是非お出かけください。

初春大歌舞伎 千穐楽は26日 お問い合わせはチケットホン松竹0570-000-489 (10時―18時)

昼の部は「舌出三番叟」「吉例寿曽我」「廓文章」「一條大蔵譚」

 

 

 

「片岡鶴太郎」展―顔―faces 松屋銀座

[滅紫] 2019年1月 7日 18:00

100_3057.JPG 100_3047.JPG

 

銀座松屋の平成最後の新年企画は「片岡鶴太郎」展で幕を開けました。「マルチタレント」というのはまさにこの人の為にあるような言葉だと改めて感じさせられる「画業25周年・芸能生活45周年記念」の展覧会です。展覧会の案内にあるように「ある時は俳優の顔、またある時は芸人として活動する一方で、画家や書家としての顔も持ち合わせている片岡鶴太郎。2017年にはインド政府公認ヨガインストラクターの称号も取得し、そのマルチな才能と活動の域はとどまることを知りません」

 

会場は「撮影自由」なのでたくさん撮らせていただきました。会場の雰囲気を幾分かなりと味わっていただきたいと思います。入り口付近はたくさんの「富士山」。そして私が面白かったのは草間彌生や棟方志功に「なりきって」描く「なりきり作品」のコーナー。まずは「形」から、水玉模様のファッションに赤毛の鶴太郎さんが登場してスタジオで制作に取り掛かるといった映像が流され周りの観客から笑いが沸き起こっています。私も思わず吹き出しました。巧く特徴をとらえていて形も作品も「そっくり」。他にも能面を思わせるマスクに作家やタレントさんたちが鶴太郎さんを描いた作品など、クスリとさせられるものがたくさん。

 

100_3053.JPG 100_3049.JPG

100_3050.JPG 100_3052.JPG

 

新年にはぴったりの楽しめる展覧会です。

「片岡鶴太郎」展 1月14日まで  松屋銀座8Fイベントスクエア 

入場料一般1000円   10:00-20:00 最終日は17時閉場

 

 

IBARAKI dining & CAFÉ - IBARAKI SENSE

[滅紫] 2018年12月23日 14:00

100_2980.JPG

   

お洒落なアンテナショップがまた誕生しました。茨城県のアンテナショップ、「茨城マルシェ」がリニユーアルしたIBARAKI SENSE です。10月25日のオープン当日覗いてみたのですが、余りの混雑に写真だけで日を改めてお邪魔しました。

流行りのお洒落な店内です。以前はお店の半分を占めていた飲食スペースが今度はdining とcaféに分かれています。暖簾をくぐるとカウンターとテーブル席が3つ。すっきりとした店内です。ランチタイムを過ぎてしまったのでスタッフの方おススメの温かいアップルパイとコーヒーのセットに。ランチのIBARAKI ごちそう膳2500円、茨城産ローズポークと茨城野菜のカレー1280円など、頂けなかっただけに余計美味しそうです。日を改めてcafé のソフトクリーム500円もいただいてきました。他の種類もありますし、季節のケーキもあり、目移りします。お買い物の後のカフェタイムに如何でしょう。

 

100_3015.JPG 100_3014.JPG

100_3045.JPG 100_3043.JPG

  

IBARAKI  SENSE  銀座1-2-1 TEL03-5524-0818

ショップ・カフェ 10:30-20:00

レストラン 11:00-23:00 日祝は21:00

 

 

「阿古屋」美の競演―十二月大歌舞伎―歌舞伎座

[滅紫] 2018年12月13日 14:00

100_3032.JPG

 

二十四節気の「大雪」に入ると流石に冬らしくなってきました。話題の「阿古屋」競演を観に出かけました。今日は「Aプロ-玉三郎の阿古屋」です。ご存知の通り「阿古屋」といえば女形の大役で歌右衛門丈の後、演じられるのは玉三郎さんだけという難役。どうしてかといえば舞台で琴・三味線・胡弓の三曲を実際に演奏しながら微細な心理を表現しなければなりません。景清の行方を詮議する重忠は言葉に嘘があるなら、阿古屋が弾く三曲に乱れが出るはずと。果たして・・・花道側だったので阿古屋の豪華絢爛な衣装も玉三郎さんの年齢を感じさせない美しさにもただうっとり。

 

玉三郎さんは歌舞伎の芸の継承に力を入れていて、今回も若手の梅枝、児太郎を指導して3人の競演というスタイルになったものです。お二人とも一年以上前から練習をされていたそうです。昼の部の壱太郎の「お染の七役」も玉三郎さんの監修です。3月の「滝の白糸」も玉三郎さんの監修でした。壱太郎さんがインタビューで「玉三郎のおじさまはご自身が財産にされてきたものを一言一句動きのひとつひとつから手取り足取り教えてくださいます。その幸せをしっかりとお客様に伝えていく使命があります」と語っています。夜の部は他にコミカルな「あんまと泥棒」、梅枝、児太郎の「二人藤娘」こちらは絵のような美しさです。

 

昼の部は「幸助餅」「お染の七役」です。夜の部はAプロ、Bプロで出演が異なりますのでご確認の上お申し込みください。

十二月歌舞伎千穐楽は26日です

 

お問い合わせはチケットホン松竹0570-000-489(10時―18時)

 

 

「発句也松尾桃青宿の春」―陰暦10月12日は「芭蕉忌」ですー日本橋の芭蕉と蕪村

[滅紫] 2018年11月22日 12:00

100_2964.JPG

 

100_3022.JPG 100_3023.JPG

旧暦10月12日は新暦では11月19日に当たります。「桃青忌」「時雨忌」ともいいますので確かに季節感としては旧暦がぴったりきます。「桃青」というのは芭蕉を名乗る前の俳名です。芭蕉の句碑は佃煮の老舗・日本橋鮒佐さんの店先にあります。隣に説明板もあって「寛文2年1672、29歳の時伊賀上野から江戸に出た芭蕉は以後延宝8年1680年37歳までの8年間、ここ小田原町(現在の室町1丁目)の小沢太郎兵衛(大舟町名主、芭蕉門人 俳号ト尺)の借家に住んだことが知られている」とあります。この間「芭蕉忍者説の真相?」というキャッチに惹かれてベストセラーの「影の日本史にせまる」(磯田道史・嵐山光三郎)を読んでいたら定説では「芭蕉は俳諧の宗匠になるため江戸に出た」と言われているのだが、実は仕えていた藤堂家が神田上水の修復工事をすることになり、「水道工事人」として江戸にやってきた。藤堂家のつながりで日本橋に住み、余技としていた俳諧の弟子が増えていった」というのです。確かにこの説の方に信憑性が感じられます。句碑の説明にも「延宝6年俳諧宗匠として独立、その翌年の正月宗匠としての迎春の心意気を詠んだ句」と説明がありました。以前日経で「この句碑が出来るまでの経緯」を読んで「老舗の方たちは凄いな、流石日本橋」と感じたのを思い出しました。

 

100_3017.JPG 100_3021.JPG

 

そういえば蕪村の「夜半亭―与謝蕪村居住地跡」の説明板も近くにあります。福島県のアンテナショップの通りを隔てて丁度反対側、みなと銀行の看板の並びに「石町時の鐘」の説明板と並んでいます。「夜半亭は師の早野巴人が石町時の鐘のほとりに結んだ庵。若き蕪村は「宰町」という名で内弟子として同居。6年後の寛保2年1742巴人が亡くなり、一門が解散して江戸を離れる。」とありました。江戸の3俳聖の内2人が日本橋に住んでいたのは凄いですね。

 

 

猿之助の「法界坊」誕生! 吉例顔見世大歌舞伎―歌舞伎座

[滅紫] 2018年11月 6日 12:00

100_2992.JPG

  

100_2989.JPG 100_2988.JPG

 

2018kaomise1.jpg I2018kaomise2.jpg

 

1日南座、2日歌舞伎座と東西両座で平成最後の顔見世の幕が開きました。南座は2年半に及んだ耐震改修工事を終了しての新開場とあって11月、12月と2月続きの顔見世です。たまたま1日京都におりましたので東西顔見世初日の写真をご覧ください。ご存知の通り「顔見世」は江戸時代、各劇場が毎年11月から1年契約で役者を雇う制度だったとき(プロ野球の契約更新のようなものです)、新契約の役者を披露する興行です。現在は歌舞伎俳優全員松竹所属なので本来の顔見世の意味はありませんが名称はそのまま使用されています。名古屋の御園座は10月です。

やってきたのは歌舞伎座初日夜の部です。夜の部の話題は猿之助さんが初役で演じる「法界坊」。十八代目の勘三郎さんの当たり役で海外公演でも演じていたので「法界坊といえば勘三郎さん」というイメージが強いかも知れませんが、澤瀉屋さん系でも演じられています。ご存知のように法界坊は破戒僧ながら愛嬌があって憎めない歌舞伎のダーティヒーローですが、猿之助さんはインタビューで「ふざけようと思えばいくらでもふざけられる芝居ですが、あくまでも芝居で笑わせないといけないので匙加減が難しい。演じる俳優によっていろいろな法界坊があっていいと思います」と語っています。

花道に「釣鐘建立」ののぼりを持ちボロをまとった法界坊が登場するやわれんばかりの拍手!勧進の供衆との軽妙なやりとりで一気に観客を引き付けます。手代要助に身をやつした松若丸を演じる隼人さんを「歌舞伎界で一番いい男だと思っているだろう」などとアドリブで弄り、うつむいている隼人さんが笑いを必死に堪えているのが何とも可笑しい。おくみが右近、野分姫が種之助、五百平が巳之助と若手人気役者でそろえ、道具屋甚三に歌六、敵役の大坂屋源右衛門に團蔵という絶妙の配役で締めています。大当たり間違いなしの法界坊、新しい「法界坊」の誕生です。

夜の部は吉右衛門・菊五郎両重鎮の「楼門五山桐」、たった15分ですがこれぞ歌舞伎という豪華絢爛な舞台、雀右衛門さんの「文売り」。

昼の部は昨年清元栄寿太夫を襲名し歌舞伎役者との「二刀流」が話題の右近さんが清元で初のお目見得となる「十六夜清心」、他に「お江戸みやげ」「素襖落」です。右近さん昼の部も歌舞伎役者としても登場しますので大奮闘です。

 

「顔見世大歌舞伎」26日千穐楽 

お問い合わせはチケットホン松竹0570-000-489

(10時―18時)

 

 
1234567891011