中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「芸術祭十月大歌舞伎」始まるー歌舞伎座

[滅紫] 2015年10月11日 14:00

100_1830.JPG

気が付くとすっかりもう秋です。橋之助さんの「芝翫」襲名も発表されいよいよ本格的な芝居の季節の始まりです。十月の歌舞伎座は「二世尾上松緑27回忌追善狂言」は昼の部の「矢の根」(夢枕の十郎を藤十郎さんが勤めるという豪華版)「文七元結」、夜の部の「髪結新三」。孫の当代松緑さんが「矢の根」の五郎と「髪結新三」の新三を勤めます。新三は初役でひ孫の左近ちゃんも丁稚の役で登場。また、7月に「人間国宝」の認定を受けた仁左衛門さんが「東では初」ですが、定評のある「一條大蔵卿」を演じるのも話題です。

 

100_1832.JPG

幕間に売店で「新発売」の歌舞伎座オリジナル雷おこしと今月の演目に因んだ津和野銘菓の「源氏巻」を見つけました。「源氏巻」は「津和野藩主が進物に添えて吉良上野介に贈り無事に勅使饗応役を勤めた」という言い伝えのあるお菓子です。今月だけの販売とのことです。四演目あるのは珍しいので「一條大蔵譚」の幕が降りると「帰宅準備」の方がちらほら見かけられあちこちでにぎやかな笑いが起きていました。(私の隣の方も帰りそうになりました。)昼の部は他に「音羽嶽のだんまり」、夜の部は玉三郎さんが平成19年以来の「阿古屋」を演じるのも楽しみです。

  

千穐楽は25日 お問い合わせは チケットホン松竹0570-999-489(10時~18時)

 

 

秋の人気メニュー「マロンパフェ」解禁―和光アネックステイーサロン

[滅紫] 2015年10月 9日 09:00

「今日からなんです」とスイーツに目のない友人に連れられてやってきたのは和光アネックス2階のテイーサロン。お目当ては本日101日よりの「マロンパフェ」1130日までの秋限定のメニューです。(1944円税込み)

テーブルに運ばれてきた途端に歓声(小さく)を上げてしまいました!

  100_1826.JPG

トップはケーキのモンブラン状の黄栗のクリーム、そのすぐ下には栗のアイスクリーム、さらに渋皮煮や甘露煮の栗、サクサクしているのはサブレでしょうか?滑らかなクリームとの食感のコントラストが絶妙です。そしてグラスの底には何とコーヒーゼリーが。甘さを締めてくれる憎らしいほどのバランス感です。脱帽。結局スプーンを持つ手が止まらず楽しみながらいただく予定が一気に完食。「美味しい」の一言です。

和光のテイーサロンは落ち着いたインテリアでスタッフのサービスも行き届いていてかつ押しつけがましくない居心地のよい大人の空間です。この「程の良さ」が如何にも和光さんらしく友人たちのようなファンを喜ばせているのでしょう。

和光アネックステイーサロン 10:30~19:00(年中無休)

 

 

創業80年―トリコロール銀座本店

[滅紫] 2015年10月 7日 09:00

100_1823.JPG

100_1825.JPG 

 

トリコロール本店の創業は1936年(昭和11年)今年で80周年になります。お邪魔したのは10月1日「コーヒーの日」です。久しぶりですがお店の雰囲気は全く変わっていません。禁煙席の二階へ。満席の店内には女性客の姿が目につきます。私は人気の「アンテイークブレンド」(880円)友人はアイスコーヒー(960円)しばらく待つと漸く到着!

100_1822.JPG

「注文をいただいてから豆を挽き独自のネルドリップ式で一杯、一杯丹念に抽出する」とお店の案内にありますので「少しお待ちいただく」のは「楽しみの先延ばし」と。酸味と苦みのバランスが丁度よく私の好みにぴったりの味です。「アンテイークブレンド」はお店のオリジナルで「昭和30年代に日本が特恵国扱いで非常によい豆が入ったころの味を再現するべく中南米の標高の高い山で収穫された豆を使用している」とのこと。ここでクイズです。創業当時のコーヒーのお値段はいくらか見当がつきますか?「15銭」だったそうです。プチフールやエクレア等が主力でパリから帰った画家や文士!、あるいは慶應大学の学生さんに人気があったそうです。

お店の入り口にあるガス灯のデザインのオリジナルはロンドンの老舗のガス器具会社のもので東京ではこちらだけのものとのこと。

秋もだんだん深まってきます。「こだわりの80年のコーヒー」を楽しみにちょっとお寄りになってみませんか?

トリコロール銀座本店   銀座5-9-17 TeL 3571-1811

 

 

「100周年記念写真展」開催中ー有賀写真館銀座本店

[滅紫] 2015年10月 5日 09:00

100_1817.JPG100_1816.JPG

 

「有賀写真館」といえば「お見合い写真は有賀」と言われていた時代を懐かしく思われる方も多いことでしょう。暑かった夏の終わりの頃、有賀写真館からこの展覧会と一緒に建物の老朽化による「銀座スタジオ閉店」の案内が届きました。「え!」家族の入学、卒業、成人式、年祝いなど節目の行事には「有賀」さんで撮影というのが恒例になっていただけにちょっとショック。早速展覧会をのぞいてきました。お店に伺うのは久しぶりですが、足を踏み入れると以前と変わらない落ち着いた雰囲気に何だかほっとします。展覧会は1階と2階、そして2階に続く階段の壁面。「大倉喜七郎」「マッカーサー夫人と令嬢」「茅誠司」「佐藤春夫」「佐藤栄作」氏など日本の戦後史を感じさせてくれる著名人の写真の他に一般の方の結婚式、家族写真、ユニフォーム姿のお子様などなごやかなご家族の写真もあり、見ているこちらも幸せのおすそ分けをいただいている気分になります。あのクラシックで重厚な雰囲気のスタジオがなくなるのは淋しいですが、今後の新規の撮影は日本橋(ロイヤルパーク)と新宿(京王プラザ)のホテルのスタジオで行われるとのこと。展覧会は12月まで行われていますので、大正・昭和の雰囲気の残る建物と時代を感じさせてくれる写真を是非ご覧ください。

有賀写真館 銀座本店 銀座7-3-6 TEL 3573-4545 126()最終撮影日

写真展 926日から1220日(日)迄

10時~18時まで火曜日定休

 

 
1