中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座の「検校」で 芳醇なひとときを味わいませんか。

[kimitaku] 2013年5月 1日 14:00

P1000087.JPGP1000084.JPG  銀座三越の東 王子製紙本社から歩いて1分のところに (角打ち)「検校」が有ります。

昨年11月にオープンしました。

 (角打ち)とは、酒場でお酒を飲むのでなく、酒屋の店頭で升酒を直接に飲むこと。四角い升の角に直接に口を付けて飲むこと。転じて店の一角を仕切って立ち飲み用にすること言います。(大辞泉)

 店内は、明るく、白木の柱が、郷愁を誘います。テーブルは白で統一され、女性好みの優しい雰囲気を醸し出しています。

P1000111.JPG P1000086.JPG

お店は、神田の酒店の経営だそうです。和酒(日本酒)、ワイン、焼酎といろいろなお酒が飲めます。つまみは缶詰が主、それにカツオの角煮それぞれのお酒に合ったつまみが取り揃えてあります。缶詰博士さんが笑顔で説明してくださいました。

   立ち呑み営業のほか。注文は、1本から冷えたお酒の配達もしています(銀座界隈)。

 また、希少なお酒もありますが、このお店では、市価での販売、プレミアをつけることはしていませんのでご安心を。

 今日は「富の宝山」が店頭にありました。

P1000085.JPG ワインもいろいろ取り揃えていて、ワイン好きにはたまらない銘柄もあるそうです。

立ち飲みで、利き酒セット注文しました。春のメニュー「梅の宿」「出羽桜」「・・・」味わいつつ飲んで、春を満喫。つまみは、なんと「クサヤチーズ」、クサヤの細かいのが、チーズに閉じ込められ、口の中で、桜の花のハーモニーを醸し出してました。

 

 P1000113 (2).JPG今日は、カウンターで、和酒コーディネーターの章絵(ふみえ)さんが我々のお相手をしてくれました。満開の酔いに、更に重ねて乾杯。。

章絵さんは、お酒は少々たしなむそうです。

 スタッフの皆さんの明るい雰囲気がこの店の将来を約束してしているようです。

(和酒)という言葉、(日本酒)より響きが良いですね。

『検校』

住所 104-0061 東京都中央区銀座3-8-12 銀座ヤマトビル 1階                               TEL 03 - 5159 - 1401 FAX 03 - 5159 - 1402

年中無休 10:0022:00(土・日・祝日10:00~19:00)

角打ち 17:00 ~ 21:00 (LO) 配達   10:30 ~ 21:00

 

 
1