中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


波除稲荷神社 ご祭礼

[銀造] 2014年5月30日 09:00

ck0924_20150528.jpg 

  

築地の町角で至る所に御祭礼のポスターが貼付されています。

 
早く早くと、待ちきれない様子がうかがえます。

 

御祭礼は、6月7日が子供連合、翌日8日の千貫神輿の宮出は9時、宮入は15時、お歯黒獅子の宮出は10時で宮入が15時とのご案内です。

銀座6丁目の、「つきじTASSギャラリー若松屋」では、お祭りに必需品の衣装、股引、足袋、合財袋などを6月6日まで販売中です。
ちょっと、お祭り気分を味わいにでかけませんか?http://www.g-wakamatsuya.com/

P1000628.JPG

 

 

第90回記念 東をどり

[杏葉牡丹] 2014年5月29日 14:00

毎年恒例の新橋の芸者衆による「東をどり」が、5月24日~27日まで、新橋演舞場で行われました。

ck1203_20140528 (8).jpg  ck1203_20140528 (6).jpg

 

料亭や見番・置屋等が銀座や築地周辺にあるのに、なぜ「新橋花柳界」というのかは、以前にご紹介しましたが、もともと新橋芸者の技芸向上を披露する場として建てられた「新橋演舞場」で、第1回の公演が行われたのは大正14年。

それから数えて、今年は90回目の記念公演となるということで、私も久しぶりに観にいってきました。

 

まずは劇場の玄関を入ると、すぐ正面に「東をどり」の提灯が華やかに飾られています。

ロビーには、いつにも増して着物姿の方が目立ち、料亭の女将さんらしき方が、あちらこちらでご挨拶をしていらっしゃいます。

ck1203_20140528 (4).jpg ck1203_20140528 (9).jpg ck1203_20140528 (1).jpg

左手奥には、特設の「さ・か・す(酒・菓子・鮨)売場」のコーナーがあって、飲み物や東をどり限定のお菓子に、料亭それぞれで味付けの違うお弁当等が販売されています。

 

反対側のエスカレーター前の売店では、やはり限定のお菓子やグッズを販売。

ちょうどCD位の大きさに、芸者衆の写真が印刷されたパッケージのチョコレート等もありました。

ck1203_20140528 (13).jpg ck1203_20140528 (12).jpg

  

2階に上がれば、芸者衆の名前の千社札や団扇、扇子等の販売、日本酒の枡売り、ドン・ペリニヨンのグラス販売のコーナーもあります。 

普段は食堂になっている場所は、お茶席になっています。

ck1203_20140528 (2).jpg ck1203_20140528 (11).jpg

 

あちこち見ているうちに、開演5分前のブザーが鳴ったので、とりあえずは客席に急ぎます。

 

東京オリンピック招致のプレゼンで流行語にもなった「おもてなし」。

様々なところで見直されている日本のおもてなしの伝統ですが、その究極とも言える花柳界。

そんな中でもトップクラスの、新橋花柳界の雰囲気が味わえるとあって、客席は満員です。

ck1203_20140528 (5).jpg 

まずは幕が開いたとたんに、その艶やかさにホーッというため息が、場内に広がります。

 

ベテラン芸者衆5人が「青海波」を格調高く舞いますが、清元や三味線の地方さんたちも、もちろん芸者衆です。

 

 

目出度く舞い納めて幕が下りれば、30分の休憩。

とは言ってものんびりはしていられません。

なにしろ、この劇場を料亭に見立てて、休憩時間にお楽しみいただけるように、様々な趣向が凝らされているのです。

 

ck1203_20140528 (7).jpgとりあえずは売店に行って、プログラムを購入。

90周年記念らしく、金地に朱色で「東をどり」と題字が入り、上に藤の花が金で箔押しされています。

華美にならず、さりげない所に贅を尽くす粋さが、いかにも「新橋」という感じのデザインです。

ちなみに、第68回の表紙は、橋本明治による、伝説の名妓まり千代像です。

また、題字の「東をどり」は、料亭「金田中」の先々代のご主人によるもの。

そして、街中に貼られている赤いビラの「東をどり」の文字は、同じく「金田中」の先代のご主人によるものだそうです。

 

そして売店で発見したのは、絵札も取り札も新橋芸者衆の手になる「芸者かるた」。

とても雰囲気があり、めったに手に入らない物なので、早速購入しました。

ck1203_20140528 (14).jpg  ck1203_20140528 (10).jpg

 

グッズ売場には、鬘に衣装をつけた芸者さんもいて、皆さんの記念撮影の依頼に気軽に答えていらっしゃいました。

 

お茶席では、正装の芸者さんの御点前を拝見しながら、お薄と虎屋のお菓子をいただけますが、こちらは順番待ちの長蛇の列でした。

 

他にも沢山のコーナーがあるのですが、そうこうしているうちに、あっという間に次の幕の時間になってしまいます。

 

ck1203_20140528 (3).jpg二幕目は四場に分かれた「にっぽんの四季」。

春の「醍醐の花見」では、芸者姿ではなく、秀吉・北の政所・淀君・千姫に扮装して登場。

夏の「滝の白糸」では、本物の水を使って見事な水芸が披露されます。

秋は「陸奥の旅」と題して、東北への想いを込めて、大漁唄い込み、会津磐梯山等の民謡の群踊です。

冬の「夜の梅」では有名な「藤十郎の恋」をテーマに、ベテラン2人がしっとりと踊ります。

 

そしてそして、いよいよ待ちに待ったフィナーレです!

暗転した舞台に、太鼓と鉦の音だけが鳴り響きます。

え~まだなの?と思うくらい時間がたった頃に、やっと柝が入って、舞台は一転して、料亭の大広間に変わります。

真ん中には鳶の頭がいて、左右にズラリと出の衣装の芸者衆が勢揃いします。

 

来場のお客様へ、渡り台詞でご挨拶があり、一本締めで手締めをした後は、歌舞伎で吉原の場面等でよく使われる「さわぎ」という賑やかな曲に、久保田万太郎が詞をつけた東をどりの曲にのって、総踊りが始まります。

 

「ここに出たいから新橋芸者になった」という方もいると聞いたことがありますが、何度観ても、ため息が出るくらいに綺麗で、惚れ惚れとするぐらいに粋なのです。

 

ボーッと見とれていたら、舞台では、いつの間にか花道の方にまで広がった芸者衆が、やおら手拭いを客席に向かって投げ込みます。

客席では、その手拭いを取るのに大騒ぎ。

2階や3階でも、関係者が撒いてくれますので、十分にチャンス有りです。

 

頃合いを見計らって、その日の「芯」になるお姐さんが、トンと足で舞台を打てば、再び唄と踊りが始まります。

・東をどりは日本のをどり~、という歌詞が、最後には・世界のをどり~となって、幕が下ります。

 

終わった途端に、客席からは「ああ、綺麗だった~」「ああ、素晴らしかった!」という声があちこちから聞こえていました。

 

 

写真展と講演会〔奈良まほろば館〕

[ジミニー☆クリケット] 2014年5月28日 14:00

奈良県のアンテナショップである奈良まほろば館は、中央通りをはさんで、日本橋三越新館の向かい側にあります。中央区には、各道府県のアンテナショップが数多ありますが、イベントや講演会の開催数では、この奈良まほろば館はトップクラスではないでしょうか?

naram1.JPG

現在、その2階で、写真展「私がとらえた大和の民俗」が開催されています。写真家10人による競作展です。大和の人々の暮らしぶりが、まつりや行事や祈りを通してみごとに切り取られており、なぜかなつかしさを感じさせる写真展です。期間は、6月1日まで

naram2.JPG

また、この写真展と連携して、5月24日に「大和のまつりと祈り」と題する講演会も開かれ、聞きに行ってきました。講演は、奈良県立民俗博物館の主任学芸員である横山浩子氏です。横山氏の1時間半にわたる講演は、大和に住む人々のくらしと、くらしのリズムにしっかりと根付いた年中行事のお話が非常に興味深く、充実した時間をすごすことができました

 

 

 

第66回東京みなと祭り May 24th,2014

[銀造] 2014年5月24日 19:33

 第66回東京みなと祭りが開催され、私は5月24日(土)に楽しく拝見してきました。

当日は、東京消防庁による「平成26年水の消防ページェント」というものでした。

日本橋、京橋の消防少年団、カラーガールズ隊、音楽隊のパレードに始まり、開会のあいさつ、来賓祝辞がありました。

DSC04864 (640x360).jpg

圧巻は、東京消防庁の皆さんの日頃の訓練を披露する「航行放水」

DSC04885 (640x360).jpg

「消防演技」。船から落ちた人を救助し、消防艇に搬送するという大変緊張するシーンでした。

DSC04912 (640x360).jpg

「高速消防隊演技」。いやはや、凄いスピードで、現場に駆けつけてくれます。

DSC04917 (640x360).jpg

そして、「東京オリンピック・パラリンピック2020」招致決定を祝う、カラー放水です。

晴海埠頭は、東京オリンピック・パラリンピック2020の選手村に予定されていますね。大変楽しみです。

DSC04923 (640x360).jpg

訪れたお子達も、楽しいイベントで大変嬉しそうでした。

DSC04927 (640x360).jpg

 この「ゆるキャラ」は、海上保安庁のマスコット。何て言う名前かな? 答えは、こちら

http://www.webzakki.com/z060922.shtml

DSC04928 (640x360).jpg

沢山のご当地グルメの店が出ていて、どれも美味しそうでした。

DSC04874 (640x360).jpg

 ガーナのビール、「ヤシ酒」、カカオのリキュールは購入したかったけど、昼からの街歩きに備えて、我慢しました。ここで、Quiz

海の「もしも」は ・・・・・答えは、118番です。24時間海難防止、救助の為に頑張ってくれている海上保安庁の方々、消防庁の皆さんに深く感謝しました。

 

 

【5/25 べったら市の前身が復活!】日本橋くされ市

[お染] 2014年5月23日 09:00

今週末 5月25日(日)に、日本橋大伝馬町の恵比寿通りで「日本橋くされ市」が開催されます。

 

「くされ市」とは、日本橋大伝馬町で江戸時代初期から続く「べったら市」の前身なのだそうで、今回は大伝馬町のストリートを封鎖したブロックマーケットとして初の開催なのだそうです。

当日は、江戸時代創業の老舗やモダンなカフェなど40店舗が軒を連ねるとのことですが、気になるお店ばかりなのでまとめてチェックできるチャンスだなぁと思っています。

http://kusareichi.com/?p=41

 

ちなみに私はこのイベントのことを、日頃産後ヨガでお世話になっているヨガスタジオロータスエイトで教えていただきました。

こちらもブースを出店され、ハンドマッサージや肩こり解消法のレクチャー、ヨガ関連の書籍の割引もあるみたいです。

http://www.lotus8.co.jp/blog/staffblog/

普段子供を抱っこしたりで肩バキバキになりがちな私ですが、こちらのヨガで心身ともに癒されておりますので、オススメです。

 

あと個人的に気になっているのは、老舗「魚十」の玉子焼き、同じく老舗「江戸屋」のブラシ、「cafe紅」のお弁当、「レ・フルシェット」の鶏白レバーのムース、「日本橋パパの会」、「けん玉大会」...と、書ききれません

繊維街のものを使った作品のイベントや写真家の方のブースなど、アートな雰囲気も気になっています芸術

 

江戸時代の人々も、市ではワイワイ賑わってきっと楽しかったんだろうなと思います。

時を経て、平成のくされ市もいろんな発見がありそうでワクワクです

 

コレド室町も盛り上がっていますが、今週末は大伝馬町にも足をのばしてみてはいかがでしょうか。

 

◆日本橋くされ市

ホームページ: http://kusareichi.com/

日時: 2014年5月25日(日) 11:00~19:00

場所: 大伝馬町 恵比寿通り特設会場

    (小伝馬町駅「3番出口」徒歩1分、馬喰横山駅「A2出口」徒歩6分、

          東日本橋駅「A2出口」徒歩6分、馬喰町駅「A2出口」徒歩6分、

          新日本橋駅「出入り口6」徒歩3分)  

 

kusare.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座三越★食のフランスフェア

[まぴ★] 2014年5月18日 09:00

今年も銀座三越の8階で食のフランスフェアが開催されています。

5月20日までで、最終日は17時終了です。

 

エレベーターを上がるとバッグなどの雑貨が売っていて、

一番最初の食品の売場は、オイルサーディン。

 

KIMG0124.JPG KIMG0125.JPG

 

プルターニュ地方のオイルサーディンでラ・ベル・イロワーズという会社のもの。

味がとっても豊富で、9種類全部試食させてもらえました。

どれも美味しかったけど、ちょっとピリリとするピメント味にしました。

ホームページはこちら

 

そして次は今回のお目当てエドモンド・ファロー社のマスタード。

ファロー社のマスタードはたくさん種類があり、

日本にも売っているのですが、日本では買えない味を買いに行きました。

パンデピスはなかったのですがカシスがあったのでそれを購入★

ホームページはこちら

 

 

そして次はチーズ。日本橋三越にも入っていて水天宮前が本店のようです。

チーズオンザテーブルというお店。

今回はフェア用に特別輸入されたチーズも試食させてもらい、

シェーヴル(山羊のチーズ)とブルーチーズを買いました★

ホームページはこちら

 

KIMG0126 (2).JPG

 

お次はバイヨンヌのジャンボン(ハム)やソシソン(サラミ)のお店。

美味しかったので、ハムを購入。

 

KIMG0127.JPG

 

そしてワインコーナーをうろうろ。

今までかなりたくさんの種類を飲んでいるのですが、

見たことのないラベルのワインもたくさんあり、

聞いて見るとホテルやレストランにしか卸していないワインもたくさん出ていて、

そーいうワインが買えるのもフェアの醍醐味です。

10種類以上試飲しました。

 

KIMG0137.JPG aRIMG0001.JPG

エシレバターや、エスキスのミルフィーユなどスイーツのブースも盛り上がっていました。

来年も絶対行こうと思います(*^^*)