中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「点描画」展〔ギャラリー銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年3月30日 14:00

ギャラリー銀座で開催されている「風景 花 心~点描の世界~」と題する工藤照子氏の「点描画」の個展です

tenbyou02.JPG 

無数の点から生み出される、鮮やかさ明度肉筆油彩ならではの深みに感動します

tenbyou03.JPG 

点描画は、とても時間根気の要る手法です

間近で一作一作見ていくと、作者の対象物を見る目の真剣さが伝わってくるようです

tenbyou04.JPG 

「美しい自然・・・そこに生きる愛らしい花や小動物たちに心癒されて生きる日々の中で、思い出をふり返り『水辺の風景』を花と共に展示させていただきました。8年ぶりの個展になります。いつも自然は私たちとともに・・・皆様の心にひとときのやすらぎを感じていただきたく、心をこめて御案内もうしあげます。」

工藤氏のことばです

tenbyou05.JPG

工藤氏の作品は、とても色彩が明るく美しいことに加え、見ていると心が静まるような、落ち着けるような、なごめる作品ばかりです

是非ギャラリー銀座で、直にご覧になることをお勧めします

tenyou06.JPG 

期間は、3月28日)から4月3日)までです。

下の2枚の作品は、北国の雪景色を描いた大作です

tenbyou07.JPG 

ちなみに、点描といえば、新印象派・フランスのジョルジュ・スーラが有名です

下の写真は、スーラの代表作「グランド・ジャット島の日曜日の午後」(シカゴ美術館)です。

工藤氏の作品は、スーラの表現方法とも違っているようで、興味深かったです

tenbyou00.jpg 

なお、ギャラリー内での写真撮影については、了解をいただきました

tenbyou01.jpg

ギャラリー銀座のHPはこちら ⇒

http://www.rr.iij4u.or.jp/~gallery/

芸術芸術芸術 

 

 

キキ&ララ展〔松屋銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年3月27日 09:00

松屋銀座の8階イベントスクエアで、「キキ&ララ展」が開催されています

kiki01.JPG 

サンリオキャラクターリトルツインスターズ」(キキ&ララ)は、1975年に誕生しました。二人は遠い星の国から地球へやってきた姉弟で、甘えん坊の弟キキ背中に大きな星が、優しいお姉さんララ星のステッキが、それぞれのトレードマークです

kiki02.JPG 

本展では、初代担当デザイナーによるキャラクター誕生当時のラフスケッチデザイン画、歴代のデザイナーたちが手掛けたイラスト原画、初代デザイナーが新たに描き起こした原画や懐かしいグッズなどが展示されています

kiki03.JPG 

期間は、3月16日)から4月4日)までです。

春休みの時季に、キキララナイスタイミングです

kiki05.JPG 

同じフロアで、「マイメロディ展」も開催中です

kiki04.JPG 

ちなみに、ずきんがトレードマークの「マイメロディ」は、童話の赤ずきんのストーリーをモチーフに描かれた「赤ずきんちゃん」だったそうです

今では世界的な人気の「ハローキティ」と並ぶ人気者です

kiki08.JPG 

松屋銀座展覧会&ギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/

 

 

 

「立体造形2人展」〔REIJINSHA GALLERY(レイジンシャギャラリー)〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年3月26日 16:00

reijin01.JPG

銀座6丁目の「REIJINSHA GALLERYレイジンシャギャラリー)」で、3月18日から冨岡奈津江さん植野のぞみさん立体造形アーティスト2人による展示会「野生の夜に」が開催されています

reijin02.JPG 

冨岡さん植野さんは、動物をモチーフとする作品を制作する立体造形アーティストです。

同展ではさまざまな動物をかたどった作品が、照明によって「」と「」に分けられたギャラリーの中に展示され、動物園さながらの光景を見せています

お二人の作品は、質感がまったく違っていて、それがギャラリー内でいいコントラストになっていました

reijin08.JPG 

冨岡さんは、「フクロモモンガ」「ミツユビナマケモノ」「キンシコウ」「クマゲラ」「白馬」など、新作12点を含む陶器作品28点を出展されています

reijin07.JPG 

富岡さんは、作品制作に当たって、動物の生態を調べることから始めて、粘土の「ひも」を積み上げて作品を形作るそうです

reijin20.JPG 

植野さんは、「マルマンズ マヌルネコ」「転石」のほか、アパートの窓でたばこを吸うオオアリクイ、外に向かって輪ゴムを飛ばす2匹の子豚など、新作16点を含む23点を出展されています

reijin18.JPG 

「見ているはずなのに目に留まらないほどのささやかな出来事で構成されている日常を、擬人化した動物の姿を通して表現した。見る人が自由に、記憶や思いと結び付けて楽しんでもらえれば」。植野さんのことばです

reijin10.JPG 

開廊時間は12時から19時までで、日曜月曜休廊日です。

期間は、4月1日でです。

reijin19.JPG 

なお、ギャラリー内での写真撮影については、ご了解をいただきました

reijin03.JPG 

REIJINSHA GALLERYのHPはこちら ⇒

http://www.reijinsha.com/r-gallery.html

reijin00.jpg

牡羊座

 

 

三重テラス「いなべでアウトドア&オーガニックライフ」

[ミル] 2016年3月25日 16:00

いつもたくさんの人で賑わっている、日本橋の三重テラス。

3月19、20日に開催されたイベント、「いなべでアウトドア&オーガニックライフ」にお伺いしました 

DSC_5571.JPG

三重県の最北端に位置しているいなべ市。

地図で拝見すると、四日市市にも近くて都会のように思えるのですが、山や川などの美しい自然に恵まれた場所なのだそうです

 

その地で有機農業に取り組まれている、森友喜(ゆうき)さん(中央)と寺園風(ふう)さん(右)お二人のトークイベントをお聴きしました。

司会は中央エフエムパーソナリティーのJUMIさん

DSC_5566.JPG

 

名古屋まで1時間という、都市と「ちょうどいい距離感」を持った場所ながら、自然に恵まれているいなべ市。

若いお二人がさまざまなことにトライしながら、楽しんで有機農業に取り組まれている様子が伝わってきました

 

会場では有機野菜の販売も

海外の野菜なども作られているそうで、見たことのない野菜もあり、大人気でした。

DSC_5567.JPG

 

わたしもかぼちゃをいただいて帰りました

ゆでてバターで食べようと思ったら、バターがいらないくらい味が濃くまろやかで、とっても美味しかったです

DSC_5568.JPG  
こうした旬のお野菜は、都内でも宅配便で購入できるそうです

また、米や大豆、蕎麦オーナーなどの農業体験も募集されています

ゆうきの畑日記 http://yukifarm.blog54.fc2.com/

 

「自分たちが、これ、いいじゃんと思うことを、いなべで楽しくやっている」

印象的だった、トークイベントの中での言葉。

若い方たちが多く移住先として選んでいるという、いなべ市の魅力が伝わってくるようでした。

DSC_5569.JPG

 

東京に住んでいながら、日本の様々な場所について知ることができるのも、アンテナショップの多い中央区ならではです

日本橋YUITOの三重テラスには、1階のショップの他に、2階にもイベントスペースがあり、さまざまなイベントが開催されています。

ご興味ある方はぜひお出かけください

http://www.mieterrace.jp/event/

 

 

 

京橋でお花見 桜を愛でる会 3月25、26日 

[銀造] 2016年3月25日 09:00

 3月24日黄昏時、京橋から日本橋へ散歩としゃれ込みました。

「桜を愛でる会」という張り紙を見つけました。

ちょっと読んでみますと、

1458816202483.jpg

「京橋一の部では、大根河岸の桜を囲み、恒例の各種お花見イベントを催します。」

開催日時:

3月25日(金)17:30~19:30

17:30~19:30 くじ引き @大根河岸公園

18:30~19:30 ステージ演奏 AERIA (J-POP オリジナル曲)@東京スクエアガーデン前

  

3月26日(土)

10:00~16:00 くじ引き、物販 @大根河岸公園

12:30~13:30 築地野菜無料配布 @大根河岸公園

11:30~15:30 ステージ演奏 by  ZERO,AERIA ,GINZA軽音楽部、将門太鼓(お囃子)

等とご案内が記載されています。

(雨天中止)

 

京橋の橋の下には、白い花びらをつけたオオシマザクラが満開に向けて、開花中です。

1458816238331.jpg

 

是非、お出かけになって、お楽しみ下さい。 銀造

 

 

 

杉田陽平個展〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年3月24日 14:00

銀座2丁目にある銀座大塚ビルの地下1階、メグミオギタギャラリーで、約3年ぶり2回目となる杉田陽平新作個展the intergalactic」が開催されています

yohei01.JPG 

期間は、3月11日)から26日)までです。

yohei02.JPG 

杉田氏油彩作品は、印象派を思わせる古典的な油絵のスタイルをとっていますが、そのモチーフの多くはインターネットファッション雑誌から引用されたものだそうです

yohei06.JPG 

実際、風景画でありながら、1枚の絵が分割画面のように描かれていたりして、デジタル時代の油彩画という印象を受けました

yohei03.JPG 

画中には、美の象徴として西洋人の女性のイメージが多く引用されています

yohei05.JPG 

タイトルのIntergalacticとはバスボム入浴剤)の固有名詞だそうです

刹那的な美しさを、バスボムのタイトルに仮託したのでしょうか

色彩が鮮やか美しい中に、はかなさも感じられるように思いました

yohei07.JPG

メグミオギタギャラリーの場所は、下の地図の赤○のところです。

yohei00.jpg 

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

芸術芸術芸術 

 

 
123456