中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


薬研堀 歳の市と張扇供養

[saru] 2018年12月30日 18:00

年の瀬の12月26日から28日に、東日本橋の薬研堀不動尊周辺で納めの歳の市がありました。歳の市は江戸時代から続くもので、かつては12月に深川八幡から、浅草観音、湯島天神ときて薬研堀不動尊で終わったため、納めの歳の市と呼ばれるそうです。すぐそばに江戸随一の盛り場であった両国広小路があり、昔は露店には羽子板やしめ飾りなど正月用品を売っていたようですが、今は問屋街の場所柄、冬物衣服などがお値打ち価格で売っています。

 

DSC_3892.JPG

 

DSC_3882.JPG

 

不動尊境内にはこの納めの歳の市の碑もあります。

DSC_3889.JPG

 

同じ場所には講談発祥記念の碑もあります。

DSC_3886.JPG

 

講談は江戸時代に両国広小路での辻講釈が起源とされており、そのような縁から市の最終日28日夕方には、講談で使う張扇の供養会がたくさんの講釈師が参集するなか、記念碑の前で行われました。護摩が炊かれ、読経の後、参加者は配られた扇型の紙にお願い事を書き、各々護摩の火の中に投じて来年の幸を願いました。

DSC_3907_HORIZON.JPG

 

その後門前にて、辻講釈と称して、当代講談師の面々により、本能寺の変や宮本武蔵の一席が披露されました。

DSC_3928.JPG

 

戸外での催しなので寒かったですが、屋台でお酒や温かい飲み物を買って暖をとり愉しみました。

今、講談もブームだそうですが、落語とはまた違った趣があり、歴史上の著名人を扱ったものも多くて勉強にもなります。薬研堀不動尊では、だいたい月に1回講談を聞く会が開かれているようです。中央区の気軽に行ける演芸場に日本橋のお江戸日本橋亭があります。元旦からは講談協会の初席をやるそうです。中央区発祥の伝統芸能ということで、一度演芸場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

凧、たこ、揚がれ

[小猿] 2018年12月28日 14:00

今年も残りわずかとなりました。子どもの頃は、お正月に近くの野原にたくさんの凧が揚がって、凧揚げは楽しみでもありました。隅田川の川べりでも、そんな光景が見られたでしょうか。全国の凧好きな人たちが集まって1969年に発足した「日本の凧の会」。発起人は日本橋の洋食の老舗たいめいけんの故・茂出木心護さんです。たいめいけんの5階には珍しい「凧の博物館」があって、さまざまな凧が展示されています。

写真 2018-06-19 14 47 09 (1).jpg

  

茂出木心護さんはたいめいけんの初代社長、子どもの頃から凧が大好きで、収集した凧は3,000点以上、館内は壁も天井も凧がいっぱいです。展示はオリジナルの江戸凧で、江戸凧は江戸時代に鎖国の元、庶民と武士の中から生まれました。

写真 2018-06-19 14 42 27 (1).jpg 写真 2018-06-19 14 38 35.jpg

 

12月29日(土曜日)には凧市も開かれます。今年はお気に入りの凧を買って、新春の空に揚げましょうか。こちらは昨年の凧市の様子です。

写真 2017-12-30 10 58 59.jpg 写真 2017-12-30 10 16 22.jpg 写真 2017-12-30 10 17 00.jpg

  

凧市は 2018年12月29日(土曜日) 10時~15時  

      東京ベルサール日本橋タワー広場にて開催。

凧の博物館  中央区日本橋1-12-10 たいめいけん5階

       11:00~17:00   日曜・祭日は休館

 

 

 

三重テラスのワークショップやクッキングで美味しさを満喫!

[桜やよい] 2018年12月27日 18:00

三重テラスで12月にイベントが沢山ありました。2日(日)きのこショコラワークショップ、8日(土)てこね寿司料理教室、20日(土)フルーつタルトづくり体験をご紹介します。

2日(日)きのこショコラワークショップ 2,000円

1545569364801.jpg1545569459212.jpg

三重大学 大学院 医学系研究科 免疫学 リサーチアソシエイト 研究開発室 室長 きのこアドバイザー 医学博士・農学博士 原田栄津子先生からきのこの栄養やチョコレートの知識の講義を受けました。

1545569371439.jpg1545569379574.jpg

アッと驚く、きのこだし汁が入っているホットショコラと入っていないホットショコラの飲み比べをしました。なんと、きのこだし汁入りホットシャコラの方がコクがあって断然美味しかったです。

1545569404531.jpg1545569387123.jpg1545569397288.jpg

いよいよきのこショコラ作り、先生は三重県津市「お菓子教室シュクレ」パティシエ 稲垣幸代先生が教えてくださいました。きのこアドバイザー原田栄津子先生と一緒に、きのこショコラの美味しさを追求しての今日のレシピだったようです。美味しさの秘訣は乾燥きのこを蒸してだし汁を作った所にあると力を込めて秘訣を教えてくださいました。しかもきのこは津市の農家さんが丹精込めて育てていらっしゃる大ぶりのきのこでした。

1545569315082.jpg1545569423243.jpg

1545569432639.jpg1545569439970.jpg

きのこショコラ・きのこ味のマカロン、きのこのお菓子をコーヒーと一緒に初めて戴きました。きのこの風味が口の中に広がって、とても美味しかったです。今日のワークショップでは、きのこがお菓子とこんなにマッチングすると思っていませんでした。きのこショコラの魅惑にすっかりはまってしまいました。これからきのこファンになって、いろいろなものにきのこ汁をマッチングさせる楽しみができました。

 

8日(土)てこね寿司料理教室 500円

伊勢志摩 志摩たび 旅館の大将手ほどき

IMG_20181208_130753.jpgIMG_20181208_130828.jpg

IMG_20181208_140811.jpgIMG_20181208_140942.jpg

「ぢがみ旅館」志摩市大王町船越1093☎0599-72-2201の大将が素晴らしい包丁さばきで生きている伊勢エビを料理をこんなまじかに見る経験は初めてでした。

IMG_20181208_135755.jpgIMG_20181208_135917.jpgIMG_20181208_140443.jpgIMG_20181208_130840.jpgIMG_20181208_130842.jpgIMG_20181208_130932.jpgIMG_20181208_131012.jpg

あっという間に綺麗に飾り盛りされました。美しいですね!てこね寿司作り参加者は特別にこの伊勢海老を1切試食させていただきました。肝も甘くておいしかったです。お土産に伊勢海老の殻をいただいて帰り、家で汁の中に入れて普段は高くてなかなか口に入れられない伊勢海老の味を堪能しました。幸せな一日でした。

IMG_20181208_135828.jpgIMG_20181208_140015.jpgIMG_20181208_140148.jpg

志摩の海女さんから「てこね寿司」を教えていただきました。手でこねるので、この名前が付けられたそうです。

IMG_20181208_130949.jpgIMG_20181208_131924.jpg

今日の魚はかつおです。魚は鯛等、志摩で捕れた魚を家庭で料理して、てこね寿司を作るそうです。てこね寿司の上に大葉、生姜をトッピングすると彩りがよいとのことです。

IMG_20181208_132914.jpgIMG_20181208_131937.jpg

今日は海女さんの計らいで、寿司飯の上にトッピングするのでなく、寿司飯に混ぜるやり方です。かつおをたっぷり召し上がっていただきたいという思いから、こんなに沢山のかつおになりました。嬉しい限りです。

IMG_20181208_133917.jpgIMG_20181208_133816.jpg

てこねとは、捏ねるというよりも酢飯の上にかつおを挟んでいくということでした。ご飯粒を立てたままかつおをまんべんなくはさんでいく作業にコツがあります。さすが、海女さんの手つきは素晴らしく2升のてこね寿司を普段から作っていらっしゃる手際の良さに感心しました。

IMG_20181208_134540.jpgIMG_20181208_134854.jpg

1桶で10人分作れました。かつおの量が等分になるように慎重にお弁当箱に分けていただきました。

IMG_20181208_133228.jpgIMG_20181208_141447.jpg

圧巻です。てこね寿司の完成。後はいただくだけとなりました。本当に美味しかったです。寿司酢の分量は各家庭で違うそうですが、今日の海女さんは甘めで作っているそうです。海女さんのてこね寿司は漁港で土・日限定で売っていらっしゃるそうです。本当に美味しかったです。かつおのてこね寿司も初めて戴きました。

「伊勢志摩の海女小屋体験施設 さとうみ庵 志摩市志摩町越賀2279☎0599-85-1212でお待ちしています」とのパンフレットを戴きました。新鮮な魚介類を海女小屋で調理してくださるそうです。皆様ぜひいらしてください。海女さん方の笑顔がとても美しかったです。

海女さんは伊勢志摩が日本全国一番に多いそうですが、なり手がいず、10年間一人も増えていないそうです。最少年齢40歳から現役80歳までの方が10月から3月まで海に潜って漁をしていらっしゃるとのことです。海女さん募集中だそうです。興味のある方は是非志摩の海女小屋をお尋ねください。

 

20日(土)フルー"つ"タルトづくり

毎月楽しみにしている「"つ"ディ」です。津市のフルーツはイチゴ、キウィ、みかん、ブルーベリーなど旬の果物を盛りつけてのフルー"つ"タルトづくりです‼

IMG_20181220_145632.jpgIMG_20181220_133838.jpgIMG_20181220_133748.jpg

採れたて&できたて直送!旬のフルーツ大販売会

食べて納得津のあま~い試食コーナー津市産のイチゴ食べ比べ高野尾ヨモギ会のてづくりよもぎ餅いのさん農園の濃くておいしいブルーベリードリンク

フレットのフルーツタルトの見本

第59回つデイ 三重県津市産のフルーツたっぷり フルー"つ"タルトづくり体験

開催時間:12月20・21日13:00~18:00 1組 1,000円

大粒ブルーベリージャムを練り込んだ手作りタルト生地に、あま~いイチゴやキウイをいっぱい乗せて・・・三重県津市産のフルーツたっぷりタルトをつくりませんか?

開催期間中は、津市の特産物の試食販売もあります。

<講師>稲垣幸代先生(三重県津市「お菓子教室シュクレ」パティシエ)

IMG_20181220_145708.jpgIMG_20181220_133657.jpg

生産者さんのブースもあり、試食コーナーや販売をしていらっしゃいました。沢山のお客様で大盛況でした。「(有)こうちく男爵」イチゴ(かおり野ー津市ブランド)・イチゴ紅茶ー安心・安全にとことんこだわる三重県下最大級のいちご農園です。イチゴをふんだんに使ったロールケーキや飲むビネガーも人気です。津市高野尾町2275-3☎059-230-2833「前川果実園」キウイ・みかん・柿ー手作り栽培にこだわり続けて、創業85年。アッ!と驚くおいしい果実をみなさまへお届けします。「三重の安心食材」の認定を受けた果実をご賞味ください。津市高尾野町4971☎059-230-0026「いのさん農園」ブルーベリージャム-ブルーベリーの味を伝えるための自信作!甘さを出すために甘麹を使用しています。イチゴを使った商品も販売中津市白山町佐田2745-1☎059-264-0550「のりたけ農園」梨ドラ(ドライ梨)ー津市久居産梨の旨味をギュ~っと凝縮!無添加・ノンシュガーの4代目が惚れた色鮮やかに仕上げたセミドライフルーツです。今までにないしっとり食感をお楽しみください。津市高茶屋小森町1820☎1820☎050-234-3253「宝樹園 菅尾製茶工場」なぁなぁお茶って体にええんやて!美しい自然の環境に恵まれ連なる山々のふもと、空気と水のおいしい津市美杉のお茶 摘む手にまごころめました。ふくよかな香とまろやかな味をお楽しみください。津市美杉町竹原1684☎059-272-0201

IMG_20181220_133717.jpg

お正月飾りのしめ縄リースづくり体験500円とタルトコーナー

きのこショコラ作りの先生と同じ、三重県津市「お菓子教室シュクレ」パティシエ 稲垣幸代先生が教えてくださいました。

IMG_20181220_133444.jpgIMG_20181220_133859.jpg

ブルーベリー入りの生地は3日前から稲垣幸代先生が東京にいらして焼いてくださったそうです。

IMG_20181220_135840.jpgIMG_20181220_140315.jpg

IMG_20181220_140807.jpgIMG_20181220_133406.jpg

手順を説明してくださった後、いよいよ作り始めました。果物を切って、飾り付けです。果物を面に対して斜めに立ててタルト生地の上に置くと、美味しそうに見えるとコツを教えていただきました。

IMG_20181220_140459.jpgIMG_20181220_140511.jpg

カスタードリームを糊代わりに外側の2cmを残して弧を描いて渦巻き状にチューブを押し出していきます。

IMG_20181220_141304.jpgIMG_20181220_141417.jpg

さあ、いよいよ飾り付けです。どう飾っていくか、イメージは切る時のことも考えて6等分を目指しました。

IMG_20181220_141402.jpgIMG_20181220_141407.jpg

イチゴをメインにしました。次はキウイ・柿・みかんの順に切って並べていく楽しい作業に夢中でした。

IMG_20181220_141413.jpgIMG_20181220_141409.jpg

ホールから出ないようにフルーツを並べていくことと、円中心に高く積み上げていくと後でメリークリスマスピックを刺したりするときにカッコよく見えるそうです。

IMG_20181220_142441.jpgIMG_20181220_234206.jpg

美味しいフルーツをふんだんに使ったタルト‼ お店で売っているタルトより美味しかったと、自分で作った喜びを噛みしめながらいただきました。イチゴ紅茶もフルーティな香りがしてケーキにとてもマッチしていました。

皆様も是非、三重テラスで美味しいワークショップやクッキングを楽しんでいただきたいと思います。2019年もたくさんの企画を考えていらっしゃるようです。楽しみに待っていただきたいとのことでした!

(津市役所農林水産部政策課・志摩市の関係者から取材の許可をとって記載させていただいております)




 

 

コミュニティの絆が光る新富町会もちつき大会

[Hanes] 2018年12月26日 09:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
クリスマスが終わり、本格的に年越しの準備をする時期になりました。
この時期にすることと言ったら、年賀状書き、大掃除、そしてもちつき!
今回は、12月23日(日)に開催された新富町会もちつきをご紹介します

IMG_3583.JPG

上のチラシにある通り、会場となったのは新富区民館の前の通り。
今年も東京メトロが参加するということで、子どもたちも多く集まっていました!

IMG_3584_.jpg

東京メトロの制服を着て、メトポンと一緒に写真が撮れる機会は貴重です
そして、電車のパネルを見ると、行先が「新富町会もちつき大会」
なんて粋な計らいなんでしょう!こういう工夫って意外と嬉しいんですよね。

メトロ.jpg

また、白バイ乗車体験やVR地震体験コーナーもありました。

VR.jpg

そして、メインのもちつきはと言いますと、とても本格的
便利なもちつき機が普及し、なかなかお目にかからなくなってしまったせいろが登場!
私の地元でさえ伝統あるお饅頭屋さんでしか見たことがなかったのですが、まさか東京の路上で見かけることになるとは!
せいろを使って作るもちはおいしいこと間違いなしですね

IMG_3591.JPG

老若男女問わず体験できるもちつきでは、
「よいしょー、よいしょー」と威勢の良い掛け声が響き渡り、
ベテランの方が若者にもちつきのコツを伝授するなど、微笑ましい場面もありました

もちつき.jpg

新富町出身の中央区長もいらしており、東京2020大会後の中央区のビジョンも少しうかがうことができました
もちは、お雑煮、大根おろしもち、きなこもち、あんもちとしてふるまわれており、大勢の方でにぎわいました。

IMG_3616_.jpg

手際よくもちの準備をしてくださった女性の皆さんにも感謝です!

IMG_3618.JPG

そんな中、私はお雑煮をいただいてきました。
出汁が効いており、柚子の香りが良かったです。
また、大きめのもちが2つ入っているのも嬉しいポイントです

IMG_3612.JPG

その他、大人にはお酒「新富座」もふるまわれていました
現在京橋税務署が工事中のため、新富座跡の案内板を見ることはできませんが、
新富座(明治5年に浅草猿若町から移転。当時はまだ守田座と呼ばれていました)はガス灯を使用することで文明開化の象徴ともてはやされ、
九代目市川團十郎新史劇(活歴)に取り組み演劇界の発展に貢献したという
中央区の演劇を語るうえで欠かせない劇場なのです

IMG_3593.JPG

特派員を始めて早9ヶ月...
そんな私が今年発見した中央区の魅力の1つにコミュニティの絆があります
「東京の人はご近所付き合いがなく冷たい」というイメージをもって上京した私には、
驚くべき嬉しい発見となりました
来年も地域のイベントに参加し、中央区の良さに触れていきたいと思います。

※本イベントにつきましては、町会の方からご紹介の許可をいただいております。

 

 

日本茶の魅力再発見!@第72回全国お茶まつり(3)

[Hanes] 2018年12月25日 14:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
今回は、第72回全国お茶まつりレポート最終回になります。

■(株)吉村
こちらのブースでは、抹茶もしくは煎茶を、HOT、COOL、常温の異なる温度で飲み比べをすることができました
私は普段あまり飲まない抹茶をチョイス!個人的にはHOTが一番美味しく感じました。

IMG_3577_.jpg

アンケートに回答し、最も美味しいと感じた温度に投票すると、
ハート型ティーバッグのお茶(写真左)がいただけました

IMG_3578.JPG

■愛知県園芸農産課(西尾茶協同組合)
こちらではなんと臼挽き体験ができ、抹茶を作ることができました
1秒に1回転のペースで石臼を反時計回りに回すと、隙間からわずかながら抹茶が出てきたではありませんか!
少量ですが、自分で挽いた抹茶(上の写真右)をいただけたのは嬉しかったです

IMG_3567.JPG

■静岡県茶商工業協同組合
「静岡茶BAR」の文字がひときわ目を引くこちらのブースおよび隣接テーブルでは、
17種類の静岡県内有名茶産地のお茶の中から1種類を選び、美味しいお茶の淹れ方を学び、味わうことができました。

IMG_3563_.jpg

IMG_3570.JPG

私は、「東海道ど真ん中」の宿場で、歌川広重の浮世絵に「出茶屋」が描かれている袋井のお茶を選びました。
(東海道、歌川広重...ここにも中央区との繋がりが!)
東海道を歩いた旅人が一服した袋井のお茶...なんて言われると、気になりませんか

見た目は「青みのある澄んだ緑色で、その瑞々しさはまるで特産品のメロンを思わせるかのよう」と言われるこちらのお茶...
少々濃いめ(3g)に入れた自分のお茶を見て、納得。

DSC_3314.JPG

同席したお茶の先生とお茶が好きな親子とそれぞれが選んだお茶について話しながら、
かりんとうと洋菓子をいただきました。
お茶は2杯淹れることができ、1杯目と2杯目で渋み等が変わるので、
2杯とも新鮮な気持ちで楽しみました。

その後アンケートに答え、こちらの冷茶をいただきました
スタイリッシュな容器なので、生け花と一緒に撮影するとインスタ映えしますね

DSC_3317.JPG

帰りに会場の出入口付近でアンケートに答え、好みのお茶を2種類いただきました。
無料とは思えないくらい満足度の高いイベントで、日本茶の魅力を見直すよいきっかけになりました

IMG_3581.JPG

この機会を逃してしまったという方でも、中央区にある各県のアンテナショップでは、
各地の様々なお茶を購入することができます

DSC_3311.JPG

この冬は温かい日本茶を飲んで、その良さを再発見してみてはいかがでしょうか?

※本イベントについて、公益社団法人日本茶業中央会のご担当者様よりご紹介の許可をいただいております。

 

 

MIZUHO展〔ギャラリー銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年12月25日 09:00

静岡県在住の高木瑞穂さんによる、東京での初個展MIZUHO展」です

mizuh201801.JPG

場所は、銀座2−13−12、ギャラリー銀座2階のギャラリーです

mizuh201802.JPG

期間は、12月20日)から24日)までです。

mizuh201803.JPG

時間は、午後1時から午後7時までです。

最終日24日は、午後4時までとなりますので、ご注意を

mizuh201804.JPG

明るい色の多い、躍動感のある作品が展示されています

mizuh201805.JPG

アクリル絵の具で描かれたという作品は、何度も重ねて上から描かれることで、奥行きのある、立体的な作品になっています

mizuh201806.JPG

作品の下に付けられた漢字4文字の題名も印象的です

mizuh201809.JPG

作者ご自身のエナジーを感じさせてくれるような作品です

mizuh201807.JPG

クリスマス前の週末、銀座にお越しの折には、是非、立ち寄って作品を直にご覧になってください

mizuh201808.JPG

ギャラリー内での写真撮影につきましては、高木さんにご了解をいただき、展示されている作品の制作方法等の説明もしていただきました

ありがとうございます

ギャラリー銀座のHPはこちら ⇒

https://www.gallery-ginza.com/

芸術芸術芸術