中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


文久創業!日本橋清寿軒で年に一度の栗蒸しようかん

[柴犬] 2018年10月13日 18:00


日本橋堀留町にある老舗の和菓子屋・清寿軒。創業はなんと文久元年、高杉晋作や坂本龍馬が走り回った幕末真っ只中です!


69E2BA47-9F48-48A1-A23F-4FA7DE83ED0D.jpg



どら焼きや栗まんじゅうが大人気。取引先への手土産として購入するために、スーツ姿の行列ができているのも毎朝の光景です。どんな風に美味しいか?といえば、皆さんが思い浮かべる「最高に美味しいどら焼きの味」で合っていると思います!



そんな清寿軒さんが年に一度、体育の日前後に販売するのが


78A61782-E9F4-4DCA-BB6E-154767390349.jpg


栗蒸しようかんです。



年の一度の理由は、全ての工程を二人の職人さんが手作りで行うため、完全予約で少量しか作ることができないからです。予約は9月ごろから始まっています。


そしてその栗蒸しようかんがこちら!



9AF8488B-0775-43E1-B83E-0F5DE5F08355.jpgこの栗の存在感です。



65A6CE31-4FAF-49EA-AEE1-154727078F3D.jpg



あんの密度は濃いのに食べ口はさらりとしていて、栗はふわふわです。


柔らかいため、丁寧に扱わないと形が崩れてしまいます。


これが「栗蒸しようかん」なのだなあ...と無言で食べ進めてしまいます。甘いものがお好きな方なら、是非とも食べて頂きたい...!!ゆっくりとお茶を飲みながら、来たる秋に想いを馳せる時間を持てます。


「日本橋和菓子屋 清寿軒」のHPはこちら


■年に一度の「栗蒸しようかん」についてはこちら




そして掘留町界隈では、まもなく「日本橋恵比寿講べったら市」が開催されます。


A0FDEB1E-6D7C-442C-BA5C-33A1EA32BCE6.jpg現在、準備中。


10月19日・20日の二日間です。べったら漬けに興味がない方でも大変楽しめる賑やかな街中のお祭りです。縦横に走る細い路地をうまく利用して、日が落ちていくとともに不思議な光景を生み出します。



P1010364.jpg



P1010291.jpg



P1010317.jpg



P1010327.jpg


秋の中央区はお祭りやイベントが目白押しです。


どうぞ遊びにいらして下さい。




 

 

「おもてなしフェア」始まってます!〔日本橋北詰商店会〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年10月13日 12:00

第66回「中央区観光商業まつり」が10月1日)からスタートしていますが、その一環として、日本橋北詰商店会主催で行われる「おもてなしフェア 日本橋北詰2018」も、同時に始まっています

omotena002.jpg

日本橋北詰商店会の「おもてなしフェア」は、昨年までの「福徳まつり」という名称を一新し、よりパワーアップされたものになっています

日本橋北詰商店会事務局で、「タロー書房」の永藤さんに、「フェア」の見どころ参加しどころ)をうかがいました

omotena003.jpg

昨年との大きな違いは、「福徳くじ」が、当日10月28日)、日本橋の抽選会場に行かなくても、参加できるようになったこと

omotena007.JPG

福徳くじ引換券」を、郵送あるいは、山本海苔店または日本橋案内所に設置された専用BOX投函すれば、それでOK

135名様様々な商店会のお店のお食事券が当たります

一方、当日抽選会場に来られた方には、昨年よりも豪華になった賞品156名様に当たります

omotena201899.jpg

賞品は、すべてこの商店会に加盟しているお店のものですから、文句なく当たってうれしいものばかり

しかも、昨年同様、特別賞の「マンダリンデラックスルーム ペア宿泊券 朝食付き」(10万円相当)に加えて、今年新たに、「三越劇場新派公演ペア観劇券」や「V2リーグ開幕戦アリーナ席チケット」も加わって、総額100万円相当が当たります

omotena004.JPG

くじ引換券配布期間は、10月1日)~10月28日)。

omotena201855.jpg

omotena201844.jpg

日本橋北詰商店会対象店舗60店舗)で、1000円以上お買い物をすると、下の写真引換券1枚もらえます

omotena006.JPG

なお、各店に配布された引換券無くなり次第配布は終了しますのでご注意を

omotena005.JPG

おもてなしフェア 日本橋北詰2018」に参加して、豪華賞品をゲットしましょう

昨年10月に開催された福徳まつりを紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/10/post-4665.html

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/10/post-4687.html

日本橋北詰商店会 店舗紹介のHPはこちら ⇒

https://nihombashi-tokyo.com/jp/shop/shop-category/kitazume

 

 

国際交流サロン・第26回中央区国際交流のつどい ~中央区文化・国際交流振興協会~

[rosemary sea] 2018年10月12日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をアップスケールに取材します、rosemary sea です。

  

IMG_20181003_125354a.jpg中央区文化・国際交流振興協会さん(Chuo Cultural and International Exchange Association  =  CCIEA)、半年ぶりにご紹介させていただきます。

中央区文化・国際交流振興協会さんは平成3年の設立以来、ボランティアの皆様との協働により、中央区の文化芸術に親しむ文化イベントや日本語教室、国際交流サロンなどの国際交流イベントを開催されています。

今回のご紹介は、

10月27日(土)開催国際交流サロンいろいろな味のやきそばを作って交流しよう!

と、

11月17日(土)開催の「第26回中央区国際交流のつどい」です。

 


IMG_20181003_131003ab.jpg中央区文化・国際交流振興協会 林真由美さんにお世話になりました。

画像の一番左にいらっしゃいます。

それではそれぞれのイベント内容、ご説明させていただきます。

 画像は全てクリック拡大してご覧いただけます。

10月サロン(日本語).jpg

国際交流サロン ( International Exchange Salon)

いろいろな味のやきそばを作って交流しよう!

(Let's enjoy YAKISOBA fried noodle cooking!!)

日時 10月27日(土曜日) 12:30~15:00

場所 築地4-15-1 築地社会教育会館 4階 料理教室

参加費無料、要予約です。

外国の方、日本の方、皆様が楽しく交流できる場、それが「国際交流サロン」です。

ほとんど毎月1回開催されておりますが、11月は開催されません。10月の次は12月開催です。

詳細は文末のホームページをご覧ください。

10月サロン(英語).jpg

なお、今回このイベントにつきましては日本人の方の申込は締切となりました。

お知り合いの外国の方、ご紹介くださると幸いです。

つどい(表).jpg

第26回中央区国際交流のつどい

(26th Chuo City International Exchange Party)

日時 11月17日(土曜日) 12:00~16:00

場所 築地4-15-1 築地社会教育会館

年1回の開催で、一昨年も昨年もご紹介させていただきました。

こちらで行われる、国際交流の最も大きいイベントです。

日本と外国の文化が体験できます。

つどい(裏).jpg

着物やサリーの着付け、生け花、呈茶・茶道、折り紙、風呂敷、長唄三味線、和太鼓などが体験できます。

また、ティールーム・料理教室では今年はスリランカカレーとミルクティー、日本の料理が提供されます。

踊りコーナーでは盆踊り、フォークダンス、サルサがレクチャーされます。

展示として " スリランカの紹介(独立70周年記念)" が、ロビーでのご紹介では " 日本の遊び・海外の遊び " が、皆様をお待ち申し上げております。

 

こちらのイベントは中央区在住・在勤以外にどなたでも参加できます。

しかも入場無料です。お気軽にご参加ください。

詳しくは文末のホームページをご覧ください。

 

・・・それから、この「中央区国際交流のつどい」ではボランティアを若干募集しております。

こちらを含め、ボランティア活動を希望される方、ぜひお問い合わせください。

 

IMG_20181007_193824 (2)a.jpg<お知らせ>

中央区と中央区文化・国際交流振興協会共催の「第11回中央区まるごとミュージアム2018」が11月4日(日)に開催されます。

この日中央区はまち全体がまさに「ミュージアム」です。

ぜひとも当日は区内で配布されるパンフレットを手に、文化イベントや文化施設等を回遊しながら、中央区の魅力に触れてください。

中央区まるごとミュージアム2018のサイトはこちらです。

⇒  http://www.marugoto-chuo.jp/

また、事前申込の必要なイベントもございます。「まるごとミュージアム 事前募集イベントのご案内」を入手され、所定のお申込をお願いします。

右の画像、青いパンフレットです。

区内施設などで配布中です。区内メトロ駅にも設置しておりますが、不足の場合はご容赦ください。

締切後のものもございますが、まだ間に合う貴重な体験イベントも多くございます。

なお、この日は無料の船とともに、今年も無料巡回バスが運行されます。15分間隔で走ります。

このバスには中央区観光協会特派員によるバスガイドボランティアが同乗し、中央区の見どころなどをご案内します。

ロズマリもバスガイドの1人として、今年もご説明の準備をしているところです。

 バスガイドボランティアが乗車していない場合もございます。ご了承ください。

 バス運行につきましては後日改めましてご紹介させていただきます。

 

IMG_20181003_125259a.jpg

 

中央区文化・国際交流振興協会

新富1-13-24

新富分庁舎内(3階)

03-3297-0251

FAX 03-3297-0253

中央区文化・国際交流振興協会さんのホームページはこちら

⇒ http://www.chuo-ci.jp/

 

 

 

 

アートの秋の本願寺

[下町トム] 2018年10月11日 18:00

秋たけなわとなってきました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

本願寺_20181007(1)_R.jpg   

 「芸術の秋」というだけあって、興味深い美術展があちらこちらで催されていますね。別に美術館でなくても、自ら絵を描いてみたり、写真を撮ってみたり、何かしら絵心が刺激される季節なのかもしれません。

  

 

 

国際交流ブースでは、各国の特産品や料理が販売され、交流の輪がひろがりました。また、境内に設けられた長いテントの下では、子どもたちが共同作業で絵を描くという「アートコラボレーション」が催されました。こどもたちの自由で夢のある発想が絵になって、未来への期待が募りました。

 

本願寺_20181007(4)_R.jpg 本願寺パンフ002061.jpg

 

このアート企画を指導してくださった松井守男画伯は築地本願寺の風景がとても気にって幾枚もの絵が描かれています。

 

 本願寺パンフ003062 (2).jpg

 

本願寺本堂の1階、2階では、10月21日(日)まで「松井守男特別展覧会」が催されていますので、本願寺参詣の折や、築地ショッピングの帰り道にでも是非立ち寄って見られることをおすすめします。

 

この季節、芸術気分をたっぷり味わいましょう。

 

 

 

 

 

第13回中央区内アンテナショップスタンプラリー 10月23日まで

[銀造] 2018年10月11日 14:00

 第13回中央区内アンテナショップスタンプラリーが10月4日から始まりました。 スタンプラリーの台紙は、各アンテナショップで入手できます。今年の各県の参加店は25店舗です。

全25店舗のなかから、異なる17店舗分のスタンプが集まったら、この冊子にとじ込みの葉書でご応募できます。全25店舗のスタンプを集めた方は、Wチャンス  全店の提供賞品詰め合わせ「コンプリート賞」に自動的にエントリーされるそうです。

 スタンプラリーのアンテナショップガイドに記された説明を読み、「クーポン券のご利用について」、「クーポン特典」を最大限利用しましょう。

「先着200名様に、・・・」というのは開催期間中、なるべく早く行かないと貰えませんね。「毎日先着20名様に・・・」お店の開店早々の時間に必着ですね。 今日は、昼からのスタートだったので、「先着200名様に、・・・」というお店とその周辺のお店を訪問しました。

「お買い物代金から5%割引」というお店は大変ありがたいですね。 慌てずに、期間内に利用させて頂きましょう。

今回は、各県のスイーツ探訪ということも考えています。

例えば、今日訪れたお店の一つ、「食の國 福井館」では、羽二重餅が人気とのことで、購入しました。

DSCN2170 (400x300).jpg

 

今年のアンテナショップスタンプラリーの最終日は10月23日(火)です。 どうぞ、お楽しみ下さい。

応募締切は、10月28日(日)備え付けのBOXへの応募は、当日中、郵便の場合は、当日の消印有効です。

 

 

フランク・トランキナ個展〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年10月10日 14:00

銀座2丁目、銀座大塚ビル地下1階にある「メグミオギタギャラリー」で、10月5日)から10月27日)まで、フランク・トランキナ個展Every Story Tells a Picture」が開催されています

trank201801.JPG

開廊時間は、11時から19時です。

祝日はお休みです。

trank201802.JPG

フランク・トランキナ氏は、シカゴを拠点に活躍されている画家で、今回は彼の新作絵画展になります

trank201803.JPG

メグミオギタギャラリーでは、グループ展トイ・ショー」(2010年)、「マリンコング」(2012年)に参加された他、2015年には初個展RUCKUS)」が開催され、今展が2回目個展となるそうです

trank201804.JPG

展示されている作品は、すべて彼が集めたおもちゃを描いたものなのですが、おもちゃに役割を与えてドラマ性をもたせたような作品や、静物画のようにおもちゃを配置したものや、作品ごとに感じ方が違っていて、見ていて飽きません

trank201805.JPG

(作品(右)と制作のためのセット(左))

おもちゃだからこそ、さらに空想が広がるような気がします

trank201806.JPG

そのおもちゃも、"高級"なおもちゃではなく、いわゆる食玩のようなジャンク・トイで、それが一層、ストーリーのにあるものや因縁めいたものを感じさせてくれるように思いました

trank201807.JPG

(作品(右)と制作のためのセット(左))

本当に、見ていて飽きない、ずっと見ていられる作品群です

trank201815.JPG

作品の横には、その作品を制作するために作者が配置したおもちゃのセットの写真も展示されていて、このセットで作者はこの作品を作ったのかということがわかり、興味深かったです

trank201808.JPG

なお、ギャラリー内のプロジェクトルームでは、10月5日)から10月20日)まで、こちらのギャラリーではおなじみの、中村ケンゴさん土屋仁応つちやよしまささんの作品も展示されています

trank201809.JPG

中村さんは、Eメールの顔文字ワンルームマンションの間取り図マンガの吹き出しキャラクターのシルエットなど、現代社会を表象するものをモチーフとして作品を発表されています

trank201810.JPG

土屋さんは、白く神々しい動物幻獣を生み出す木彫作家

trank201814.JPG

仏像彫刻の技法を用いて作り出された幻獣動物は、まるで生きているようで、静かに佇んでいたり、すやすやと眠っています

trank201813.JPG

今回は、このプロジェクトルームに「LAMMFROMMラムフロム)」と土屋さんコラボレーショングッズ子猫のぬいぐるみも展示されています

trank201812.JPG

こちらも併せて、ご覧下さい

trank201811.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影についてはご了解をいただき、今回も、作者および作品についての懇切丁寧な説明をしていただきました

ありがとうございます

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

2015年、同ギャラリーでの中村ケンゴ個展を紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2015/04/post-2390.html

2016年、同ギャラリーでの土屋仁応個展を紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/11/post-3822.html

芸術芸術芸術

 

 
<<前のページへ 1234567891011