中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


獅子舞「ひょっとこ」連 月島「ときのや」で新年を祝いました。

[kimitaku] 2019年1月28日 18:00

 正月 新春を祝って 獅子がお店の中を舞い踊りました。

ひょっとこ連社中 

kimitaku5_20190128.jpg

 

 獅子は増田さん。笛は私(kimitaku)の二人のコンビです。

 二人で演じる獅子舞は 

  月島 酒Bar「ときのや」のお客様を熱狂の渦に。  

  木枯らしの冬を吹き飛ばすように気合を入れて。 

kinitaku2_20190128.jpgkinitaku1_20190128.jpg

 

演目は 「屋台」「早鎌倉」「四丁目」「子守歌」で居眠りを。

そして目を覚ました獅子は 「四丁目」から「屋台」で

「迎春おめでとうございます」のメッセージをくわえて最高潮に。

そしてお客様のところへ。福の神をさずけにまわりました。

皆さん 今年も良い年でありますように。

kimitaku4_20190128.jpg

  

kimitaku3_20190128.jpg

 

::::獅子舞は毎年正月5日過ぎ お店の仕事始めの日に行われます。:::

みなさん どうぞお越しください。

月島「ときのや」へは 大江戸線「月島」駅から徒歩七分。

月島社会教育会館を左折してすぐのところにあります。

住所中央区月島4-3-5 野村ビル一階 

℡03-6225-0013です。

kimitaku6_20190128.jpg

 

 

 

暮らしの中の二十四節気七十二候〔環境情報センター〕

[ジミニー☆クリケット] 2019年1月28日 09:00

247201.JPG

京橋3丁目にある東京スクエアガーデン6階京橋環境ステーション内の環境情報センター 展示スペースで、現在、「暮らしの中の二十四節気七十二候展」が開催されています

247203.JPG

期間は、昨年の12月19日)から1月30日)までです。

時間は、9時から21時までです。

247208.JPG

二十四節気とは、1年を太陽の動きに合わせて 24に分けた昔の分類で、「立春」、「啓蟄」、「秋分」、「冬至」などがそうです

247210.JPG

七十二候とは、二十四節気をさらに約5日ずつ3つに分けた期間のことで、「立春」であれば、「初候」が「東風解凍こちこおりをとく)」、「次候」が「黄鶯睍睆うぐいすなく)」、「末候」が「魚上氷うおこおりをいずる)」となっています。それぞれの意味は、「東風が厚い氷を解かし始める」、「鶯が山里で鳴き始める」、「割れた氷の間から魚が飛び出る」です

247206.JPG

この「二十四節気七十二候展」を見ると、私たちの先祖が、季節の変化うまく日々の暮らしに取り入れてきたんだなあということを強く感じます

247207.JPG

日本人の知恵が、写真イラストでわかりやすく紹介され、スペース内にパネルで展示されています

247209.JPG

展示の中はクイズもあって、考えて楽しめる内容にもなっています

247205.JPG

なお、スペース内での写真撮影については、今回もご了解をいただきました

ありがとうございます

環境情報センターのHPはこちら⇒

https://eic-chuo.jp/event/

 

 

「歌舞伎役者の原石」に出会えるかもー「こども歌舞伎スクール寺子屋」初成果披露公演―稽古場より Part2

[滅紫] 2019年1月27日 14:00

flyer_omote[1].jpg flyer_ura[1].jpg

2回目の今日は中学部門「木挽町わかば座」の稽古風景をご紹介しましょう。

(前回の記事はこちら⇒http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2019/01/part.html

 

小学生6年生までに「寺子屋」の「梅」「竹」「松」コースを修了し、中学部門に進んでいる生徒さんたち、この時期成長も早いので小学生クラスとは全く顔つきから違います。演し物は女子の「藤娘」男子の「寿曽我対面」です。

 

fuji2[1].jpg

fujia[1].png fujib[1].png

「藤娘」は何と一曲を四人で踊るとのこと。昨年12月に梅枝・児太郎の「二人藤娘」を見たばかりですがいろいろなバージョンが作れるのですね。「気を抜かないで」「最後まで藤娘のつもりで」「扇はふわーと」と先生方のご指導も熱が入ります。

 

「寿曽我対面」は男子ばかり7名。東京で上演されることが多い型と関西で上演されることの多い型、2つの型での上演で配役も交替します。

taimen[1].jpg taimen_(2)[1].jpg

 

ご指導の講師が稽古場に入ると部屋の空気が一瞬にしてピーンと引き締まります。私も思わず姿勢を正しました。工藤祐経役の「今日ッタ祐経が、一﨟職をたまわって...」とよく通る声で稽古が始まるとお二人の講師は大忙し。「台詞のテンポに気を付けて」「誰に向かって言っている台詞か考えて」などきめ細かい注意が飛びます。煙管の持ち方、刀の拝見の作法などなど。熱のこもった真剣なご指導です。ご存知のように荒事の五郎、和事の十郎、道化役の朝比奈に大磯の虎と女形の役まである「歌舞伎の役柄大集合」のお芝居ですが、「変声期なのでは?」などと余計な心配をしたのが無駄な、まるで違和感のない出来栄えです。

 

ご指導の講師の方やスタッフの方は入校時からのご担当も多いようで「正座も出来なかったあの子が・・」などと幼い頃から知る生徒さんたちの確かな成長を実感しているご様子。歌舞伎の楽しさを自ら学んできた生徒さんたちによる公演ですので、観客の皆様も「歌舞伎、たのしい!」を体感できる舞台となる事、保証付きです。ご家族で是非お出かけください。熱の入ったお稽古がまだまだ続きます。当日の舞台が本当に楽しみです。

 

「木挽町わかば座」公演は

3月24日(日)12:30開演/15:00時開演の2回です。

場所:歌舞伎座ギャラリー・木挽町ホール 歌舞伎座タワー5階

料金:1500円 全席自由席

お申込:平成31年1月31日正午よりチケットWEB松竹 (注意;チケットホン松竹での販売はありません)

詳細はhttps://www.shochiku.co.jp/terakoya/news/stage/index.html

 

 

 

「歌舞伎界の原石」に出会えるかもー「こども歌舞伎スクール寺子屋初成果披露公演」―稽古場より Part1

[滅紫] 2019年1月26日 14:00

flyer_omote[1].jpg flyer_ura[1].jpg

「この役者さん成果披露公演から見ているのよ」と10年後、20年後にちょっと自慢してみたくありませんか?

 

歌舞伎座で稽古を続けている「こども歌舞伎スクール寺子屋」の生徒たちの初の成果披露公演が3月10日(松コース生徒)、24日(中学部門)に開催されます。今回そのお稽古を取材させていただきました。初の披露公演に向けて熱のこもった稽古風景を2回に分けてご紹介します。

 

「先代萩」の千松・鶴千代、「実盛物語」の太郎吉、「重の井子別れ」の三吉、そしてこのスクール名にもなっている「寺子屋」など歌舞伎には子役が重要な役割を果たす狂言・舞踊がたくさんあります。この子役で出演している子供たち、どんなお子さんたちかご存知ですか?ご担当の方に伺うと、「俳優の親類や部屋子だけではなく、こども歌舞伎スクール寺子屋の生徒や児童劇団所属の方、その他ご紹介の方等」だそうです。

 

「こども歌舞伎スクール寺子屋」は2014年に開校、和の行儀作法、歌舞伎独特の発声、所作、演技など歌舞伎子役に必要な技術を中心に基礎から教えています。募集は4歳から6歳までの「柿組」、小学1-4年生までの「萌葱組」で各約10名の「梅コース」。狭き門です。希望者は「竹コース」、「松コース」と進んで行き更に中学部門で本格的に学ぶこともできます。

 

1回目にご紹介するのは3月10日上演のー贋作桃太郎「百桃かたり」(ももももかたり)、演ずるのは小学2年生から5年生までの松コースのお子さんたちです。桃太郎が鬼を退治したあとのお話でこの披露公演のために新しく作られたオリジナル舞踊劇です。脚本が戸部和久、演出・振付・藤間勘十郎、作曲・杵屋巳太郎、作調・田中傳左衛門等という豪華版、何とも贅沢な披露公演です。

momomomo[1].jpg momomomo_(2)[1].jpg

お稽古場に伺うとお子さんたち、見学の私にまでお扇子を前にきちんと正座でご挨拶!恐縮してしまいました。お稽古が始まりました。「また我こそは、桃太郎の忠臣たる毛並み揃いし犬の魁、奴の四郎平」「わん(腕)白盛りの犬の四郎平 自慢のわん(腕)力...」など遊び心たっぷりのセリフ・詞章に思わず、ふふふ。「奴」の発声を講師の指導に合わせて何度も練習。長いセリフも淀みなく、立ち廻りや見得もぴたりと決まり、堂に入ったものです。「明日でも本番OK」なくらい上手い!「松コース」の生徒の内、オーディションを受けて選ばれたお子さんたちと伺い、納得しました。出演者のなかには、既に本興行の舞台に立っているお子さんも多数いらっしゃるそうです。本番が楽しみです。

 

こども歌舞伎スクール寺子屋初成果披露公演「歌舞伎、たのしい!」

場所:歌舞伎座ギャラリー 木挽町ホール(歌舞伎座タワー5階)

入場料金:1,500円 全席自由席

「贋作桃太郎 百桃かたり」平成31年3月10日(日)12:30/15:00開演

お申込は「チケットWEB松竹」 1月31日12時より受付開始(チケットホン松竹での販売はありません。)

詳細はhttps://www.shochiku.co.jp/terakoya/news/stage/index.html

 

 

江戸太神楽、やげん堀納めの歳の市にて 後編  ~ 江戸太神楽 丸一仙翁社中 ~

[rosemary sea] 2019年1月26日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をアンぺイドワークで取材します、rosemary sea です。

 

去る12月26日(水)から28日(金)の3日間、東日本橋の薬研堀不動院界隈で行われました毎年恒例の「やげん堀納めの歳の市・大出庫市」、ごく当たり前のように多くの人手で賑わいました。

江戸太神楽 丸一仙翁社中(えどだいかぐら まるいちせんおうしゃちゅう)、こちらで公演です。

今回は3部構成の、最終回です。

 

初日の26日は間に大護摩(おおごま)が焚かれるので、13時と17時の2回。

27日と28日は13時・15時・17時の3回公演、1回は45分ほど。

 

初日26日の初回の催しを取材させていただきました。

江戸太神楽 丸一仙翁社中、丸一仙翁・第13代家元にお世話になりました。

以下の『』は家元のお言葉です。

それでは当日の演目のご紹介、後編です。画像は全てクリック拡大できます。

 

『さ、今度はね、花仙(かせん)がちょっと変わったものに挑戦しようと。じゃ、湯呑茶椀、ね、ジャパニーズ ティーカップ、はい、瀬戸物です。落とすと割れます。今日は落として割るところからご覧に入れます。回します、綺麗な音がします。耳をすまして聞いてみてください、お茶椀、さ、行ってみよう、よいしょ!』

IMG_20181226_133025 (2)a.jpg IMG_20181226_133031 (2)a.png

『(チリーンチリーンという音)瀬戸物の回る音が聞こえてまいります。さ、このまま傘を速く回していきます。お茶椀の向きをよーく見ていてください。お茶椀がだんだん(だんだん、と演者の花仙さん)、だんだん(だんだん)、だんだん(よいしょ)起き上がって、いとぎりー。(はい)』

IMG_20181226_133050 (2)a.jpg IMG_20181226_133105 (2)a.jpg

『お茶椀が上向きに回っております。皆様の運勢も上向きー。はい、まだ回っています。お茶椀だけに、ちゃわんと回りました。』

 

IMG_20181226_133126 (2)a.jpg『さあ、最後は四角いものに挑戦です。今日はちっちゃい子いないから大丈夫だね。ちっちゃい子に「なあに?」って聞くとほとんどわかんないんです。わかる子で「まめまくときのはこー」って言うんです。』

『これ、升(ます)と言います。じゃ、大人のかた、わかりますよね、何合升でしょう?何合?そう、聞こえた、五合升(ごんごうます)。豆撒く時の升が一升升(いっしょうます)です。ね。それのちょうど半分です。2つ合わせると、一升になるんですね。・・・四角い升がまあるく回っているように見えますと、皆さんのご家庭が一生益々(いっしょうますます)ご繁昌、ね。(仙虎さんを示して)一番向こうは見ないでください。さ、行ってみよう。せーの、よいしょ!』

 

 

IMG_20181226_133200 (2)a.jpg IMG_20181226_133206 (2)a.jpg

左手前、仙馬(せんま)さん、右奥が先ほどの花仙さんです。

『さ、ご覧のとおり、四角い升がまあるく回っているように見えれば、正面を向いて半分を表に出しますと、淀の川瀬は水車(みずぐるま)-。まだまだ回っています。』

IMG_20181226_133301 (2)a.jpg

『はい、ありがとうございます。・・・今度はバランスをとる曲芸で、水の曲芸、というのをもってきました。この曲芸はこういう場所でしかできないんです。舞台上に水を撒くなんて日本の舞台はどこもやらせてくれません。水で舞台が汚れるとか、掃除するのが大変とかでやらせてくれないんですが、我々しょっちゅう海外へ行ってますけど、海外の舞台はどこもやらせてくれます。この水の曲芸、バランス芸を観ていただきましょう。』

IMG_20181226_133302_1 (2).jpg IMG_20181226_133320 (2)a.jpg

『まずは、長い棒の先、まあるいのついたのを持ち出しまして、これ、我々、「撥(はつ)」って呼んでいます。この上に房のついた板が乗ります。そして板の上にお水の入ったカップが乗ります。うまくバランスをとって親指の上にも乗せます。ほっ、はい乗りました。』

IMG_20181226_133334 (2)a.jpg IMG_20181226_133349 (2)a.jpg IMG_20181226_133357 (2)a.jpg

IMG_20181226_133402 (2)a.jpg IMG_20181226_133405 (2)a.jpg IMG_20181226_133419 (2)a.jpg

『このまま口元にもっていきます。手許から細ーい糸を持ち出します。この糸の上に建物全体がうまく乗ります。ほっ、はい乗りました。はい、少~し揺れます。沖の大船(たいせん)船(ふな)ゆすりー。』

『更に右と左に糸を引っ張りますと、こんな芸ができます。回りながら左手に、ぴんからキリは回し灯篭(まわしどうろう)。はい、終点、よいしょ、よかった。・・・』

IMG_20181226_133424 (2)a.jpg IMG_20181226_133454 (2)a.jpg IMG_20181226_133516 (2)a.jpg

『今度はあの上にごはんを食べる時のお茶椀が乗ります。そしてお茶椀の中に、このコップの水が入ります。そうするとどんな芸ができるか観てあげてください。お茶椀が乗りました。コップの水を入れます。すごいね、全部入れたね。(おかわりー)おかわりですか。さ、手許から細い竹の楊枝(ようじ)を持ち出しました。これを口にくわえます。楊枝の突端に建物が乗ります。』

IMG_20181226_133527 (2)a.jpg IMG_20181226_133528_1 (2)a.jpg

『うまく乗りましたらお茶椀の方にご注目いただきましょう。小野小町はいろいろあれー。はい、ご覧のとおり、綺麗に水が散っております。まだまだ、まだまだ、はい、よいしょ。』

IMG_20181226_133648 (2)a.jpg IMG_20181226_133652_2 (2)a.jpg IMG_20181226_133720 (2)a.jpg

『はい、これからお客様の厄を祓いに、獅子さんが頭回ります。噛みに回ります。左の方から。その場にいてください。厄落としです。来年も良い年になりますように、願いを込めて頭を下げていただきたいと思います。はい、ありがとうございます。』

IMG_20181226_133729 (2)a.jpg IMG_20181226_133809 (2)a.jpg IMG_20181226_133811 (2)a.jpg

IMG_20181226_133818_1 (2)a.jpg『はい、ありがとうございました。太神楽、観ていただきました。それでは皆様の来年の運勢もいいようにですね、江戸前に三本締めでお別れしたいと思います。ご唱和ください、いきましょう、いよーお、ちょちょちょん、はい、ちょちょちょん、もひとつ、ちょちょちょん、ちょん。・・・はい、ありがとうございました。』

IMG_20181226_133832 (2)a.jpg IMG_20181226_133839 (2)a.jpg

『良いお年をお迎えください。そしてお店がたくさん出ております。買い物して帰っていただきます。今日から歳の市が始まりまして、あさって28日まで毎日このようにやっておりますので。福引もやっております。いいものが当たりますのでね、いっぱい買い物してってください。太神楽、これで終わります。このあとは5時からやります。ありがとうございます。』

 

・・・家元、そして丸一仙翁社中の皆さん、素晴らしい芸を観せていただきありがとうございました。

 

大本山川崎大師東京別院 薬研堀不動院

東日本橋2-6-8

都営浅草線 東日本橋駅 B3・B4出口 徒歩3分

 

江戸太神楽 丸一仙翁社中

ホームページはこちら

⇒ http://edo-daikagura.com/japanese/

 

 

「明治・大正・昭和を生きる」写真展〔ノエビア銀座ギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2019年1月23日 12:00

mts201901.JPG

いよいよ平成最後の年が明け、今年の5月には、新しい元号での元年がスタートするというタイミングに相応しい写真企画展が開催されています

mts201902.JPG

銀座7丁目、並木通りに面して建つノエビア銀座ビル1階にあるノエビア銀座ギャラリーで、笹本恒子・田沼武能写真展明治・大正・昭和を生きる」が開催されています

mts201903.JPG

期間は、1月15日)から3月22日)までです。

開催時間は、午前10時から午後6時までですが、祝日午後5時までとなります。

mts201904.JPG

お二人の写真家による写真展ですが、笹本恒子さん当ギャラリーでの写真展は初めてですが、田沼武能さんについてはこれまでに何度か展示がされているそうです

mts201905.JPG

笹本さん日本初の女性報道写真家田沼さん日本写真家協会会長(1995~2015年)も務めた方で、お二人とも、時代を刻んだ諸家の肖像を多数撮影してされています

mts201906.JPG

杉村春子女優

今回、このお二人が選ばれた理由としては、お二人とも、カメラを通して、時代の証人として、多数の文化人を撮られていることに加えて、ご両名とも、ご高齢ながらご存命で、現役でいらっしゃるからだそうです

mts201907.JPG

熊谷守一画家

この写真展自体の狙いとしては、平成最後の年の初めに、明治・大正・昭和の文化人22名の肖像を通して、それらの時代を振り返るということにあるそうです

mts201908.JPG

作品に被写体として登場するのは、棟方志功板画家淡谷のり子歌手を始め、滝澤修俳優)、メイ牛山美容家)、柳田國男民俗学者)、沢村貞子女優)等、まさにそれぞれの分野で一時代を生き、一時代を作られた方々ばかりです

mts201909.JPG

まさにこの時期、明治・大正・昭和に思いを致すに相応しい企画展です

是非、会場にお越しください

mts201910.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影については、ご了解をいただき、今回の写真展開催の主旨等についても、ご説明をいただきました

ありがとうございます

ノエビア銀座ギャラリーのHPはこちら ⇒

https://gallery.noevir.jp/

 

 
<<前のページへ 1234567891011