中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


AKB新聞〔日刊スポーツ新聞社〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年12月 5日 14:00

スポーツ新聞日刊スポーツ」を発行する新聞社、株式会社日刊スポーツ新聞社本社は、中央区にあります

akb011.JPG

築地3丁目の本社の前はよく通るのですが、入り口のところに貼ってあった「AKB新聞」に目が止まりました

akb014.JPG

調べてみると、「月刊AKB48グループ新聞」は、2011年に創刊されており、毎月第3金曜日に発行だそうです

akb012.JPG

創刊号の発行部数は35万部だったそうです

akb013.JPG

関連グループの情報が掲載されているページは、それぞれのグループの名称をとって、「SKE48新聞」、「NMB48新聞」、「HKT48新聞」、「NGT48新聞」、「乃木坂46新聞」、「欅坂46新聞」等と表示されているらしいです

現物を確認しておらず、伝聞情報ですみません

日刊スポーツ新聞社のHPはこちら ⇒

http://www.nikkansports.com/company/company-tokyo.html

 

 

中央区リサイクルハウス『かざぐるま』

[王冠とあざみ] 2016年12月 1日 14:00

中央区リサイクルハウス『かざぐるま』は、区の環境推進課環境活動係に位置し、

 

①資源の回収

牛乳パック、食品用発泡スチロールトレイ、乾電池、布類、インクカートリッジの回収等

 

②リサイクルコーナーの運営

家庭で不要になった衣類・雑貨・食器等の委託品を、希望者へ有償または無償で提供

 

③不用品交換情報の掲示

かざぐるまで展示できない、大型家具や高額品を「譲りたい方」「譲ってほしい方」へ情報掲示

といった、資源のリサイクルが主体の店舗型事業です。

 

 

メインは②の不用品の売買。

つまり、街場でいうところの、リサイクル・ショップ、古着屋さんの機能があること。

下限は¥50~どんなに価値があるものでも最高上限¥3,000までの販売。

それよりも高い価格のものはないのです。

 

この『かざぐるま』。明石町と箱崎にあるのですが、嬉しいことに、わたしは、住まいからも、勤務する会社からも、それぞれ徒歩5分の距離にあるので、どちらも週1回の頻度で覗いておりまして、それはそれは信じられないほど想いがけない、素敵なアイテムをゲットしているのです。

 

『かざぐるま』の近隣には聖路加レジデンスやTキャットなどがあり、中央区ならではの、超・高所得の方が住んでいることが容易く想像され、それが影響してるのかどうか、検証のしようもないのですが、古着の玉石混交の中には、時に、世界の一流ブランド、例えば、シャネル、ミッソーニ、アルマーニ、サルヴァトーレ、グッチ、フェンディなどもあったりして。他には、銀座老舗の洋装店でお誂えしたと想われる特注品から、昭和初期頃に、洋裁の心得がある方がすべて手仕事で仕上げたドレスやコート、さらには一点ものの輸入小物まで、どんなに高価でも¥3,000を超えることは無いのですよ! サイズとテイストが自分の好みにぴったり合えば、ゼロの桁が2桁ぐらい違うはずのお品が、夢のような嘘のような価格でお買い物出来ちゃうのです。

 

洋服だけではありません。

小物やアクセサリー、食器まで、しっかりチェックしましょう。

 

足繁く通ったこの5年で、いまや、自分の所有物の6割~7割は『かざぐるま』で入手した物になりました。もはや、お着物や靴以外、デパートやブティックでプロパーの買い物をすることはありません。

 

また、東日本大震災の時には、わたしの実家が南三陸町という、甚大な津波被害に遭ったところだったため、着の身着のまま、高等学校へ避難した家族はじめ、なるべく多くの方に行き渡るよう、老若男女向け問わず、温かさ重視の衣料を、『かざぐるま』の安価に感謝し、手当たり次第に買い求め、幾つものダンボールで送ったものでした。

 

そのダンボールが避難所で開かれる瞬間にも立ち会ったのですが、避難生活が長引き、疲労困憊だった方々の目に光が宿り、素直に『装う喜び』を味わっていただけ、ささやなながら、力添えになったように感じました。

 

さて、わたくしも50歳を過ぎて、物を入手するだけではなく、やはり『断捨離』に目覚めたのですが、ここでも『かざぐるま』のシステムが手助けになっています。不用品の無償コーナー=タダで持って帰ってOKコーナーがあるので、自分には必要無いけれども、ゴミとして処分してしまうには偲びない物は、必要書類に明記し、無償で提供しちゃいます。

 

このように多様に利用価値のある『かざぐるま』。一度行っただけでは、なかなかブランドものに出会える確率は低いと想いますが、ご存知なかった方は、この機会に、ぜひ覗いてみてくださいませ。

 

ちなみに、もう、わたし『かざぐるま』が側にないと生きていけないので、中央区以外には住めません。。。

(^_^)

ck1216_20161130 (1).jpg ck1216_20161130 (6).jpg ck1216_20161130 (4).JPG

ck1216_20161130 (2).jpg ck1216_20161130 (3).jpg

ck1216_20161130 (8).jpg ck1216_20161130 (5).JPG

ck1216_20161130 (7).jpg ck1216_20161130 (9).JPG

 

 

インバウンド4000万人時代の御宿かわせみ~オークホステルキャビン@豊海橋~

[之乎者也] 2016年12月 1日 12:00

10月30日、訪日外国人旅行者(インバウンド客)数が2005万人となり(JNTO発表)、初めて2000万人を突破しました。政府では本年3月にインバウンド客数の目標値を倍増し2020年までに4000万人としていますが、中央区内でも外国人の姿を見かけることがごくごく普通のことになりました。一方、上京する地方の友人からは「ホテルが取れない、どうしよう!。。。空室はあるのだけれど高くて会社の規定旅費では泊まれない」などといった悲鳴が聞かれるようになっています。私自身も出張で訪日外国人にも人気の高い関西や北海道へ出かけることも多いのですが、確かに、定宿にしていたホテルの予約が最近取り難くなったと感じます。

 

こうした流れを受けてでしょうか。観光地を中心にゲストハウスといった一部屋にベッドがたくさん設置されている相部屋形式の宿泊施設が最近増えているようです。東京ではどうなのでしょうか?。。。検索してみると浅草、南千住、新宿などといった地域にはたくさんゲストハウスがあるようですが、ビジネス旅客需要の強い中央区には東横インや、スーパーホテル、アパホテルのようなビジネスホテルは多いもののゲストハウスについてはあまり評判を聞いたことがありませんでした。

 

少し前に豊海橋と小説「御宿かわせみ」のお話(「文学で楽しむ中央区(その5)~~御宿かわせみ~~(http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/11/post-3819.html)」)を書きましたが、天気の良い日曜日の朝、豊海橋を渡って日本橋川の北岸の通り(名無し通り)を散歩していると、一見普通のビルなのですが、「HOSTEL」の文字が目に入ります(場所は「日本銀行創業の地の碑」の向かい)。Oak1.jpg階段を登って2階のドアを開けると受付があります。お話を聞いてみるとやはりゲストハウスとのこと。2015年3月開業で、何べんも目の前を通っていたはずなのですが、夜であったことや、外見も普通のオフィスビルのようなつくりだったので気が付きませんでした。中央区観光協会ブログでの紹介はまだ無かったようですので、散歩の途中でしたが取材をさせて頂くことにしました。Oak5.jpg

2階の受付の手前で靴を脱ぎ、傍にある靴ロッカーにしまいます。鍵もかかるので、大きな宿でありがちな靴の取り間違えや紛失も無さそうで安心です。受付の裏側は共有ラウンジになっていて、朝の明るい陽射しが差し込んで気持ち良さそうです。ラウンジには宿泊者が自由に使えるキッチンもあって、夜はさぞ旅の情報交換の飲み会で賑やかなことでしょう!Oak2.jpg5階建のビルの1階、3階、4階が宿泊フロアで、カプセルホテルにあるようなセル(個室)が86室並んでいます。エコノミーな宿なので大浴場はありませんが、5階のシャワールーム(9室)で旅の汗を流すことができます!Oak4.jpgまた、洗濯機・乾燥機(有料)があるほか、タオル、浴衣などのレンタル(有料)もあります。レンタル自転車(1日600円)もあるようですので、泊まっている外人さんには是非とも中央区の名所を訪ねてほしいものです。Oak3.jpg小説の中の御宿かわせみは、主人のるいとかわせみを取り巻く人々の厚い人情で安心して泊まれる宿(やど)でしたが、インバウンド時代のかわせみ「オークホステルキャビン」でも居心地の良い滞在ができそうです。Oak6.jpg

【オークホステルキャビン(Oak Hostel Cabin)】

所在地:〒103‐0015 中央区日本橋箱崎町1-16

電話:03-6264-9452

宿泊料金:¥2,500程度/名~(日により変動)

アクセス:地下鉄茅場町駅、水天宮駅・TCATから各徒歩7分程度。Oak7.jpg

 

 

 

築地本願寺で結婚式

[銀造] 2016年12月 1日 12:00

いつもの様に、築地本願寺へお参りに行ったのですが、月曜日なのに、パイプオルガンの荘厳な音色が聞こえて来ました。

ご本堂に手を合わせようとすると、右手に新郎新婦がお椅子に座っていらっしゃいました。 Wow!

仏前結婚式です。

DSC_3996.JPG

その後、寺院の前での集合写真を遠目から撮影させて頂きました。

DSC_4004.JPG

阿弥陀様のお導きで、愛が実を結んだのでしょう。 ご家族に囲まれて、幸せ一杯に見えました。

お二人が末永く幸せに暮らせるよう、もう一度、ご本堂に向かって手を合わせました。

  追伸:参拝記念に頂いた物に、こう説明がありました。

 仏教賛歌の普及を更に進めるため、1970(昭和45)年、仏教伝道協会からパイプオルガンが寄進されました。

製造はドイツのヴァルカー社で、オルガンのパイプは全部で約2,000本あり、独特の6つの山のデザインは「南・無・阿・弥・陀・仏」を表した築地本願寺オリジナルです。

現在、毎月最終金曜日に開催の(変更の場合あり)、「ランチタイムコンサート」や、「仏前結婚式」等で参拝者へその音色をお届けしています。

 

 

中央区観光情報センター 京橋にオープン20161119

[銀造] 2016年11月23日 18:00

 中央区観光情報センターが、2016年11月19日、東京都中央区京橋二丁目2番1号「京橋エドグラン」内 地下1階及び1階の一部にオープンしました。

 中央通りからなら、11月25日にオープンする、「Toshi Yoroizuka」側を直進すると、1階では、観光地図が、朝9時から21時まで入手出来ます。休憩用の椅子も設置されていて、すごく便利です。

DSC03316.JPG

さて地下に開業した観光情報センターでは、芳町の芸者さんがにこやかに迎えてくれ、ツーショット。 

DSC03303.JPG

 日本橋での楽しい観光に舞や投扇などは如何でしょうか。

こちらのスタッフは、日本語、英語、中国語に堪能です。勿論、中央区だけでなく、都内のクリスマスのイルミネーションなどの情報も詳しかったですよ。皆さん、大変親切でした。

中央区だけに限らず東京都内の観光地図が充実しています。

DSC03311.JPG

インターネットで情報検索も出来ます。

DSC03309.JPG

 中央区に縁のある小品のお土産もお求めになれます。

中央区を、東京をもっと楽しく観光するのに、大変便利になりましたね。 

 

 

【子連れで楽しむ中央区】#13:親子で楽しむ浜離宮

[お染] 2016年11月23日 09:00

11月は天気が良くてお出かけ日和の日が多いですね

先日、我が家のチビさんを連れて、浜離宮恩賜庭園 に行って参りました。

    

区内在住の0歳から中学生までの子どもがいる家庭は、乳幼児医療証または子ども医療証を入園口で提示すると、同伴の大人2名まで入園料がタダになります。

(平成29年3月31日まで)

詳細はこちら→ https://www.city.chuo.lg.jp/kusei/kohokotyo/koho/h28/280501/08_01/index.html

   

   


敷物をひいてのんびりされている方々も多数いらっしゃいました。

小さなお子さん達は芝生の上を走ったり、歩いたり

s35_01.jpg s35_03.jpg s35_02.jpg

紅葉が始まった木々とビルのコラボもなかなか◎

都心にありながら、穏やかな時間と清々しい空気が流れています。

   

    

園の中央付近にある「あずま屋(休憩所)」

お土産やペットボトル、饅頭など売っています。

s35_04.jpg


うちのチビさんが、なぜか異様に気に入った「栗まんじゅう」。

売店で買って、側の休憩所でまったり戴きました。

s35_05.jpg s35_07.jpg s35_06.jpg
「おまんじゅうひとつ、くーだーさーいーナッ」をエンドレスに繰り返す旨さ (^^;)

    

        
園内には数か所、おむつ替えのできるお手洗いがあります☆ とりあえず安心...

また、大手門口には、自転車を止めるところもありました。

s35_08.jpg s35_09.jpg

    

            

そして、ネコ。

ここの主なのでしょうか。。
s35_10.jpg
子供たちに大人気でした。=^^=

    

    

園内は歴史ある建物や景観があり、子供とともに歴史に思いを馳せながら楽しむことができるのはステキなことだなと思います。
小さいうちから自然と歴史に触れることもできますし、そのうち子供自身で歴史にも楽しみを見出すかもしれませんね^^

    

s35_11.jpg
東京湾の海水をひいている「潮入りの池」。

何度か訪れて、潮の干満による変化を楽しんでみたいものです。

     
s35_12.jpg s35_13.jpg
眺めの良い「中島の御茶屋」。

園遊接待のための施設で、6代将軍家宣が建設したものだそうです。

今でも中に自由に入ることができ、外国の方にも人気です。

      

    
お茶といえば、つい先日(11月21日)に園内にある「芳梅亭」で茶の湯体験が行われていました。

次回は平成29年1月23日(月)ですので、申し込みは浜離宮恩賜庭園サービスセンターにお電話を☆

   

外国の方には英語による説明もあるそうです。茶の湯体験の詳細はこちらをご確認ください。
http://www.tokyo-park.or.jp/announcement/028/detail/33460.html

     

s35_14.jpg
浜離宮恩賜庭園は、外国語のパンフレットも充実。

英語のほか、フランス語、中国語、韓国語のものもあります。

      

    

区内在住ではなくとも、入園料は大人300円でたっぷり満喫できます。
今はまさに紅葉の季節。四季の変化や歴史の趣を感じることができ、オススメです。

     

    
◆浜離宮恩賜庭園
住所:中央区浜離宮庭園1-1
   東京メトロ日比谷線、都営浅草線「東銀座駅」から徒歩14分
   都営大江戸線「築地市場駅」から徒歩7分
HP:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index028.html
開園時間:午前9時から午後5時

s35_15.jpg