中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


創業300年!伝統技が光る江戸屋の刷毛・ブラシ

[Hanes] 2018年10月25日 09:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
日本橋恵比寿講べったら市に行った際に、ひときわにぎわっていた享保3年(1718年)創業の老舗江戸屋に立ち寄りました。
こちらのお店では、建物の壁に書いてある通り、刷毛ブラシ等を扱っていますが、
店内に入る前に目を引くのがこの独特な外観!

Edoya2.jpg
 
これは刷毛を表現しており、人造石洗出し仕上げという技法を用いた建築なのです
そういわれてみると、確かに刷毛っぽいですよね。
国登録有形文化財(建造物)に登録されている貴重な建物で、
中央区観光検定の公式テキストにも掲載されています

Edoya4.jpg
 
店内の天井からは、刷毛やブラシが数多くつるされており、
そこからは、現代の便利な技術では真似できなそうな伝統の技が垣間見られました
また、木造建築(大正13年(1924年)に建造)ならではのぬくもりと趣も印象的。
 
Edoya3.jpg
 
洋服用、靴用、お掃除用、化粧用のブラシや歯ブラシ、ヘアーブラシに加え、
書道用の筆や絵画用の筆・ブラシと、商品の種類が豊富です。
贈答品中央区土産としてもちょうどよいのではないでしょうか
 
Edoya6.jpg
 
私は、べったら市の期間中お得になっていたこちらの歯ブラシを家族用に購入
ブラシの部分には、馬毛(やわらかめ、ふつう)と豚毛(かため)、ふつうサイズと大きいサイズがあります。
見慣れた透明や白のブラシと異なるうえ、他でもなかなか見かけることがないので、
ついついどんな磨き心地なのか試してみたくなりませんか?
 
DSC_2838.JPG
 
お店の方曰く、使用しているうちに毛が徐々に短くなってくるそうですが、
3~4ヶ月、長いと半年ももつそうです!
また、「やわらかめ」は歯茎のマッサージにもお使いいただけるんだとか
 
七代将軍家継の時代に将軍家のお抱え刷毛師となった初代利兵衛に始まるこのお店は、今年創業300年
その素晴らしい伝統と技術は、未来に受け継いでいきたい宝物ですね
 
■江戸屋
住所:東京都中央区日本橋大伝馬町2番16号
営業時間:9時~17時
定休日:土日祝
ウェブサイト:http://www.nihonbashi-edoya.co.jp/
 
※本記事は、江戸屋のご担当者様より掲載許可をいただいております。

 

 

大中央区展 京はし満津金 初出店

[東京ダンボ] 2018年10月24日 12:00

「第8回 東京まん真ん中 味と匠の 大中央区展」が日本橋三越本店7階催物会場で開催され、行ってきました。

 

スキャン.jpeg

 

千疋屋総本店、木屋、黒江屋、東京凮月堂、松崎煎餅、つきぢ尾粂、白木屋傳兵衛、人形町今半等々、日本橋、銀座、築地、人形町、京橋の中央区ばかりでなく日本を代表する名だたる名店が大集合。

 

また、イートインでは築地寿司清、銀座ハゲ天本店、東京スタイル鶏ラーメン ど・みそ、ミカド珈琲店の味が楽しめます。

 

今回からは、東京ダンボが趣味の御朱印集めでお世話になっている京はし満津金さんも満を持しての登場です。いつも通り細田社長が洒脱なトークでお客様を迎えてくれます。

 

IMG_4553.JPG

東京ダンボが第9回中央区観光協会検定合格の際にいただいた風呂敷から誂えてもらった御朱印帳が、新商品として今回の大中央区展から販売されています。

 

中央区内の37ケ町の名前がその地域性を表す絵とともに表現された逸品です。

  

IMG_E4555.JPG

 

満津金さんではこれからも新しい企画が目白押しだそうです。

東京ダンボのアイデアが商品化されたことはとっても嬉しいことです。オリジナルは大判で作ってもらっていました。

   

IMG_1787.JPG

 

東京ダンボが御朱印帳を誂えた際のブログは以下を御参照ください。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/author/201711/index_4.html

 

 

 

不二家数寄屋橋店 限定商品 

[銀造] 2018年10月23日 14:00

 数寄屋橋交差点の角にある、不二家数寄屋橋店。 その建物は、数寄屋橋交番、東急プラザとともに、この交差点でのランドマークです。

そして、不二家と言えば、「ペコちゃん」ですね。 この数寄屋橋店限定の商品をご案内します。

店舗の前に出しているワゴンの商品では、

 「GINZA数寄屋橋店 限定スイーツ」と表示して、一番上から、「ミルキークリームの生どら焼き」、「ミルキーパイシュークリーム」、「銀座ミルキークリームシフォン」が紹介されていました。

DSCN2236 (400x300).jpg

 店内のショーケースでは、

①ペコちゃんだるま生もなか(味は、ミルキークリーム&小倉)・・・3個入り(税込500円)には、ぺこちゃん4色ボールペンが付いてきます。

DSCN2241 (400x300).jpg

 このボールペンは、孫娘にプレゼントして、喜ばれました。

②みるきぃだんご(苺)・・・1個 300円。

③ミルキークリームの生どら焼・・・1個247円 などがありました。

 銀座の散歩の途中でも、お店の商品と限定品、由来などを考えると面白い発見がありますね。

お店の情報はこちらを御覧下さい。「ペコちゃんの部屋」なんてのも、楽しそうですね。https://shop.fujiya-peko.co.jp/b/fujiya/info/11023/

 

 

1st Anniversary 1周年です (後編) ~ 鹿鳴館 銀座本店 ~

[rosemary sea] 2018年10月20日 14:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をステージングして取材します、rosemary sea です。

IMG_20181005_131828 (2)a.jpg

鹿鳴館 銀座本店さんは、果実の豊潤な味わいをとじ込めたフルーツゼリーをメインに、色鮮やかなスイーツを銀座よりお届けしています。

お伺いしました10月5日は銀座本店さんの1st Anniversary 、 1周年の日でした。

前回は「1st Anniversary 1周年です (前編)」としてご紹介させていただきました。

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/10/1st-anniversary.html

今回はその後編です。以前ご紹介済のお品もございますが、ラインナップが変更されています。

 

今回も鹿鳴館 銀座本店 二瓶チームリーダー、銀座本店 船越店長にお世話になりました。

同じく銀座本店 松山千夏(まつやま ちなつ)さんにご説明いただきました。

それではお品のご紹介です。価格は全て税込の表示です。画像はそれぞれクリック拡大できます。

IMG_20181005_125942_1 (2)a.jpg

ローズパレット 30個入 3,240円 18個入 2,160円 15個入 1,620円 12個入 1,296円 9個入 972円 6個入 648円 新発売

小さなバラのかたちのチョコレートです。「おいしい」そして「かわいい」です。

IMG_20181005_134708 (2)a.jpg IMG_20181005_130041 (2)a.jpg

IMG_20181005_130052_1 (2)a.jpg IMG_20181005_130058 (2)a.jpg

ミルク、ダーク(ビター)、ホワイト、ブルーベリー、ピーチ、ラズベリー、マンゴー、フレーズ、キウイの9種。

このチョコレートが5種ずつ"パープル""イエロー""レッド"の束となり、1個となって箱にラインナップされています。

IMG_20181005_201732_1 (2)a.jpg

ロズマリ食リポ隊、登場です。ミルクとダーク(ビター)の試食です。

「ミルクは甘さがちょうど良く、ビターはほろ苦さが良いです。」S井さん。

「バラのかたちがとてもキュート!」Oさん。

「ミルクは心地良い甘さ、ビターは苦すぎず後味ほんのり残る苦さが心地良い。」S山さん。

「形がかわいいので、贈り物にもいいですね。ミルク味が好きですが、ビターもスッキリしていて美味でした。」Nさん。

「ミルクは甘くて疲れがとれそう。ビターはシャキッとしそうです。」S枝さん。

「甘くてこれぞチョコという本来の味で、とても美味しかった。」S木さん。

「苦いのはあまり好きじゃないけどビターはとても食べやすく、おいしかったです。」Y紀さん。

「口どけ良く、見た目もかわいい。美味しいチョコでした。」T山さん3号。

「かわいいバラの花の形と味わい深い美味さがよかった。」F雄さん。

「ふだんビターと同じくらいの甘さのチョコを食べていますが、おいしいです。ちょっとしたパーティーにも使えそう。」K子さん。

「ミルクは甘さ多め。ビターは程よい苦さで、自分的にはビターがよかったです。」T山さん2号。

IMG_20181005_125830_1 (2)a.jpg

GRACE DEW CHOCOLATE(グレースデュー チョコレート)

今年も販売期間に入りました。

果実の豊潤な味わいをとじ込めたゼリーをそっとチョコレートで包みました。

いちご、マンゴー、バナナ、パイン、ラ・フランス、グレープフルーツ、ピーチ、オレンジ、りんご、ラズベリーの10種。

IMG_20181005_130127 (2)a.jpg

IMG_20181005_130203_1 (2)a.jpg

"恵みのしずく"『グレースデュー』 14個入 756円

果実生まれのペクチンゼリー。

果実の豊潤な味わいは自然の恵み。

その1粒1粒をしずくにたとえて彩り美しく仕上げられています。

女性にうれしいコラーゲン・食物繊維入り。

メロン、ラ・フランス、ブルーベリー、パイン、りんご、ピーチ、グレープ、マスカット、いちご、オレンジ、グレープフルーツ、バナナ、マンゴー、ラズベリー、レモン、クランベリーの16種。

IMG_20181005_125855_1 (2)a.jpg

恵みのしずく&チョコレート

フルーツゼリーとチョコレート、最強の詰合せです。

IMG_20181005_130719_1 (2)a.jpg IMG_20181005_130729 (2)a.jpg

IMG_20181005_130731 (2)a.jpg IMG_20181005_130818 (2)a.jpg

PREMIUM 旬果 恵みの宝珠

国産の果実を贅沢に使用した、ころんと丸く可愛らしいフルーツゼリー。

・ 広島県産 梨      ・ 青森県産 ふじりんご

・ 愛媛県産 あたご柿   ・ 広島県産 いちじく

・ 岡山県産 ピオーネ   ・ 岩手県産 ほおずき

以上6種です。あたご柿、ほおずき、ぜひ堪能したいです。

IMG_20181005_125925 (2)a.jpg IMG_20181005_125938 (2)a.jpg

リーフパイ

バターの風味広がるパイ生地を、木の葉の姿に焼き上げられています。

さくりとした食感のパイ、口の中でほどけて深まるチョコレート、共演です。

プレーン 1袋(2枚入) 141円、ミルクチョコ 1袋 108円、ストロベリーチョコ 1袋 162円、の3種、ストロベリーチョコは新登場です。

IMG_20181005_130857 (2)a.jpg

リトルベアポーチ 28個入 1,080円

可愛らしいこぐまのかたちのフルーツゼリーです。

IMG_20181005_130957_1 (2)a.jpg

うさぎ柄の小風呂敷 270円

お月見だけでなく、いろいろ利用価値の高い小風呂敷です。

IMG_20181005_130959 (2)a.jpg

猫柄の小風呂敷付き恵みのしずく 14個入

恵みのしずく 756円 + 小風呂敷 270円 = 1,026円 です。

小風呂敷も柄がバラエティーに富んでいます。

小風呂敷だけ追加で購入されるかたもいらっしゃるそうです。

・・・どれも見た目華やか、美しく、味わい豊かです。

   ギフトにもよろしいかと。

IMG_20181005_131615 (2)a.jpg

 

 

鹿鳴館 銀座本店

銀座5-7-1

03-6263-9850

東京メトロ銀座駅 A1出口すぐ

営業時間   月~土 10:00~21:00

       日祝 10:00~20:00

 

鹿鳴館さんのホームページはこちら

http://www.ginza-rokumeikan.com/

 

 

 

 

 

 

銀座千疋屋 フルーツパーラー、フルーツポンチ発祥の店

[銀造] 2018年10月20日 09:00

 中央区には沢山の有名店がありますが、観光協会が発行している『中央区はじめて物語マップ』にも紹介されている銀座千疋屋さんは、明治23年(西暦1890年)「日本初のフルーツパーラー発祥の店」で、後の大正12年(西暦1923年)には「フルーツポンチ誕生のお店」といわれています。

2階のフルーツパーラーへ上がる階段の途中に、

「銀座生まれで銀座育ち 生まれは大正2年」という写真があります。 銀座千疋屋のプリマドンナと謳っていらっしゃいます。

1539173208505 (400x225).jpg

前から、ずっと来てみたかったこのお店、ハイカラなフルーツを使用したフルーツポンチ、パフェを開発した銀座千疋屋さんに敬意を表します。

 今日は、晴海通りでバッタリ友人に会ったので、銀座千疋屋さんの2階に上がって、お昼のひと時を過ごすことにしました。りんご

写真撮影とブログ掲載については、1階のレジ係の方、2階の店員さんに了解を頂きました。

メニューを見て、フルーツポンチの種類を見て、

1539679889001 (225x400).jpg

他のフルーツも検討しました。 フルーツあんみつもあるのですね。

1539679940268 (225x400).jpg

やっぱり、フルーツポンチの、それぞれの各1種類を注文しました。

1539679956929 (400x225).jpg

向かって左側は赤ワイン、右側は白ワインを使っています。

新鮮なフルーツを使用しているので、大変美味しく頂きました。 

 友とゆったりとした時間を、晴海通りのけやきの並木を愛でながら、静かに過ごすことができました。

 お店の詳細は、こちらをごらんください。

https://ginza-sembikiya.jp/

 

 

銀座インズ 開店60周年 発展の歴史

[銀造] 2018年10月18日 14:00

「祝 開店60周年 銀座インズ」

10月16日の夕方、銀座インズの店先で、なにやら賑やかな音楽と声が鳴り響いていました。

通りがかりに覗いて見ると、「樽酒の鏡開き」です。

紅白の幟には、「祝 開店60周年 銀座インズ」と書かれています。

写真を撮影している間に、桝酒を2杯も頂戴しました。

1539679438538 (400x225).jpg

 

「銀座インズ」の開業は、2018-60=1958年。 ちょっと、HPで開業の歴史を拝見しました。

HPに紹介された一部です。

株式会社銀座インズの前身である「有楽フードセンター」が、昭和33年5月20日にオープンしてから50有余年が経過しています

昭和39年の東京オリンピック開催に向け、戦後の東京大改造工事の一環として、新橋から京橋までの旧江戸城外堀が埋め立てられ、その上に東京高速道路が建設されました。そして、高速道路の完成と共にその高架下地下1階から地上2階に「有楽フードセンター」が誕生、スタートしたのでした。

詳細は、こちらを御覧下さい。http://www.ginza-inz.co.jp/?page_id=430

 

 
<<前のページへ 1234567891011