中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


まち歩きツアー・「日本橋老舗めぐりコース」

[坂の上のねこ] 2010年9月24日 10:10

今年最後の残暑となった9月22日、まち歩きツアー「日本橋老舗めぐりコース」のお手伝いをしてきました。


このコースでは、「にんべん」「山本海苔店」「榮太楼總本店」という3つの有名老舗店を訪問して、お店の歴史や商品の裏話を伺います。今回は特派員のケンさんと一緒にお手伝い。ケンさんは京都出身ながら江戸の歴史・地理に造詣が深く、お話上手なので心強い限りです。


一軒目はにんべんさん。元禄12年(1699年)に戸板を並べて鰹節と塩干類の商いを始めたのがここ日本橋のお店とのこと。時代と共にその姿を変えてきた店舗は、日本橋室町東地区開発のため10月21日に一時休業し10月28日からはcoredo室町で営業を始めるそうです。


店内の神棚が老舗の風格を感じさせます。

P9220100.JPG P9220092.JPG P9220094.JPG

左:お店の歴史と鰹節の製造工程を説明してもらいます(鰹の模型がかわいい!)

右:削りたての鰹節の香りと味を体験(どちらもブログではお届けできず残念!!)


その後、店内で楽しいお買い物。試飲したお吸い物がおいしくてびっくり。しかも、瓶入りの白だしをお湯で伸ばしただけというので2度びっくり。鰹節・だし関連商品はもちろんですが、炊き込みご飯の素もおすすめです。

 

次に向かったのは山本海苔店さん。創業は嘉永2年(1849年)。店内は、船底のように大きく湾曲した天井、風をはらんだ帆を思わせる壁、海苔の雄性細胞を図案化した信楽焼タイルと、海苔船をイメージした造りとなっています。


左:創業当時から明治初期まで使われていた、海苔を保存する「囲い甕」

中:海苔の缶や、そろばん、台帳など昔の道具

右:山本陽子さんがモデルを務めた広告を並べた写真(昭和51年~現在)。山本さんは、昭和42年(1967年)から山本海苔店のイメージキャラクターとして広告やCMに登場していますが、これはギネスにも登録された世界最長記録なのだそうです。

P9220112.JPG  P9220109.JPG  P9220103.JPG 

お店の歴史について学んだ後、試食とお買い物。焼きたて海苔の味と香りをブログに貼付する方法があればいいのに・・。

 P9220104.JPG

 P9220107.JPG  P9220106.JPG

左:海苔を焼く実演

中:その焼きたての海苔を買うことができます

右:キティちゃんの海苔はお土産に人気

 

そして最後は榮太楼總本舗さん。創業は安政4年(1857年)。お店の前で説明を受けましたが、入る前からすでに見所がいろいろあって、さすが老舗店。

P9220114.JPG P9220115.JPG 

P9220116.JPG

左:お店の印半纏には創業時の屋号「井筒屋」の名残が

中:名石「榮太楼の赤玉石」

右:創業時、店の入り口にあった「御影敷石」 

P9220117.JPG

    P9220119.JPG  P9220123.JPG

左:きんつば。四角いものをよく見かけますが、「つば」は刀の鍔なので本来は円形

中:今の季節にぴったりのかhttp://www.chuo-kanko.or.jp/blog/assets_c/2010/09/km37-3122.htmlわいい「月見うさぎ」

右:店内でゆっくりお食事もできます。4半世紀前、日本橋OLだった私は、ここでお昼を食べるのが楽しみでした。

 

さて、そろそろお開きの時間。3つのお店を回ってお話を伺い、買い物を楽しんでいるうちに、あっという間に2時間が経ってしまいました。 知識もお腹もいっぱいです。お店の歴史・裏話は、とてもブログには書ききれませんので、ぜひそれぞれのサイトをご覧下さいね(記事中のお店の名前をクリックすると各サイトが表示されます)。

 

 

王子サーモンのサーモンチップでパスタ!

[まぴ★] 2010年9月24日 09:15

こちらも銀座百点の冊子で見つけたお店です。
王子製紙グループのサーモンの会社で、
1964年にスモークサーモンの試作を開始し、
北海道にサーモンの会社を設立したそうです。
やっぱり鮭といえば北海道ですもんね!

本店や工場は北海道にあるのですが、本社は銀座の3丁目にあります。
あとは大阪や名古屋に営業所もあるみたいです。

銀座百点には毎月、このサーモンを使った料理の写真が載っています。
お店のスタッフさんが、とても親切に色々説明してくださいました(*^^*)
チップの試食も出来ます~!

R0014430.JPG R0014432.JPG

この日は暑かったので、スモークサーモンはやめて鮭チップにしてみました。
これなら常温で持ち帰れるし、使い勝手もよさそう。

パスタを作ってみました!

R0014496.JPG R0014498.JPG

木曜日の2時からサーモンの解体をやっているそうで、
その場で即売会みたいなのもあるようです。

あとは、鮭カマなんかも売っていました。
これから年末にむけてのお土産によさそうです。

R0014433.JPG R0014456.JPG

東京以外では札幌や大阪にも営業所があり、
デパートは東京・横浜・名古屋で売っています。

王子サーモンのホームページ

 

 

築地 (教えたくない) まぐろ漬け丼が美味くて、安い店

[銀造] 2010年9月23日 09:00

 築地。 そこは、世界の魚が集まるところ。

中央卸売市場の内外には沢山の鮨屋さんがあります。

CIMG6296.jpg

 

まぐろ屋さんが経営する

「すし富」さん。 

教えたくないのですが、場所は

晴海通りの築地寿司の通りを50mほど中に入ったところです。


インドまぐろの美しい赤身の部分を醤油に漬けて、綺麗に盛り付けされた「漬け丼」は

平日昼に限り、¥600(2010年9月15日現在)。 夜は、¥1,500です。

おそらく、味と値段を考慮すると、日本一価値ある「漬け丼」でしょう。売り切れ御免! 

CIMG6298.jpg


平日は、昼1時過ぎがお勧めです。

もちろん、店長お勧めの上等なお寿司もご堪能下さい。


他にも、軽い財布に優しく美味しいメニューが!eye

CIMG6450.jpg

 

 

銀座菓楽の窯焼きシュークリームと焼き菓子

[まぴ★] 2010年9月14日 11:00

銀座4丁目の松屋通りを入ったところ、三菱東京UFJのビルの隣です。
銀座通り連合会の事務所にお邪魔した時に見つけたお店で、
色んなフランス菓子が楽しめるショップです。

まず、名物はこの窯焼きシュークリーム。
店内の石窯で焼き上げてるそうですよ。
玄米カスタード、アプリコット、抹茶、いちじくの
4種類のクリームがあり、焼きたての時に行けば、
その場でクリーム詰めてもらえます。
銀座菓楽でしかできない食べ方だそうです。

R0014575.JPG R0014577.JPG

焼きたてではない時間だったので普通に注文。
玄米カスタードにしました。
シュークリーム、玄米利いててうまーい(*^^*)
表面もクッキーシューほど硬くなく、サクサクっとした食感です。
私はあまり硬いシュー皮好きじゃないけど、
これくらいのサクサクはちょうどいい感じで美味しい。

R0014593.JPG R0014592.JPG

焼き菓子をいくつかテイクアウトしました。
渦巻きパイも香ばしい。
そして大好きなダックワーズは、
試食のものは、ちょっとしっとりし過ぎ?と思ったけど、
テイクアウトしたものは、アーモンドがよく利いて、サクサクで美味しかったです。

R0014607.JPG R0014610.JPG

そして、このマカロンダミアンという焼き菓子なのですが、
マカロンがイタリアから伝来するよりも前にあったそうで
フランス北部の古都アミアンで誕生したマカロンです。
Macarons d'Amiens と書きます。

外はかりっと中はもちっと。噛むとヌガーのような感じです。
クッキーはしっとりの方がすきなので、これも美味しい!
6個で480円でした。

ケーキ教室もあるみたいなので、一度行ってみたいな~★

R0014574.JPG R0014573.JPG

ここでも特派員とラジオのPRして、撮影の許可も頂きました(*^^*)

銀座菓楽のホームページ

 

 

 

築地の魚屋さん 銀造のお勧め 「築地漬け亭」

[銀造] 2010年9月14日 11:00

CIMG6279.jpg


築地7丁目の築地川公園と

みのり屋さんの間の路地を入ったところに、

「築地漬け亭」という

魚の切り身を販売する店が開店しました。


若いご亭主に、「焼いてくれるの?」と尋ねたところ、快く、七輪の炭火で焼いてくれます。

CIMG6280.jpg

美味しそうな切り身が並べられています。

焼いてくれて、同じお値段。

今日は、焼いてくれた銀鱈の切り身を持ち帰り美味しく頂きました。


お品書きとお値段は大変リーズナブル。


CIMG6281.jpg

家庭で、焼くのは屋内に煙がこもるという理由で、お魚料理を敬遠なさる方には、大変お勧めです。

営業時間は17時から20時で

市場の休業日、土日祝日は

お休みです。

美味しいよ happy01 

場所:築地7丁目6-7

松田ビル1F

 

 

「Lindt Chocolat Cafe リンツ・ショコラ・カフェ」

[柳 さつき] 2010年9月 8日 11:40

lindt4.jpg1845年、スイスで誕生した「Lindt リンツチョコレート」

百貨店やインターナショナル系のスーパーで目にするパッケージはご存知の方もいらっしゃることと存じます。

lindt2.jpgその「Lindt リンツチョコレート」から、今まで世界でオーストラリアにしかなかったカフェが銀座に誕生しました。

lindt5.jpg

中央区観光協会特派員であることをお伝えし、撮影の許可をいただきました。

店内は販売のコーナーとカフェのコーナーがあります。

カフェでは、リンツのチョコレートを使用したケーキやドリンクなどのSweets はもちろん、ワッフル、軽食などもいただくことができます。

店内のショーケースから選べるケーキとメニュー内から選べるドリンクのセット

lindt29.jpg

メニュー内から軽食とドリンクが選べるセット

lindt27.jpg

軽食は 

lindt18.jpg

「クロックムッシュ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

lindt19.jpg

 

「王妃風ブッシェ」

 

 

 

 

 

 

 

 

lindt20.jpg

 

 

「ニース風サラダ」

 

 

 

 

 

 

 

lindt21.jpg

 

 

 

 

 

「ロレーヌ風キッシュ」

キッシュはほかにも3種類あります。

 

 

 

lindt13.jpg 

「Cake & Drink 」セットも「Light meal (軽食)& Drink 」セットも、個々にオーダーするよりもお得な料金になっています!!

 

午後遅い時間にお邪魔いたしましたのでショーケースのケーキの種類は減っていたのですが

私たちは「Cake & Drink 」セットをいただきました。

「ミルクチョコレートシェイク」(通常の1/2サイズ)と「イチゴ&マンゴーのヴェリーヌ(グラス入り)」、「ウィンブルドン」です。

ドリンクにプティ・プラリーネ・ショコラが付いていて、とても嬉しい~!

 

lindt34.jpglindt33.jpg

 

 

ケーキは丁寧に作られていて、上質の味わいです。

シェイクはバニラアイスクリームがブレンドされているのでしょうか・・・・?

バニラビーンズたっぷりで、しかしサラリとしていて飲みやすく、ショコラ系ドリンクの中でも一、二番目に気に入りました!

店内にはケーキやチョコレート類以外にもいろいろなものが販売されています。

lindt1.jpg lindt3.jpg 

 

lindt10.jpg

   

「リンツ・ショコラ・カフェ 」

HP:http://www.lindt.jp/index.html

〒 104-0061

東京都中央区銀座 7-6-12  第5ポールスタービル

(並木通りに面しています)

TEL:03-5537-3777

月~金:11:00~22:00

土日:11:00~20:00