中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


【参加報告】 サマーフェスティバル2018 in 浜町公園

[いのちゃん] 2018年9月 4日 18:00

8月19日(日)、浜町公園で開催された「サマーフェスティバル2018」に行ってきました。

 

この日は本来の夏らしいからりとしたよいお天気で、おいしいものを食べたり、

人気のキャラクターに会ったりと、童心にかえってとても楽しい一日だったので、

夏休みの絵日記がわりにブログに残しておきたいと思います。

 

まず最初に訪れたのは、

中央区観光検定をPRするブース「中央区観光検定 チャレンジクイズ!」(以下、検定ブース)。

担当する特派員仲間にご挨拶。

ミニクイズにチャレンジしようと、ひっきりなしにお客さんがやってきます。大盛況です。

 

自分は余裕で全問正解して当たり前(つ、強がりではない)の特派員のため、

連れが挑戦することに。

むむ、ヒントを与えることなく全問正解されてしまった。私の立場がないではないか。

賞品の中央区グッズをいろいろいただいてご機嫌。ありがとうございました。

 

屋台村を一周。ホテルメイドのタンシチューに長い行列ができていました。

なるほどおいしそうです。

 

この合間に検定ブースの隣の焼かれたての焼きそばを無意識のうちに完食し

写真を撮り忘れていたことは絶対に秘密です。

 

われわれは別の行列に並びました。荒汐部屋ちゃんこです。

現役の力士が所属する相撲部屋が提供するちゃんこ

それは正真正銘モノホンのちゃんこ

 

並んでいる最中、あまりの行列のためか、ちゃんこ待ちの人数を中央区観光協会

某M浦氏が数えに来られました。

"時そば"をさせてはなるまいと、つい挨拶をしそびれてしまいました。

 

ただいま仕込み中。わくわく。

 

IMG_4858.JPG

 

わっさー。

 

IMG_4859.JPG

 

はい、できあがり。

 

IMG_5539.JPG

 

んまい! 行列も納得の一杯。

 

IMG_4861.JPG 

 

 

続いて全日本綱引フェスティバル(綱フェス)を見学。

 

IMG_4869.JPG

 

真剣な表情のあとに笑みがこぼれる荒汐部屋のみなさん。

 

IMG_4872.JPG

 

熱戦が繰り広げられるなか、綱フェスにはこんな和やかな場面もあるんですね。

 

 

野外ステージでは中央区観光検定のクイズ大会が始まりました。

先ほどの特派員仲間が壇上にあがり、中央区観光検定公式テキストである

『歩いてわかる 中央区ものしり百科』を紹介しています。しかと伝わりましたぞ。

 

さあ、いよいよお待ちかねの豪華賞品がもらえるクイズの時間です。

ええ、全問わかりますとも。特派員だもの。※情報漏洩はしておりません(笑)。

微力ながら少しでも場が盛り上がればと掛け声や拍手を送り、区民であろう

ちびっ子たちが威勢よく手を挙げるのをほほ笑ましく見守りました。

 

クイズの解説を担当するのも特派員の仕事です。

思わず「へぇ~」と言ってしまうような面白くてためになる解説でした。

見習わなければいけないなあ。

特派員のお二方、おつかれさまでした!

 

 

そのほか、会場では吉本興業芸人さんバルーンアートを披露してくれるなど、

来場客を楽しませるコンテンツが一日中目白押し。

 

はっ! ピ、ピカチュウさん。実際にお目にかかるのは初めて。

 

IMG_5545.JPG

 

本番前にもかかわらず、愛くるしくポージングをキメてくれる大サービスで

その場に居合わせたいい大人たちを全員笑顔に変えて去ってゆかれました。

 

IMG_4867.JPG

 

さすがはポケットモンスター。このあとの"10匹大行進"も頑張ってね。

 

 

大満足で人形町方面へと戻る途中にディープな会館、東京味噌会館発見。

シリーズを展開する五月雨ジョージ氏に敬意を表してアップしておきます。

 

IMG_4880.JPG

 

所在地は明かしませんので、みなさんも探してみてくださいね。

 

 

と、このようなご報告となりましたが、検定ブースまでお越しになれなかった方にも

中央区観光検定特派員活動にご興味を持っていただけたら幸いです。

 

 

 

 

ハロウィンショコラ2018 ~ 資生堂パーラー ~

[rosemary sea] 2018年9月 2日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をナビゲートして取材します、rosemary seaです。

5個10個20個Ca.jpg

資生堂パーラー 銀座本店ショップをはじめとする全国の資生堂パーラーさんでハロウィン限定スイーツ、「ハロウィンショコラ」を販売します。

販売期間は9月1日(土)から10月31日(水)までです。

今年のハロウィンショコラはパンプキン・キャラメルアップル・ビターの3種、ハロウィンカラーのドーム型クランチチョコレートの詰め合わせとなっております。

新登場のキャラメルアップルは、海外のハロウィンシーンでは欠かせない"りんご"を使っています。

また、どのパッケージにもかわいいコウモリのチャームがついています。

 

今回も株式会社資生堂パーラー広報担当 小番(こつがい)さん、橋本さんにお世話になりました。

それでは商品のご紹介です。それぞれの中に入っていますのは・・・

5個入2種イメージa.jpg

『パンプキン』はホワイトチョコレートに"かぼちゃ"のパウダーを練り込んでいます。

『キャラメルアップル』はホワイトとミルクチョコレートのブレンドチョコレートに"ドライアップル"や"キャラメル"のパウダーを練り込んでいます。

『ビター』はその名の通りビターテイスト。

 

そしてその詰め合わせパッケージのスタイルは・・・

5個入コウモリ・白a.jpg5個入オオカミ・白a.jpg

お墓型(小)2種

ハロウィンショコラ5個入

『コウモリ』(上) / 『オオカミ』(下)  594円(税込)

クランチチョコ・パンプキン 2個

キャラメルアップル 2個

ビター 1個

チャーム付

10個入白a.jpg

お墓型(大)

ハロウィンショコラ10個入

『ネコ』  1,080円(税込)

クランチチョコ・パンプキン 4個

キャラメルアップル 4個

ビター 2個

チャーム付

20個入白a.jpg

丸型(缶)

ハロウィンショコラ20個入

2,160円(税込)

クランチチョコ・パンプキン 8個

キャラメルアップル 8個

ビター 4個

チャーム付

 

・・・ハロウィンパーティー、今からワクワク! 楽しみですね。

大人も子どもも楽しめる『ハロウィンショコラ』、パーティーの手土産、プレゼントにいかが?

 

 9月1日(土)から10月31日(水)までの販売ですが、いずれの商品も限定数量に達し次第、販売終了となります。

お買い求めはお早めに。

 

[お問い合わせ]

資生堂パーラー フリーダイヤル 0120-4710-04

月~土曜日 10:00~17:00

祝祭日を除きます。

パーラー本店0021b.jpg

資生堂パーラー 銀座本店ショップ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル1階

03-3572-2147

営業時間  11:00~21:00

無休

なお、年末年始にはお休みの日があります。

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

ドイツ料理店のカレー〔ピラミッド〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年9月 1日 09:00

築地2丁目、平成通り沿い、京橋築地小学校と通りを挟んで建つJFA築地ビル地下1階ドイツ料理店ピラミッド」さんです

pyram201801.JPG

ドイツ料理店」とお店の名前のギャップがおもしろく、コクのあるカレー有名です

勤務先から近いため、お昼でよく利用させていただいております

pyram201802.JPG

こちらのランチメニューは、「ドイツ直輸入樽生ビールを贅沢に使用した『ドイツビールカレー』」で、チキンカレービーフカレーソーセージカレーキーマカレーに「今週のカレー」のラインナップです

激辛旨キーマカレーも捨てがたいのですが、本日は、「今週のカレー」の「アジアンシュリンプカレーを注文

pyram201803.JPG

カレー鉄鍋に入って提供されます。カレーコクがあり、プリプリエビゴロゴロ入ってます

ライスの上の目玉焼きは、無料のサービス

平日ランチサービスで、①目玉焼、②ライス大盛り、③ハラペーニョ、④ザワークラフトドイツ風酢キャベツ)(カレーに合います)、⑤本日のデザート、⑥本日のジュースから1品選べます

また、辛いのが好きな人は、+100円激辛にしてもらえます

pyram201804.JPG

営業時間は、月曜日から金曜日までが、

ランチタイム11時から15時30分まで、

ディナータイムが、17時から23時までです。

土曜日は、

ランチタイム11時から15時まで、

ディナータイムが、17時から23時までです。

日曜日祝日定休日です。

pyram201805.JPG

こちらも人気店のため、お昼は、早めに行かれることをお勧めします

お店の方の対応も気持ちの良いお店です

お勧めです

 

 

マジックレストラン&バーGIOIA 銀座 (ジョイアぎんざ)

[ジミニー☆クリケット] 2018年8月30日 18:00

銀座3丁目、銀座三丁目ビル地下1階にあるイタリアンレストラン&バーGIOIA 銀座」です

gioia201801.JPG

食事もおいしく、地下1階落ち着いた雰囲気、しかも食後、各テーブルをまわって披露してくれる専属マジシャンによるテーブルマジックは本当にすばらしすぎます

まずは、食事

gioia201802.JPG

Antipasto前菜盛合せ

パルマ産プロシュート海の幸のマリネカルパッチョトマト水牛モッツァレラチーズカプレーゼなどなど

gioia201803.JPG

Primo Piatto選べるパスタ

魚介がたっぷりのペスカトーレ

gioia201804.JPG

Secondo piatto

こちらも魚介たっぷりです

gioia201805.JPG

Dolce

デザート盛合せ美しい

gioia201806.JPG

営業時間は、ランチタイム11時30分から15時30分まで、ディナータイム17時から23時までです

日曜日も営業しています

gioia201807.JPG

そして、食後に目の前で行われるテーブルマジックは、鮮やかな手さばきで、毎回まったくタネが分かりません

ちなみに当日は、お店のメインマジシャンオーナーマジシャンでもある龍野洋介さんでした

本当にすごい

おいしいイタリアンよい雰囲気、しかもすばらしいテーブルマジック

とても楽しいひとときでした

 

 

この夏の「ご褒美」にNAMIKI667のランチは如何?ハイアットセントリック銀座

[滅紫] 2018年8月30日 09:00

8月も終わりに近づきました。二十四節気では処暑ですが、まだまだ「暑さ落ち着く」とはいかないものの、夕暮れ時は何となく涼しく感じるように(気のせいか・・)なってきました。それにしても「暑かったですねー。」熱中症(英語だとheatstrokeというそうです。成程)で運ばれもせず、よくぞ乗切った!と自分を誉めてやりたい気分です。というわけで食いしん坊の友人に教えてもらったハイアットセントリック銀座3階のNAMIKI667にやってきました。「ご褒美ランチ」です。ハイアットセントリック銀座は今年の1月に朝日銀座ビルにオープンしたハイアットホテルチェーンの新しいホテルです。

 

100_2919.JPG

 

NAMIKI667ランチは「エクスプレスランチ」(2,000円+サービス料・税)と、

公式HP限定のグラスシャンパン付きランチ4,000円、4,800円,5,800円の3種。

前菜、スープ、メイン、デザート、コーヒーの組み合わせでグラスシャンパンが付いています。今日は予めHPで予約しておいた4,000円のコースで「前菜・メイン・デザート・コーヒー」です。友人は「シュクリーヌレタスのシーザーサラダパルメザンチーズ、知床斜里産 匠の豚麦王肩ロースのオーブンロースト 江戸甘味噌漬け 季節野菜 マッシュポテト、ヴェローナチョコレート"マカエ"とパッションフルーツオレンジのエッセンス」

 

100_2921.JPG

 

namiki667.jpg namiki669.jpg

 

私は「スモークしたサスティナブルサーモンのコンフィ 東京都産 自然海塩 クレソン イクラ、鮮魚のプレゼ"マリニエール"浅利 グリーンアスパラガス 蕪、クレームブリュレ 季節のフルーツラズベリーソルベ」です。

 

100_2920.JPG 100_2924.JPG

 

100_2925.JPG

 

お料理の名前ってホントにイメージ浮かび難いですね。写真をご覧ください。嬉しいのはこのお値段、サービス料・税込です。お教えしたくないくらいのお値打ちランチです。13時の予約だったのでゆったりとしたダイニングルームで贅沢な時間を過ごせました。これで秋が迎えられそうです。ご馳走様。ご予約はハイアットセントリック銀座のHPから。

Ginza.centric@hyatt.com

ハイアットセントリック銀座 銀座6-6-7

ランチ:11:30-14:30 エクスプレスランチ:11:00-14:00

 

 

楽しさいっぱい、山梨 ~ 富士の国やまなし館 ~ 後編

[rosemary sea] 2018年8月29日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をレジリエンスを発揮して取材します、rosemary sea です。

IMG_20180809_133244a.jpg

富士の国やまなし館さんは日本橋の地から首都圏の皆様に、山梨の魅力をご紹介する情報総合館、楽しさいっぱいのアンテナショップです。

青果やお菓子、麺類などの食品やワイン、日本酒などの飲料、宝石・工芸品などを取扱されています。

「楽しさいっぱい、山梨 ~ 富士の国やまなし館 ~ 前編」はこちらです。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/08/post-5500.html

「楽しさいっぱい、山梨 ~ 富士の国やまなし館 ~ 中編」はこちらです。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/08/post-5501.html

今回はその第3弾、後編です。

今回も 富士の国やまなし館 シェフソムリエ 船戸加代子(ふなと かよこ)さんにお世話になりました。

それでは商品のご紹介です。

IMG_20180809_130914a.jpg IMG_20180809_130937a.jpg

印傳(印伝:いんでん)

持てば持つほど手になじみ、使い込むほどに愛着がわく。柔らかい・軽い・強い、それが印傳。

インド(印度)伝来の革、短縮して印傳という説があります。

甲州印傳は400年以上の歴史がある、とのこと。

南蛮貿易品が由来の、主に鹿の皮を鞣(なめ)したもの、これに漆(うるし)付けします。特殊な技法。

鹿革は武具としては体になじみ、併せて強度を備えていることから、戦国時代には燻べ(ふすべ)や更紗(さらさ)技法を用いた鎧(よろい)や兜(かぶと)が武将たちに人気でした。

印傳は、寛永年間には武具・馬具・巾着などが全国各地で作られたようです。

ただ、現在、製法が伝わっているのは甲州印傳のみとのこと。

IMG_20180809_131035a.jpg IMG_20180809_131026a.jpg

「小銭入れが一番出ます。春にはお財布とか名刺入れが出ますね。

千円台後半から数万円までございます。

印傳はいくつかの作り手がいまして、最大手がこちらの上原勇七(うえはらゆうしち)さんです。

名前としては『印傳屋』として通っています。

印傳屋さんは青山にブティックがありますので、うちはそこから仕入をしています。」船戸さん。

IMG_20180809_131251a.jpg

ほうとう

山梨の郷土料理。ご存知の通り、具だくさん・栄養満点・芯から温まる、お鍋チックなめん料理ですよね。

めんをうどんより広めの幅に切り、茹でずに味噌仕立ての汁で煮ます。

具にはキノコ・鶏肉・豚肉・油揚げ、など。カボチャは必須のアイテムですよね。

「ほうとうは夏でも出ます。

スーパーさんでは夏にあたたかいほうとうは販売しないようですね。

ここに買いに来られるかたが余計に増えるみたいな。」船戸さん。

かくし甲斐めん 乾麺ほうとう 有川商事 302円(2つ下の画像:一番右)

かくし甲斐 生ほうとう 398円(上の画像:下中央)

特用ほうとう 袋 4人前 648円(上の画像:下左)

地粉ほうとう 3人前 627円(上の画像:上左)

1人前 野菜付ほうとう 615円(上の画像:上右)

IMG_20180809_131324a.jpg

・・・あとは「冷やした夏のほうとう」というのもあります。

冷やしほうとう・夏のほうとう=「おざら」とも言います。

内陸性気候の盆地・甲州の夏の暑さは格別です。

ほうとうを冷たくし、ザルうどんのスタイル、それがおざら。

ほうとうより細めのめん、やや濃いめの温かい醤油仕立てのつゆ。

食べやすく、食の進む逸品です。

夏のほうとう おざら 2人前 410円(上の画像:右)

冷やしほうとう 3人前 つゆ付 有川商事 594円(上の画像:左)

保存料を使用せず、国産小麦粉と水だけで練り上げてあります。

茹でる際の時間は短めで結構、6分程度がよろしいかと。

IMG_20180809_132859a.jpg

吉田のうどん

富士吉田名物です。農水省が選定した「農山漁村の郷土料理百選」のひとつです。

太くて強いめんは、かめばかむほど味が出る、とか。

めんが太く強い所以、それは織物の盛んな地域の女性の多忙と手荒れを気遣う男性が打つめん、だからとのこと。

云われもドラマチックで素晴らしいですね。

吉田のうどん 冷やしぶっかけ 2人前 380円(上の画像:右から2番目)

吉田のうどん たれ付 3人前 丸新製麺 640円(3つ上の画像:右下)

IMG_20180809_132537a.jpg

煮貝(にがい)

IMG_20180809_132636a.jpg山に囲まれた海なし県:山梨:かつての甲斐の国の人々は、海の幸を切望していました。

そこで甲州商人は駿河湾の沼津に出て、帰路、陸揚げされたアワビを浜で煮込み、醤油樽で漬け込みました。

馬に乗せて遠路はるばる、揺られて甲州に着く間に醤油の塩が適度になじみ、柔らかく熟成されたおいしいアワビの煮貝ができた、と云われています。

武田信玄公も食べた、と云われるこの煮貝、甲州名物です。

祝事の席で食べられることが多いですね。

しかも高温殺菌処理済、常温保存できます。合成保存料不使用です。

「カジュアルなものはアワビなのですけど、最近はこういう『つぶ貝』や『ほたて』なども出ています。

贈答用としても良いですね。」船戸さん。

こちらは全て、甲府市の信玄食品さんの商品です。

天然あわび煮貝 殻付 肝付 3個 340g 10,800円(上の画像)

天然小粒あわび煮貝 80g 1,080円(右の画像)

IMG_20180809_132547a.jpg

左から・・・

つぶ貝 70g 486円

あわびの煮貝 50g 540円

あわび肝煮 65g 486円

帆立煮貝 50g 486円

IMG_20180809_133219a.jpg

観光コーナー

フロア内では山梨県の観光案内も行っております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・ロズマリも先日、山梨県の八ケ岳へ行ってきました。

山梨の魅力、山梨でも中央区にいても、存分に感じ取ってください。

IMG_20180809_125949a.jpg

富士の国やまなし館

日本橋2-3-4 日本橋プラザビル1階

東京メトロ東西線・銀座線 日本橋駅が至近です。

日本橋髙島屋さんの、中央通りを挟んで反対側区画にあります。

先日ご紹介させていただきました「おいでませ山口館」さんの隣りです。

商品に関しまして 03-3241-3776

観光に関しまして 03-3243-8600

営業時間 11:00~19:30

定休日 年末年始

富士の国やまなし館さんのホームページはこちら

http://www.yamanashi-kankou.jp/tokyo/

 

 
<<前のページへ 1234567891011