中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ふくしまの物産、みでって ④ ~日本橋ふくしま館「MIDETTE」~

[rosemary sea] 2018年10月 8日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をスキャンして取材します、rosemary sea です。

IMG_20180926_130302 (2)a.jpg

福島県のアンテナショップ、日本橋ふくしま館「MIDETTE」さんはふくしまの「今」と「魅力・元気・活力」を発信しています。

今回より前のご紹介はこちらです。

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/10/post-5656.html

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/10/post-5661.html

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/10/post-5665.html

公益財団法人 福島県観光物産交流協会 日本橋ふくしま館「MIDETTE」小林誠副館長にお世話になりました。

それではお品のご紹介です。

IMG_20180925_131206 (2)a.jpg IMG_20180925_131219 (2)a.jpg

左:うまくて生姜ねえ 240g 650円 右:辛くて生姜ねえ 240g 670円 どちらも(有)吾妻食品

「うまくて生姜ねえ」は当店加工食品ベストセラーの座にあります。

生姜の爽やかな辛味と食感で大人気の商品。福島県産エゴマが入っています。

「辛くて生姜ねえ」はタバスコの10倍辛いとされるハバネロが入っています。

辛旨い一品です。

どちらもシンプルにあったかごはんに乗せるのも良いのですが、いろいろなお料理に使える便利さも持ち合わせています。

 

IMG_20180925_134002 (2)a.jpg

IMG_20180925_134047 (2).jpg IMG_20180925_134102 (2)a.jpg

味噌のコーナー

吾妻みそ 1kg 615円 (有)本家舟山 伊達市

白河関の味噌 1kg 680円 (有)山口こうじ店 白河市

「吾妻みそ」のおいしさの秘密は大豆と白米の蒸し方にあります。

レンガ積みのボイラーで蒸気を発生させています。

「白河関の味噌」はアルコールや化学調味料、保存料等不使用。

からだに良い酵母や乳酸菌が生きています。

『青豆を使ったずんだ味噌などもございます。』

 

IMG_20180925_132237 (2)a.jpg

クリームチーズみそ漬 KURA-DAIGO(蔵醍醐) 75g 1,080円 (株)菅野食品 みそ漬処香の蔵

醍醐=日本の古代の乳製品、発酵食品。因みに「酪」はヨーグルトのよう、「蘇(そ)」はバターのようなもの。

独自ブレンドの味噌にクリームチーズを漬け込み低温熟成させたもの。

味噌に漬け込むことで、クリームチーズがより濃厚な味に凝縮されます。

また、程よい塩気と味噌の風味も楽しめます。

『こちらは常温でも保存できるタイプです。(おつまみとして)日本酒にも、ワインにも合います。』

 

IMG_20180925_132334 (2)a.jpg IMG_20180925_132348 (2)a.jpg

IMG_20180925_132301_1 (2)a.jpgいか人参

いか人参漬 400円 西野屋食品(株)

いか人参 福島りょうぜん漬 250g 540円 森藤食品工業(株)

いか人参は中通り北部の郷土料理、家庭料理。いわゆるソウルフードです。

スルメと人参を細切りにして、醤油・日本酒・みりんなどで味付けしたもの。

シンプルななかにも、スルメイカのコクと人参のシャキシャキ食感がたまらない逸品です。

おつまみ、おかずとして親しまれています。県では大人気のごはんのお供。

 

IMG_20180925_133146a.jpg IMG_20180925_133202 (2)a.jpg

野菜のコーナー

台の方にはごぼう、アスパラガス、生きくらげなど。

棚の左上、塩糀(こうじ)の隣りには「ネオ三五八(さごはち)」が。

三五八漬けは「こうじ漬けの床」。塩=3、糀=5、蒸した米=8、の配分。

ネオ三五八はこれに昆布ととうがらしを入れます。

他にはなめこ、ピクルス、トマト、こまつ菜など。

 

IMG_20180925_133403a.jpg IMG_20180925_133420_1 (2)a.jpg

お酒バーのコーナー

こちらでは「日本酒 飲み比べ3種」ができます。

『福島県内のお酒を500円で飲み比べていただけます。』

 

IMG_20180925_133549a.jpg

観光コーナー

福島県への観光をご案内しています。

会津や磐梯高原、スパリゾートハワイアンズも良いですね。

IMG_20180925_133611a.jpg

定住・二地域居住コーナー

福島県内への定住や二地域居住をご案内するコーナーです。

福島への定住、いかがでしょうか?

また、週末や、一年のうちの一定期間を福島でいかが?

 

日本橋ふくしま館「MIDETTE」

日本橋室町4-3-16 柳屋太洋ビル1階

東京メトロ 三越前駅より徒歩3分 新日本橋駅より徒歩1分

03-6262-3977

営業時間 平日 10:30~20:00

土日祝日 11;00~18:00

臨時休館日 2018年10月21日(日)

休館日 年末年始

日本橋ふくしま館「MIDETTE」さんのホームページはこちら

⇒ http://midette.com/

 

 

銀座みもざ館 銀座のハチミツ

[銀造] 2018年10月 8日 09:00

 銀座3-9-11にある紙パルプ会館へ行きました。

毎年秋の恒例行事で、会館の前には稲藁が立てかけられていました。

1538312783392.jpg

これは、新潟県の酒造会社のPR活動で、この稲から収穫したお米でお酒を造るというお話が書いてありました。 そして、紙パルプ会館には、画廊があるというのを知りませんでした。早速、見学に行きました。

5階の貸し画廊では、製紙メーカーの関係者の作品展が沢山展示されていました。 沢山の風景画がありましたが、秀逸だと思ったのは、かつての同僚たちが待ち合わせで集まって、次に来た仲間を待って、笑顔で出迎えている、大変微笑ましい絵でした。   

 そして、エレベーターで降りようとした時に、「銀座のハチミツを使ったパンケーキ」のPR用のチラシを見つけました。

1538312825130.jpg

 そうです。この紙パルプ会館の屋上で、「銀座ミツバチプロジェクト」が行われており、ミツバチが皇居や日比谷公園、浜離宮、銀座のマロニエ通りで食べた花粉で出来たハチミツを採取しているのです。 私も過去2回見学に訪れたことがあります。

ちょっと、昼食を食べたばかりだったので、パンケーキは食べられなかったので、お持ち帰りのできる「プリンpudding」を購入し、銀座のハチミツのはいった、まろやかな食感を楽しみました。

1538312843178.jpg

 次回は、銀座のハチミツを使った「フレンチトーストとコーヒー」のセットを注文しようと思っています。

紙パルプ会館と銀座みもざ館へのアクセスは、こちらを御覧下さい。

http://www.phoenixplaza.co.jp/7/topics/25  そして、「銀座ミツバチプロジェクト」のURLは、こちらです。

http://www.gin-pachi.jp/9/

 

 

ふくしまの物産、みでって ③ ~日本橋ふくしま館「MIDETTE」~

[rosemary sea] 2018年10月 6日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をスキルフルに取材します、rosemary sea です。

IMG_20180926_130449 (2)a.jpg

福島県のアンテナショップ、日本橋ふくしま館「MIDETTE」さんはふくしまの「今」と「魅力・元気・活力」を発信しています。

前々回、前回のご紹介はこちらです。

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/10/post-5656.html

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/10/post-5661.html

公益財団法人 福島県観光物産交流協会 日本橋ふくしま館「MIDETTE」小林誠副館長にお世話になりました。

それではお品のご紹介です。今回は工芸品を中心にご紹介します。

IMG_20180925_131324a.jpg

工芸品コーナー

『工芸品も民芸品も季節季節で入れ替えています。』

IMG_20180925_131338 (2)a.jpg

会津絵 六五三段重 54,000円

伝統工芸品には職人さんの技が窺(うかが)えます。

質感と美しさ、比類ありません。

 

IMG_20180925_131408a.jpg

蒔絵スタンド 1,944円 木之本漆器店

華やかな和の風情です。ギフトにもよろしいかと。

 

IMG_20180925_131433a.jpg

二本松伝統家具 二本松民藝チェスト 三重 297,000円 田中家具

もちろん手づくりです。

また、木取りから組み立てまでの工程を、職人さんひとりで続けるそうです。

二本松伝統家具は360年以上の歴史を刻んでいます。

田中家具さんは明治2年(1869年)の創業。二本松伝統家具の技法を受け継いでいます。

更に、現代感覚を取り入れた和モダンな家具づくりにも積極的に取り組んでいます。

『こちらの家具は田中家具さんより直送というかたちで受注させてもらっています。』

 

IMG_20180925_131444 (2)a.jpg

朱 開き戸 32,400円 朱 二ツ引 324,000円 朱 三ツ引 35,640円 鈴善工業(株)

高級感が漂います。

 

IMG_20180925_131529 (2)a.jpg

 

こちらも工芸品のコーナー

IMG_20180925_131559_1 (2)a.jpg

ミニグラス総朱 ミニグラス黒内朱 各2,052円 (株)福西惣兵衛商店

このようなグラスで冷酒などいただいたら、美味しさ倍増ですね。

 

IMG_20180925_131613 (2)a.jpg

彫刻グラス ねこ黒 4,860円 (有)千藤

黒猫、可愛いですね。

 

IMG_20180925_131638 (2)a.jpg

グラス各種

それぞれ趣きがあります。ギフトにもよろしいかと。

『こちらのグラスはお酒の飲み比べコーナーでも使っています。』

 

IMG_20180925_130834 (2)a.jpg IMG_20180925_130915 (2)a.jpg

左右どちらの画像も 左:あいづもめんのトートバッグ 右:あいづもめんの肩掛けバッグ 各2,800円

会津木綿は厚みがあり、ふっくらとした質感が特徴。

この製品は軽くて畳めて、とても便利です。

『ギフトにもよろしいです。』

 

IMG_20180925_131005 (2)a.jpg IMG_20180925_131059 (2)a.jpg

左:はり子 赤べこ10号 6,000円 ・ 右:3号 540円

こちらは非売品でここのお店のキャラクター赤べこ。

「赤べこ」は会津地方の郷土玩具。赤い牛の張り子人形。

平安時代に蔓延した疫病を払った赤い牛が由来です。

厄除けのお守りとして重宝されています。

首がゆらゆら揺れて可愛いですね。

海外のかたへのおみやげにも喜ばれるようです。

『小さなものから大きなものまであります。小さいものもお手頃で人気があります。』

 

IMG_20180925_130942 (2)a.jpg IMG_20180925_130948 (2)a.jpg

左:はり子のとら 大 ・ 小

赤べこの技法が活かされています。

いつまででも眺めていたいです。

 

・・・紹介しきれません。日本橋ふくしま館さんのご紹介はあと1回続きます。乞うご期待、です。

 

日本橋ふくしま館「MIDETTE」

日本橋室町4-3-16 柳屋太洋ビル1階

東京メトロ 三越前駅より徒歩3分 新日本橋駅より徒歩1分

03-6262-3977

営業時間 平日 10:30~20:00

     土日祝日 11;00~18:00

臨時休館日 2018年10月21日(日)

休館日 年末年始

日本橋ふくしま館「MIDETTE」さんのホームページはこちら

⇒ http://midette.com/

 

 

銀座菊廼舎 秋の色 銀座の香り 富貴寄せる

[銀造] 2018年10月 6日 09:00

 暑中見舞いに頂いたお返しをしていなかったので、季節の替わったこの時にと、秋のお茶菓子を探していました。

季節を問わず好評なのが、銀座菊廼舎(ぎんざ きくのや)さんの、「富貴寄(ふきよせ)」です。 

 

注文している間、退屈しないようにとのお気遣い(これが、さりげない・おもてなし)で、お茶と豆皿に盛られた「富貴寄(ふきよせ)」を頂きました。

1538099473124.jpg

 製品の缶の色が夏の青色から茶色、赤がかった色の趣に変わります。 季節を感じますね。

包装は幾つかパターンがあり、銀座らしい明るい浮き浮きとした熨斗紙にして貰いました。

1538099551165.jpg

 妻の永年のお友達に、そして故郷の妹夫婦にと送りましたが、「有難う」の電話が来て、また一つ嬉しい事がありました。

銀座菊廼舎さんのお店は、銀座5丁目の銀座コアビルの地下1階で、HPは、こちらです。 https://www.ginza-kikunoya.co.jp/

 

 

新富のおいしいタイ料理店〔ピンク・エレファント〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年10月 5日 09:00

新富2丁目にあるタイ料理屋さんです

pink201801.JPG

「東南アジア最大都市バンコクから本場のタイ料理辛さ香りをそのまま奥銀座『新富町』へ」のキャッチコピー通り、「辛さ」と「香り」は病みつきになります

ランチタイムは、月曜日から金曜日まで11時30分からで、当日、12時すぎに行くと、案の定、いっぱいで少し待ちました

コンビネーションランチセットAランチを注文しました

pink201802.JPG

おかず2品ジャスミンライススープサラダ付きです

ちなみに、Bランチだと、おかずが3品となります

ライスは大盛無料です

pink201803.JPG

おかずは12種類の中から選べます

pink201804.JPG

私は、「タイ風オムレツと「ポークとインゲンのレッドカレー炒め2品を選択

オムレツ」は、味よし、外のパリパリ感と中のトロトロ感のバランスよしで、「レッドカレー炒め」は、唐辛子マーク2つで結構辛いですが、ポーク旨みインゲン甘みが引き立つのがすごいですね

こちらの「辛さ」と「香り」は、おいしさの記憶を呼び戻させる効果があるらしく、しばらくすると、また、行きたくなります

また来ます

pink201805.JPG

ピンク・エレファントのHPはこちら ⇒

http://www.sukho-thai.co.jp/

 

 

ふくしまの物産、みでって ② ~日本橋ふくしま館「MIDETTE」~

[rosemary sea] 2018年10月 4日 14:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をスピーディーに取材します、rosemary sea です。

IMG_20180926_130414 (2)a.jpg

福島県のアンテナショップ、日本橋ふくしま館「MIDETTE」さんはふくしまの「今」と「魅力・元気・活力」を発信しています。

前回のご紹介はこちらです。

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/10/post-5656.html

公益財団法人 福島県観光物産交流協会 日本橋ふくしま館「MIDETTE」小林誠副館長にお世話になりました。

それではお品のご紹介です。今回はロズマリが得意とするスイーツ特集です。

IMG_20180925_132436 (2)a.jpg

酪王カフェオレ  酪王乳業(株)

左上:300ml 163円 中央下:1L 390円 右下:500ml 217円

右上:酪王ハイカフェオレ 300ml 163円

え?ドリンクから?それってスイーツ?と思われたかた、ご説明させていただきます。

ここから始めないといけない理由があるからです。

次からは本当にスイーツですから。

酪王カフェオレは福島県民に愛される、ソウルフードならぬソウルドリンクです。

『福島と言えば定番、酪王のカフェオレです。』

酪王ハイカフェオレはコーヒー風味が強くなっております。生乳も40%以上です。

・・・酪王カフェオレは、これを使用した関連商品がいろいろできています。

IMG_20180925_132621 (2)a.jpg

左:酪王カフェオレクランチ 5個 324円

右:酪王カフェオレサブレ 169g 540円 どちらも(株)長登屋

酪王カフェオレクランチは食べやすい一口サイズ。

酪王カフェオレサブレは福島県産の生乳を65%使用しています。

こちらも食べやすい一口サイズのサブレです。

IMG_20180925_132638 (2)a.jpg

IMG_20180925_153555 (2)a.jpg酪王カフェオレプチパイ10個&クランチ5個 864円 (株)長登屋

ギフトに最適です。

酪王カフェオレプチパイはさくっとした食感です。

『それぞれ、酪王カフェオレを進化させたお菓子となっております。』

 

・・・ここからは福島三大銘菓の薄皮饅頭、ままどおる、家伝ゆべしです。

IMG_20180925_132724 (2)a.jpg

IMG_20180925_151822_1 (2)a.jpg薄皮饅頭 つぶあん 8個入 864円

薄皮饅頭 こしあん 8個入 864円

薄皮小饅頭 つぶあん 9個入 648円

薄皮小饅頭 こしあん 9個入 648円 どちらも(株)柏屋

厳選された小豆と職人さんの技から、おいしい餡が生まれます。

嘉永5年(1852年)奥州街道郡山宿での創業より、「こしあん」は上品でなめらか、口どけの良さとさらっとした甘味で人気です。

旅人はこのお饅頭を食べたいがために、わざわざ遠回りまでしたそうです。

「つぶあん」は甘さ控えめ、小豆本来の素朴な風味と、ふっくらとしたつぶの食感が楽しめます。

薄皮饅頭は日本三大饅頭の1つで、温泉饅頭の原型、と云われています。

因みに日本三大饅頭は中央区通の皆さん、ご存知なら嬉しいです。

そうです、中央区明石町の超のつく老舗、塩瀬総本家さんの「志ほせ饅頭」もそうです。

あと1つは岡山の大手饅頭伊部屋(いんべや)さんの「大手まんぢゅう」です。

IMG_20180925_132801 (2)a.jpg

ままどおる 5個入 432円 (株)三万石 郡山市

「お乳を飲む人」というスペイン語からのネーミングです。福島土産の定番ですね。

バターをたっぷり使った生地でミルク餡を包み込んだ、優しい味が人気のお菓子。

『当店の主力商品です。』

IMG_20180925_132749 (2)a.jpg

家伝ゆべし 2個入 216円 ・ 6個入 648円 (株)かんのや

三春において創業300余年のかんのやさん。

鶴が翼を広げたその姿がモデルの独特なかたち。

その昔、三春城主・田村義顕(よしあき)公の祖先・坂上田村麻呂が、2羽の丹頂鶴に育てられたという云われに由来しています。

もっちりとした歯ごたえのある生地に、自家製の餡が包まれた伝統の味。

柚子の実を使った本来の柚餅子(ゆべし)ではなく、東北地方で一般的なくるみ入りの四角なゆべしでもありません、「餡入りゆべし」です。

IMG_20180925_132820_1 (2)a.jpg

IMG_20180925_151200_1 (2)a.jpg檸檬(れも) 3個入 486円 ・ 6個入 1,080円 (株)柏屋

「れもん」ではありません、「れも」です。薄皮饅頭の柏屋さんのお品です。

牧場からの贈り物は、ミルクとやさしいクリームチーズ。

おいしく包んで、しっとり丹念に焼き上げてあります。

ほのかなレモン風味と口どけの良さをご堪能ください。

『チーズケーキのタルトです。』

IMG_20180925_132534 (2)ab.jpg

IMG_20180925_155741 (2)a.jpgいもくり佐太郎 1個162円 (株)ダイオー

その昔、佐太郎のひとり娘に吾妻の山の神が横恋慕。

佐太郎はお月さまのアドバイスに従い、山の神の大好物の芋と栗をお供えしたことで、山の神は娘をあきらめました。

娘はめでたくいいなづけと結ばれることに・・・。このふるさと民話がルーツです。

さつまいもと栗を使用したスイートポテトのような食感。

上品な甘さがストロングポイントのお菓子です。

『さつまいもに栗の食感も楽しめます。』

IMG_20180925_132546 (2)a.jpg

IMG_20180925_155256 (2)a.jpg栗本陣 2個入 380円 ・ 4個入 760円 ニュー木村屋

北海道十勝産小豆を使用し、ゆっくり炊き上げた自家製のこし餡。

これに風味豊かな栗を丸ごと一個入れました。

更に、国産最上羽二重(はぶたえ)粉と白玉粉を練り込んだ、絹のように透き通ったお餅で包みました。

IMG_20180925_132708_1 (2)a.jpg

IMG_20180925_152108 (2)a.jpgじゃんがら 1個 185円 ・ 3個入 560円 (株)みよし

郷土芸能「じゃんがら念仏踊り」に由来する、いわきを代表するふるさと銘菓です。

小麦粉と卵で焼いたサックリとした皮に、北海道産大納言小豆を練り上げた小倉あんを包んでいます。

 

・・・紹介しきれません。日本橋ふくしま館さんのご紹介はあと2回続きます。乞うご期待、です。

 

日本橋ふくしま館「MIDETTE」

日本橋室町4-3-16 柳屋太洋ビル1階

東京メトロ 三越前駅より徒歩3分 新日本橋駅より徒歩1分

03-6262-3977

営業時間 平日 10:30~20:00

     土日祝日 11:00~18:00

臨時休館日 2018年10月21日(日)

休館日 年末年始

日本橋ふくしま館「MIDETTE」さんのホームページはこちら

⇒ http://midette.com/