中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


インスタ映え必至!与力と同心も唸るROAR COFFEE

[Hanes] 2018年5月16日 14:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
皆さんには行きつけのカフェやお気に入りのカフェがありますか?
 
全国的に展開している多くのコーヒーショップや喫茶店がしのぎを削る中、
「インスタ映えする」と数年前から話題のコーヒースタンドが
八丁堀にあると職場で小耳にはさんだ私...
そういう情報には疎いのですが、気になって仕事帰りに立ち寄ってみた
ROAR COFFEE HOUSE & ROASTERY(ロアー コーヒーハウス&ロースタリー

DSC_1987.JPG

ご覧の通りこぢんまりとした店舗ではありますが、
海外のコーヒースタンドを思わせるおしゃれな雰囲気があり、
一瞬中央区にいることを忘れてしまいます
 
しかし、ひとたび奥に進むと、どこからか視線を感じるような...
気になって辺りをキョロキョロ見回してみると、
天井付近や棚の上にトラやライオンのぬいぐるみがありました!

Dolls.jpg

外観からは想像できない強そうな動物のぬいぐるみが置いてある理由は、
店名が、ライオンなどの猛獣が「ガオォー」と吠えることを意味する
ROARだからだそうです
その他、店内には吠え声が聞こえてきそうな猛獣がデザインされた
シックで格好いいテイクアウト用カップが並んでいます

DSC_1988.JPG

思わず写真を撮りたくなる小物に気を取られながらも、注文のためカウンターへ。
海外の方にも人気のROARですが、近隣にお勤め・お住いの方からも支持されており、
どこかホッとできるアットホームな店員さんの対応が印象に残ります

DSC_2006.JPG

私が注文したのは、お目当てのレインボーラテアートが施されたカフェラテと
キルシュ酒を使用した大人のクロワッサンデザート、ピンクタイガー

DSC_1996.JPG

聞いてびっくり。この手の込んだラテアートは、なんと無料なのです!
つまり、コーヒー代をお支払いすれば、希望者にラテアートのサービスがつくのです
これはお願いするしかないですよね

DSC_1985.JPG

私のように背景がホワイトのラテアートにしたい場合、
中煎りのエスプレッソ
(フルーティーな甘みと花のような香り/赤ワインやベリーのフレーバー)
中深煎りのROAR ウルフブレンド
(なめらかなコクと立体的な口当たり/ナッツやチョコレートのフレーバー)
のいずれかを選びます。

DSC_2002.JPG

これらのエスプレッソ(ダブルショット)は別にいただけるため、
お好みのタイミングでお好みの量だけ加え、味の変化等を楽しむこともできます。
よって、インスタ映えする写真が撮りたいという方のみならず、
純粋にコーヒーがお好きな方にも満足していただけるはずです

ピンクタイガーは、表面に見えるピンクのハートが可愛く、
これまでにありそうでなかったややしっとりめのクロワッサンスイーツで、軽食としてもちょうどよさそうな感じでした

DSC_1998.JPG

このお店では、ラテアートの他にもエクストリーム ミルクシェイクをはじめ
インスタ映えするメニューをたくさん取りそろえています。
江戸時代、八丁堀に住んでいた町奉行配下の与力と同心たちもそのおしゃれさに驚き、
その美味しさに思わず唸ることでしょう

DSC_2081.JPGのサムネイル画像

手ごろな価格で美味しいコーヒーが楽しめるお店をという想いから、
自家焙煎のこだわりのコーヒーがリーズナブルな価格でいただけるこちらのお店
平日のみの営業となりますが、どの時間帯に行っても楽しめるのでオススメです。
 
■ROAR COFFEE HOUSE & ROASTERY
東京都中央区八丁堀2-19-11 1F
営業時間:8:00 ~ 20:30

定休日:土・日・祝日
http://roar-coffee.com/
※本記事内の写真につきましては、お店の方から掲載許可をいただいております。

 

 

 

珠屋コーヒー

[橘] 2018年5月16日 09:00

  "喫茶店ニコス" そして、宮内庁御用達のコーヒー豆販売の珠屋小林コーヒーは京橋の骨董街にありましたが、母の日のプレゼントにコーヒー豆を買おうと思って行ってみたらお店がクローズしていました

新しい事務所は3月25日に小伝馬町に引っ越しをしていました。

tamaya3.jpg

 
そして、会社名は「株 珠屋櫻山」となっています。これは、三越(銀座および日本橋)等でラスクを販売している"CAFE OHZAN"と昨年12月に合併したからだそうです。

小伝馬町は事務所だけで喫茶のお店はありませんが、コーヒー豆は事務所で購入できます

tamaya2.jpg

tamaya1.jpg


事務所住所:中央区日本橋小伝馬町16-5 

電話:03-5847-6770

    ビルの3階にあります。上記の看板が置かれていますが、余り目立ってはい

    ません。その代わり、ビルの近くに行くとコーヒーの良い香りが漂っていたの

    で、私は直ぐに見つけられました

又、会社のHPからも購入できます。

http://www.tamaya.coffee/



創業以来81年コーヒーを販売している珠屋コーヒーの"ロイヤル・ブレンド"は宮内庁に納めているコーヒーに近い味だそうです。皆さんも是非一度お試しください。

 

 

 

牛すじカレーバーグ〔肉酒場ビストロ男前〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年5月14日 12:00

日本橋室町1丁目にある肉料理のお店です

gyusug201801.JPG

肉酒場ビストロ男前 日本橋三越前店日本橋のひとつ川上に架かっている西河岸橋のたもとにあります

下の地図、赤〇のところです

gyusug201800.jpg

ランチで利用させてもらっています

gyusug201802.JPG

本日は、「牛すじカレーバーグ」を

gyusug201803.JPG

よく煮込まれた牛すじカレーソースがおいしいです

ハンバーグもいつものことながら、肉肉しくて)、歯ごたえ噛みごたえがあり、満足できます

gyusug201804.JPG

また、来ます

昨年11月、今年1月に同じくランチを紹介したブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/11/post-4756.html

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/01/post-4908.html

 

 

ライオン 銀座七丁目店 2Fでランチ

[銀造] 2018年5月10日 14:00

 平日の14時過ぎ、銀座のレストランはランチ営業を終え、夕方の再開店の為に、英気を養い、休憩、夜の仕込に入る時間です。

6、7、8丁目でお目当てのお店に行くと、ことごとく、「14時でLOです」とか、「休憩になります」とか言われました。 (こちらのお店は、次の機会に行くこととして)、 昼間から夜まで通しで回転しているレストランは少ないようです。

そんな状況のなかで、ライオン銀座七丁目店を思い出しました

平日の月曜日から金曜日、日替わり定食はドリンクバー、グリーンサラダバー付きで、¥1,080円(消費税込み)

1525256038168.jpg

 今日の日替わり定食は、牛バラ炒め&イワシのフライ&ヒレカツ&所謂(いわゆる)スパゲティー・ナポリタンが添えられていました。

1525256056697.jpg

勿論、ドリンクバーサラダバー付きです。 ランチ生ビール、ランチワインは別料金で楽しむことが出来ます。

やっと人心地ついて、また銀座の街の散歩を楽しみました。

 

 

わんことテラスでランチ〔上海ダイニング〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年5月10日 09:00

shang201802.jpg

佃2丁目、共同通信社・研修交流センター1階にある中国料理のお店です

shang201805.jpg

中央大橋のたもとにあって、隅田川を目の前にして食事が楽しめるレストランです

shang201804.jpg

ここは、桜の時期夜景もすばらしいです

shang201803.jpg

こちらのテラス席ペットOKです

shang201801.jpg

私たちが訪れたのは土曜日だったため、「祝日ランチメニュー」で、「2品ランチセット」を注文

次のA~Eまでの料理のうち2品スープ小鉢ライスデザートが付きます。

3品選べる「3品ランチセット」もあります。

A:黒のマーボードウフ

B:鶏とサツマ芋の炒め

C:エビのマヨネーズ和え

D:カサゴの油淋ソースがけ

E:細切り牛肉やきそば

shang201806.jpg

写真の右から、D(カサゴ)B(鶏)A(マーボー)C(エビ)です

それぞれ、おいしいですよ

マーボードウフは結構辛いです。

shang201807.jpg

デザート杏仁豆腐です

shang201808.jpg

おいしいランチのあとは、快晴石川島公園パリ広場を散歩しました

奥に見えるのは、永代橋です

shang201809.jpg

のどかな午後のひとときでした

 

 

亀島川沿いで優雅なひとときを@Cawaii Bread & Coffee

[Hanes] 2018年5月 9日 09:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
先日開催された「東京アート アンティーク」で八丁堀周辺を歩いた際に、
とあるアンティークショップの踊り場で偶然情報を入手したお店が気になり、早速足を運んでみました!

そのお店とは、亀島川沿いにあるCawaii Bread & Coffee
2014年7月のオープン以来、近隣のワーカーや住民の方に親しまれている
地域密着型のパンとコーヒーのお店です。

DSC_1922.JPG

今回は、このお店を運営をしている八丁堀のクリエイティブエディターズユニット
カワイイファクトリー株式会社の中山さんにお話を伺いました。

■オープンのきっかけ
八丁堀を拠点に編集や執筆を主な仕事としている中山さんたち...
ある時、オフィスの近くに毎日通えるパン屋がないことに気づき、
「周りには、私の他にも同じような思いをしている人がいるはず!」と思い、
パン屋をプロデュースする決意したそうです
しかし、ただ地域の皆に親しまれているだけのパン屋ではないのです!

■安心・安全のパンを目指して
店内に入ると目に飛び込んでくる美味しそうなパンの数々...
目には見えませんが、実はこだわりがあるとのこと。
それが、天然酵母(自家製酵母を含む)を使用した国産小麦100%のパンを提供することです

DSC_1933.JPG

パンは全て店内で手作りされた無添加となっており、
店内ではガラス越しにパン作りの様子を見ることができます。
トッピングの野菜等もできるかぎりオーガニックのものを心がけているそうです

パンが焼きあがる時間が前もって分かるので、
気になるパンが焼きあがるタイミングでお店に足を運ぶのもよし

DSC_1920.JPG

■生まれ変わった建物で優雅なひとときを
実はこの建物、以前は小さな印刷工場やガレージとして使用されており、
西沢立衛建築設計事務所によるリノベーションを経てこのお店に生まれ変わりました

パンやコーヒーのテイクアウトも可能なので、お持ち帰りされる方も多いのですが、
今回オススメしたいのが店内のイートインスペース
このお店オリジナルとなっているアラベスクの壁紙が印象的な店内には6席、

DSC_1931.JPG

亀島橋と亀島川の景色を堪能できる屋外テラスに5席あります。

DSC_1927.JPG

特にテラス席は川沿いということもあり、静かで比較的涼しく、居心地の良い空間となっており、
知る人ぞ知る八丁堀の一押しスポットのようです
せっかくなので、私もテラス席にて「春のエルベ」をいただきました。

DSC_1924.JPG

「エルベ(erbe)」はイタリア語で「野菜」を意味し、
旬の野菜がトッピングされた季節限定のフォカッチャになっています。
塩とオリーブオイルでマリネしたスナップエンドウが鮮やかで、
春を感じさせる味わいになっていました
また、生地には栄養価の高い全粒粉が使用されているのも嬉しいところ

海外の方は毎日誰かしらいらっしゃるので(お住まいの方、お勤めの方、観光の方)、
このような素敵なロケーションと安心して食べられるパンを兼ね備えたお店が職場の近くにあったら、
毎日でも通いたくなりますよね

亀島橋からも見える可愛いピンクの建物が目印になっていますので、
お近くにいらした際には、川やその周辺に咲き誇る花を眺めながら
時を忘れてくつろいでみてはいかがでしょうか?

DSC_1936.JPG

■Cawaii Bread & Coffee
東京都中央区八丁堀2丁目30-16 T&Yビル1階
営業日時:水~土 7:00~18:00  / 日 7:00~16:00
定休日:月・火
http://www.cawaiibreadandcoffee.com/