中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


バビーズ ヤエチカ〔八重洲地下街〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年3月 7日 12:00

八重洲地下1番通りにある、ニューヨーク発祥カフェレストランです

ハンバーガーホームメイドのパイパンケーキなどのアメリカの伝統的な家庭料理が楽しめます

bubbys001.JPG

こちらは、朝はエッグベネディクト、昼はサンドイッチ、夜はアルコールとともにハンバーグステーキローストチキンと、気軽に入れてどの時間帯にも利用可能な便利なお店です

家庭的気取らない店作りなつかしさまでおぼえてしまいます

bubbys002.JPG

今日は、午後の休憩タイムに利用

アップルパイコーヒーを注文しました

そもそもここの1号店は、パイ専門店として開業しています

bubbys003.JPG

アップルパイりんご酸味ホイップクリームのくどくない甘味オーガニックコーヒー酸味苦味のマッチングが最高です

パイもいろいろありますので、来るたびに何をたのもうかと選ぶ楽しみもあります

bubbys004.JPG

テイクアウトも可能です

営業時間は、7時半から10時半まで。祝日は、9時から10時までとなります。

bubbys005.JPG

八重洲地下街バビーズヤエチカのHPはこちら ⇒

http://www.yaechika.com/shop_detail.php?shopid=sp340

 

 

選び抜いたフルーツを世界から  ~ 千疋屋総本店 ~

[rosemary sea] 2017年3月 6日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をメソッドとして取材します、 rosemary sea です。

 

ロズマリとしては千疋屋総本店さんの果物はここまでほとんど国産のものを中心にご紹介してまいりました。

しかし実際、海外フルーツにつきましても選び抜いて数多く取り扱いされています。

今回は千疋屋総本店さんの海外フルーツにスポットライトを当てたいと思います。

株式会社 千疋屋総本店 日本橋本店 販売副部長の吉田さんにお話を伺いました。

 

DSC02033a.jpg

マスカット オブ イタリアン。ニュージーランド産。

美しい緑色の粒がボリュームのある房になり、完熟すると優雅なマスカット香が漂います。上品な甘味、気品ある味わいをお楽しみください。

「今の時期、国産のブドウもこういった大きさのものがない中で、前になるんですけど、岡山県のマスカットを生産している方が実際にニュージーランドに行って育て方や作り方などをニュージーランドの方に教えてできたものが日本に入ってきています。それがこのマスカット オブ イタリアンです。南半球で、少し暖かい秋ぐらいの時が向こうで旬です。そこで採れたものが日本に入ってきているというかたちです。現地生産者は現在減ってきておりまして1人2人という数になってきていて貴重です。」

 

DSC02035a.jpg

マンゴー。 ナンドクマイ種です。タイ産。

とても瑞々しく強い甘味があり、繊維質が少ないため食べやすいのが特徴。常温で保存し、表皮に少しシワが出て来たら食べ頃。冷蔵庫で2~3時間冷やすとベスト。

「普通のマンゴーより少し細長いかたち。"ナンドクマイ"はタイ語で"花の雫(しずく)"を意味します。」

 

DSC02034a.jpg

パパイヤ。カポホソロ種です。タイ産。

「1年中タイ産のものをご用意しております。」

 

DSC02036a.jpg

アボカド。メキシコ産。

なめらかな舌触りに加え、栄養価も高く、古代から愛されてきました。常温で保存し、果皮が黒褐色になり、手のひらで軽く握って柔らかさを感じたら食べ頃。

「メキシコ産のものを1年中ご用意できます。」

 

DSC02037a.jpg

左、ネーブルオレンジ。アメリカ・カリフォルニア産。

果頂部にへそ(navel)に似たくぼみがあることからこう呼ばれます。甘味と酸味のバランスがちょうどよいオレンジです。

「今が旬です。夏場はオーストラリア産のものと替わります。洋菓子コーナーのオレンジジェリーにもなっております。」

右、グレープフルーツ ルビー。アメリカ・フロリダ産。

西インド諸島・バルバドス島原産、オレンジとざぼんの雑種と云われています。赤みがかった果皮と透き通った赤い果肉のルビーは、ジューシーで甘味豊富な食べやすいグレープフルーツ。

「こちらも旬です。夏場は南アフリカ産のものとなります。柑橘系は冬場が一番おいしいものが作られるので。こちらも洋菓子コーナーのグレープフルーツジェリールビーともなっています。」

 

他には・・・バナナはエクアドル産。

「本日はエクアドル産のものですが、フィリピン産のときもあります。日によってこのどちらかとなります。」

・・・吉田さん、ありがとうございました。

 

DSC02038a.jpgここで千疋屋総本店さんの海外フルーツ取り扱いについて・・・

明治10年(1877年)三代目・大島代次郎氏は、まだ日本には出回っていなかった海外のフルーツに目をつけた人物です。

当時、横浜などには食料補給のために外国船がよく寄港していました。

そこで代次郎氏は港に出向いて、船員さんの食料としていた食材の中にあった果物に着眼、船員さんに「果物を売ってくれないか?」と掛け合い、バナナやパイナップルを買い取ることに成功しました。

「千疋屋はよい値段で買ってくれる」と評判になり、お店まで売りに来てくださる人が出てきました。

それ以降、徐々に扱う商品を増やしていき、輸入物を店頭に並べるようになりました。

上は日本橋本店の奥に掲げられた中村不折(慶応2年【1866年】ー昭和18年【1943年】の書です。書にもあるとおり、三代目・代次郎氏と親交あったものとされています。

DSC02049b.jpg中村不折は洋画家・書家。京橋八丁堀、現在の中央区湊の生まれ。

夏目漱石「吾輩は猫である」の挿絵画家としても知られています。

左の画像をご覧ください。筆跡は新宿中村屋さんの「中村屋」のロゴに現在も用いられています。

 

 

併せて、ロズマリからお知らせ

中央FM「Hellow! RADIO CITY 」月曜お昼の番組・中央区観光協会特派員「大好き!中央区」3月13日(月)の放送はロズマリ2回目の登場です。

千疋屋総本店さんの記事第3弾(2月2日)「併せて紹介 月替わりのエトセトラ」について語ります。

お聞きいただけますと幸いです。

中央FMさんのホームページはこちら ⇒ http://fm840.jp/

 

DSC02039a.jpg千疋屋総本店 日本橋本店 1F

メインストア(果物・花販売部)

日本橋室町2-1-2 

日本橋三井タワー 1階

03-3241-0877

営業時間 10:00~19:00 

元日を除き無休

千疋屋総本店さんのホームページはこちら ⇒ http://www.sembikiya.co.jp/

 

 

元祖カツカレーのお店〔バー&グリル 銀座スイス〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年3月 6日 12:00

築地2丁目にある「バー&グリル 銀座スイス」は、昭和22年創業老舗洋食店支店になります

銀座スイスは、カツカレー発祥の店として有名で、その誕生エピソードとしては、銀座本店の常連だった巨人軍千葉茂氏の「カレーカツをのせてくれ」の一言で、昭和23年に誕生したとのことです

swiss001.JPG

ちなみに、千葉氏は、読売ジャイアンツで活躍された往年の名選手で、背番号は、千葉氏が現役引退後、昭和33年に入団した新人の長嶋茂雄氏に譲り渡されました

監督に就任した近鉄バファローズの、バファローは、千葉氏の現役時代のニックネーム猛牛千葉」にちなむそうです                                                                                                            

swiss002.JPG

ランチで、「ポークカツカレー」を注文

温かいカップスープ付きです

ポークカツは、衣がサクサクで、カラッと揚がっており、あまり厚みがないのも、カツカレーカツとして合っています

カレーは時間をかけて煮込まれていて、シンプルカレーでも楽しめます

中辛具合も私には合っています

カツカレーの組み合わせは最高です

swiss003.JPG

お店の対応はとても丁寧です

ランチメニューは、日替わりの盛り合わせランチハンバーグステーキスープライス付き)、ハヤシライスなどもあります

銀座スイスのHPはこちら ⇒

http://ginza-swiss.com/index.htm

 

 

築地魚河岸 朝8時でも入館OK 新鮮な魚貝類が待ってます

[銀造] 2017年3月 4日 14:00

 東京メトロ有楽町線の新富町駅で香港からの旅行客4人。 香港語は通じなかったですが、東京メトロの運行図を見せて、築地市場に行くこと確認し、道案内

途中、築地駅前で外国人女性おひとり様が案内板の地図をにらんでいる姿に遭遇。こちらの方もご一緒にご案内することとしました。

この女性は、チリのサンチアゴから来た旅行者で、11時には東京駅へ行き、新幹線で京都へ行くという強行スケジュールでした。

私達2人のスペイン語の会話に、香港人4人は加われず、「では。」と、門跡通りから場外市場に入っていきました。 チリの女性は、「チレーナ」。綺麗な方でした。

1488410735163.jpg

「ぷらっと築地」で親切な応対を受け、地図を頂き、一般の方は10時まで中央卸売市場には入場できない旨を教えて頂きました。

波除稲荷神社前で、「ハイ、チーズ!」 築地市場の外観説明と「魚がし横丁」の店を訪問しました。

1488410753848.jpg

「ぷらっと築地」のスタッフの方が、「築地魚河岸」への入館は、一般の人は原則 9時ですが、最近は空いているので、早い時間でも入館OK とのアドヴァイスで、館内のお店の水産物を見学。 蛸は、スペイン語では、「プルポ」と言います。

1488410766172.jpg

彼女は、美味しそうな大きな鮪の四つ割りにも見入っていました。

1488410783533.jpg

「築地魚河岸」小田原館の3Fにあるレストランは、朝7時からオープンしています中央卸売市場に入場前のひと時は、「築地魚河岸」へお立ち寄りください

お食事処は、「海鮮丼」、「中華料理」、揚げ物」、「CURRY」、「喫茶」が営業しています。

「築地魚河岸で、朝食を!」  これが新しいファッションになるかなと思っています。日曜日、祝祭日、水曜日(一部が休業)はお休みです。 築地場外市場と、「築地魚河岸」の情報は、こちらをご覧ください。http://www.tsukiji.or.jp/

 

 

神茂さんの歴史について語ります ①  ~ 神茂 ~

[rosemary sea] 2017年3月 4日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をコアとして取材します、 rosemary sea です。

DSC02027a.jpg日本橋神茂(かんも)さんの創業は元禄元年(1688年)、というのは前回述べさせていただきました。

今回はその歴史について詳しくご紹介させていただきます。

今回も有限会社 神茂 井上卓(たかし)社長直々にお伺いしました。

始祖とされる神崎屋長次郎さんは大坂の神崎というところの出身。ここから江戸へ出て漁業に従事しました。

それで江戸時代には「神崎屋(かんざきや)」という屋号を用いていました。

代々、「神崎屋茂三郎(もさぶろう)」を襲名するようになり、市場では縮めて「神茂」と符丁で呼ばれるようになりました。

それに伴い明治になって屋号も「神茂」と改めました。

DSC01971a.jpg昔から、半ぺんや蒲鉾ひとすじに精進されてきた伝統の味わいはとても評判でした。

明治29年発刊の東京自慢名物会の錦絵(木版画)にも「魚市場神茂」となって詠われています。

「名物と世にめでられて 昔より

          変わらぬ味の 月の蒲鉾」

江戸でも明治でも、そして現在も、神茂さんの半ぺん・蒲鉾は"名物"です。

神茂さんには先人の言葉として以下のような意味の教えが遺され、受け継がれています。

「商売はあまり大きくしてはいけない。大きくするとどうしても目が行き届かなくなる。

食べ物は一度まずいものを売って評判を落としたら、二番が続かない。

また買いに来ていただけるように、ていねいにいい品を造ることがいちばん大事。」

珠玉の名言、ですね。勉強になります。

神茂さん、丁寧に心を込めて製品を造り続けております。

多くの方にごひいきにされている所以です。

DSC01978a.jpg日本橋にお店を出した当初は蒲鉾専門でした。

後に半ぺん製造も手掛けることに。

ここから半ぺんのお話です。

江戸時代、鮫のヒレ(ふかひれ)は、中国などへの幕府の重要な輸出品のひとつでした。

品川沖や浦安沖には鮫場と云われる漁場がありました。

幕府への献上品となるふかひれとなるヒレを取った残りの鮫の身が、日本橋の魚河岸で取引されていました。

今、市場に出回る「はんぺん」のほとんどは鱈(たら)のすり身を混ぜています。

しかし神茂さんの半ぺんは今も鮫だけを使って造っています。

大隈重信さん、家では節句には必ず神茂さんの半ぺんが供されたそうです。

有名人のファンは他にもいっぱいいらっしゃったようです。

DSC02015a.jpg「あの野郎、ちょいと"かんも"だねえ」・・・

歌舞伎の世界では【若手でちょっと筋のいい役者】が出てくるとこう言うのだそうです。

歌舞伎に造詣の深い、尊敬する先輩特派員の滅紫さん、ご存知・・・ですよね。失礼しました。

そうです、かんも=神茂さん。ここからのおでん種の"すじ"=素質があるという意味の"筋"。なかなか粋な隠語です。

このようなところにも登場する神茂さん、昔から名の通ったお店、という証ですね。

神茂さんでは半ぺん、蒲鉾の他に"すじ"も商品としてあります。

決して主力商品ではありませんが、なかなか美味しいと評判です。

半ぺんはサメを主原料としています。

製造工程で大量に出るのが、軟骨や身のついた"すじ"。

これをミンチにし、少量の食塩とつなぎのでんぷんを加え、すり、すだれで巻いて茹でて出来上がります。

おでん種としてこれはこれで立派な役者さん。

DSC02028a.jpg神茂 本店

日本橋室町1-11-8

東京メトロ銀座線 三越前駅が至近

日本橋三越前 中央通りの大和屋さんとブリッジにいがたの間のむろまち小路を150m、右手前角

03-3241-3988

営業時間  平日 10:00~18:00

      土曜 10:00~17:00

定休日   日曜・祝日

神茂さんのホームページはこちら ⇒ https:www.hanpen.co.jp/

 

 

築地の人気シュークリーム★セリ

[まぴ★] 2017年3月 3日 14:00

毎年大阪の義父にバレンタインデーに
シュークリームを送っているのですが、
ネタ切れになってきて、色々探していて見つけたお店です。

 

DSC_0043.JPG

 
以前は行列が出来ていたみたいですが、
去年の秋に銀座店ができたせいか行列はなかったです。
そしてうれしいのは冷凍のシュークリームが売ってること。
これだと宅急便で大阪に送れます。

 

DSC_0049.JPG

 
近くにヤマト運輸もあるので便利です。
ちなみに隣にあるヤマトは営業所ではないので配送できません。

 

自宅用にも買ってみましたが、夜食べるといい感じで解凍されていて
皮がサクサクでめちゃ旨★
実は硬い皮はあまり好きではないのですが、
このようなサクサクとした硬い皮は大好き(*^^*)

 
築地店は本願寺の前の通りを渡った道の近くにあり、
銀座店は紙パルプ会館と昭和通りの間くらいにあるようです。

 
セリ・スイーツファクトリー