中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


クリスマススイーツ、今年は妖精が舞います  ~  資生堂パーラー  ~

[rosemary sea] 2017年11月 3日 14:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』にスクロールして取材します、 rosemary sea です。

 

資生堂パーラー 銀座本店ショップをはじめとする全国の資生堂パーラーさんで11月1日(水)より毎年恒例の「クリスマススイーツ」を限定発売。

美しいブルーの缶には、フィンランド語でクリスマスの妖精を意味する"ヨウル・トントゥ"がツリーの飾り付けにせっせと勤しむ様子が描かれています。

クリスマスが楽しみで待ちきれず、とうとうオーナメントでボール遊びやダンスを始めたトントゥも。

幸せを分かち合うクリスマスまでの楽しい期間、そしてとっておきのクリスマスを華やかなパッケージに詰め合わせたクランチチョコレートでお楽しみください。

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

 

それでは商品のご紹介です。

資生堂パーラークリスマススイーツ2017a.jpg

『クリスマススイーツ 15個入』  1,598円(税込)

クランチチョコレート3種

ー ミルク・ストロベリー・スペキュロス -  各5個

 

 ミルク(包装色 / ブルー)

ミルクチョコレートをベースに、さっくりとした食感のブラックココアビスケットを練り込んだクランチチョコレート。

やさしい甘さのミルクチョコレートで包んであります。

 

〇 ストロベリー(包装色 / ホワイト)

ミルキーなホワイトチョコレートをベースに、サクサクした食感のクランチと甘酸っぱい苺のパウダーでアクセントを付けてあります。

 

 スペキュロス(包装色 / グリーン)

ホワイトチョコレートにほんのり感じるスパイスが絶妙なバランス。

ヨーロッパの伝統クリスマス菓子が資生堂パーラースタイルにアレンジされています。

2017CS15Pa.jpg

・・・幻想的なクリスマス、資生堂パーラーさんのクランチチョコレートをお供に過ごしてみてはいかがでしょう?

 

 11月1日(水)からの販売ですが、クリスマス限定商品につき、限定数量に達し次第販売終了となります。

  お買い求めはお早めに。

 

【お問い合わせ】

資生堂パーラー フリーダイヤル 0120-4710-04

月~土曜日  10:00~17:00

祝日、年末年始を除きます。

 

資生堂パーラー 銀座本店ショップ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル1階

03-3572-2147

営業時間  11:00~21:00

無休

なお、年末年始にはお休みの日があります。

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

http://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

 

こだわりワインショップ★ワインの窓

[まぴ★] 2017年11月 2日 12:00

歌舞伎座の裏手に10月3日にオープンした
ワインの窓というワインショップです。
店長さんは、ハイアットリージェンシーや赤坂離宮で
ソムリエをやっていた方だそうで、
ワインは、ご自身が美味しいと思ったワインを
販売されているそうです。

 

R0013595.JPG

 

王道のフランス格付けワインや高級ワインはあまりなく、
お手頃で、あまり見たこと無いようなワインがたくさんあり
面白いです。

 

国産ワインも結構多くて、山梨や長野だけでなく、
大阪や滋賀のワイナリーのものもありました。

 

R0013599.JPG

 

10月31日までキャンペーンが開催されていて
ワインが2割引、グラスシャンパン無料、缶ワインプレゼント
と、申し訳ないくらいの大サービスです。

 

RIMG3084.JPG

 

私も「王様の涙」というスパークリングを買い、
ニコラフィアットのシャンパンを
こんなにナミナミとついでもらって飲みました(*^^*)

 

R0013602.JPG

 

今度友達の家でワイン会するときに
話題になりそうなものを何本か
持っていこうと思います!

 

お店にはカウンターがあるので、
グラスシャンパンやグラスワインを飲むこともできます。

 

R0013597.JPG

 
〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目14-1
銀座三丁目ビル 1階

 

ワインノマドのホームページ 

 

 

 

昔ながらのババロアメニュー  ~ 資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ ~

[rosemary sea] 2017年11月 1日 16:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』のスキルを示して取材します、 rosemary sea です。

 

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェさん、11月1日(水)より11月30日(木)まで、創業115周年を記念しましたデザートが登場します。

長野県信州畑工房所有の資生堂パーラー専用ハウスで採れました夏秋いちご"恋姫"をふんだんに使い、昔ながらの"ババロア"に仕立てられています。

資生堂パーラーさんからの"いちごの贈り物"をお楽しみください。

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

 

それでは商品のご紹介です。

いちごババロアa.jpg

長野県 信州畑工房産 "恋姫"のストロベリーババロア

コーヒーまたは紅茶のカップサービス付   1,980円(税込)

昔ながらの優しい味わいのババロアを愛らしく再現。

綺麗な水と空気、そして人の手で大切に育まれ、専用ハウスで採れたいちご"恋姫"をババロア・ゼリー・アイスクリームに仕立てた贅沢な一皿です。

ひとつに約10個分の"恋姫"を使用しています。

 

恋姫a.jpg

<夏秋いちご"恋姫">

恋姫看板a.jpgご存知のとおり、いちごは冬から春にかけて収穫・出荷されるのが一般的ですね。

夏秋いちごは1年を通して収穫が可能な品種ですが、酸味が強くなり、大半を輸入に頼っていたそうです。

高温の夏場でも夜温が下がるという条件が必要な中、信州大学さんが新品種の開発に取り組みました。

そして長野県伊那市で、糖度が高く甘くて味が濃い、しかも香りも良く形もきれいな夏秋いちご"恋姫"の生産を実現されました。

資生堂パーラーさんは信州畑工房さんとのご縁でこの"恋姫"を育てる専用ハウスを持ち、夏から秋にかけても美味しいいちごを提供できるよう、一緒に取り組まれています。

 

・・・特別ないちごの贅沢感、そしてレトロ感溢れるババロアとの相乗効果、これはもういただくしかありませんね。

 

 画像はイメージです。提供されるお品は画像と異なる場合がございます。

 フルーツの入荷状況により、メニュー内容が変更となる場合がございます。

 

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階

03-5537-6231(予約不可です。)

営業時間  火~土曜日 11:30~21:00(ラストオーダー20:30)

      日曜日・祝日 11:30~20:00(ラストオーダー19:30)

定休日   月曜日(祝日の場合は営業いたします。)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒  http://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

雪ノ下料理教室「プレーンパンケーキ」

[佃のうさこ] 2017年10月26日 09:00

10月23日台風が過ぎ去って、眩しい青空が広がった日、行列の絶えない人気カフェ「雪ノ下銀座」で料理教室が開催されました。場所は、京橋プラザからもほど近い銀座1丁目、大きなトマト絵が目印になるトマトビル3階です。教えてくださるのは、もちろん雪ノ下と言えば代名詞の「プレーンパンケーキ」です。

 

雪の下ブログ用1.jpg 

レシピでは、家庭で作りやすい分量で、一つ一つの行程を器具の用い方も含めて、丁寧に教えてくださいました。

 

雪の下ブログ用2.jpg 

低温でじっくり焼くことで、あの誰をも魅了してしまうパンケーキが出来上がるんですね!!パンケーキ好きのうさこにとって、夢の時間が流れます。

 

雪の下ブログ用3.jpg 

シャバシャバの生地から、もっちりしっかりの食感の焼き上がりは、まるで魔法のようです。

 

真夏、3階からずらっと並ぶ行列を、いつも横目に帰っていたうさこ。9月にやっと入店。出会って以来、あのパンケーキの厚さ、高さの虜でした。今回、その謎も解けて大満足の料理教室でした。

 

店長の西ヶ谷さんによると、「4年前からのパンケーキブームを、文化にしたい」との思いで、今回、初めての料理教室を開催されたそうです。大阪でスタートされ、すぐに銀座に出店。ベランダ席とカウンター席のお店は、まるで都会の公園のようなオープンな空間です。

 

次回12月4日に、クリスマス限定の教室が開催されます。パンケーキのクリスマスバージョン。どんな、アレンジなんでしょう?オーブンも使わないので手軽に作れていいですね。興味のある方は、雪ノ下のホームページをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

築地場外鮨職人が満を記して 人形町に新規開店!

[wombat] 2017年10月23日 16:00

ふらりと一人でも立ち寄れるいい空間を演出してくれるお店を見つけました

 

tou.jpg お店 (4).jpg

 

人形町駅徒歩1分に2017年夏に新規開店した (Tou)

築地場内市場にて永年、有名店にて腕を磨いてきた鮨職人が伝統的な技法による江戸前鮨は勿論、同時にずっと心に期してきた驚き溢れる創作鮨の両方が楽しめるお店です。

     

 

 探検したところを掻い摘んでお知らせします。

D (2).jpg
D (1).jpg

 

上:まず、ワインと共に先付をいただきました。

  旬の松茸もありまして!これだけでお腹が一杯です

下:左の皿の右は、なんとチーズです 調合した出汁に

  浸したものですって、ワインに合う すすむう~~~

 

F (2).jpg C.jpg

 

後はお店にて目で楽しみながら鮨職人のうんちく話に耳を傾けて味わって堪能していきましょう

 

お店 (1).JPG お店 (3).jpg
taishou.jpg

 

経験を生かして築地市場内の人脈を生かして随時、良き確かな素材を提供しております。

また、個人経営の良さを生かして極力価格も抑えているのも嬉しい限りです。

 

カウンターとテーブル合わせて16席 

静かな空間で鮨職人と楽しく話しながら時の経つのも忘れるぐらいです。

  

 

祷(Tou)

東京都中央区日本橋人形町2-6-11 五十番ビル2階

電話:03-6661-2533

HP:http://sushi-tou.jp/

 

 

 

変えていくもの・守り続けるもの  ~ たいめいけん ~

[rosemary sea] 2017年10月20日 16:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をニュートラルに取材します、 rosemary sea です。

 

今回は日本橋の老舗・人気洋食店、たいめいけんさんのご紹介です。

創業者は茂出木心護(もでぎ しんご)氏。

 

1931年(昭和6年)独立し、1948年(昭和23年)に日本橋に移転。

「日本人のための洋食」を追求されて初代から二代目、雅章(まさあき)氏へ。

 

マスターa.jpgそして三代目、浩司(ひろし)氏へ。(右の画像)

時代に合わせて、お料理の数も味も変えてこられたそうです。

しかし守り続けるもの、しっかり受け継がれたもの、確かにございます。

親から子へ、そして孫へ。

伝統の味、これは確かです。

作家の池波正太郎さんをはじめ、多くの著名人からも愛された所以です。

 

株式会社たいめいけん 広報担当の鶴岡さんにお世話になりました。

画像もご提供いただきました。

 

なお、たいめいけんさんの5階、凧の博物館さんをご紹介しました記事はこちらです。

⇒   http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/10/post-4674.html

⇒  http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/10/post-4675.html

 

それではご紹介です。

 

1階はカジュアルに楽しめる洋食レストラン。

開店時刻から行列が絶えません。

人気の秘密は創業以来の味をお手頃料金でいただけること。

L1180067b.jpg

更に、ここで改めて言うまでもありませんが、伊丹十三監督の映画「タンポポ」で有名になりましたタンポポオムライス(伊丹十三風)

皆さんご存知ですよね。

チキンライスにのったふわふわオムレツ、これをナイフでスーッと切れ目を入れると・・・はらりと半熟状に香り高く開かれて・・・もう遊園地のアトラクションも顔負けです。

 

オムライス-1c.jpg

他にもオムライス、ハムライスを卵で包んだスタンダードなオムライスもございます。

 

DSC_0154c.jpg L1180096a.jpg

そしてそして、ボルシチ(左)やコールスロー(右)、何と今も50円で提供されています。

いただかない訳にはいきませんね。きっとご満足いただけます。

ここでロズマリ家族のタンポポオムライスの食リポ。

「オムレツが柔らかく、味もベスト。

大人から子供まで楽しめると思います。」

 

2階は本格的に味わう洋食レストラン。

落ち着いて伝統料理がいただけます。コース料理もございます。

小皿料理4a.jpg

ここでの名物料理は小皿料理

いろいろなお料理を少しづつたくさん召し上がれるお客様本位のお料理。

それもそのはず、この小皿料理はお客様からのお言葉が原点だそうです。

「年齢を重ねてくると量的に食べられなくなってきます。

この一皿を食べてしまうと次の料理が食べられなくなってくるから、悪いけど残してあります。

量が少なくていろいろ食べられる工夫はないのでしょうか?」、と。

・・・初代・心護氏はここから小皿料理を提供されはじめたそうです。

 

3・4階は宴会・パーティースペース。

大広間でゆったりと気心の知れたお仲間などでお料理をご堪能いただけます。

お料理もご希望に合わせてのご用意、お問い合わせお待ちしています。

 

【お知らせ1】

中央区と中央区文化・国際交流振興協会共催の「中央区まるごとミュージアム2017」が10月29日(日)に開催されます。

当日このイベントの1つとして例年通り、たいめいけんさんのビル5階、凧の博物館さんは無料開放となります。

通常は日・祝祭日は凧の博物館さんは休館日なのですが、この日はいつもの開館時間11:00~17:00にてお待ち申し上げております。

また、お食事にはぜひたいめいけんさんをご利用ください。

なお、ロズマリは中央区まるごとミュージアム当日は無料運行巡回バスのガイドの1人として、今年も皆様をご案内します。

 

【お知らせ2】

中央区観光協会が主催するまち歩きツアー「わくわくツアー」の"産業コース"にて10月26日(木)に、ツアー名「日本橋老舗巡り"南詰編(みなみづめへん)"」が催されます。

このツアーではたいめいけんさんのエレベーターを昇り、凧の博物館さんへ立ち寄ります。

なお、このツアーのご案内特派員にはロズマリが加わります。

参加申込につきましてはこのツアーは既に締め切られております。

ですが、他のツアーはまだ締切前のものもございます。

見どころ聞きどころ満載です。ぜひご参加ください。

他のツアーの詳細とお申込は右側のリンク集『中央区観光協会』をクリックし、"わくわくツアー 参加者募集"の項をご覧ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

たいめいけん

DSC02923a.jpg日本橋1-12-10

 

東京メトロ銀座線・東西線 / 都営地下鉄浅草線 日本橋駅 C5出口

駅上のCOREDO日本橋のななめ裏になります。

03-3271-2465

 

1階:年中無休

月~土 11:00~21:00

(ラストオーダー20:30)
日・祝 11:00~20:30

(ラストオーダー20:00)

 

2階:日曜・祝祭日はお休みです。

昼の部 11:00~15:00

(ラストオーダー14:00)
夜の部 17:00~21:00

(ラストオーダー20:00)

 

2・3・4階 予約専用ダイヤル

03-3271-2464

たいめいけんさんのホームページはこちら

http://www.taimeiken.co.jp/