中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


東京に島根、あります  ~ にほんばし島根館 ~ ①

[rosemary sea] 2017年8月 8日 16:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』にアプローチして取材します、 rosemary sea です。

 

島根県のアンテナショップ、にほんばし島根館さん、2003年のオープンより、『東京に島根を持ち込む』かのように島根県をPRされています。

物販コーナーの他、インフォメーションカウンターなども併設されています。

ロズマリ食リポ隊のK子さん、島根への旅行の前にこのインフォメーションカウンターを訪れた際、とても丁寧にアドバイスをいただけた、とのこと。

にほんばし島根館 島根県東京事務所の栗之宮館長、安井課長、入江さんにお世話になりました。

 

それではご紹介です。

DSC02687a.jpg

だし・醤油・塩のコーナー

 ここでのおすすめは・・・

 

DSC02685a.jpg飛魚(あご)だし

  製造元:(株)井ゲタ醤油

  販売元: (有) 海士(あま)物産

 

日本海のトビウオ(あご)の風味と旨みがぎゅっと詰まった逸品です。

天然熟成された国産丸大豆醤油、いわゆる「なまのお醤油」をベースに、トビウオの上品な香りと味わいを凝縮させ仕上げられています。

お鍋・煮物・天つゆなど様々な使い方ができますが、ロズマリは以前から自分で打ったうどんのつゆとして利用しています。

麺とは相性は抜群です。風味が違います。

 

 

DSC02681a.jpg

出雲そばのコーナー

京極家の跡を継ぎ、信濃の国・松本から入国した松平直政公(徳川家康公のお孫さん)が信濃からおそばの文化を持ち込んだ、と云われています。

出雲そばはわんこそば・戸隠そばとともに「三大そば」の1つとされています。

玄そばの挽きぐるみのそば粉を使うため、色が黒っぽく、香り高いのが特長です。

ルチンも豊富なのでしょう。

江戸や信州の、白っぽく上品なそばと比べ、荒々しく男勝りなそば。

こしも強く風味が際立ちます。

出雲そばには「割子(わりご)そば」と「釜揚げそば」があります。

それぞれ出雲流の独特の食べ方があります。

割子そばは普通、三段の漆器(割子)に盛って出てきます。

だし汁自体を器のなかのそばにかけます。

1段食べ終われば次の段に、食べ終わりの段の汁をかける無駄のない食べ方。

釜揚げそばはそば湯に入ったそばに汁を適度にかける方式。

茹でたそばは水洗いしません。ユニークですね。

 

 

DSC02689a.jpg

DSC02702a.jpg

真空パック入りのしじみのコーナー

宍道湖は日本一のヤマトシジミの漁獲量。

しじみに含まれるオルニチンが肝臓によいとされていますね。

このコーナーには真空パック入りが並んでいますが、隣りに冷凍のもの、また、日によっては生のものも販売されています。

 

 


和菓子のコーナー

 こちらでのおすすめは2品・・・

DSC02674a.jpg

DSC02695a.jpg

若草(わかくさ)

 彩雲堂(さいうんどう)

 

そもそも「松江の和菓子」のルーツは松江藩7代藩主・松平治郷(不昧【ふまい】)公。

茶人としても有名でありました不昧公の、茶席で使われた「若草」というお菓子、それを明治中期に彩雲堂初代が苦心の末復刻されたと伝えられています。

このお菓子は茶道の心得のあるかたには有名ですね。

島根県産のもち米を練り上げた求肥(ぎゅうひ)、こちらを長方形にし、鮮やかな緑のそぼろにまぶしてあります。

 

DSC02692a.jpg姫小袖(ひめこそで)

  一力堂(いちりきどう)

 

こちらも松江のお殿様から茶会や法要の折にご用命いただいたお菓子として伝えられています。

当時は他所売りを禁じられたことから「お留め菓子」と呼ばれていました。

上品であっさりとした味わいの皮むき餡を、独自調整の和三盆糖で打ち上げた打菓子。

ほろりくずれるような繊細さに和三盆糖の甘みが雅の趣きを醸し出しています。

DSC02713a.jpg

DSC02732a.jpg石見神楽(いわみかぐら)

観光部門から1つだけご紹介。

日本神話を題材に、独特の哀愁あふれる笛の音、活気あふれる太鼓囃子に合わせて、金糸銀糸を織り込んだ豪華絢爛な衣裳と表情豊かなお面を身につけて舞う石見神楽。

島根県西部の石見地方に古くから伝わる伝統芸能です。

神楽を見て育った子供たちにとって、舞子である父などは憧れの存在だそうです。

日常生活の一部として、石見神楽は脈々と受け継がれているようです。

神楽の公演は島根県内では土曜・日曜には大抵どこかで行われているそうですが、島根への旅行の思い出に、神楽観賞もいかがでしょう?

 

・・・にほんばし島根館さんのご紹介は続きます。乞うご期待、です。

 

お知らせ

にほんばし島根館さんは入居ビルの耐震工事に伴いまして平成29年9月19日(火)から、一時休館することとなりました。

リニューアルオープンは来年2月の予定とのこと。

なお、観光案内及び定住相談につきましては休館中も仮事務所にて業務を行うそうです。

 

DSC02699a.jpgにほんばし島根館

日本橋室町1-5-3

福島ビル1階

東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅、A4出口

三越日本橋本店の向かいです。

  

観光のご案内、各種お問い合わせ

⇒ インフォメーションカウンター 03-5201-3310

物産品のお問い合わせ、ご注文

⇒ 島根県物産協会東京支部 03-3548-9511

営業時間  10:30~19:00

年中無休(年末年始を除きます)

 

なお、他に「ふるさと定住・雇用情報コーナー」や

お食事処として「島根の味・日本海の幸『主水(もんど)』もございます。

 

にほんばし島根館さんのホームページはこちら

⇒ http://www.shimanekan.jp/

 

 

 

開店3周年!〔魚釜 日本橋横山町店〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年8月 8日 09:00

uokm001.JPG

昨年の11月に、「コスパ最高海鮮丼」のブログ記事で紹介した魚釜 日本橋横山町店さんの「夜の部」ご紹介です

uokm002.JPG

伺った日は、こちらの開店3周年記念イベント中7月31日~8月6日)でした

uokm003.JPG

場所は、日本橋横山町1-4で、江戸通り清洲橋通りからちょっと入った角地にあり、コーナーに掲げられた「魚釜」の看板がわかりやすいです(下の地図、赤〇の場所)

uokm012.jpg

JR総武線馬喰町駅都営新宿線馬喰横山駅都営浅草線東日本橋駅からも近いです

uokm004.JPG

店名通り、産地直送の新鮮なお魚釜めしが売りのお店です

カウンターも楽しいですし、個室も落ち着けます

uokm005.JPG

本マグロ刺盛

大トロ中トロ赤身づけ4点盛り本マグロを1本買いされてるそうです

uokm006.JPG

生鯖の刺身がのってます、美味し

uokm007.JPG

イワシのなめろう

uokm008.JPG

食前酒で出していただいた梅酒がおいしく、出てくるお料理もおいしく、お酒もどんどん進んでしまいます

uokm009.JPG

カニクリームコロッケ

ランチ同様、コスパがとても良いお薦めのお店です

営業時間は、11:30~14:3017:00~24:00です

uokm010.JPG

鯖の炙り押し寿司

ののったが炙られて香ばしい

なお、お店の紹介・写真撮影については、ご了解をいただきました

ありがとうございます。

uokm011.JPG

磯のかおり ふわふわたまご

アオサの入った出汁がふわふわたまごに合って最高においしい

次回は、釜めしで来ま~す

魚釜 日本橋横山町店のHPはこちら ⇒

http://pkti.net/

昨年の観光特派員ブログの記事(昼の部)はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/11/post-3768.html

 

 

「季節限定ランチ」ー桃と生ハムのカッペリーニー銀座千疋屋

[滅紫] 2017年8月 4日 14:00

100_2468.JPG 100_2474.JPG

「季節限定」に弱い私がやってきたのは銀座千疋屋さんの地下、2階のフルーツパーラーには時々寄りますが、地下は初めてです。入口近くに個室がありテーブル席が7-8席。迷わず「桃と生ハムの冷製カッペリ-ニ」に、友人は「エビとアボカドのジェノベーゼ」を。サラダ、ヴィッシソワ-ズ、飲み物付きで1620円、ジェノベーゼは1296円です。冷製カッペリーニには桃のコンポート、土佐小夏のジュレ、トマトが入って見た目も涼しそうなメニューです。

100_2469.JPG 100_2470.JPG

 

「フルーツポンチ」のちょっとレトロなポスターを見つけて伺うと「開店したころのフルーツポンチ」を描いたものとのこと、そういえば銀座千疋屋さんは明治23年(1890)創業の「日本初のフルーツパーラー」そして「日本初のフルーツポンチ誕生」(大正12年1923)のお店でした。デザートにこのフルーツポンチをお願いしました。ステムの長いグラスもその頃使っていたものに似せたデザインだそうです。使っている果物も当時とあまり変わっていないとのこと。ほぼ100年近く前の人たちには随分と「ハイカラ」な食べ物だったのだろうなと思いをはせながらいただきました。

100_2473.JPG

 

銀座千疋屋フルーツパーラー 電話3571-4388

11時―20時 日祝は19時 ランチは11時から14時

 

 

 

清涼 蕎麦で暑さ乗り切る

[あすなろ] 2017年8月 4日 09:00

夏真っ盛りですね。

 

暑い日には冷たい麺類をカラダが欲するようで、
日本橋室町にある利休庵の暖簾をくぐりに。

 利休庵.jpg

 

目当ては、爽やかな味わいの『おろしそば』。
大根おろし、レモン、海苔、胡麻、糸削りの鰹節、
薬味ねぎで真っ白な更科そばをいただきます。

 おろし蕎麦.jpg

 

大根おろしで薄まることを考えた濃いめ
のつけ汁。その後の蕎麦湯も美味しいです。

蕎麦は多くの栄養素が含まれていますので、
食欲が衰えがちな夏にはもってこいの食事といわれます。

蕎麦を食べて、この暑さを乗り切きましょう。

 看板2.jpg

 

◆利久庵
東京都中央区日本橋室町1-12-16

 

 

9月中旬ー10月開催 セミナーのご紹介  ~ 白鶴 銀座スタイル ~

[rosemary sea] 2017年8月 3日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をマークして取材します、 rosemary sea です。

 

白鶴 銀座スタイル(HAKUTSURU GINZA STYLE)さん、繰り返しとなりますが、ここ銀座から日本酒のあるライフスタイルを発信することを目的として設けられました。

2006年以降、主に日本酒に関する様々なセミナーを開催されています。

教室がイメージできます過去記事、「セミナー教室はこのようになっております」はこちらです。

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/05/post-4353.html

 

今回は現在募集中の9月中旬ー10月セミナーを3つご紹介します。

白鶴酒造株式会社 白鶴 銀座スタイル 福本さんに、今回もお世話になりました。

 

それでは・・・

0314小仕込み.jpg

小仕込イメージ.jpg<全2回シリーズセミナー>

『銀座生まれ、銀座育ちの日本酒で乾杯』

9月12日(火)と9月26日(火)開催

 講師:白鶴銀座天空農園 農園長 小田朝水(おだ あさみ)さん

 参加料:2回分で5,000円(お弁当・お土産付)

 時間:各日とも18:45~20:15

 応募締切:8月28日(月)

 

銀座で日本酒づくりを見学できる特別セミナーです。

銀座の白鶴酒造さんの東京支社ビル屋上にて栽培された独自開発酒米「白鶴錦(はくつるにしき)」を使い、清酒になるまでの過程を見学します。 

更に、お客様自身でろ過したお酒を特別弁当とともに味わうこともできます。

とても貴重な体験になると思います。

 

 

お料理イメージ①.JPG

お料理イメージ②a.jpg簡単おつまみレシピセミナー in 銀座

『秋の夜長を風流に楽しむ日本酒と酒の肴』

9月29日(金)開催

 講師:料理研究家/利き酒師 かわごえ直子先生

 参加料:4,500円(お食事・お土産付)

 時間:18:45~20:15

 応募締切:9月14日(木)

 

手ぶらで参加できるお料理実演セミナーです。

料理研究家/利き酒師 かわごえ直子先生が、日本酒に合う簡単レシピをレクチャーされます。

どこのご家庭にもある食材を使い、" 簡単にできる気の利いた一品 " を学べます。

更に、先生の作られたお料理を、その場でお酒とともにいただくことができます。

季節の食材を用いたお料理をおつまみにして、日本酒を片手に銀座の夜長を堪能しませんか?

 

 

化粧品①.jpg

化粧品②.jpg日本酒✖美肌セミナー in 銀座

『酒粕由来の化粧品を使ったスキンケア講座』

10月5日(木)開催

  講師:白鶴酒造 化粧品事業部 垣内稚子(かきうち わかこ)さん

  参加料:4,000円(お弁当・お土産付)

  時間:18:45~20:15

  応募締切:9月20日(水)

 

" お酒とお肌のいい関係 " をテーマにされた美肌セミナーです。

いにしえよりお肌に良いといわれている日本酒や酒粕の効果を学び、乾燥に負けないスキンケアの方法をレクチャーされます。

当日は実際に化粧品をお肌に塗布しますので、ご自身のお肌の状態に合わせてご参加ください。

お食事を楽しみながら和やかな雰囲気のなかで行いますので、お一人でのご参加もお気軽にどうぞ。

なお、参加された方には化粧品の特別価格で販売もございます。

更に素敵なお土産とお弁当もご用意されておりますので、この機会に " 酒粕由来の化粧品を使ったスキンケア " を体験されてはいかがでしょう?

 

 

DSC02383a.jpg白鶴 銀座スタイル

(HAKUTSURU GINZA STYLE)

 

銀座5-12-5 白鶴ビルディング7階

歌舞伎座の信号角、向かい側のビルです。

 

【お問い合わせ】

電話 03-3543-0776

 9:00~12:00

13:00~17:00

(土日祝除く)

 

詳細・セミナー応募先はこちら

⇒ http://www.hakutsuru.co.jp/g-style/

 

 

Italian Dining & Bar VILLAZZA due at Hotel Sun-Route Ginza

[銀造] 2017年8月 2日 16:00

「レストラン&バー ヴィラッツァ・ドゥエ」は、銀座1-15-11 のホテルサンルートの1階にあります。

ホテルの建物の角にあるレストランでは、、沢山のご婦人方の楽しい、ウキウキした会話が聞こえてきそうな雰囲気だったので、行って見たかった一つでした。

そして、朝の清々しい銀座散歩の後、野菜+ドリンクのビュッフェ食べ放題のパスタ・ランチに行ってきました。

1500387319001.jpg

 先ずは、新鮮な沢山の種類を使ったサラダ、 フルーツもバッチリ!

 

1500387329116.jpg

メインの牛肉のパスタ・ランチ。(半分食べかけての写真パチリ! 実際の量は2倍あります)

 

そして、5種類の新鮮なフルーツ。

1500387339228.jpg

 

デザートもvery good!

 甘さを抑えた紅茶のゼリーも、ケーキと共にとても美味しかったです。

1500387348869.jpg

 詳細は、こちらのURLをご覧ください。

http://www.sunroute-ginza.jp/restaurant/