中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


壁面緑化の「見える化」〔中央区役所〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年8月26日 18:00

中央区でも、壁面緑化されたビルを見かけることが多くなりましたが、実際どのくらい効果があるのだろうと知りたくなることがありますよね

中央区役所では、以前から、正面玄関わき壁面緑化温度計を設置して、壁面緑化されてない壁の温度と、緑化されている壁の温度の違いが、リアルタイム数字でわかるように「見える化」が図られています

hekimen001.JPG

撮影当日(8月22日)は、曇天ながら蒸し暑く、壁面緑化されてない壁の温度は34.3度だったのに対して、緑化されている壁の温度は29.0度と、5.3度も違っていました

hekimen003.JPG

壁面緑化、すごいというか、植物の力を使ったこの効果はすごいですね

明日(23日)以降は、晴れ気温はもっと上がるらしく壁面緑化の効果がより期待されます

hekimen002.JPG

なお、写真撮影に当たっては、ご了解をいただきました。

ありがとうございます

中央区の壁面緑化に関する紹介ページはこちら ⇒

http://www.city.chuo.lg.jp/kankyo/midori/ryokkakoujireishoukai.html

緑化は、壁面だけじゃなく、屋上緑化地上部緑化もあるんですね

 

 

雨の合間〔あかつき公園冒険広場〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年8月23日 18:00

boken001.JPG

8月に入ってずっとが降り続いていた東京の、中央区の公園、の合間の風景です

boken002.JPG

築地7丁目にあるあかつき公園の西側に細長く続いている冒険広場(下の地図、長ひし形赤枠)には、タイヤを利用した遊具やターザンロープなどがあり、ちょっとしたフィールドアスレチック気分を味わうことができます

boken000.jpg

の合間を縫って、多くの家族がこの冒険広場を利用していました(写真は、人が入らないように撮りました)

boken003.JPG

冒険広場の柵には、アサガオも咲いていて、子どもたちの歓声とマッチして、らしさを感じさせてくれました

boken006.JPG

あかつき公園の紹介ページはこちら ⇒

http://www.city.chuo.lg.jp/sisetugaido/koento/bokenhiroba/akatuki.html

boken004.JPG

 

 

2018正月時代劇の舞台、蘭学事始地はこちら!

[柴犬] 2017年8月23日 14:00


真田丸の熱も未だ冷めやらぬ2017年秋ですが、来年・2018年のNHK正月時代劇が、三谷幸喜さん脚本による「風雲児たち」だとプレスリリースされました!時代は江戸中期、蘭学(ヨーロッパ文化)を志す前野良沢と杉田玄白の「蘭学事始(らんがくことはじめ)」の物語です。出演は片岡愛之助(前野良沢)、新納慎也(杉田玄白)、山本耕史(平賀源内)、草刈正雄(田沼意次) さんら。


正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」


となれば...


舞台はもちろん江戸のど真ん中、中央区築地です!


IMG_6524.jpg
こちらが、まさに杉田・前野の蘭学事始地となった場所。石碑が立っております。のちにこの場所に福沢諭吉が蘭学塾(のちの慶應義塾)を開いたので、「慶應義塾発祥の地」碑と並んで立っています。


IMG_6525.jpg

IMG_6526.jpg

画像が見辛いと思いますが、「解体新書」が刻まれた石碑です。


この場所は中津藩(現在の大分県)奥平家の中屋敷がありました。古地図でも確認できます。中津藩の藩医だった前野良沢は、この場所で杉田玄白らと共に、オランダの医学書「ターヘル・アナトミア」の翻訳に取り組みます。


IMG_6527.jpg

石碑の場所は、中央区明石町11。聖路加病院の入り口近くにある小さな広場です。画像の右です。下の地図では、中心下あたりにある三角の区画です。


as.jpg


ここで、蘭学の風雲児たちが。

この場所は、お隣がプラネタリウムで知られるタイムドーム明石、お向かいがトイスラー記念館


IMG_6528.jpg

IMG_6529.jpg

IMG_6530.jpg


築地市場や外国人居留地跡、幕末史跡や文豪史跡、昭和の復興小学校、もちろん築地本願寺もある強力な観光スポットです。観光地を知らなくても、ただブラブラお散歩するだけでも楽しい場所です。銀座の中心地までも徒歩15~20分程度。


ぜひ、風雲児たちの舞台を見にいらして下さい!

ちなみに、ドラマにはおそらく長崎屋も登場するのではないかと思うのですが...


長崎屋は日本橋にあった幕府御用達の薬問屋で、旅宿も兼ねていたため、オランダ商館長や専門知識を持った外国人が多数逗留し、彼らの話を聞くため数多くの学者が集まっていました。平賀源内・杉田玄白・前野良沢・中川淳庵・青木昆陽などもその中にいました。長崎屋と学者たちの様子は、葛飾北斎も描いています


場所は、中央区日本橋室町4−4−10 東短ビル、説明板が立っています。コレド室町や三井本館のすぐ近くです。鎖国が厳しかった時代、江戸唯一の西洋文明の窓口だった大切な史跡です。


今からドラマの舞台を見て、気持ちを盛り上げていってはいかがでしょうか!

 

 

 

勝鬨橋今昔

[皐月の鯉の吹き流し] 2017年8月22日 18:00

築地魚河岸から勝鬨橋を撮影した昔の写真が出てきましたので 見てください。 (父か叔父が撮影したのだと思います)

他にも探したのですが残念ながら、開いた時の写真は 見つかりませんでした

 

 

042F_0008.JPG 

左側は魚河岸で隅田川に向かってスロープがありました。 船の上げ下ろしができたのでしょう。

隅田川の向こう側、月島・勝どきはこの当時見てのとおり 高い建物はありません。(昭和30年頃と思います)

 

 

勝鬨橋_150823_03.JPG

だいたい同じ位置からの写真と見比べてください

 

 

Mona Lisa

[橘] 2017年8月18日 18:00

銀座松屋1Fにある"ルイ・ヴィトン"のショールームにMona Lisaが飾ってあります。

m1.jpg

ウィンクをされたのは、私だけでしょうか

m2.jpg


だとしたら、大変光栄ですが 

 

 

2017 富岡八幡宮例大祭 「深川八幡祭り」

[サム] 2017年8月15日 18:00

DSC_0080ELS'.jpg 

DSC_0051RS'G.jpg 富岡八幡宮の祭礼は深川八幡祭りとも称され、寛永19(1642)年に将軍家光の長男(後の家綱)の世嗣祝賀を執り行なったのが始まりとされています。日枝神社の山王祭、神田神社の神田祭と並んで江戸三大祭りのひとつに数えられ、「神輿深川、山車神田、だだっ広いが山王様」とも謳われる程、その神輿ぶりが有名で、昔ながらの「わっしょい、わっしょい」の掛け声と共に、沿道の人々から清めの水が威勢よく浴びせられ、「水掛け祭り」としても親しまれています。

今年は3年に1度の本祭り。中でも、8月13日に挙行された、氏子各町53基(1~55番。4番、42番は欠番。)の大神輿が勢揃いして練り歩く、「各町神輿連合渡御」は圧巻です。

富岡八幡宮を起点に、永代通り~大門通り~江戸資料館通り~清洲橋通り~清洲橋~箱崎湊橋通り~永代橋~永代通りと約8kmを巡行。

見せ場のひとつが永代橋袂の永代橋西交差点。両側から消防用ホースで大量放水され迫力満点。「揉み上げ」「差し上げ」「舞い上げ」等、粋なパフォーマンスも繰り広げられ、担ぎ手と観衆が一体となって盛り上がりを見せます。 

 

 
<<前のページへ 1234567891011