中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


11月28日 「いい庭の日」

[サム] 2018年11月28日 18:00

DSC07899ELS'.jpgDSC07886RS'G.jpg 11月28日は「いい庭(一一二八)の日」。

都立、国公立、民間など都内の日本庭園に於いて、「秋の東京いい庭キャンペーン」と題し、「いい庭の日」の前後に、東京150年記念に関連した取り組みも含め、各庭園の魅力を発信するさまざまなイベントが展開されています。(11月10日~12月2日)

都立9庭園(浜離宮恩賜庭園、旧芝離宮恩賜庭園、小石川後楽園、六義園、旧岩崎邸庭園、向島百花園、清澄庭園、旧古河庭園、殿ヶ谷戸庭園)では、「いい庭の日」当日来園者先着10,000名に、オリジナルグッズの都立9庭園の家紋入り手ぬぐい(左上画像)がプレゼントされます。

尚、都立9庭園では「都立庭園紅葉めぐりスタンプラリー」も開催中(11月3日~12月9日)。

秋色に染まる庭園巡りを楽しむチャンスです。

 

 

京橋に シロホトトギス 咲いてます

[銀造] 2018年11月28日 14:00

 京橋の高速道路の下の植栽に、可憐な花を見つけました。 

花弁がタイワンホトトギスに似ていて、葉っぱは全く同じなので、「白いホトトギス」という花かなと思っていました。 日比谷公園で開催していたボタニカル・アートの展覧会に行き、お花に詳しい先生にお尋ねしたところ、「シロホトトギス」というお花が園芸種で出ているとの事でした。

1543012060057.jpg

 写真を見て頂いたら、おそらく「シロホトトギス」でしょうと仰ってくれたので、嬉しくなりました。

お隣には、十月桜が開花しています。 お散歩の時にご観賞して下さい。

追申:「シロホトトギス」は、 ユリ科 ホトトギス属の植物です。

 

 

かっこめ・はっこめ 酉の市

[小猿] 2018年11月28日 12:00

11月の風物詩の酉の市、今年は三の酉まであり、築地の波除神社でも市が開かれていました。「三の酉のある年は火事が多い。」と俗信で言われていますが、これは、寒さが厳しくなって火を使う機会が増えることから、火事を出さないようにと言う戒めから言われるようになったそうです。来る年の開運や綬福、商売繁盛を祈願して人々は熊手のお守りを買い求めます。

写真 2018-11-25 15 29 30.jpg 写真 2018-11-25 15 39 35.jpg

 

この縁起物の熊手で「福を掻き込め」との願いを込め、かっこめ、はっこめ、と呼ばれています。江戸の天保年間初期までは、実用品の熊手におかめの面と四手をつけた物だったのが、その後色々な縁起物をつけ、今のような形になりました。 

写真 2017-11-18 14 06 15.jpg

 

写真 2018-11-25 15 24 20.jpg 写真 2018-11-25 15 38 37.jpg 写真 2018-11-25 15 42 15 (1).jpg

  

場内市場が豊洲に引っ越して、築地に残った場外市場、来年も「商売繁盛」が叶うといいですね。

     

 

 

月島紅葉   Autumn Foliage in Tsukishima

[HK] 2018年11月27日 14:00

 

紅葉狩りに遠くまで行くもよし、近場で楽しむもよし。

月島区民センター裏通りでも紅葉が楽しめます。 

ちなみにこの通り、春には桜が楽しめます。 

 

Watching autumn foliage will make you feel so delightful regardless of the place you visit. 

You can also enjoy colorful leaves at the back street of Chuoku Tsukishima Kumin Center. 

The place is also a nice spot to view cherry blossoms in early spring. 

 

 

IMG_0923.jpg

 

 

東京150年にぎわゐ広場

[サム] 2018年11月27日 12:00

DSC07865ELS'.jpgDSC07851RS'G.jpg 浜離宮恩賜庭園では、東京府開設150年記念イベントの一環として、11月24・25日両日、江戸時代から明治時代、江戸と東京をテーマにした、よってらっしゃい、やってらっしゃい、見てらっしゃい!「東京150年にぎわゐ広場」開催中です。

日本文化体験ワークショップ、お土産、軽飲食のお店が、会場の内堀広場の「にぎわゐ広場」に立ち並んでいます。

「着付体験」「薬酒づくり」「盆栽ワークショップ(苔玉)」「盆ラマ(盆栽風ジオラマ)」「野点」「書道」のワークショップに加え、「盆栽展示コーナー」も設営され、多くの外国人入園者が熱心に見入っています。

お土産・軽飲食コーナーでは、8代将軍吉宗公ゆかりの地「和歌山市観光協会」他計8店舗が軒を連ねます。通常園内は禁酒ですが、今回に限り、内堀広場でのみ飲酒が出来ます。

11月25日は、同時開催のスタンプラリー「江戸と明治を探せ!」実施予定です。

 

 

晴海の変貌は刻々と・・・

[下町トム] 2018年11月27日 10:00

P1170207_R.jpg

 

東京オリンピック・パラリンピックがあと1年半後に迫り、だんだんと機運が高まってきましたね。

 

 

 

 

 

 

中央区晴海には選手村が建設中です。基礎工事が終わると建物はどんどん立ち上がっていきます。晴海客船ターミナルに停泊する客船の後ろには大きなクレーンが動き、新しいビルの姿が徐々に見えてきました。これからこの町も大きく変貌していくことでしょう。

P1170202_R.jpg 

 
ご存じの方も多いと思いますが、かつてこの辺りには「国際見本市会場」があり、多くの企業関係者や見物客でにぎわったものです。時は流れて、新たな国際交流の拠点として晴海は生まれ変わります。

 

 

 
P1170205_R.jpg今月、晴海につながる大動脈となる道路・環状2号が暫定開通し、新たな物流や人の流れができました。2020年の五輪の時にはBRT(新交通システム)も開業予定です。その時にこの町がどんな顔を見せてくれるのか楽しみです。
 
完成まで一刻一刻変わっていくこの町の姿を皆さんも垣間見に来られてはいかがでしょうか。

 

 
<<前のページへ 1234567891011