中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


プラネタリウムを観ませんか?

[お江戸太郎] 2014年12月25日 14:00

冬の星座が明石タイムドームで観らます。

ムード満点でデートに最適ですよ。

1 期間 3月8日(日曜日)まで

2 場所 明石タイムドーム

3 内容 [1日3回上映]

 

1回目 ふゆのほしぞら(字幕付)
名探偵 コナン 星空の魔術師(マジシャン)
TVや映画でおなじみの名探偵コナンがついにプラネタリウムに登場。
満天の星空の下で繰り広げられるキッドとコナンの対決。乞うご期待。

◉火~金曜日 午後3時
◉土、日曜日、祝日 午前11時30分

 

2回目 星空生解説
[HAYABUSA BACK TO THE EARTH]

2003年5月に打ち上げられ、2010年に数々の困難を克服した小惑星探査機「はやぶさ」。太陽系誕生の謎をさぐる「はやぶさ」の波乱と感動に満ちた探検の旅に、地球帰還シーンの映像を加えた臨場感あふれる作品。

◉火~金曜日 午後4時30
◉土、日曜日、祭日 午後2時30分

 

3回目 冬の星空
「銀河鉄道の夜」

ビジュアル化は困難といわれた宮沢賢治作「銀河鉄道の夜」の幻想世界を徹底考察し、鮮明に再現。これまで目にしたことのない感動の風景に包まれて、本当の銀河鉄道に乗っているかのような夢の時間を体験して下さい。

◉火〜金曜日 午後6時
◉土、日曜日、祝日 午後4時

 

4 鑑賞料
300円(未就学児•区内小中学生は無料)

5 問合せ
郷土天文館「 明石タイムドーム」
TEL:03ー3546ー5537

ck1413_20141225.jpg

 

 

 

納めの歳の市

[TAKK...] 2014年12月25日 09:00

00.jpg

【2014年12月27日(土)~29日(月)】
東日本橋エリア内で納めの歳の市が年末に開催される。
注連飾りなど正月用品などを売るお店が出るほか、
同時開催の出庫市では、衣料品・靴・ハンドバッグ・日用雑貨などを
格安にて販売。
100軒ほどの問屋が出る。

かつて東京の歳の市は、深川八幡を皮切りに、浅草や神田などをめぐり、薬研堀不動尊で納められたため、「納めの歳の市」というそうです。

 

【昨年の様子】

01.jpg

02.jpg

牡羊座

 

 

2014年12月・銀座夜景

[江戸旅太郎] 2014年12月24日 14:00

■歳末の銀座を、1丁目から8丁目まで夕刻から歩いてみました。目にしたものをご紹介します。

 

(1)奥野ビル1階丸窓に、「神の鳥・エゾシマフクロウ」が!!(12月21日(日)16時31分撮影。以下撮影時刻です

■Y'sARTS円窓展示。コンクリートで創った作品(中山隆氏[鳥刻展]12月15日~21日)。

 G1.jpg

G2.jpg G3.jpg

 

(2)中央通り歩道に、「ペンキぬりたてポスト」が!!(18日(木)18時44分)

 G27.jpg

  

(3)Y's WINE GALLERY前の路地路面に、「赤いドット柄」が!!

 G4.jpg

 

(4)銀座2丁目交差点に、「ブルガリ、ルイ・ヴィトン、シャネル、(カルティエ(現在工事中))のイルミネーション」が!!

■四隅に世界四大宝石商が揃った為、ラグジュアリークロスが通称となりつつあります

 G5.jpg G28.jpg

 G7.jpg

  

(5)松屋前の歩道に、「社会鍋」が!!(18日(木)18時57分)

 G29.jpg

 

(6)建替え予定のミキモト店頭に、「37本目のモミの木(クリスマスツリー)」が!!

 G34.jpg G49.jpg

■モミの木の前は、撮影する人、眺める人などで大混雑(21日(日)17時51分)。

 G33.jpg

 

(7)中央通りに、「スペシャル・シャンパンゴールドのLED」が!!

■(HPより)一般社団法人銀座通連合会、ギンザ・インターナショナル・ラグジュアリー・

コミッティ(GILC)、全銀座会は、12月3日「ギンザ・イルミネーション・ヒカリミチ2014~

未来を照らす光~」の点灯式を行った。同イベントは東北復興支援を目的として始まり、

今年4回目を迎える。74本の光る三角柱を中心に、銀座通りと晴海通りの沿道を約18万個

のスペシャル・シャンパンゴールドのLEDが飾る。

 G35.jpg

■今年は、高さ2mの球体オブジェ「MOON」が登場しています。

 G44.jpg

■ギンザ・イルミネーション・ヒカリミチ2014~未来を照らす光~

日時:2014年12月3日(水)~2015年1月18日(日)15~24時。

場所:銀座通り(中央通り)1丁目から8丁目および晴海通りの数寄屋橋から銀座4丁目交差点付近。
東北復興支援募金箱設置店舗:ブルガリ銀座タワー、バーバリー銀座店、カルティエ銀座2丁目ブティック、シャネル 銀座、ディオール銀座、アルフレッド ダンヒル 銀座本店、アルマーニ銀座タワー、グッチ銀座、ハリー・ウィンストン銀座本店、エルメス銀座店、ロンシャン銀座、ルイ・ヴィトン松屋銀座店、モンブラン銀座本店、サルヴァトーレ・フェラガモ銀座本店、ティファニー銀座本店、ヴァン・クリーフ&アーペル銀座本店、安藤七宝店東京支店、伊東屋銀座本店、英國屋銀座二丁目店、鳩居堂銀座本店、銀座あけぼの銀座本店、銀座いさみや銀座本店、銀座貝新、銀座木村家、銀座コア、銀座千疋屋、銀座大黒屋、GINZA TANAKA銀座本店、銀座通郵便局、ギンザのサヱグサザ・メインストア銀座、銀座三越、SHISEIDO THE GINZA、資生堂パーラー銀座本店、松屋銀座、メガネのユニ銀座本店、ヤマハ銀座店、ユニクロ銀座店、和光本館。

 

(8)和光のウインドウに、「フクロウの眼」が!!

G48.jpg G46.jpg

■(HPより)「晶」:煌めきにあふれるクリスマスの銀座は、まるで万華鏡のよう。

そこで、冬のウインドウは万華鏡の中のパラレルワールドをテーマとし、クリスタルの冬の森を表現した。

街は森となり、人々はフクロウとなり、影は色となり、夜の闇は白く光る。

フクロウの眼をイメージしたオブジェを覗き込むとその一つひとつにも物語が込められている。

 

(9)銀座4丁目交差点角の仮囲いに、「るんびにい美術館」のアート作品」が!!(来年1月18日(日)まで)
G45.jpg G36.jpg

■(下の文章は、「るんびにい美術館」(〒025-0065 岩手県花巻市星ヶ丘1丁目21-29)のHPから)

 

るんびにい美術館は、社会福祉法人光林会が運営するアートと憩いの空間です。

 

るんびにい美術館の展示作品の中心は、障がいのある方たちの美術作品です。

それらの作品には、作者が自身の求めるものをどこまでも貫ききった、限りなく

自由な羽ばたきがあります。時にその力強い翼は、観る人の心をもはるかな自由

の世界へと導きます。

 

また障がいのある作者の作品には、表現の生命の源に下ろされた限りなく深い根

があります。現代の美術には様々な表現の形があります。しかしその表面的な形

がいかに違っていようとも、表現の源流は同じ場所にあるのでしょう。障がいのある

作者たちは、その深い根によってあらゆる表現の源の命を明らかにします。
 

私たちの心は沢山のものを区別します。障がい者と健常者。おとなとこども。男性と

女性。国、人種、人と動物と植物...。この世界は、無数のボーダー(境界)でできて

います。
もしも、すべてのボーダーを心から消し去って、それらをただ一つのものとして見る

ことができたなら。もしそんなことができたなら、そこには何が見えるのでしょうか。
 
もしかしたら、そこに見えるのはただ命の輝きだけかもしれません。
 
楽しく、なにげなく深く。るんびにい美術館でそんな輝きを垣間見ていただけたなら、これほどの喜びはありません。

 

(10)メルサに、「閉店のお知らせ」が!!

 G40.jpg

 

(11)銀座6丁目10地区第一種市街地再開発事業[松坂屋銀座店跡地など](地上13階(高さ66m)・地下6階。

平成28年11月30日完了予定)の工事現場に、「クレーン」が!!

 G42.jpg

 

(12)花椿通りに、「星のイルミネーション」が!!

 G43.jpg

 

(13)銀座NAGANOの店頭に、「小さな雪だるま」が!!(21日(日)17時59分)

 G12.jpg G13.jpg

 

(14)並木通りの歩道に、「投影イルミネーション」が!!

 G31.jpg G32.jpg

 

(15)天賞堂のウインドウに、「可愛いケーキ」が!!

 G1.jpg

 

(16)銀座5丁目計画(地上11階(高さ56m)・地下5階。平成28年1月31日完了予定)のビルに、「星」が!!

 G6.jpg

 

(17)西銀座チャンスセンター(宝くじ売り場)に、「行列」が!!(18日(木)19時47分)

G38.jpg G39.jpg

G37.jpg

■21日(日)18時8分のチャンスセンター窓口。

G16.jpg

                                                                   以 上

 

 

 

 

 

築地にある吉野家1号店

[Mr.Chuo-ku] 2014年12月19日 15:00

 創業明治32年(1899年)、牛丼チェーン最大手として国内・海外に約1800店舗を展開する吉野家の創業店(1号店)は中央区築地の中央卸売市場フード内にあります。

 

※↓の各写真、画像はクリックすると拡大

1.jpg


①社名は、株式会社吉野家 (英文名:YOSHINOYA CO.,LTD.)
※吉の字は、正しくは「土(つち)」に「口(くち)」


②中央区日本橋魚河岸にて創業

2.jpg

 
③1号店のメニューは牛丼と牛皿に、みそ汁や玉子といったおなじみのサイドメニューのみ

3.jpg

 

(①社名、②写真、③メニューは公式ホームページからの抜粋)

 
以下は、聞いた話なのですが、

この1号店で使用している肉は和牛とのこと。玉葱も新鮮で柔らかく、ここ築地は「新鮮な素材」「食のプロ」が集う場所であり、牛丼についても拘りがあるということでしょうか。
また、注文時、「ねぎだく」「つゆだく」といったオプションはどの吉野家でもあるが、1号店では「ねぎだくだくだく」「つゆだくだく」といった、「だく」を何回言うかによって程度が変わるそうです。さらに、「つめしろ(冷ましたご飯)」や「とろだく(肉の脂身多め)」などもあるそうです。吉野家としても魚河岸を創業とした「築地店」は特別に思い入れがあるらしく他店とはスタンスを変えているそうです。

 
住所:東京都中央区築地5-2-1 中央卸売市場フードC

営業時間:5時~13時

定休日:築地市場に準じる

4.jpg

 

公式ホームページ
吉野家1号店:
http://www.yoshinoya.com/shop/tsukiji/index.html

吉野家の歴史:
http://www.yoshinoya.com/company/history.html

 

 

 

中央区てくてくさんぽ 晴海大橋

[kimitaku] 2014年12月17日 16:00

 晴海通り 

 黎明橋から晴海トリトンスクエアを左に見てまっすぐ進むと

 晴海大橋が見えてきます。

P1010012-HASISITA.jpg

この橋かなり急勾配。

ジョギングや散歩に最適です。

そのまま渡ると豊洲地区に向かいます。

ゆりかもめ。

丸い東電の変電所(ここは海底ケーブルで木更津から送電しています。)と遠く新市場工事現場(築地市場の移転先)が見えます。 

P1010013-SOUKO.jpg

 右手手前には晴海の倉庫群 レインボウブリッジ 東京湾 

 竹芝ふ頭 遠くには晴れていると富士山が見えます。

 左手はららぽーと豊洲が。 

 むかし石川島の造船所があったところです。

 

晴海大橋を渡る手前運河沿いに「晴海臨海公園」ができました。

この公園自転車乗り入れ禁止。

休日にでも 運河(海?)を見ながらの散歩やジョギングに最高です。

その先には スカイツリーもそびえています。

DSC_0477-DOURO.jpg DSC_0282-JYOUGU2.JPG

 

 

急げ!

[佐平次] 2014年12月 9日 09:00

日本橋三越の裏手日本銀行本店横の通りを隔てた分館に日本銀行金融研究所「貨幣博物館」があります。

http://www.imes.boj.or.jp/cm/

 

貨幣博物館表紙.jpeg

 

貨幣博物館歴史.jpeg

日本の古代からの貨幣や資料はもちろん、海外の珍しい貨幣も収集・展示されています。

貨幣博物館内部.jpg 

 貨幣博物館内部2.jpg

 
江戸時代の一両は現代ではいくらに相当するのか?など当時のモノの値段との比較だけでなく社会や経済の仕組みや農産物の作柄や地域差といったも踏まえて貨幣価値というものを理解させるような解説もあり、経済社会を勉強するような工夫もされています。

ただ実物や資料が展示されているだけでなく実際に触って感触や重さが実感できるほか、精密な偽造防止技術をルーペを使って調べたりと体験型のブースもあります。

 

円の起源や日本の貨幣の歴史の他、外国の珍しい貨幣や紙幣も必見です。

 和銅 古銭.jpg古銭壺2.jpg

 古代貨幣.jpg 

  外国古銭1.jpg  外国古銭2.jpg

  

入場料はさすが日銀、無料と太っ腹ですが、何と年内でリニューアル工事のため休館となります。
休館は来年の11月頃までの 予定です。
年内は月曜の休館日を除き12月28日(日)までオープンしています。9:30~16:30まで

館内は写真撮影禁止ですので当ブログの画像はパンフレット&HPから転載したものです。

 

また、日本銀行では明治29年に建てられ国の重要文化財に指定されている本館や新館内部を見学しながら歴史や業務を解説してもらえるツアーがあります。
これは要予約で1日4回、所要時間は1時間です。

詳しくはHP  https://www.boj.or.jp/about/services/kengaku.htm/

 日銀見学2.jpeg