中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ライトアップ@浜離宮

[月島菜々子] 2015年8月25日 09:00

7月から10月にかけて浜離宮のライトアップが試行されていることをご存知でしょうか。

IMG_0137.JPGIMG_0183.JPG

東京都がオリンピックを見据えて迎賓館としての活用を検討するため実施しているもので、先日そのバスツアーに参加してきました。

日没18時半頃から約1時間庭園内を散策。

虫の音が響く園内、暗闇に映し出される三百年の松、潮入の池に浮かぶ中島の御茶屋。

どれも息を呑むほどの美しさに驚くばかり。

ここが都心の真ん中であることが信じられませんでした。

また、ライトアップされた静かな佇まいは煌々と灯りの点る汐留のフィスビル群と不思議と調和がとれていました。21世紀と江戸時代の融合とでも言いましょうか、時を忘れていつまでも眺めていたい夜の浜離宮でした。

          IMG_0139.JPGIMG_0177.JPG

 

 

富岡八幡宮神幸祭 二の宮神輿渡御

[pont] 2015年8月18日 16:00

F1000015.JPG

  

  

2015年8月16日、箱崎・新川

地区を、富岡八幡宮の

日ごろは八幡宮の神輿庫に

奉安・展示されている

二の宮神輿が

氏子に担がれて渡御しました。

  

写真は、箱崎を出発して湊橋

に向かう神輿です。

 

重さ2トンの二の宮神輿が、

実際に担がれて氏子町内を

巡るのは6年ぶりとのことです。
 

富岡八幡宮の祭りは水かけ

祭りであるため、3年ごとに

行われる氏子町神輿の連合

渡御(次回は2017年の予定)

と同じく、神輿と担ぎ手には

消防隊のホースや近隣の

店舗から容赦なく水が浴びせられ、祭りの雰囲気を盛り上げていました。

 
神輿は中央区の氏子町を通り、永代橋を渡って江東区側の氏子町に担ぎ手を引継ぎ、
深川の本宮に無事到着しました。

お盆休みの最後を彩る華やかなイベントでした。

 

 

富岡八幡宮例大祭二の宮神輿

[さとけん] 2015年8月17日 14:00

8月16日、多くの人のお盆休みの最終日に富岡八幡宮例大祭の二の宮神輿の渡御が行われました。

 

神輿が近づくと、沿道には急に人があふれ出てきました。あちこちから水をかけられて盛り上がって

 

いました。消防署の方も放水は楽しそうでした。再来年の本祭りに向けて一段の盛り上がりを見せて

 

いました。

富岡八幡宮二の宮渡御5.png  富岡八幡宮二の宮渡御3.jpg

富岡八幡宮二の宮渡御2.png  富岡八幡宮二の宮渡御1.jpg

 

 

 

築地本願寺 納涼盆踊り大会 8月1日まで

[銀造] 2015年7月31日 09:00

 

 築地本願寺の納涼盆踊り大会が7月29日から始まりました。

1438164248739.jpg

 低頭して、会場へ向かいます。

1438164238640.jpg

 築地場外のお店も沢山出店して、美味しい物を買い求める人の列が出来ていました。

1438164257700.jpg

 皆さん、大変楽しそうでした。楽しそうなシーンの写真は、別の特派員の報告をご覧下さい

今日は、お勉強があったので、やむなく闇に消えた銀造です。

取り急ぎ、ご案内申し上げます。

 

 

夏越の大祓茅の輪くぐりー小網神社

[クラさん] 2015年6月24日 09:00

小網神社では、20日(土)より茅を束にして作った大きな茅の輪が飾られ、「夏越の大祓」が行われる6月30日(火)まで鳥居に設置されています。

ck1522-201506231.jpg

ck1522-201506232.png

 

大祓とは、古来より伝えられている神事で、年2回(6月と11月)神前にて罪や穢れを祓い、心の浄化、魂のよみ返りが祈念される伝統的な儀式です。また、初穂料を添えて人形(ひとがた)を神社に納めると大祓式で祈祷していただけるとのことです。

 

ck1522-201506234.jpg

 

心身を清める為に「茅の輪」をくぐり越しますが、これは備後国風土記の武塔神の故事に基づくものだそうです。この茅の輪くぐりの際、「水無月の夏越の祓する人は 千年の命のぶといふなり」この歌を3度唱えながら輪をくぐり、ご参拝します。帰りには、邪気を祓うといわれる輪の茅を抜きとり、門口にさしておくとのことです。

ck1522-201506233.jpg

 

心身を清め、気持ちも新たに夏を乗り越えたいものです。

 

 

数寄屋橋公園 2015/05/23 休日無料不動産相談会に行ってきました

[銀造] 2015年6月 1日 14:00

  数寄屋橋公園は、「昔此処に、数寄屋橋あり」という石碑が建立されており、一世を風靡したラジオドラマ 「君の名は?」の舞台となった所です。

そんな数寄屋橋公園は、岡本太郎さんの「若い時計台」が行き交う人たちを温かく見守り、平和な時を刻み続けています。

5月の柳まつりの時は、ここでコンサートが開かれていました。

そんなわけで、今日も何か楽しいことがありそうな気がして、やってきました。

 今日は、中央区が後援の、宅建協会千代田中央支部が主催の、「休日無料 不動産相談会」が開催されていました。

そうですね、秋の"まるごとミュージアム"の時にも、無料相談会が開催されていたのを思い出しました。

DSC07451 (340x191).jpg

 

今日は、チラシに描かれた「間違いさがし」に応募すると、もれなく記念品がもらえるというので、応募しました。

私は、停電時に便利な小型のLED携帯電灯を頂きました。

 

そして、自分が移転した土地家屋の事について相談してみることにしました。

DSC07448 (340x191).jpg

私の質問は、

①処分した土地家屋について、売った後は税務署に申告しないといけないのか?

②処分して損をした場合、税法上の優遇措置の有無

③買換えをしない場合、した場合の違い。

 その税法上の優遇措置は、何が適用条件か? などを質問しました。

そんな質問に、弁護士の先生が丁寧に分かりやすく答えてくれました。

 おまけに、質問をしたのに、防災グッヅのお土産(ラジオ)まで頂きました。

こういう社会貢献活動をなさっている「宅建協会 千代田中央支部」と後援されている中央区に

深い敬意と感謝を覚えました。 皆さんも、次回の催しでは、気軽に相談されては如何でしょうか?