中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


東京みなと祭りと晴海の散策

[勝どきに!カミタマン] 2015年5月26日 09:00

5/23,24の土曜・日曜に第67回東京みなと祭が実施されました。会場はオリンピック選手村の予定地です。選手村予定地の散策を兼ねて、東京みなと祭にいってきました。

東側から選手村を一望してみました。左手に客船ターミナルさらにその左に停泊しているのは、本日一般公開される船です。また晴海の会場から豊洲新市場を見てみると、着実に工事がすすんでいます。今後の開発が楽しみです。

IMG_1126-2.jpg IMG_1148-2.jpg

 

会場では、ステージでの色々な演目や賑わい広場でのイベントで子供連れのご家族で賑わっていました。晴海ならではのイベントとしては珍しい船の一般公開があります。今回は「測量船海洋」・「しゅんせつ船海竜」・「練習船海鷹丸」・「護衛艦ゆうぎり」等の一般公開がありました。めったにない機会なので「しゅんせつ船海竜」・「練習船海鷹丸」・「護衛艦ゆうぎり」を見学いたしました。「ゆうぎり」は3,500tの護衛艦ですが、軍艦を見学できる機会もすくないせいか、30分待ちでした。哨戒ヘリコプターを搭載していることが特徴で、一般公開でもヘリコプターの公開場所のスペースの問題で見学に時間がかかっているようでした。

 IMG_1196-1.jpg  

 

また24日の午前中には、水の消防ページェントがおこなわれました。

IMG_1185-1.jpg

オリンピックに向けて晴海の発展んが楽しみです。

 

 

 

晴海埠頭から見る東京湾

[伊達屋酔狂四代目] 2015年5月21日 18:00

                                                             

  HZ6n0YYIDc6Yis_1431998325_1431998356.jpg


 


 

 

 

 

が見たい。

そんな時、晴海埠頭客船ターミナルはお勧めのスポットです。

交通の便が悪い分、ひとは少なく、眺めを独り占めできることも可能です。

ちょっと早起きして、ジョギングがてら晴海に来られてはいかがでしょうか?

やんわりとした朝陽、爽やかな潮風、青い海。

それらを感じながら大きく伸びをする。

晴海は、東京オリンピックの際には、選手村になります。

それまでに是非お越しください。

 

When you feel like you want to see the sea,

is a recommended spot.

A sparsely-populated region due to inconvenient transport,

yet be able to enjoy uninterrupted sea views.

Why not get up a bit earlier and stop by for a while

when you are jogging around Harumi?

Gentle morning sun,

refreshing sea breeze,

and the deep blue sea.

Please try to fully stretch yourself while feeling them.

Harumi is selected as one of the sites for Olympic Village

for the 2020 Tokyo Olympics.

Why not have a visit here first before the Olympics?

 

您是否有过特别想看海景的时候?

此时此刻,晴海客船码头将是您的不二之选。

交通不便,人迹罕至。

却也因祸得福,常能独享美景。

可有兴趣略早起些,

在晨跑时顺便来晴海瞧瞧?

朝阳和煦,海风送爽,深海碧蓝。

在享受着这一切时不妨伸个懒腰呢。

晴海在东京奥林匹克运动会期间将作为奥运村。

若能在此前抽空一游,何乐而不为呢?

 

 

 

隅田川を望む「勝どき5丁目緑地」

[kimitaku] 2015年5月20日 18:00

  築地から勝どき橋を渡り右手にまがりほどなく進むと、 

 小さな公園があります。

   

DSC_0176-1.jpg
「勝どき5丁目緑地」

 歩いていても、知らずに見過ごしてしまう

 本当に小さな公園です。 

 けれどこの公園、憩う人も少なくのんびりできる公園でもあるのです。

 

DSC_0174-1.jpg


勝鬨橋の下流にできた新しい橋を間近に望むこともできます。

 

DSC_0083-1.jpg対岸の右手は「築地中央市場」。遠くに「聖路加タワー」。

 

DSC_0084-1.jpg下流左手には「浜離宮恩賜庭園」

後方には、汐留の高層ビル群も望むことができます。

 

休日の午後、たまにはこの小さな公園で、

遠くの景色を見つめて、行き交う船を見つめて、のんびりしてみませんか。

 

続きを読む: 隅田川を望む「勝どき5丁目緑地」

 

るかなび ランチタイム ミニ講座&ミニ落語 May 21st, 2015

[銀造] 2015年5月13日 18:00

 るかなび ランチタイム ミニ講座&ミニ落語は、
平成27年5月21日(木)12:30から開催されます。
P1001119.JPG

 
今月の講座は、「自分で守ろう、自分の健康」です。
12:35から<ミニ講座>「毎日コツコツ 骨の健康づくり(その2)」があります。
 骨粗鬆症とか骨に関する問題を、自分の体への対策を考える良い機会ではないでしょうか?
12:50からは、<落語>山朝亭半゜佐さん(Sanchoutei-Pansa)さんによる軽快な口調による楽しい落語が語られます。
この方の落語は、以前にお聞きしたことがあるので、面白いのは請け負います。
(以前の様子は、こちらをご覧下さい・・・・・・http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2014/01/srsanchopansa.html
では、為になる健康講座と落語、現地でお会いしましょう!

 

 

 

2015晴っ呼まつり

[勝どきに!カミタマン] 2015年5月12日 14:00

 5月8,9,10の3日間、2015晴海 晴っ呼(はるっこ)まつり」が晴海トリトンスクェアで開催されました。9日(土),10日(日)の2日午後の2時間ほと観に行きました。

2Fのグランドロビーでは、特設ステージが設けられ人気のキャラクタショーありました。9日は「プリンセスフリキュア」、10日は「ニンニンジャー」ということで、ちびっこ達に大人気。

 IMG_1064(230px).jpg   ニンニンジャー.jpg

トリトンスクェアの2Fグランドロビーでは、有名なアーティストの演奏等がたびたびあり、無料で鑑賞できるのでちょっと得した気分になれます。昨年は中川英二郎さんのトランペット(ジャズ)を聴きすっかりファンになりました。それをきっかけによる銀座Swingで食事をしながらジャズをきくようになりました。今月は5/19(火)トリトン晴れた海のオーケストラメンバーによる弦楽四重奏があります。それも是非聴きにゆければとおもっています。

 

朝潮運河沿いのテラスでは、屋台(西)とリサイクルマーッケト(東)が催されていました。屋台では日本の各地のうまいものが大集合。「手作り豚まん」・「大分の鶏のから揚げ」・「地ビール ヴィルゴビール」を食してみましたが、とても美味しく大満足。さらに西側の端のほうでは、消防・警察の啓発ブースがあります。

   IMG_1067(230px).jpg     IMG_1068(230px).jpg

 

トリトンスクエアの内部に入って「水のテラス」では区民ステージがあり、30分ほど「ダイナマイトしゃかりきサーカス」のステージをたのしみました。

   IMG_1097(230px).jpg

 

今週末は天気も心配されたのですが、非常に好天気に恵まれ、非常によい休日をすごすことができました。

 

 

 

"シラー・カンパニュラータ" に "アオスジアゲハ"

[サム] 2015年5月 9日 09:00

R0033396ELS.JPGR0033408RRSG.JPG 5月6日は二十四節気の「立夏」。 

太陽の黄経が45度に達する時で、「夏立つ」「夏来る」とも称されます。

「晴海トリトンの庭」の木々の若葉も青々と茂り、魅力的な季節です。

館内ポケットプラザ「花・水・木」のグリーンアドバイザーの案内で園内を散策する毎月恒例の「ミニガーデンガイドツアー」。

今月は7日に「春の彩り」のテーマにて開催されました。(12:30~12:50 14:30~15:20)

「花のテラス」では「ベニバナトチノキ」の赤色、「ヤブデマリ "ピンクビューティ" 」の白色(咲き始めの所謂"装飾花"は白色で、咲き進むと徐々に薄いピンク色に染まります)、「モッコウバラ」の淡い黄色の3色が好対照をなしています。

今回もプランツ・ウォークを通じて、いろいろと季節の花に関し学びましたが、途上目に留まった、《シラー カンパニュラータに吸蜜飛来するアオスジアゲハ》の様子を取り上げてみました。

 

花のテラスの一角の足許を飾る冒頭の「シラー カンパニュラータ」。

別名ツリガネズイセン、スパニッシュ ブルーベル。

キジカクシ科ヒアシンソイデス属(ユリ科シラー属とも分類)の多年草で、薄紫色の釣鐘型の沢山の可憐な花が群生しています。

  R0033392RRS.JPG  R0033400RRS.JPG  R0033405RRS.JPG  R0033407RRS.JPG

一方の「アオスジアゲハ」。

幼虫はクスノキ、タブノキ、ニッケイ、ヤブニッケイなどのクスノキ科を食樹とするため、近年、都心部でもポピュラーな種のひとつ。

成虫の出現期は5ー10月、年2ー4回発生するとされます。

ちょうど各地気象台観測の「キアゲハ初見」の「季節の便り」を聞く時節です。

翅は黒色で、前翅と後翅に、鮮やかな青緑色で半透明の窓のような模様の帯は、人目を引きます。

動きは敏速で、樹木や花の周りをめまぐるしく飛翔。

"アゲハチョウ" には珍しく、通常、翅を閉じて静止する習性があるとされます。

翅を小刻みに震わせての吸密行動にしばし釘付けです。