中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


旧外国人居留地を散策<明石町界隈>

[whatever] 2013年5月28日 08:13

 薄着での外歩きが、ようやく気持ちいい季節になってきました。なんと言っても植物が芽ぐむ季節であり、心も身体も元気になります。

 特派員の活動の一つ、京橋の中央エフエム(84.0MHz)での収録を初体験したある週末。青空が気持ち良かったのでこのまま自宅に帰るのはもったいないと思い、築地方面へ歩いていくことにしました。

 最近は明石町界隈、旧築地外国人居留地を散策するのが気に入っています。特にトイスラー記念館や聖路加国際病院周辺は緑が多く、本を読んだり、この近くのパン屋さんでパンを買い込み、小腹を満たしたりしながら過ごすのが楽しみになっています。時々、この辺りの風景を本格的に描かれている方々に遭遇することもありますが、絵心のない私は後ろからそっと覗いては羨んでいます。
 この一帯は歴史的建造物や記念碑が多いのですが、今回はそれらの説明ではなく、見かけた植物を紹介します。

teusler.JPG まず、トイスラー記念館の入り口近くのゼラニウム(手前)とローズマリー。柔らかなピンク色のゼラニウムはちょうど咲き始めの時期だったようです。ローズマリーは新葉が勢いよく成長中で、撫でると刺激的な香りが手に移ります。ローズマリーの鋭い香りは、頭をすっきりさせる効果があります。肉料理にも合いますね。こちらはフリンジラベンダーでしょうか。ぐんぐん成長中のようで、つぼみがつくのはこれからのようです。すでに開花した別種類のラベンダーもありました。あやめの凛とした姿はとても美しいです。鞠のような花房のバラ。名前は分かりませんが、ころころとしてかわいかったです。その他にも、鮮やかな黄色い花薄紫色の花(すみません、名前が分かりません)などたくさん咲いていました。

 同記念館横に流れる小川の脇に生えているザクロの木。花が咲き始めています。そして、聖路加国際病院小児総合医療センター近くの看板に覆い被さっていたこちら、梅じゃなくてですよね(違うかな)?どちらも収穫までの成長を見届けようと思います

 sisgnboard.JPGそして、同センター前の花壇に右の立て看板(裏面)が。'Laboratory of Plant Assisted Therapy TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE'と書いてあります。調べたところ、東京農業大学農学部に植物介在療法学研究室があるようです。
 この花壇では、チェリーセージマーガレットが満開でした。チェリーセージの白と赤のコントラストが愛らしいですね。入院中の患者さんによって大切に育てられているのかもしれません。 

 と、このようにたくさんの植物が目と心を楽しませてくれます。

 church.jpgまた、トイスラー記念館からほど近いところに区民有形文化財のカトリック築地教会聖堂があります。屋根正面の外壁には、バラチューリップの美しいレリーフが施されています。

 隅田川や築地市場も近いので、皆さんの散歩コースの一つに加えてみてください。新しい発見がありますよ♪
 

 

中央区クイズ

[杏葉牡丹] 2013年5月22日 09:00

ちょっと前になりますが、3月に中央区の区民カレッジの卒業式がありました。
式の終了後のアトラクションと交流会の企画は在校生が行うということで、私も在校生の一人としてスタッフに参加させていただきました。

交流会では、中央区に関するクイズ大会 をやることになり、スタッフ皆で問題を考えました。私も色々考えたのですが、その時に採用されなかったものがありますので、この場で皆様にお出ししたいと思います。
さて、いくつお答えになれますでしょうか

ck1203052101.jpg 第1問


日本橋にある山本海苔店は、

明治天皇が京都へ行幸される際に、東京の手土産とされた「あるもの」を考案したとして有名です。

その「あるもの」とは何でしょう?
 第2問
ck1203052102.jpg現在築地にある魚河岸 は、江戸時代から関東大震災までは日本橋にありました。それを記念して「日本橋魚市場発祥の地」の記念碑が日本橋のたもとに建てられています。隣には、海の魚がことごとく集まったとして、お伽噺に登場する「お姫様」をイメージした像があります。
では、このお姫様の名前は何でしょう?
ck1203052103.jpg

 第3問


現在の日本橋小学校の辺りには、明治維新で活躍した

有名な人物の屋敷がありました。


上野の銅像でも有名な、この人物は誰でしょう?
 第4問
ck1203052104.jpg


4月2日に開場した歌舞伎座は、

明治22年に建てられて以来、関東大震災などを経て、

何度か建て替えられていますが、

今回で、第何期目になるのでしょうか?
ck1203052105.jpg 第5問

銀座6丁目には

「京橋の滝山町の新聞社  灯ともる頃のいそがしさかな」と

刻まれた歌碑があります。


明治時代に滝山町と呼ばれていたこの地にあった朝日新聞社に、校正係として働きながら創作活動を続け「一握の砂」等の作者として有名な、この人は誰でしょう?
 第6問
ck1203052106.jpg



銀座には幾つもの百貨店がありますが、

この地区で一番古いのはどの百貨店でしょう?
ck1203052107.jpg 第7問
大正14年に建てられた新橋演舞場は、京都の歌舞練場などを手本に、新橋芸者の技芸向上とこれを披露する場所としてつくられたものです。
今でも毎年5月におこなわれる、新橋の芸者衆による公演の名称を、何というでしょう?
 第8問
ck1203052108.jpg明石町は、明治の初めには外国人居留地となっており、住居だけでなく、学校や病院などもありました。
そのため、現在では多くの学校の発祥の地として、たくさんの記念碑が建てられています。


その中で、二つの葉っぱを形どったデザインのこの記念碑は、どこの学校のものでしょうか。
 第9問
ck1203052109.jpgこのレリーフは、江戸時代に漂着したオランダ人のヤン・ヨーステンが、この辺りに住んでいたことを記念して作られたものです。
ヤン・ヨーステンの日本名の「耶楊子(やようす)」が由来となっている、この辺りの地名は何でしょう?
 第10問
ck1203052110.jpg


勝鬨橋と佃大橋の間には、新旧二つの東京の名所を、

同時に見られるスポットがあります。


その二つの名所は何でしょう。

答えは、続きのページに掲載しておりますのでご確認下さい。

 

続きを読む: 中央区クイズ

 

浜離宮地区 うどんの美味しい「どんまい」

[銀造] 2013年5月21日 14:00

今日は、浜離宮恩賜庭園へ牡丹を見に行きました。 その帰り道、築地市場の方へ戻ると100m程の所にある「浜離宮パークサイドプレイス」というビルの案内板に「どんまい」という広告がありました。 あっつ、これが友人が話していた「讃岐うどんの美味い店」かと気づき、早速お店に入りました。
他のうどん屋さん同様、トッピングも豊富ですが、他店との違いは、(1)炊き込みごはん がある。 (2)ウーロン茶、ジャスミン茶が無料。 (3)昼1時以降はコーヒー無料、(4)水曜日はレデイス・デイで、スイーツがつくらしい。 (5)かけうどん250円、讃岐ラーメン、日本そば(各350円!) もあります。
CIMG1658.jpg

今日は、1時過ぎに入ったので、かけうどん大(400円)、炊き込みごはん(150円)、白身魚のフライ(100円)、1時過ぎに入ったのでコーヒー無料の昼食を楽しみました。合計650円でした。

CIMG1661.jpg

 

 

 

うどんは出汁が命です。 讃岐うどんの出汁は、煮干出汁ですが、これに築地市場で仕入れた昆布、かつお出汁を少し加えて、絶妙のハーモニーでした。お店には、30人ほどが上がれる畳座敷があり、昼からの小宴会もできそうです。
ちなみに、店名は香川県坂出市にある本店隣接のお店と同様で、「うどん 美味い」と意味で命名したと店長が教えてくれました。 営業時間は11時から16時まで。 夜は営業していません。

土日、祝日は休業です。(2013年4月19日現在)

お店の場所は、中央区築地5-6-10 浜離宮パークサイドプレイス 1Fロビー奥左

 

 

天体観望会「月と土星を見よう!」<タイムドーム明石>

[whatever] 2013年5月20日 08:33

 明石町の郷土天文館のプラネタリウムホール「タイムドーム明石」では、様々な天文のイベントが開催されています。

 

 5月18日(土)のイベント月と土星を見よう!に事前申し込みをし、当選の連絡をいただいたので参加してきました。午後6時受付開始で、まず6階のプラネタリウムホールで、その日に見る天体について解説員の方から説明を受けます。月と土星がどの方向に見えるのか、また、この季節に見える星座も同時に教えていただきました。プラネタリウムは、幼稚園の頃に渋谷のプラネタリウムに行って以来。星図を見ながら夜空に星座を探すのもなんだか懐かしくワクワクします。

 

 プラネタリウムホールで説明を受けている間、天体望遠鏡が設置されている屋上では、観望可能かどうか係の方が直前まで確認していたそうです。この日、日中はぽかぽか陽気で半袖で過ごせるほど気持ち良かったのですが、夕方近くから風が吹き始めて雲が出てきていました。とりあえず観望可能ということで屋上に上がり、肉眼で見ると月は霞んでいましたが、天体望遠鏡ではクレーターがはっきり確認できました。ちなみに、天体望遠鏡はMEADE(ミード)社製。星はなかなか肉眼で確認できませんでしたが、かろうじて聖路加タワー上方に光るものが見え始めてきたので、急きょ望遠鏡の方向を変え、土星が現れるまでの場繫ぎ。うしかい座の一部と春の大曲線の一部に当たる一等星「アルクトゥールス」を確認。オレンジ色にキラキラ輝いていました!

 

 なかなか雲が切れず、風も強く寒くなり、終わりの時間も迫ってきてしまい今日は無理かな・・・と諦めかけたところ、しかるべき方向にようやく光るものが見えてきました!再度天体望遠鏡の方向を土星に向けると・・・見えました!!わずか2mmほどといったところでしょうか。ですが、しっかり環が確認できました!

 

 周囲には病院と高層マンションが建ち並ぶため、近隣への配慮ということで参加者による写真撮影はできず、残念ながら観望会の様子をお伝えできないのですが、親子での参加が多かったです。また、この天体観望会は中央区在住または在勤の方に限られますが、どなたでもご参加いただけるイベントもたくさんありますので、天文にご興味のある方は年間予定表をご確認の上、ご参加ください!


タイムドーム明石(中央区立郷土天文館)

http://www.city.chuo.lg.jp/sisetugaido/timedomeakashi/index.html

 

所在地

中央区明石町12番1号

 

 

走って遊んで仲良くなろう!<わんわん広場>

[whatever] 2013年5月10日 09:00

 区内には、隅田川テラスの一部や橋の下を有効利用した「わんわん広場」という犬のための遊び場があります。中央区民のみならず、どなたでもご利用いただけます(無料)。


dogrun8.jpg 浜町公園近くの隅田川テラスにあるわんわん広場は、新大橋西詰にあります。
細長いドッグランになっていて、小型犬エリアとフリーエリアの2区画で、別々の入り口から入るようになっています。
 小型犬を飼う友人が利用するときは一緒に行きますが、こちらの広場ではいつもたくさんのわんちゃんが元気よく遊んでいます。何度か利用していますが、けんかをしたり吠え続けるなど、他の利用者や近隣の迷惑になるようなわんちゃんはまだ見かけていません。広場内に入ると、わんちゃん同士が鼻をクンクンさせてご挨拶。すでにお知り合いの飼い主さんたちも多いようです。「早く遊ぼうよ!」と訴えかけるような目で飼い主さんを見つめ、ボールを投げると待ってましたとばかりに勢いよく拾いに向かいます。わんちゃんたちもリードを着けずに思いきり走れるのは嬉しいようで、見ているこちらも笑顔になります。dogrun2.jpg
 エリアは区切られていますが、例えばやや体が小さめのわんちゃんで、小型犬エリアに入ったけれど、あまりにも元気過ぎる他のわんちゃんに萎縮してしまうときは、比較的穏やかな性格の大型犬のいるフリーエリアに移っても注意を受けることはありません。もちろん様子を見る必要はありますが、それほど厳密ではないようです。監視員の方もいらっしゃいますので、安心してご利用いただけると思います。また、エリア内でわんちゃんが粗相をしてしまった場合、おしっこシートで吸い取ったり、ペットボトルに入れた水で流すなど各飼い主さんがしっかり対処しています。
 こちらのわんわん広場から清洲橋方面へと隅田川沿いを歩いていくと、花壇から溢れんばかりのポピーが色鮮やかに咲いていました(写真)。
 
 
 dogrun4.JPGこちらは築地川公園のそばにあるわんわん広場。入船橋の真下になります。この日は利用者がいませんでした。こちらも小型犬エリアまたはフリーエリアという分け方をしています。
 浜町のような細長い平坦なドッグランではなく、一部傾斜のついた場所があるので、こちらも走り応えがありそうです。広場の隣にはバスケットボールのゴールなどが設置されていて、中高生くらいの仲間同士や親子連れなど多くの方が利用していました。
 
dogrun6.JPG
 
 
 愛犬の運動不足の解消にご利用になってみるのはいかがでしょうか。他のわんちゃんとの交流は、社交性を向上させる良い訓練にもなりそうですね。

わんわん広場
 
日本橋浜町(新大橋西詰)
利用時間 
月〜金 7:00〜20:30/土・日・祝祭日 15:30〜20:30
最寄駅 
都営地下鉄新宿線「浜町駅」 
東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」 
東京メトロ日比谷線「人形町駅」
 
*近くのトリミングサロン。犬用おやつも販売しています。
 
 
明石町(築地川公園隣)
利用時間 
7:00〜20:00
最寄駅 
東京メトロ有楽町線「新富町駅」 
東京メトロ日比谷線「築地駅」
 
*こちらの近くにもあったトリミングサロン
 

 

区内で出逢った素敵な人 ~その1~ 「音楽を愛し音楽を通じて伝える」

[下町トム] 2013年5月 9日 14:00

中央区には素晴らしい場所がたくさんあると同時に、素晴らしい人が多くいらっしゃいます。これから時々、区内を巡って素敵な方にお会いしてのお話を紹介していきたいと思います。

 

20130424_取材その1 (1)_R.JPG今回、第1回は新富町に出かけました。

中央区は文化・芸術に関する歴史と伝統を有する町であることは皆さんも既にご存知のとおりですが、初回は〝音楽〟に関する魅力あるスポットと魅力ある人物をご紹介します。銀座から築地界隈にかけては音楽スポットがさくさんあります。

 

20130424_取材その1 (4)_R.JPG新富町にある〔DYNAUDIO JAPAN〕はデンマーク製のオーディオ機器の輸入販売代理店です。音楽の好きな方はその機材にもこだわりを持つと思いますが、ここの会社が扱う機器、なかでもスピーカは永年蓄積されたノウハウを生かして、北欧らしく頑なにデザインやコンセプトを大切にする専門メーカーの品として、愛好者の間では深い支持を得ているようです。中央区は古くから外国の新しく先進的な文化を受け容れてきた土地ですので、このような海外の良い品を認める人も多いのではないでしょうか。

 

20130424_取材その1 (3)_R.JPG同社の社長である前田正人さんにお話をうかがいました。そもそも12年ほど前に「本当に良い物を届けたい」という責任感をもとに創業されたところ、そのうちに実物を確かめる場所を望む愛好者に応えて、3年前にショールームを開設されたそうです。

最近はインターネットを通じていくらでも音楽をダウンロードできますし、携帯メディアの発達で、じっくり音楽を聴く人が減ったのでは無いかと危惧していましたが、前田さんいわく「逆に、きちんとした音楽を聴きたいという人は増えていますよ」とのことです。実際に聴かせてもらいましたが、その音の厚みや柔らかさには素人のぼくでも圧倒されました。

 

20130424_取材その2_R.JPGしかし、「音楽なんて聴こえればいい」というような安易な考えもあるのではないかと、しつこく尋ねたところ「はじめは試しにでもいいから良いスピーカで聴いてもらって、そこから目覚めていただければいい」と、とても寛容なお言葉でした。

さらに「やっぱりこれだけの機器で聴くのはクラシックですかねぇ」と質問したら「必ずしもこだわらなくてもいいんですよ。好きなものを聴けばいいのです。ポップスでも演歌でも、好きな音楽を良い環境で聴いてみることが大事です」という言葉の深さに感激しました。

 

20130424_取材その2 (2)_R.JPG前田さんは、この場所で〔onandon〕という別の会社も設けられており、主にスタジオ運営やあらゆる音楽の創作をサポートされています。都心のビルの地下になんとも落ち着く場所があって、驚きました。ご相談すれば、条件次第でいろいろなイベントにお借りすることも可能だそうです。

 

お話を聴いていて思ったことは、「この方は音楽を本当に愛していらっしゃるんだなぁ。そして、人とのふれあいがお好きなんだなぁ」ということです。そんな愛情あふれるスタジオを拝見して、中央区にまたひとつ音楽の花開く場所を見つけてホッとした一日でした。