中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ふゆそうび(冬薔薇)〔築地川祝橋公園〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年12月30日 09:00

fuyuso001.JPG

築地川祝橋公園は、バラ園と言ってもいいくらい何種類ものバラが植えられており、開花期になると、色とりどりのを咲かせてくれて、ことしの5月にもこのブログで紹介させてもらいました

fuyuso002.JPG

12月27日、四季咲きとは言え、この寒さの中、健気にもバラが咲いています

fuyuso003.JPG

冬に咲くバラを「ふゆそうび」(冬の季語)と言い、「冬薔薇」と書くということを知ったのは、その昔、谷村新司作詞・作曲の「群青」の1番の最後にこの言葉がでてきたときだったと記憶しています

fuyuso004.JPG

たしか「群青」は、「連合艦隊」という映画の主題歌でした

劇中、この「群青」が、とても効果的に使われていたのを覚えています

fuyuso005.JPG

手折れば散る 薄紫の

野辺に咲きたる 一輪の

花に似て儚きは 人の命か

せめて海に散れ 想い届かば

せめて海に咲け 心の冬薔薇ふゆそうび

(作詞・作曲 谷村新司群青」より)

fuyuso006.JPG

ちなみに、当日、中央区周辺の気温は、前日に比べて、5度くらい低かったです

あと数日で新年です

fuyuso007.JPG

今年5月のバラ開花時のブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/05/post-4339.html

昨年10月のローズヒップのブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/10/post-3744.html

fuyuso008.JPG

 

 

【勝どき・築地】勝鬨橋の仕組みがわかる「かちどき 橋の資料館」

[いのちゃん] 2017年12月28日 09:00

 

隅田川にかかる勝鬨橋
昭和15年(1940)に完成した日本初の双葉跳開橋です。
かつては一日に5回開閉し、その下を大きな船が通航していました。
今では自動車の交通量も増え、昭和45年(1970)を最後に橋が開くことはなくなりました。

 

IMG_2103.JPG

 

当時の最先端技術の粋をあつめて建設された勝鬨橋は、国内最大の可動支間を有する

技術的完成度の高い構造物として国の重要文化財に指定されています。
 

IMG_6599.JPG

 

橋脚内には橋を開閉させていた当時のままの設備が保存されており、見学ツアーが

行われていましたが、橋の補修工事のため、2018年1月から2020年3月末までの

予定ツアー一時中断となります。

 

IMG_2107.JPG

 

そこで今回は11月にツアーに参加したときの様子をご紹介したいと思います。

 

はじめに かちどき 橋の資料館 に集合し、東京都建設防災ボランティア協会の方々の

ご案内で橋へと向かいました。

 

IMG_2123.JPG

 

勝鬨橋は何度も渡ったことがありましたが、知っているようで知らなかったことを

たくさん教えていただきました。

 

橋が開くときに歩行者を止めていた信号機。

 

IMG_2125.JPG

 

真ちゅう製の金色の鋲は歩行者用の停止線でした。

 

IMG_2124.JPG

 

橋の中央部。ここから「ハ」の字型に開いていきました。

 

IMG_2130.JPG

 

川に向かって縦に並んでいる信号機は船のためのもの。

この塔は運転室です。実際に開閉の操作をしていた場所からは橋を見渡すことができ

ました。橋には4つの塔があり、運転室のほかは宿直室、見張室、倉庫室として使わ

れていました。

 

IMG_2205.JPG

 

運転室のあとは橋脚内にある機械室へ移動しました。

橋脚内へは安全ベルトを使って3.5mほどの梯子を垂直に降りていきます。

機械室に残されている跳開部の機械設備は、今年8月、日本機械学会により技術面で

歴史的に意義のある「機械遺産」に選ばれました。

 

運転室や機械室の見学の様子はこちらのページをご覧ください。

 

東京都建設局 「見学ツアー実施の様子」

http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jigyo/road/kanri/gaiyo/kachidoki/tour.html

東京都道路整備保全公社 「勝鬨橋アルバム」

http://www.tmpc.or.jp/06_info/kachidoki.html

 

勝鬨橋が開閉していた頃を知る世代ではありませんが、設備を間近に見ながら説明を

聞いていると、勝鬨橋が跳ね上がる姿が目に浮かぶようでした。

 

年内の橋脚内見学ツアーは満員となり、受付は終了しています。

しばらく見学することはできませんが、勝鬨橋に長生きしてもらうために必要な時間
とのことです。

 

勝鬨橋に興味を持った方はぜひ、かちどき 橋の資料館 へどうぞ。

この資料館は、橋を開くために橋脚にあるモーターまで電気を送っていた変電所を

改修して一般公開されたものです。

 

橋を動かしていた発電設備が保存・展示されているほか、開閉の様子を再現する模型

や映像、パネルなどの資料も充実しています。

 

IMG_2206.JPG

 

かちどき 橋の資料館

中央区築地6-20-11

03-3543-5672
開館日 火曜・木曜・金曜・土曜(年末年始を除く)
開館時間 9時30分~16時30分(12月~2月は9時~16時)
入館無料

 

 

 

わんこの権利移転(日本コリークラブ(J.C.C.))

[ジミニー☆クリケット] 2017年12月27日 16:00

我が家に先月、新たにわんこが加わって2頭になったのを機に、彼らの血統証名義変更の手続きをしました

ブリーダーさんからの名義変更になります

jcc20171202.JPG

我が家のわんこシェットランドシープドッグシェルティー)という犬種で、日本コリークラブ(築地6-1-10 築地USビル5F)の発行する血統証が付いていますので、同クラブに手続きをお願いしました

jcc20171203.JPG

ブリーダーさんからの譲渡証血統証を渡して、血統証裏面に新たな所有者(私)の名前を記載してもらう手続きです。私は直接持って行きましたが、郵送での手続きも可です

jcc20171206.jpg

築地6丁目、築地本願寺のすぐそばにある日本コリークラブ(上の地図赤〇の場所)については、以前このブログで紹介しました

jcc20171204.jpg

一般社団法人 日本コリークラブ1953年設立で、コリー犬種ラフコリースムースコリーシェットランドシープドッグボーダーコリー)を愛する人々が集う全国的な組織で、コリー犬種正しい血統の維持・改良・繁殖・普及、そして会員相互の親睦を目的として、血統証の発行展覧会ドッグショー)や訓練競技会開催など、様々な事業を行っています(同クラブHPより)

jcc20171205.jpg

ちなみに、来年は戌年ですが、日本コリークラブ創立65周年)を迎えると言うことで、何か特別なイベントの計画もあるらしいです

今回、日本コリークラブの職員の方に、手続きにつき、いろいろ教えていただきました

ありがとうございます

2017年1月の日本コリークラブのお引越しに関するブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/01/post-3982.html

日本コリークラブのHPはこちら ⇒

http://www.collieclub.jp/index.html

 

 

八紘一宇の碑

[ジミニー☆クリケット] 2017年12月26日 09:00

中央区観光協会特派員になって7年中央区観光検定3回受けて、中央区の歴史的なモニュメントについては知っているつもりでも、見落としているものがあるんだなあと痛感

hakkoitiu001.JPG

築地6丁目、年末の買い物客でにぎわう晴海通り沿いに「八紘一宇の碑」なるものがありました

築地魚河岸小田原橋棟晴海通りと面する脇の場所と言えるでしょうか(下の地図赤〇の場所)

何度もこの前を通っていたはずなのですが・・・

hakkoitiu000.jpg

そもそも、八紘一宇はっこういちう)とは、天下・全世界を一つの家にすることだそうで、「日本書紀」の「八紘(あめのした)を掩(おお)ひて(いえ)にせむ」を、全世界を一つの家のようにすると解釈したものだそうです

hakkoitiu002.JPG

これが、第二次世界大戦中、日本の中国・東南アジアへの侵略を正当化するスローガンとして用いられたと指摘され、戦後の日本においては、あまり聞くことの無いことばとなっていました。

hakkoitiu004.JPG

築地のこの辺りは、「海軍発祥の地」でもあり、海軍史跡巡りができるほど「大日本帝国海軍」に関わりの深いエリアでもあり、この碑もその関連でここに設置されたのかもしれません。

hakkoitiu005.jpg

ちなみに、中央区観光検定がいよいよ1か月後となりました(平成30年1月27日)実施)

この碑のことは、公式テキスト歩いてわかる 中央区ものしり百科」には載っていませんので、来月末の中央区観光検定に出る可能性は低い(はず)です

 

 

年の瀬のあかつき公園

[ジミニー☆クリケット] 2017年12月24日 18:00

tosiseake001.JPG

築地7丁目のあかつき公園は散歩コースでもあり、四季折々、そこに植えられている樹木がさまざまな表情を見せてくれて、いつ来ても新鮮なのですが、あかつき公園といえば、やはりメタセコイア巨木の印象が強いですよね

tosiseake002.JPG

メタセコイア赤茶色紅葉して落葉するのですが、今年は落葉が早かったような気がします

過去同時期の状況を見ても、今年は立っている姿が寒々しいです(下の昨年、一昨年のブログ記事ご参照)

tosiseake003.JPG

一方で、サザンカ満開を維持しており、今年は一段と花付きがよいように感じます

tosiseake004.JPG

ハクモクレンはこの時季、ビロードにくるまっているようです

tosiseake005.JPG

この公園は、このシーボルト像があることで、全体に引き締まった感じがします

tosiseake006.JPG

ドイツ人医師であり、博物学者でもあったシーボルトの像がここに設置されたのは、この地が「江戸蘭学発祥の地」であり、彼がその発展に貢献したとされていることと、シーボルトの娘「いね」が、築地に産院を開業したことによるからだそうです

tosiseake007.JPG

この季節でも、天気がよければ、お昼時、この公園でお弁当を広げている会社員の姿を見ることができます。

2016年12月の「師走あかつき公園」のブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/12/post-3853.html

2015年12月の「メタセコイア紅葉」のブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2015/12/post-2953.html

 

 

年の瀬の社会鍋〔救世軍渡来記念の地碑〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年12月22日 09:00

平成も終わろうかという時期に、昭和の頃、よく見かけた風景の話をするのも時代錯誤なのですが、「社会鍋」も最近見かけなくなった風景のような気がします

社会鍋」は、救世軍が年末などに行っている生活困窮者支援等の為の街頭募金運動で、「」は、通行人から慈善の募金を入れてもらうために街頭に設置する鉄鍋のことです

毎年年末の街を彩る風物詩として、俳句の季語)にもなっています

そのあまり見かけなくなった「社会鍋」ですが、その活動母体である救世軍の「渡来記念の地が、中央区にあります

syakai004.JPG

平成通り沿いに築地橋を渡った北側の交差点のすぐそばです

syakai001.JPG

この碑の由来については、昨年6月に上げたブログ記事をご参照ください

日本に渡来したライト大佐一行が本営を置いたのがこの地だそうで、渡来100周年を記念して1995年に設置されたそうです

syakai002.JPG

この碑に目が行ってしまったのも、やはり「年の瀬」を意識してかもしれません

syakai003.JPG

昨年6月にこのを紹介したブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/06/post-3429.html