中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「築地テラス」でランチ

[ジミニー☆クリケット] 2018年9月21日 12:00

terac201800.JPG

築地2丁目、LXS築地1、2階にある「築地テラス」さんです

新大橋通りに面して、通りの向かい側は築地本願寺正面入り口、東京メトロ日比谷線の「築地駅2番出口からすぐのところにあります

terac201801.jpg

まさに、築地本願寺を眺めながらランチが楽しめます

terac201802.JPG

2階は広々、お一人様も大丈夫です

terac201803.JPG

ランチメニューは、スペシャルパニーニプレート系といろいろ選べますが、今日は、生パスタランチを選択

ランチメニューには、サラダドリンクバーセットになっています

ドリンクバーは、コーヒー紅茶100%オレンジジュースアップルジュースりんごウーロン茶等充実

terac201804.JPG

本日の生パスタは、「サーモンのクリームパスタ」です

サーモンたっぷりで、クリーミーパスタとの相性がとてもよくブロッコリー食感も楽しめました

terac201805.JPG

ランチメニューは、11時30分からです

店員さんの対応もきめ細かく気持ちがよい築地テラス

また、来ます

 

 

たいやき「神田達磨」築地店オープン

[滅紫] 2018年9月20日 14:00

100_2950.JPG 100_2948.JPG

100_2947.JPG 100_2949.JPG

       

「羽根付きたいやき」で人気の「神田達磨」の6号店が9月3日築地にオープンしました。本願寺の前です。以前はドトールがあったところです。夏前からずっと工事中でいつ出来るのかと楽しみに待っていました。焼き立てをその場でいただけるスペースもあります。たいやきだけではなく本わらびもち、かりんとうまんじゅう、くさもち、大福とお店のこだわりの「北海道小豆から直火銅釜を使用した昔ながらの製法で作っている自家製餡子」を活かした商品です。

 

100_2951.JPG 100_2953.JPG 100_2934.JPG

 

ところで、「たいやきがいつ生まれたのか?」ご存知ですか?

神田達磨さんの受け売りですが、「たいやきが生まれたのは明治末期の1909年。この時代、鯛は高級魚の代名詞。そして縁起物の魚としても重宝され庶民の手に届かない代物だった。そこで本物の鯛を食べられなかった庶民が贅沢品として楽しんだのが薄皮のたい焼きだった。」そうです。確かに「鯛」の形にしたのは「そうかも」と思わされますね。

オーダーしてから一枚ずつ焼くので本当に焼き立て「パリパリ」です。

「数の多いときは電話してからお越し下さるとお待たせしません。」とのことです。

 

神田達磨築地店 中央区築地2-12-9 まるみビル1F TEL 03-6264-2406

月―土 9:30-21:00 日祝休み

 

 

日仏交流160年記念特別ライトアップ

[サム] 2018年9月17日 18:00

DSC07192ELS'.jpgDSC07197RS''G.jpg 日仏友好160周年を記念し、現在フランスで開催中の「ジャポニスム2018:響き合う魂」の一環として、パリ・エッフェル塔にて実施の「ジャポニスム2018特別ライトアップ エッフェル塔日本の光りを纏う」に呼応し、9月14・⒖日、東京タワーにフランス国旗の3色の特別ライトアップが点灯。

日没~23:00

勝どきの隅田川テラスから築地大橋越しに、トリコロールカラーで華やかに彩られた東京タワーが輝いています。

ゴッホやモネの芸術にも多大な影響を与えたジャポニスム。

今回は、パリ内外の会場で展覧会や舞台公演に加え、様々な文化芸術活動が紹介され、時を越えて現代日本が創造する新たなジャポニスムの発信がふたたび世界を魅了することが期待されます。

 

 

【9月15日】まぐろの競り見学最終日&海老の日®祭り

[Hanes] 2018年9月12日 12:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
築地市場の移転が近づき、訪日外国人に特に人気のまぐろの競りの見学が、
9月15日(土)をもって終了することになりました。
 
英国の人気グループClean BanditのRather Be ft. Jess Glynneの
MV(ミュージックビデオ)の撮影が築地市場で行われたことも、
世界のより多くの方に築地を知っていただくきっかけになったのではないでしょうか。

IMG_6112.JPG
 
見学終了まで残すところあとわずかとなりましたので、
移転前に一目見ておきたいという方はお急ぎください
 
【関連記事】
【築地で朝活】海老で鯛を釣ろう!(前編)
【築地で朝活】海老で鯛を釣ろう!(後編)
 
そして同日9時~15時に、築地場外市場「築地魚河岸」海幸橋棟3階では、
敬老の日のイベントとも言える「海老の日®︎祭りin 築地」が開催されます
この海老の日ですが、 三河地方最大の老舗海老問屋「毎味水産株式会社」による
「長寿の象徴である海老を敬老の日に食べる新たな食文化を作ろう」という試みが、
記念日として認められたものだそうです
 
このイベントでは、シェフが手がける海老グルメ、BBQ、料理教室、トークライブ、落語などが楽しめるほか、
「ベストシニア大賞」授賞式には、芸能人もゲストとして登場するそうです!
詳しくは、築地場外市場のホームページ日本海老協会ホームページをご覧ください。
 

 

 

築地川公園の秋の風景

[ジミニー☆クリケット] 2018年9月 7日 18:00

猛烈な暑さと例年に無い数の台風の襲来、そして突然の集中豪雨による冠水に悩まされた7、8月が終わり、気がつくとカレンダー上では9月に入りました

pampa201801.JPG

今までに何度かこのブログでご紹介した、築地川公園パンパスグラスが、今年も花茎を伸ばし、銀白色花穂になびかせています

夏、刈り込まれたせいなのか、昨年に比べて、花穂が少ないようです

場所は、下の地図の赤〇のところです

pampa201800.jpg

パンパスグラスは、南アメリカ原産イネ科多年草

広大なパンパスの平原大群落を形成しているそうで、わが国へは明治時代の中頃に渡来したそうです

pampa201803.JPG

別名は「シロガネヨシ白銀葭)」だそうですが、「シロススキ白薄)」とも呼ばれるようで、季節柄、ススキということばがしっくりきます

特に今年はススキっぽい

pampa201804.JPG

パンパスグラスは、築地川公園の風景の一つです

昨年9月に築地川公園パンパスグラスを紹介したブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/09/post-4605.html

 

 

うまいお酒専門店「たつみ清酒堂東京」 銀座4丁目歌舞伎座近くに開店

[銀造] 2018年9月 5日 14:00

 築地から銀座に向かって歩いていて、歌舞伎座手前で右折してみたくなりました。

今治浴布の店を左目に、少しマガジンハウスの方へ行くと「うまいお酒専門店 たつみ清酒堂東京」が開店していました。

 

DSCN1651 (400x300).jpg

こちらのお店は、まだあまり知られていない全国の清酒酒蔵から仕入れており、青森県は「陸奥八仙」、岩手県は「百盤」、福島県は「生粋左馬」、「口万」、「花泉」、「廣戸川」、「仙禽(せんきん)というお酒などを蔵元から直取引で仕入れています。

 

DSCN1655 (400x300).jpg

ショーケースの中のお酒を購入できます。 

 

また、店のカウンターでは有料で試飲もできます。

今回試飲したのは、奈良県の奈良豊澤酒造の「憲(けん)」という無濾過の生酒でした。 とてもフル―テイで、もう一杯試飲をしたくなりました。

DSCN1658 (400x300).jpg

 

 秋が深まってくれば、お酒がこいしくなりますね。 その前に、よく冷えた生酒を召し上がってみませんか?

住所は、中央区銀座4-13-5  電話:03-3542-2822

HPは、「たつみ清酒堂」で検索できます。http://tatsumiseisyu-dou.com/

 

 
<<前のページへ 1234567891011