中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


国際交流サロン「ちぎり絵を作りながら交流しよう!」  ~ 中央区文化・国際交流振興協会 ~

[rosemary sea] 2018年3月 6日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をリトル バイ リトルに取材します、rosemary sea です。

中央区文化・国際交流振興協会さん(Chuo Cultural and International Exchange Association = CCIEA)、毎年10月末開催の「中央区まるごとミュージアム」のバスガイドを、ロズマリも観光協会特派員としてお手伝いさせていただいております。

DSC03022a.jpg

中央区文化・国際交流振興協会さんは平成3年の設立以来、ボランティアの皆様との協働により、中央区の文化芸術に親しむ文化イベントや日本語教室、国際交流サロンなどの国際交流イベントを開催されています。

DSC03329a.jpg

DSC03326a.jpg

今回のご紹介は3月24日(土)開催の国際交流サロン(International Exchange Salon)「ちぎり絵を作りながら交流しよう!(Enjoy conversation through making Chigiri-e!)」です。

中央区文化・国際交流振興協会 菊地いづみさんにお世話になりました。

椿写真.jpeg

外国の方・日本の方、皆様が楽しく交流できる場、それが「国際交流サロン」。

年11回開催されております。

3月は全国和紙ちぎり絵芸術協会さんの方にお出でいただき、ちぎり絵のお話を伺ったり、実際にちぎり絵を作ったりしながら交流します。

全国和紙ちぎり絵芸術協会 和紙ちぎり絵助教授 佐藤さんにご協力いただくイベントです。

ちぎり絵は、手でちぎった紙を台紙に貼り、水彩画のような作品に仕上げます。

DSC03016a.jpg国際交流に関心のある方、お友達と一緒に参加されませんか? もちろんお一人でも結構です。

参加費無料です。ただし要予約です。お申込はFAX、お電話、またはEmailで。

定員30名、16歳以上の方となります。

中央区在住・在勤以外でも参加申込できますが、中央区在住・在勤の方が優先されます。

場所は新富1-13-24 新富分庁舎3階 中央区文化・国際交流振興協会さん講習室、3月24日(土) 14:00~16:00です。

詳しくは文末のホームページをご覧ください。

・・・特別な道具を必要とせず、手軽に楽しめる「ちぎり絵」。

   このちぎり絵を作りながら、外国の方と楽しく交流できます。

   いかがでしょうか?

中央区文化・国際交流振興協会

新富1-13-24 新富分庁舎内 (3階)

電話 03-3297-0251

FAX 03-3297-0253

中央区文化・国際交流振興協会さんのホームページはこちら

⇒ http://chuo-ci.jp/

 

 

「千社札スタンプラリー」開催中!!

[えだまめ] 2018年3月 4日 14:00

子連れ特派員のえだまめです

あまのじゃくな2歳児・娘あずきに今日も振り回されているのですが・・・

そんなあずきでも食いついてくるようなイベントが3月1日から始まりました。

「千社札スタンプラリー」です。

DSC_2743-1.jpg

http://www.chuo-kanko.or.jp/#we-page-single-entry?spot=213328


中央区の各所にある観光案内所スポットに用意されているスタンプを集めてみよう!

という期間限定イベントです。

あずき「はんこぺったんしにいきたい?」と聞くと

一瞬「しない・・・(※とりあえず一度は全否定)」といった後に「する。」と。

どうやら2歳8か月にとっては「はんこぺったん」は魅力のようです。


というわけで。午後2時手前に自宅を出発!

※ほんとは午前中に出たかったのですが・・・

 出る直前にイヤイヤを再びこじらせたあずきに阻止され、

 えだまめは疲れてやる気を失いかけたという事情があります。

 子育て世代の皆様、察してくださいませ(涙)。

徒歩10分強(ベビーカー利用)で、第一のスタンプスポット。

人形町 大観音寺下(人形町商店街協同組合事務所前) に到着です。
DSC_2742-1.jpg

で・・・実は子連れにとっての重大事件(!?)。

ベビーカーに乗ったままだと、高さが合わなくて

あずきはスタンプを自分で押せないのです。

靴を履かせて、ベビーカーから降りて。

階段を踏み台にして、なんとかぺったん。

・・・ふう。

(ここは表に係の人がいるわけではなかったので、母ががんばるしかありません。)

なお、人形町のスタンプは平日のみ設置です。ご注意ください。


一度靴を履いてしまったら、しばらくは自分で歩きたいタイプのあずき

なので、2番目のスポットである日本橋まではがんばって2人で歩きます。

日本橋メトロリンクEライン(我が家の通称:黄色いバス)に乗る、というのも手だったのですが、

なんとも微妙な待ち時間だったので。

2歳児ペースの歩きで徒歩約20分。

ちょうどいいお散歩になったかと思います。


2番目のスタンプスポット

日本橋南詰にある日本橋観光案内所に到着です。

DSC_2745-1.jpg

実はこちらのスタンプ台・・・

「大人が立ってスタンプを押すのにはちょうどいい高さ」

でした。

DSC_2744-1.jpg

なので・・・案内所のスタッフの方に背の高めの椅子を貸していただいて

あずきはそれに座ってスタンプを押させてもらいました。

ご対応に感謝です。


ここからは地下鉄利用です。

東京メトロ・日本橋駅から銀座線で2駅。

あずきは電車も大好きなので、電車に乗るよ~というと

ほいほいついてきて「きいろいでんしゃ!きいろいでんしゃ!!」と。

階段もゆっくりですが自分で降りていきました。

※大変ゆっくりなので、母の忍耐力が試されます。

そして、第3のスタンプスポット・東急プラザ銀座です。

1階の数寄屋橋公園に面したところに

DSC_2746-1.jpg

「G Info」(銀座観光案内所)があります。

写真左側のオレンジ色の看板が目印です。

実はここも「スタンプ台は大人が押すのにちょうどいい高さ」でしたので・・・

母えだまめ→あずきを抱っこ(体重13キロ)

案内所のお姉さま→あずきの手を取って一緒にハンコを押す

という離れ業(!?)でした。

・・・いやはや。



ここを出た後、あずき「ベビーカーのる」と言ったので

ここから先は母えだまめ、ベビーカーを押しながらガシガシ歩いて最終目的地へ。

※京橋駅まで1駅銀座線に乗る、という選択肢もあるのかもしれませんが

 京橋駅のホーム→改札はエレベーターがないのであまり使いたくなかったのです。


そうそう。

スタンプポイントは全部で6つなのですが、4つ集めれば参加賞はいただけるそうなので

今回は「築地(ぷらっと築地)」と「月島」はパスしちゃいました。すみません。

期間中に余裕があれば、スタンプ台の状況を覗きにいければとは思っていますが・・・。


徒歩15分くらいで最終目的地の「京橋エドグラン」地下1階の中央区観光情報センターに到着です。

DSC_2748-1.jpg

こちらはベビーカーに乗りながらでもスタンプが押せる高さの机でした。

ほっ。


最後に観光情報センターのスタッフの方に集めたスタンプをお見せしたら

アンケートに答えて・・・

DSC_2749-1.jpg

その場で結果がわかる抽選くじにチャレンジ!!

あずきが引いたのですが・・・

2人分とも、ハズレでした。残念。

それでも、参加賞に千社札シール(先着2000名)を頂けたので満足です。

何よりあずき本人が「ぺったんする」ことそのものが楽しかったようなので。

line_1519970609956-1.jpg

(まあ、京橋千疋屋のロイヤルマスクメロンが当たればすごくうれしかったんですけどね


「スタンプ台の高さ」という子連れにとっての乗り越えるべきハードルは若干ありますが

子連れでも十分楽しめるイベントだと思います。

もちろん、中央区内の各所をのんびりお散歩しながら・・・という大人の皆様にも楽しんでいただけると思いますよ。


中央区観光協会のHPには

「モデルコースのご紹介」もありますので

参考にしてみてはいかがでしょうか。

http://www.chuo-kanko.or.jp/#we-page-single-entry?spot=213477

3月31日までの期間限定ですので、是非一度チャレンジしてみてくださいね。


 

 

ゆりかもめ 羽根を休める 江戸湊

[銀造] 2018年2月26日 14:00

 ここは、「霊岸島検潮所・量水標跡」で、水位の観測所のフレームには、夕方に羽を休める「ゆりかもめ」が群れを成しています。 後ろには、中央大橋の雄々しい兜の姿の橋が見えます。 冬の風物詩です。

1519135276366.jpg

 「ゆりかもめ」は、都鳥とも呼ばれ、東京都の鳥に指定されています。 

在原業平は、名にし負はば いざ言問はむ 都鳥 わが思ふ人は ありやなしやとと詠っています。   

 

 

 

東京マラソン2018開催記念特別ライトアップ

[サム] 2018年2月26日 12:00

P2240359RELS'.jpgDSC_0509RS'RRRG.jpg 第12回東京マラソンを明日に控えた2月24日夜、コースのランドマークのひとつである東京タワーに、大会開催記念特別ライトアップが点灯。

(17:30~23:00)

ランナーと支える人・応援する人がひとつになって美しく交じり合い「東京がひとつになる日」を表現しているとされる大会ロゴマークに因み、イエロー・レッド・ブルー・グリーンのロゴカラーを交互に配置したダイヤモンドヴェールが、勝どきの隅田川テラスから築地大橋越しに望めます。

昨年から、より都心部を走る平坦なコースに変更され、好記録への期待も高まります。

レースは9:10に東京都庁前をスタートします。

 

 

多彩 包みの文化、風呂敷

[あすなろ] 2018年2月22日 12:00

2月23日は、「ふろしき・つつみの日」

 

風呂敷の名前の由来は、江戸時代、風呂屋の脱衣所で
着替えを包んだり、床に敷いて身繕いをした布であった
ことから、文字通り風呂に敷く布として「風呂敷」と
呼ばれました。

 築地本願寺1_450.jpg

「荷物を包み、運ぶ道具」は、今ではモダンでカラフルな
柄も増え、どんな形にも収まる、知恵と美意識がつまった
万能アイテムとしてその魅力が見直されています。

 

風呂敷としての役目が終えた後も、雑巾に加工して
リサイクルする変幻自在さは、モノを大切にする、
そして心を豊かにしますね。

 築地本願寺2_450.jpg

折りたたんで、かさばらない、お土産としても重宝
します。暮らしの中に取り入れてはいかがでしょう。

 

◆築地本願寺
インフォメーションセンター内オフィシャルショップ
東京都中央区築地3-15-1

 

 

 

2018 春の文化財めぐり

[サム] 2018年2月21日 16:00

DSC01902ELS''.jpgDSC01907RS'G.jpg 区内外にある歴史遺産等の文化財をバスと徒歩にて巡る、中央区郷土天文館主催の「春の文化財めぐり」。

今回は、2月17日、壬生篤氏を講師に迎え、「永井荷風の歩いた町 ~その今と昔を訪ねる~」と題し開催されました。

当日の行程は、

①築地散策(築地3-11辺り~築地2-7辺り~宮川本廛)

②市川文学ミュージアム(「永井荷風展 ~荷風を見つめた女性たち~」見学)

③浅草散策(尾張屋~旧六区興行街~東武浅草駅)

④東向島(旧玉ノ井)散策(小説『墨東綺譚』舞台)

⑤人形町(車中から)

⑥銀座散策(ホリウッド跡~万茶亭跡~ルパン~サロン春跡~きゅうべる跡)

今回も内容盛り沢山で、区内外の文豪の足跡を辿り昭和の面影を偲ぶ、充実した一日でした。