中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


イタリア家庭料理といえば???

[明日からのダイエット] 2010年10月28日 13:30

今回は、今まで紹介し忘れていたのが不思議なくらいcatface な

昔ながらのイタリア料理の

restaurantイタリー亭(中央区銀座1-6-8西山興産銀座ビルB1F,1F)の紹介です。

 

アットホームなイタリア家庭料理でのおもてなし。

ここでは何と言っても、ホワイトソースとミートソースがおすすめwink

どんなメニューにも合いますし、そのハーモニーも絶品です。

また、キャンティワインとの相性も抜群ですgood

どうぞご賞味くださいませhappy01

 

 

岸田劉生 生まれも育ちも煉瓦銀座の天才画家

[与太朗] 2010年10月28日 13:30

IMG_0344.JPG 中央区は多くの文化人・芸術家を生んでいますが、銀座通り沿いで生まれ育った人となると少ないでしょう。何点もの麗子像で有名な岸田劉生は彼の回想文『新古細句銀座通(しんこざいくれんがのみちすじ)』によれば、明治24年(1891年)6月23日、京橋区銀座二丁目11番地(現在の銀座2-7メルサの辺り)で生まれ、「鉄道馬車の鈴の音を聞きながら青年時代までそこで」育ちました。

IMG_0346.JPG 父は明治の先覚者の一人、岸田吟香。生家は目薬「精錡水」(吟香がヘボン博士から製法を伝授されたもの)で名高い楽善堂。店と母屋と工場があり、隣の勧工場も岸田の家作、銀座通りをまたいで倉庫もありました。岸田麗子の『父 岸田劉生』によれば、店は間口八間、半分に区切って向かって右が「精錡水」や「薬シャボン」を売る薬房、左が中国の筆墨硯紙その他文房具類や書籍を売る書房でした。(楽善堂の「鐡飴煎」という薬の広告看板が郷土天文館に残されていますね。)当時としてはハイカラな家で、銀座通りに面した二階には洋風のバルコニーがあり、吟香はよくここで体操をしていたそうです。(『新古細句銀座通』には劉生画の生家図、隣の勧工場などの挿画があって楽しい。)

 子供のころの劉生はかなりのいたずら坊主で、銀座の舗道に糝粉細工で作った血まみれの小指を置いて大騒ぎを起こしたり、女の生首を作って女中の腰を抜かせたりしました。また、竹川町(現銀座七丁目)の勧工場にある西洋画の常設展覧所に通い詰め、木戸御免にしてもらうなど、将来の大画家にふさわしいエピソードも残しています。

IMG_0342.JPG 劉生は多くの麗子像をはじめとする肖像画、自画像や代々木の切通し坂の絵が広く知られています(「麗子微笑」「切通しの写生」は国の重要文化財)が、中央区内を描いた絵としては、銀座風景や築地居留地風景の油彩が初期に何点か描かれています。

【写真上】 生家辺の現在

【写真中】 生家跡近くにある銀座発祥の地碑

【写真下】 京橋跡近くの煉瓦銀座の碑

   ( ちなみに、京橋架け替えの際、父吟香と天狗                                        煙草の岩谷松平が渡り初めをしたことをよくおぼえていると劉生は書いています。明治34年の鉄橋の時でしょう。)

 

 

昔ここに橋があった・・・<三つ橋>編

[下町トム] 2010年10月27日 08:45

三ツ橋案内板_R.JPG新富町から銀座へと歩く途中、ちょうど首都高速の京橋入口付近に<三つ橋>の記憶を伝える案内案を見つけることができます。eye

 〔銀座ラフィナート〕(旧京橋会館)の脇にひっそりと掲げられたその文章を読むと、この辺りが川に囲まれた地域だったことがよく分かります。

歴史小説の好きな方はご存知かと思いますが、池波正太郎の小説『鬼平犯科帳』第9巻「鯉肝のお里」の舞台として詳しく描かれています。book 銀座ラフィナート_R.JPG

〔三つ橋〕に関する歴史は、9月24日付けの写楽さい氏のブログに詳しいので、そちらをご参照下さい。 中央区ここに歴史あり〈24〉

 

 私が紹介したいのは、この地に建つ〔銀座ラフィナート〕(旧京橋会館)です。

地下一階には、歴史を伝える名を冠したお店「みつはし」があります。なかなか落ち着いた店ですので、立ち寄ってみて下さい。bottle

 また、〔銀座ラフィナート〕1階玄関脇にはもうひとつの史実を伝える〝自動電話交換発祥の碑〟があります。そもそも、この建物はNTTにゆかりがあります。元は京橋電話局があったところなんですね。

自動交換発祥の碑.jpg大正15年にわが国で初めて電話の自動交換が行われた場所です。携帯電話全盛の時代に想像もつかないかもしれませんが、当時は、交換手の手を経ないで機械が電話回線をつなぐという斬新な設備を誇ったのです。telephone

さて、かつての古名は、高速道路の料金所や駐車場の名に「白魚橋」が残され、往時を偲ぶことができます。白魚橋のさらに古い別称「牛の草橋」の由来をどなたかご存知でしたら教えて下さい。

白魚橋_R.JPG

  以前ご紹介したように、昔は〝土橋〟や〝竹橋〟のように見た目をを橋の名に残すものがありましたから、草橋も草の生える姿をその名に残したものでしょうか。〝牛〟は動物のことか、それともお城から見て〝丑〟の方角だったからか・・・関心が深まります。confident

 

近世も近代も現代も、さまざまな顔を見せてくれる・・・・中央区の魅力の一つですね。

cat 

三ツ橋古地図_R.JPG

〔参考〕左が付近の古地図です。3つの橋が向かい合っている姿がよく分かります。(尾張屋版切絵図から引用)

左から来るのが京橋川、右手に出て行くのが桜川です。桜川は、八丁堀駅近くの〔桜川公園〕などにその名を残しています。


 

 

 

銀座ROKUMEIKANのゼリー★GRACE DUE

[まぴ★] 2010年10月24日 17:40

フルーツのゼリーです。

たまたま日経新聞に、1/3くらいの広告が載っていて、ネットで調べて行ってみました。

R0014877.JPG  R0014879.JPG

鹿鳴館ではなく、ROKUMEIKAN!
コラーゲンや食物繊維も入ってるそうです。

あと、野菜のゼリーもあります。

実際にお店に行ってみてびっくりしたのは、
なんと店内でゼリーを試食できるのです!太っ腹~(^^;

R0014902.JPG R0014898.JPGバナナと生姜を食べてみました。
どちらも味がちゃんとあり、美味しかったです(*^^*)

フルーツゼリーは内容の違う袋が2種類あって、
柑橘系のこちらにしました。

カロリーなどの成分表も入っています。

ROKUMEIKANのホームページ

 

 

宝探しイベント 楽しい街歩き

[銀造] 2010年10月23日 19:34

 今日は、体験型 宝探しイベント「中央区大捜査線」~大江戸財宝伝説を追え!~

に行ってきました。 moon3月島からスタートしました。 「肉のたかさご」に寄り道。

 お昼を過ぎていたので、手軽な「たかさごコロッケとメンチコロッケ」を注文すると、

女将さんが食べやすいように紙袋に入れてくれました。嬉しい心使いです。

CIMG6734.jpg 

 「肉のたかさご」さんは、観光協会に加盟されています。 評判なのをご紹介。

http://www.chuo-kanko.or.jp/search/index.php/show/shop/12-24?t=1287830002

 佃に入ると、石川島資料館が見えてきます。 水曜日、土曜日のみの開館です。

江戸時代からの造船所の歴史が伝えられています。

CIMG6735.jpg

 中央大橋を渡って、亀島橋へ。時代劇にも登場する向井将監さんの御船手組の説明。

CIMG6737.jpg

 宝のパスワードを記録して、井上ビルに向かう途中、純子大神というお稲荷様が。

CIMG6738.jpg

 井上ビルって、おしゃれですね。 ビルの正面は英文で、井桁のデザインが粋ですね。

CIMG6741.jpg

 街を歩いていて、素敵な植栽に出会うと嬉しいですね。 有難う!

CIMG6744.jpg

 大分歩いて、人形町では、「中央区民カレッジ」で、似顔絵教室でご一緒している

中島さんにtoilet遭遇。 今日は、スイミングですって。 健康は、継続からですね。

 からくり時計の演奏が始まるのを少し待っていると、粋でいなせな、は組の鳶。

CIMG6754.jpg

 「お前さんっ!」、「いよっ!日本一!」という声が聞こえそうです。

日本橋・京橋まつり×生物多様性の幟が。 「まるごとミュージアム」が楽しみです。

CIMG6757.jpg

 今年の観光商業まつりの成功をお祈りしてきました。

CIMG6758.jpg

 いやァ、「宝さがし」って頭を使うし、ちょっとした寄り道が楽しいですね。

お楽しみ下さい! おっと、応募は11月5日までです。お忘れなく。

 

 

 

第5回中央区内アンテナショップ・スタンプラリー

[O傘] 2010年10月 8日 16:30

「第58回中央区観光商業まつり」(2010年10/1~11/5)のイベントの一つに、「第5回中央区内アンテナショップ・スタンプラリー(10/7(木)~10/21(木))」(主催:中央区アンテナショップ連携推進協議会)があります。

IMG_6497ctcomp.JPG今年は、「まるごと高知」の1店舗が加わり、17店舗のスタンプラリーとなりました。
初日(10/7)にすべて歩いて回ってみましたので簡単にご報告します。
なお、昨年は、「銀造」特派員と「メニイブックス・オサ」特派員がスタンプラリーについてブログにアップしています。

10/7(木)は天気に恵まれました。朝10時過ぎ、まず築地に到着して、早い昼食(場外市場門跡通りの「井上」でラーメン、これがいつもおいしい)をとり、次のように回りました。(これがベストかどうかわかりませんが・・・)


⑯コウチ・マーケット→⑮いわて銀河プラザ→⑭ぐんまちゃん家(ち)→⑰青森の店→⑪おいしい山形プラザ→⑩銀座わしたショップ→⑨まるごと高知→⑫坐来大分→⑬銀座熊本館→⑧福島県八重洲観光交流館→⑦北海道フーディスト八重洲店→⑥京都館→⑤富士の国やまなし館→④おいでませ山口館→③奈良まほろば館→②日本橋・新潟館NICOプラザ♯2→①にほんばし島根館

IMG_6498ctcomp.JPG

 

下の写真は、歩いた順にアンテナショップを撮ったものです。

IMG_6363tcomp.JPG  IMG_6366comp.JPG  IMG_6367tcomp.JPG

IMG_6368tcomp.JPG  IMG_6372tcomp.JPG  IMG_6376tcomp.JPG 

IMG_6377tcomp.JPG  IMG_6379comp.JPG  IMG_6398comp.JPG

IMG_6401tcomp.JPG  IMG_6412comp.JPG  IMG_6413tcomp.JPG

IMG_6427comp.JPG  IMG_6428comp.JPG  IMG_6431comp.JPG  IMG_6415comp.JPG  IMG_6443comp.JPG

IMG_6432tccomp.JPG



周りを楽しみながらゆっくり回ったので、終わったのが1時近くでした。
回っている途中、多少、発見(?)がありました。


IMG_6380ctcomp.JPG 

IMG_6388comp.JPG

⑫「坐来大分」から⑬「銀座熊本館」に行く途中、銀座西3丁目交差点にあるビルの入り口で何人かの女性のみなさんがチェックしていたお店のパネルの写真です。人気がありそうです。それから、晴海通りを渡ったSONYビルの外の展示スペース(夏は沖縄の海の水族館があった)ところでスヌーピーの人形に合いました。

IMG_6392comp.JPGのサムネール画像またSONYビルのお隣の「PUB CARDINAL」の道路沿いで可憐なコスモスに出会いました。

福島のアンテナショップの入り口では、福島県須賀川市の観光について、松尾芭蕉の新「おくのほそ道」須賀川コースのPRに芭蕉のいでたちをした女性や、5月の牡丹のPRに牡丹キャンペンクルー(女性2名)、その他11月の松明(たいまつ)まつりなどの須賀川のイベントについて須賀川市長はじめスタッフが熱心にPRをしていました。


このラリーで購入したものやサービス品は以下の通りです。


IMG_6459tcomp.JPG IMG_6458ctcomp.JPG IMG_6445tccomp.JPG

コウチ・マーケットでは、四万十川「川のり」の佃煮を購入して蜂蜜入りゆず飲料ドリンク「ごっくん馬路村」をサービスにもらいました。
青森では「ねぶた漬」を購入して5%引いてもらいました。
「まるごと高知」では、「ぼうしパン」を購入。

IMG_6409ctcomp.JPGのサムネール画像 IMG_6446ccomp.JPG福島ではサービス料金(250円)のソフトクリームを食べ、須賀川市のクイズに挑戦(答えはその場にある参考資料に出ている)して面白いボールペンをゲット。
山口では「塩粒うに」を購入して「ふく茶漬」をもらいました。
島根では、「赤だし しじみ汁」を購入して「松崎せんべい」をもらいました。


是非皆さんも「銀ぶら」や日本橋界隈においでの節、あるいは「築地市場まつり」の際には、アンテナショップ・スタンプラリーに参加して「中央区観光商業まつり」を楽しんでみてはいかがでしょうか。10/21(木)までです。