中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


昼スパゲティミートソース専門 ミートボーイズ野性派!

[猩々亭酔生] 2015年6月30日 18:00

 

皆さんこんにちは!
猫とお酒と落語を愛する(頭が)ちょいワルおやじの酔生(すいしょう)です。

 
食レポ第4弾は、最近銀座にオープンしたスパゲティミートソースの専門店をご紹介

 

IMG_2269.jpg

 
首都高に平行して走る銀座桜通り沿いの角地。以前はオザミフルールというシャレオツなお花屋さんがあった場所です。

もしかしたらこの店も(銀座を中心に複数の飲食店を展開する)オザミグループの新業態かもしれません。

 

IMG_2270.jpg

【画像をクリックすると拡大します】  

 
まずは券売機で食券を買います。

前回特盛にしなかったことを後悔したので、迷わず特大(300g)のボタンを押しました。さらにトッピングのとろろオクラと味変用のカレーパウダーの食券も購入してトータル850円

 

世の中で一番ウマいのは納豆だっと信じて疑わない貧乏舌酔生ですが、納豆以外のネバネバ系食材も大好物です。

 

IMG_2271.jpg

 
券売機の横には前かけ(紙エプロン)も用意されています。食べ終わった後に紙エプロンを外すと点々とソースが跳ねてましたので必須アイテムです

 

IMG_2230.jpg

 

卓上にはタバスコの超でかボトルがスタンバっています。個人的にはやっぱ粉チーズも置いて欲しいと思いました

 

スパゲティに粉チーズとタバスコはグローバルスタンダードですって、ホントか?

 

IMG_2272.jpg

【画像をクリックすると拡大します】  

 
スパゲティミートソース野性派!

特大っていう言葉ほどのインパクトはありません。300gというのは茹で上がりの重さのようです。

ミートソースには挽肉と言うよりも大きめな肉がゴロゴロ

 

IMG_2273.jpg

 

スパゲティは2.2ミリの太麺を使っているとのことです。先割れスプーンで食った懐かしい給食のソフト麺を彷彿させますね。

 

とろろ蕎麦があるぐらいですから、麺類ととろろとの相性は抜群ですが、とろろオクラ自体には味が無いので、混ぜると全体の味が薄まってしまう気もします

 

IMG_2275.jpg

 

そこでカレーパウダーを投入して味を補います。

量的には途中で味変の必要性は感じませんでしたが、思わぬ形でカレーパウダーが役に立ちました

 

IMG_2276.jpg

 
店内はカウンター7席のみ。でも客の回転は早いです。

カレーは飲み物って言われてますが、スパゲティミートソースも飲み物みたいなもんですから。

 

ちなみに営業時間は昼の11時半から14時半までです(日曜定休)。

 

 

 

 

 

花園衝羽根空木開花中

[ジミニー☆クリケット] 2015年6月29日 14:00

花園衝羽根空木」は、「ハナゾノツクバネウツギ」と読みます。アベリアの和名です。

スイカズラ科ツクバネウツギ属に属する植物です。

tukubane40.JPG

アベリアも、ハナゾノツクバネウツギも、聞けば知っているというほどには名前が浸透していませんが、公園や道路沿いに数多く植えられていますので、見れば知っているなじみの深い花木です

tukubane10.jpg

このアベリアが、現在、三吉橋のたもと、銀座ブロッサムの向かい側の植栽スペースで開花継続中です(地図上赤○の部分)。

アベリアは、開花期が長く、真夏や真冬の枝の成長が止まる時期を除いて咲き続けます。

また、半常緑でありながら、寒さに強いという園芸品種の優等生でもあります

tukubane30.JPG

衝羽根ツクバネ)」は羽根つきの羽根のことですが、プロペラのように広がる5枚の萼が、羽根つきの羽根のように見えることから名づけられたそうです

逆に、羽根つき遊びは、「ツクバネ」の実を、手で衝いて遊んだのが始まりとも言われています

tukubane20.jpg

梅雨らしい天気が続いていますが、梅雨が明けて暑い夏が来ても、ハナゾノツクバネウツギは咲き続けます

 

 

6月末で閉店!マキシム・ド・パリ銀座

[まぴ★] 2015年6月29日 09:00

 

パリの「マキシムズ」を再現し、1966年にオープンしたマキシムドパリ銀座。

東京に引っ越してから、一度は行きたいと思っていて、
念願かなって、バースデープランで訪れたのが2010年でした。
アールヌーボーのダイニングルームにうっとりしながら、
美味しい料理とワインに舌鼓、至福の時でした。

昨年は上の階のラウンジへランチも行きましたが、
なくなることはないと思っていたので、ほんとに残念です。

閉店を知ったのが5月の半ばぐらいで、
すぐに予約を試みましたが空いてる日も少なくなっていました。

 
マキシムのメニューは伝統的なフランス料理。
ランチなので、そこまで重くはありませんでしたが、
最近は日本に入ってくるフランス料理も
日本料理の影響を受けてか、どんどんあっさりしたものに変わってきています。

あと、銀座は新進気鋭のシェフのフランス料理店もどんどん増えてきて、
そんな中マキシムは、ちょっと時代にそぐわない感じに
なってしまっていったのかもしれませんねー。

 

ランチの種類は4種類。6000円(サ・税別)のコンコルドにしました。

アミューズはお魚のムースに雲丹をのせたもの。
前菜はフォアグラを巻いたホロホロ鶏のパロティーヌ セープノのクーリー
 

RIMG1769.JPG RIMG1771.JPG

 

本日のスープはヴィシソワーズ、
メインはスズキのポアレ・バルサミコソースにしました。

 

RIMG1772.JPG RIMG1774.JPG

 

一昨年パリのマキシムでもスズキを食べましたが、
日本のスズキの方が小さくて味も繊細でした(^^;

 

左下はほとんどの人がメインにチョイスしていた
舌平目のブレゼアルベールソース。

 

RIMG1775.JPG RIMG1777.JPG

 

アヴァンデセールはオレンジのムース。口当たりがとってもよかったです。

 

RIMG1776.JPG RIMG1770b.JPG

 

そしてデザートは「ナポレオン・パイ」との愛称でも
親しまれたマキシムドパリ銀座を代表するケーキ♪

お誕生日月ということで、クラスの人がお店に連絡してくれていて、
こんな素敵なデコレーションで登場!

 

RIMG1778.JPG RIMG1779.JPG

 
とってもいい思い出になりました。

30日で47年の歴史に幕を閉じます。

 

ナポレオンパイは30日まで銀座ソニービル、
大丸東京店、羽田空港第2ターミナル店、
東武池袋店、エキュート大宮店で買えるようです。

 

マキシム・ド・パリ 銀座のホームページ

 

 

 

短冊スポット〔銀座三越〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年6月28日 14:00

銀座三越9階銀座テラスでは、24日から「GINZA TANABATA 短冊スポット~大切なひとの想いを短冊にのせて~」が設けられ、誰でも自由に短冊に願いを書いて、笹飾りに結び付けることができます

tanab10.JPG

結び付けられた短冊は、東京大神宮にてご祈願していただけるそうです

tanab20.JPG

期間は、7月7日(火)までです

tanab30.JPG

日本橋三越でも本館・新館各階笹飾りが設置され、願いごとを書いた短冊を飾ることができるそうです

こちらのご祈願は、神田明神とのこと

 

 

11階のファーム〔銀座・伊東屋〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年6月27日 09:00

6月にリニューアルオープンした銀座2丁目伊東屋の新本店 G.Itoya

farm10.JPG

その12階建てのビルの11階が、「FARMファーム)」となっており、何だろうと思って、エレベーターで上がってみると、まさに野菜が栽培されていました

farm20.JPG

土を使用しない水耕栽培で、安心な野菜が屋内で育成されています

野菜の成長する様子は、伊東屋さんの旧本店ステンレスビルの窓枠を使用したウインドウから見ることができます

farm30.JPG

ここで毎日収穫される新鮮な野菜は、12階のレストランで出されるそうです

まさに、銀座で味わう地消地産

 

 

昭和36年の映画「セクシー地帯」

[CAM] 2015年6月23日 18:00

  

   昭和36年、東京オリンピック3年前の作品である。新東宝制作でこの題名、ということから、銀座あたりの光景を見るだけの価値しかないB級(又はC級)作品を覚悟してレンタルしたが、見てみると意外にも準A級作品。少し得した気分であった。

  

 石井輝雄は東映で網走番外地シリーズを撮った監督である。「完成度の高い映画作家とは逆の方向へ走り続け、むしろそれによって映画賞などとはまったく無縁の逆巨匠として未踏の位置を築き上げた」という評がある。本作品はストーリィ展開が御都合的すぎるが、バックミュージックもよく、しゃれた作品となっている。

  

 銀座、新橋などの実風景がかなり出てくるのは、新東宝が資金不足で、ゲリラ的な(隠し撮り?)街頭撮影をやらざるを得なかったことによる「結果」のようであるが、そのおかげでオリンピック大改造前の東京の光景が、陰影あるモノクロ画面に豊富にとらえられている。

 

 服部時計店の時計塔を見せるショットから始まり、途中の時間もこの時計塔で表わす。その他、三吉橋を俯瞰するシーン、二人が築地川でボートに乗るシーン。ボート乗り場は萬年橋のあたりのようで、東劇、松竹会館、新橋演舞場が見える。ラスト近くでは汐留川の川べりに、西洋の古城のような形をした映画館・全線座が見える。

   

    画面中のバーの看板を見ると「ストレート40円、ハイボール50円」などとある。

  

 三原葉子は「新東宝のセクシー路線のトップスター」というイメージとは異なり、なかなか愛嬌があり好感が持てる(ただし、題名にかかわらず、この作品ではセクシー場面は全くない)。アラカンは「役柄とはまるで逆でやさしい、よう気のつく子」と評したというが同感できる。また、若いころの池内淳子が美しい。

 

 

 
12345