中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「銀座百点」

[佐平次] 2016年2月29日 16:00

 「銀座百点」というタウン誌をご存じだろうか?
その名前の通り多くの銀座の老舗が加盟している商店会「百店会」が発行している銀座の情報誌です。

創刊は1955年で今月でNo.735号となるタウン誌としては日本最古のものです。(たぶん)
タウン誌の名称は、銀座百店会で発行しているのに「銀座百店」でなく「銀座百点」です!

他の地域のタウン誌と違っているのは「銀座百点」には定価が付けられていることです。
それも結構なお値段の270円です。

 発行部数は約10万部、もちろん他のフリーペーパー同様、百店会に加盟している店舗の店先には置いてあり無料で貰えます。

ただ驚きなのは地方の方などで、有料で年間購読をされている方が(4062円・送料込)が、約1500人もいらっしゃるそうです。北海道から沖縄、それに海外の読者も多いとのこと。

内容は現在の銀座の情報もありますが、銀座に纏わる文化や歴史など、特に各界の著名人によるエッセイや有名人の座談会など他のタウン誌にはない内容で小冊子ながら読み応え十分です。

銀座百点.JPG

 今月号の内容は
2016年2月号(NO.735) 目次

●巻頭ルポ
銀座を駆けぬける!
  ─東京マラソンの楽しみ─ 須藤 靖貴

●今月のエッセイ
カメラを愛でに行く街 佐々木 譲
銀座と映画と言葉の連想 古屋 美登里
私のヴァイオリン人生 天満 敦子
 
●カラー
ぼくの麺道・特別篇
  ─ご当地麺の巻─ はんつ 遠藤

●新連載

銀ぶら百年 泉 麻人
陽だまり百景 山本 一力
当世銀座探訪 山口 晃

●連載

きょうも、どこかへ 石丸 幹二
ぼくの麺道─銀座篇─ はんつ 遠藤
だいちょうことばめぐり 朝吹 真理子
オリンピックと銀座 野地 秩嘉
社長さんON & OFF 石川 成実
Letter from Takarazuka 轟 悠
歌舞伎 思い出絵巻 中村 歌六
銀座Q&A

GINZA拝見 銀座タニザワ 伊勢半
BOOK/MOVIE/Topics/Stage/Gallery/わたしの銀座
銀座俳句 選・高橋 睦郎

●百点対談 GINZA GUEST

猫と本を追いかけて 浅生 ハルミン
嵐山 光三郎

表紙・アートディレクション クラフト・エヴィング商會

っと豪華な内容になっています。

加盟している全店舗が地図上で記されているので銀座を散歩するのに便利です。

 

 

「さくらのサクラ色」写真展〔キヤノンギャラリー銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年2月29日 14:00

sakurai01.JPG 

銀座3丁目にある「キヤノンギャラリー銀座」で、春らしい写真展が開催されています

sakurai02.JPG 

写真家の渡辺健氏による写真展、「さくらのサクラ色」です

sakurai03.JPG 

期間は、2月25日)から3月2日)までです

sakurai04.JPG 

さくらのさまざまな表情がとらえられています

一足早くを感じることができます

ギャラリー内、写真撮影OKです

sakurai05.JPG

場所は、下の地図の赤□枠のところです

sakurai00.jpg 

キヤノンギャラリー銀座のHPはこちら ⇒

http://cweb.canon.jp/gallery/schedule/ginza.html

sakurai06.JPG 

 

 

 

銀座の回転すし~回転寿司酒場 銀座沼津港~

[之乎者也] 2016年2月29日 12:00

1月にプライベートの旅行で東京に来てくれた日本大好きのフランス人の友人が出張で東京に来ることになりました。
前回紹介した晴海の百円ショップhttp://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/01/post-2993.html)には、今回ももちろん行くのですが、その前に回転すしに行きたいと言い出しました。なんでもフランスではプラネット・スシ(http://www.planetsushi.fr/)という宇宙空間飛行機で食するような回転スシのお店が流行っているらしいのですが、「やはり本物にいきたい!」ということのようです。宿泊が銀座なので「『本物』だったら築地の寿司屋じゃないの」と突っ込むと、『回転すし』に行きたいとのこと。「またまた難しいリクエストだな。銀座に回転寿司なんてないだろうし」と思いながら探してみると、なんといつの間にか「キラリトギンザ」の中にオープンしているじゃないですか!キラリトギンザは2014年10月に開店し、私も前の中央通りはよく通るので、看板から小龍包のおいしい台湾の「鼎泰豊」など話題のレストランが入っていることは承知していたのですが今回が初体験です。PNumazu1.jpgエレベーターに乗って8Fまで昇ります。お店の名前は「回転寿司酒場 銀座沼津港」。PNumazu2.jpg

日曜の夕方であったので、まだあまりお客も来ておらず、直ぐに入ることができました。店内はご覧のとおり木目を基調とした明るい和の雰囲気。PNumazu3.jpg早速、ベルトを流れてくるカツオやホタテを取りに行きますが、友人もさすがにリクエストするだけありネタについてもかなり勉強してきたようで、目の前の店長の渡邉さんにアジ、タコ、タイ、ツブガイなどと渋いところの注文を続けていきます。PNumazu4.jpgちなみに渡邉さんは2008年のTVチャンピオン寿司職人選手権優勝者ということで、「一握入魂」、手際よくネタをさばいて行きます。そんなこんなでお皿を重ねてあっという間におなかも一杯。準備ができたところで一緒に晴海の百円ショップに向かうことに。。。

入った時にはまだ空席もあったのですが、いつの間にか店の前には行列も。人気店ですPNumazu5.jpg【回転寿司酒場 銀座沼津港】

所在地:〒104-0061  中央区銀座1-8-19 キラリトギンザ8階

電話:03-6228-7171

営業時間:11:00~23:00

 

 

「スターの似顔絵展」〔ギャラリー銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年2月25日 12:00

銀座の画廊、「ギャラリー銀座」(銀座2-13-12)で、「スターに乾杯イラスト展」と題して、イラストレーター似顔絵作家半田晴利氏の作品展が開催されています

handa00.JPG 

期間は、2月22日)から28日)までです

handa01.JPG 

半田氏は、北海道は釧路在住の作家です

handa02.JPG 

今回は、東京銀座での7回目の作品展だそうです

handa03.JPG 

オードリー・ヘップバーンマリリン・モンロー建さん寅さんエルビス・プレスリーショーン・コネリージョニー・デップダニエル・クレイグ(現ジェームズ・ボンド)、スポーツ界では、錦織圭大谷翔平五郎丸歩、等等等、まさにスターのオンパレードです

handa05.JPG 

あえて横線だけ(フリーハンド)で描かれたスターの肖像画もあり(半田氏オリジナル)、テクニックと表現方法の多彩さに圧倒されましたし、デフォルメしない似顔絵に、作者の熱い思いを感じました

是非間近で見ていただきたい作品展です

handa04.JPG 

なお、ギャラリー内での写真撮影については、ご本人に了解をいただきました

ありがとうございました

 

 

 

2月22日は「猫の日」〔ぎゃらりい秋華洞〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年2月24日 12:00

2月22日から、をモチーフにした江戸時代の浮世絵掛け軸を集めた展覧会「猫(ねこ)れくしょん」が、外堀通りに面した「ぎゃらりい秋華洞」(銀座6-4-8曽根ビル7F)で開催されています

nekore03.JPG 

このギャラリーが、をテーマにした展覧会を催すのは今回が初めてだそうです

nekore04.JPG 

現在、ブログ、投稿サイト、書籍等、いろいろなジャンルで「猫ブーム」が起きているのが、今回の企画展の開催理由だとのこと

nekore00.jpg

確かに、昨年からこのブログでも、何度かのイベントが紹介されていました

やはり来てましたか、「猫ブーム

nekore06.JPG 

会場では、歌川国芳小林清親藤田嗣治らの「猫の作品約20点が展示・販売されています

歌川国芳五十三駅 岡崎

nekore01.jpg 

開催期間は、26日)までです

歌川芳藤新板猫の温泉

nekore02.jpg 

ぎゃらりい秋華洞猫れくしょん」のHPはこちら ⇒

http://www.syukado.jp/feature/2016/02/cat.html

 

 

 

銀座で伊勢うどん★UDONバー伊勢物語

[まぴ★] 2016年2月22日 14:00

銀座にあるシャンパンバー・ヴィオニスで
美味しいシャンパンを飲んだあと、たまたま通りかがったお店で、

外堀通りより泰明小学校側へ1本入った道の銀座6丁目あたりです。

 
偶然にもその日がオープンだったのですが(2015年10月10日)
普通のうどんやさんと思って入った私たち。。。
2人とも大阪出身なのに、伊勢うどんの存在を知りませんでした。
(兄は三重県に30年以上住んでいるのに(笑))

 

RIMG1824.JPG

 
伊勢うどんは、コシのない太麺が売りだそうです。
個人的にはコシの強い讃岐うどんより、
細めの稲庭うどんの方が好みなので、
コシのないのはあまり気にならないです。

 

RIMG1823 (2).JPG

 
飲んだあとだったしシメにはぴったりで美味しかったです(*^^*)
永光卵という卵を使った半熟卵をつぶしながら食べるのもまたよし♪

 

UDON BAR 伊勢物語の食べログページ