中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


カフェ・アンジェリーナのモンブラン

[まぴ★] 2016年12月31日 09:00

1903年創業 パリの老舗サロンのアンジェリーナ
プランタン銀座にカフェがあります。
1階では色んな種類のモンブランや焼き菓子も購入できます。

 
そして、2階にはカフェ・アンジェリーナがあります。
今回初めてカフェに行き、パリ本店と同じマロンペーストを使っている
というモンブランのデザートセットを注文しました。
美味しいけど、かなり甘い。

 

DSC_0236.JPG

 
モンブランはもともとかなり甘いものということがわかっていて、
モンブラン好きな人にはいいと思います!
私はモンブラン大好きなので(*^^*)

 
ちなみにプランタン銀座は年内でいったん閉店になりますが、
その後オープンする銀座マロニエゲート2.3でも
アンジェリーナの営業は継続されるそうです!

 
ココ・シャネルなどの著名人や社交界、パリの貴族階級の華と呼ばれる
人々に愛されています。濃厚なのに後を引く美味しさ の
モンブラン・デミサイズ(税込486円)は日本オリジナルのサイズ。

 

アンジェリーナの歴史のホームページ

 

 

 

銀座グルメツアー(5丁目~8丁目)を終えて

[中央小太郎] 2016年12月29日 14:00

 こんにちは、中央小太郎です。

私はTCGC(東京シティガイドクラブ)という団体のグルメグループにも所属しています。

そこでは月に一回程度のペースで研修会があり、東京の各所を「グルメ」をキーワードにメンバーで散策します。
12月は私が担当で、10日の土曜日に銀座を案内しましたので、それについて報告したいと思います。

 

コースや紹介する店は以下を心がけて選びました。

・銀座といっても1丁目~8丁目と広く、2~2.5時間の決められた時間では

全部を回ることができないため、範囲を5丁目~8丁目とする。
・テーマを「"銀座といえばこれ"を押さえましょう」として、定番と思われる店と

最近注目だと思うお店を、主観と客観のバランスを心がけて選ぶ。
・「研修会」なので情報量としては多めにする。

 
上記方針で選んでも130店を超えてしまい、時間が厳しそうだったので、この中から6丁目と7丁目は一部を除いて散策コースから外し、最終的には70店ぐらいに絞りました。

 

 参加者は、予想外に約27名まで膨らんでしまったので、急遽、特派員の友達2名にも手伝ってもらい、全部で約30名の大所帯で銀座の街を大移動しました。
 資料は私が一人で作っていたため、説明の都合上班分けはしませんでした。
 また、観光協会のわくわくツアー等で使うイヤホンマイクがないことや、立止って大勢に説明できる場所が限られていることから、何か所かのポイントで立止って、次の立止りポイントまでのダイジェストを説明しつつ、あとは歩きながらコメントすることにしました。
歩きながらのコメントは、前を私、真ん中と後ろを手伝いの2名の方に、それぞれ自分の視点でコメントしてもらうようにお願いしました。このようにして、参加者の皆さんになるべく、説明が行き届くようにしました。

 

 研修とは言え、これだけの人数を班分けせずにご案内したので、事故もなく無事に終了した時には、精魂尽き果ててしまい、次の日などは殆ど何もせず一日ボーッとしていました。急遽お手伝いをお願いしたお二人さん、本当に感謝しております。

 

 それから、当日の朝、特派員ブログをたまたまチェックしたところ、メニイブックスさんのブログで12月22日に昭和二年から続き、山本五十六も通ったという、あの「バーボルドー」が閉店すると知りました。
閉店自体がとても残念なのですが、ボルドーは今回の紹介店舗に入っていたので、タイムリーな話題として参加者の皆さんにお伝えしました。
 また、まぴ★さんを筆頭に多くの特派員の方が、銀座グルメのブログを書かれているので、それらも大いに参考にさせて頂きました。(ありがとうございます)

 

 それから、「グルメ」という観点でのご案内は、本当にお金と時間がかかると今回つくづく思い知らされました。何せ、全部は無理にしろ、ある程度は自分で行ったり買ったりしていないと「生の声」で話せず説明が面白くなくなる。
また、料理やお酒、食材等について、ある程度知っていないと紹介する店の良さを語れないという点でも苦労しました。特にフレンチ、イタリアン、スパニッシュ、ワイン、チーズ等に、これまであまり縁がなかった自分としては用語や種類を覚えるのに苦労しました。(今回の準備を通して、何とか分類くらいは解ってきました。。。)
やはり、普段から料理に触れることが多く、関心も高い女性の方がグルメは得意なんだろうなと思いながら当日を迎えた次第です。

 

さて、参考までに散策コースの地図を以下に示します。
※当日はコース上のお店を紹介しました。すみません、どの店かは割愛させて下さい。

地図①コース図.JPG

(↑画像はクリックすると大きくなります)

 

新橋演舞場を集合・スタートとし、前半は8丁目を中心にコリドー街の方まで歩きます。
演舞場周辺は新橋花柳界の料亭が集まる花柳界の本拠地です。

また銀座8丁目のうち、外堀通りと中央通りに挟まれたエリアは金春屋敷があった場所で、花柳界の源流です。
見番通りには花柳界の事務所や稽古場があり、そこがいわゆる「見番」と言えます。
またこのエリアは、今では高級クラブ街となっており、直接関係はなくても、歴史的な流れがこの場所を高級クラブ街にしたと言ってもよいと思います。
ということで前半は花柳界の歴史を感じながら、銀座の定番グルメを押さえるということになります。

 

後半は、コリドー街周辺地域を北(有楽町方面)に歩き、東急プラザを経て、再び東(築地方面)に向かい、三原小路を少し過ぎた場所をゴールとして進みます。
後半は、東急プラザや銀座プレイスといった旬な場所があったり、4丁目交差点にかけて人が集まる店があったり、他に注目の店があったりと、新旧織り交ぜて外せない店が多いコースとなります。

 

散策コース図に、案内エリアを7つに分けての概要説明を載せているので、よければご参照下さい。
尚、コース図には「買」とか「コ」、「説明」等のポイントが記載されていますが、「買」はコース上でお土産を買えそうな場所、「コ」はちょっと変わった立ち飲みコーヒーの店(TORIBA Coffee)で、立ち寄りポイントとしています。
他のマークの説明は省きます。

 

 それから、銀座といえば、殆どの通りに名前がついていたり、路地裏が多かったり、神社が散在している点も見逃せないですよね。それらにちょっとした付加的な情報を加えた地図も以下に載せておきます(5~8丁目)。
通り名の由来に思いをはせたり、路地裏を探索したり、神社を巡ったりなど、歩く楽しみとしてとして参考にして頂ければ幸いです。

地図②主要な道と名所.JPG

(↑画像はクリックすると大きくなります)

 

 

銀座1丁目くるりん15分散策コース vol.1

[佃のうさこ] 2016年12月28日 14:00

お仕事のランチタイムの合間に、お買い物の合間に、ちょっと15分だけ散策をしてみたら、どんな風景に出会うでしょうか。今回は、外堀通りの有楽橋交差点から銀座1丁目をくるりんと回ってみました。

 

くるりん銀座1丁目地図.jpg 

①まるごと高知の龍馬像

1龍馬.jpg 

高知県のアンテナショップ。正面には、築地土佐藩邸に寄宿していた坂本龍馬さんの像。桂浜の龍馬像は頭上10m以上もあって見上げることしか出来ません。でもここなら、高知県須崎市のゆるキャラ、二ホンカワウソのしんじょう君みたいに一緒にならんでのツーショットも嬉しいです。江戸時代末期に、ここからほど近い、現在の外堀通り鍜治橋交差点近くにあった千葉定吉道場や、銀座6丁目にあった佐久間象山塾に通った龍馬さんは、この辺りを闊歩していたかもしれません。

 

②東京高速道路紺屋ビル

2.jpg 

この高速道路の下は江戸時代、江戸城修復のために開削された京橋川。先ほどの「まるごと高知」のあった場所は、南紺屋町と呼ばれていて、町人の仕事着を染める職人さんが住んでいました。その名残をとどめるビルの名前のようです。今は、10:00の開店前から多くの人が並ぶ人気のパン屋「セントルザ・ベーカリー」のパン職人さんが大活躍です。

 

③並木通りがスタート

3並木.jpg 

銀座1丁目から8丁目まで、真っすぐ南北に貫く1000mの並木通りが、ここからスタートします。通りは、江戸時代の町割りの面影です。

 

④三弘社とスターバーギンザ

4スターバー.jpg 

ビルの柱の趣に足が吸い寄せられます。三弘社は明治44年に創業、大正11年にここ銀座1丁目に開設された広告店です。その年には、東京の路面電車回数券の裏面広告権を取得。その後昭和26年には、東京都交通局の指定代理店になっています。時代時代の先端を行く100年を超える歴史がある会社です。

そんな歴史を持つビルの地下には、「スター・バー・ギンザ」。こちらは、1996年世界カクテルコンクールで、日本人初の世界チャンピオンになった岸久さんのお店です。

 

⑤幸稲荷神社

5幸稲荷.jpg 

並木通りから入った路地に銀座八丁神社の一つ幸稲荷神社が。街の再開発で、江戸時代から庶民の信仰厚いお稲荷さんも、止む無くビルの屋上に移ることもありますが、こちらは高いビルの谷間にきちんと鎮座されています。

 

⑥昭和レトロ風景と2つ星レストラン

6.jpg 

路地を抜けて、銀座レンガ通りに出ると急にレトロな空気が。「三州屋」さんや、そのご近所にあった歯医者さんも2階建て。三州屋さんは、愛煙家の方々にはありがたい存在、全席喫煙可のお店です。ビルに挟まれた風景は、なぜか懐かしい昭和に写ります。

 

7.jpgそして振り向けば、イタリア料理店の「Taverna GUSTAVINO」さん。京橋の再開発でこちらに移ってきた人気店。昭和レトロとお洒落なレストランが混在するのも銀座の魅力です。

 

⑦銀座「升本」さん、見てみたい年代物のレジ

8.jpg 

柳通りに出て右へ、山形県のアンテナショップを過ぎて並木通りに戻って来ると、「升本」さんの粋な暖簾が目を引きます。お店には90年前の古いレジがあるとか。同世代のレジが銀座3丁目の煉瓦亭さんにも。出会いたい銀座の一品ではないでしょうか。

 

⑧路地の店先にぶら下がる魚干し網

9.jpg10 魚干し網.jpg 

柳通りをスタート地点の有楽橋交差点に戻る途中、路地がありました。なんと店先に魚干し網が吊るしてあります。大きな鮭の切り身が10切れほど。銀座の路地で鮭は、いい塩梅な干され具合になるんでしょう。路地とは言え、銀座なのに、、?の風景に、銀座散歩がやみつきになりそうです。

 

ゴール:外堀通り有楽橋交差点

 

くるりん15分完了です。vol.2へつづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちりめんドレスkiwa

[王冠とあざみ] 2016年12月27日 18:00

いつも、何処にも売ってないような、素敵な洋服を着てる彼女に事情を聞くと、勤務するブティックのドレスなんだとか。
早速、訪ねてみると、そのショップは銀座6丁目すずらん通り、ユニクロ銀座店の隣のビル2階にありました。

 

店名は『kiwa』

デザイナーである西内喜和さんのお名前です。

ck1216_20161227 (1).JPG 

人間には、生まれながらに授かった才能や運命というものが
きっとあると想うのですが、喜和さんの場合はたぶん
『布に恋をし、布から愛されること』
小学生の頃から縫い物が大好きで、ミシンを踏んでは
かばんにアップリケをしたり、リメイクしたり、
早くから、オリジナリティに目覚めていたそうです。

 

大人になり、アパレル会社に勤務していた時

『柄が可愛い』『シワにならない』『型崩れしない』『洗濯ができる』と、
ファブリックに求める機能性をすべてクリアしている
『丹後ちりめん』と出会ったことにより
2004年、下北沢で、弟の章さんと共にブランドを立ち上げました。
2007年、銀座阪急=モザイク銀座に出店。
(モザイク銀座へ行ったことがある、女性のみなさん! そーいえば、
あの和モダンなドレスを扱っていたショップに覚えがありませんか!
モザイクなき今、あのドレスは、銀座6丁目で健在なのですよ‼️)

 

丹後ちりめんは経糸(たていと)に撚りのない生糸、

緯糸(よこいと)に1メートルあたり、3000回前後の強い撚りをかけ、
その反発の収縮からできる『シボ』が表れるのが特徴で、
凸凹の乱反射により、染め上がりの発色がよく、
深みのあるこっくりとした色合いが醸し出されるそう。

ck1216_20161227 (4).JPG

  

『ちりめんドレス kiwa』では、染め以外の工程

つまり、デザイン、パターン、縫製を喜和さん、章さんが
手作業で仕上げているのです。
まさに、おふたりのやりたいことすべてが具現化されています。
ですから、ショップに並ぶアイテム以外に、
セミ・オーダーも可能なのですが、お渡しは約半年後になることもあるとか。

ck1216_20161227 (5).JPG 

 

お客様は『ちりめんドレスに魅了され、クローゼットの中が

ほぼkiwaさんのちりめんドレス』というほどに、
はまってリピート購入する方が多いとのこと。
実際、試着させていただくと、そのドレープ、シルエットの美しさと
肌にしっとりと寄り添う着心地に驚きます。
伝統に裏打ちされた丹後ちりめんに、新風が吹き込まれ、
そのテイストは、あくまでもアーバンに仕上がっているのです。
タウン、パーティーはもちろんですが、特に旅行に適しており、
トランクに詰め込むだけでなく、さあ、Let's Go!って時に
着て出かけたいドレス。長い移動でもシワにならずラクチンだし
欧米などに於いては、アジアの美しい女性としてのアイデンティティも
表現できると想うのです。

ck1216_20161227 (2).JPG 

喜和さんは、木曜、金曜、土曜日に

いらっしゃる可能性が高いそうです。
ドレス以外にも、靴やジュエリー、小物まで、
目を見張る楽しさに溢れたブティックなので、
ぜひ、うっとりとした時間を過ごすために、足を向けてみてください。

ck1216_20161227 (3).JPG ck1216_20161227 (6).JPG

 
kiwa(西内喜和)ちりめんドレス
中央区銀座6丁目9ー16
ロシュビル2F
TEL03-3571-5100
火曜定休
営業時間12:00〜20:00

 

 

高級ブランド干物の店★銀座伴助のランチ

[まぴ★] 2016年12月27日 16:00

ガス灯通りを歩いていて、たまたま見つけたお店です。
今年の8月にオープンしたそう。
高級ブランド干物という言葉に惹かれて入ってみました。

 

DSC_0077.JPG

 
友人と2人でちょっとランチという時には
フレンチより和食なんかがいい感じです。
 
しまほっけ定食、サバ定食、赤魚定食、
トラウトサーモン、カレイ、銀だら、のどぐろなどもありました。
また3種類の干物がすこしずつ食べれる彩り3種干物定食もよさそう。
今回私はカレイ定食1706円(税込み)を注文してみました。
お味噌汁も美味しいし、色々ちょっとずつ食べれて
とっても豪華な御膳です。

 

DSC_0233.JPG

 
カレイもとろとろで、美味しかったです!!
ご飯はおかわり自由で、出汁茶漬けができるので、
2杯目食べてしまいました(^^;

 
1階では干物が売っています。贈り物によさそうですね(*^^*)

 

DSC_0234.JPG

 
銀座伴助のホームページ

 

 

浜離宮恩賜庭園 1月2、3日の放鷹術の実演は中止 でも、その他の催しはあります

[銀造] 2016年12月27日 16:00

知人からの耳寄りな話を聴きました。 そして、浜離宮のHPで下記を確認しました。

 

ここから(浜離宮HPからの転載させていただきました) -----------------

お正月開園のお知らせ(1月2日~  開園します)

2016年12月24日 

「浜離宮庭園で華やかなお正月」
【放鷹術中止のお知らせ
新春の空に鷹が舞う!放鷹術(ほうようじゅつ)の実演 2日・3日

※中止になりました
 国内での高病原性鳥インフルエンザウイルスの確認に伴い、実施を予定しておりました「新春の空に鷹が舞う!放鷹術の実演」は中止になりました。
皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

「浜離宮庭園で華やかなお正月」 
 浜離宮恩賜庭園では平成29年1月2日から正月開園をし、新春にふさわしい様々な催しを開催します。ぜひ、お正月のひと時を当庭園でお過ごしください。 

(1)お楽しみ広場

○日時
1月2日(月)・3日(火) 10時~15時30分 ※荒天中止

○場所
野外卓広場

○内容
羽根つきや独楽(こま)まわしなどの遊びをお楽しみいただけます。

○参加費
無料(入園料別途)

○参加方法
自由参加

 

(2)トリ年の幕開け!トリにちなみ「燕の御茶屋」で記念撮影!

○日時
1月2日(月)・3日(火) 10時~15時30分 ※雨天中止

○場所
燕の御茶屋

○内容
24羽の燕の釘隠しがある「燕の御茶屋」は、室内に一段高くなった「上段」部分に上がり、記念撮影をお楽しみいただけます。

-----------------(ここまで)

 

詳細は、HPでご確認下さい。

http://www.tokyo-park.or.jp/announcement/028/detail/36190.html

 

 
1234567