中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


くつろぎの空間

[Silver Fox 007] 2018年9月29日 18:00

東京メトロ日比谷線またはJR京葉線八丁堀駅のA2出口から地上へ出ると、桜川公園があります。

桜川屋上公園の紅葉.jpeg新大橋通りを背にしてこの公園を通り抜けると、中央区立女性センター「ブーケ21」があります。入口右手に階段があり、桜川屋上公園と書かれています。桜川公園はよく通りますが、屋上公園には行ったことがないので、探検してみました。

階段はきついな~と息を切らして上って、びっくり! 

周りを囲むビルは深山に見え、ビル建築の杭打ち音・ドカンさえ鹿威しに聞こえ、庭園を流れるせせらぎと色づき始めたモミジに、ここはどこ?のワープ感!! 

様々な種類の木には名札がついていて、柿やザクロも立派に実をつけています。木陰のベンチも多く、昼食時は近隣のオフィスワーカーの格好の憩いの場でしょう。出生数が年々増えている中央区らしく、子ども用の遊具もあり、お天気の良い日はちびっ子でにぎわうのでしょうね。

桜川屋上公園から亀島川を望む.jpeg木々の下を抜けて進むと、空間が開けてゲートボール場。脇に小道が続いているので辿ってみると、亀島川が目に飛び込んできました。右手に南高橋の鉄橋(1904年架橋の旧両国橋の一部を再利用)が見え、妙に感動。左手の高橋や係留されているボートが、江戸の街が水運の街であったことを思い起こさせてくれます。この小道は鉄砲洲通りに出られるスロープになっています。

庭園の下は東京都下水道局桜橋第二ポンプ場で、浸水から街を守る役割を担っています。

思いがけないくつろぎの空間を見つけた秋の午後でした。

 

 

亀島橋たもとの海鮮居酒屋〔魚豊〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年9月28日 18:00

uoto201805.JPG

八丁堀2丁目、お店の裏が亀島川に面している海鮮居酒屋魚豊さんです

uoto201806.JPG

亀島橋のたもとにあります(こちらは川に面している側)

uoto201809.JPG

魚と地酒」のお店と謳うほど、お酒のラインナップがすばらしい居酒屋さんですが、お昼のメニューも充実しており、利用させていただいております

uoto201803.JPG

本日の日替わりメニューで、お勧めの「さんま塩焼とお刺身定食」を注文

uoto201802.JPG

お刺身は、ハチビキ赤サバ)とクロダイで、新鮮かつ美味

特に、ハチビキはほどよく脂がのっておいしかったです

uoto201804.JPG

今年豊漁のニュースがありがたいさんまの塩焼は、この時季、何度も味わいたい旬の味です

uoto201808.JPG

食事が終われば、亀島橋のたもとの「銀座の柳四世」や「松尾芭蕉の句碑」を眺めながらの八丁堀・新川散策もよいと思います

uoto201807.JPG

魚豊のHPがこちら ⇒

https://uotoyo.owst.jp/

 

 

第11回 EDO ART EXPO 浮世絵に描かれた役者たち 10月9日まで

[銀造] 2018年9月28日 14:00

 第11回 EDO ART EXPO 、「浮世絵に描かれた役者たち」と「"江戸" 書道展」が同時開催中です。期間は9月21日から10月9日までです。 お見逃しの無いように、早めにお出かけ下さい。

 今日は、日本橋三井タワー2階の千疋屋総本店に展示された浮世絵10点を拝見してきました。絵の下には解説が記されています。

DSCN2011 (400x300).jpg

 

歌川広重の、ゴッホも真似たと言われている「大はし あたけの夕立(名所江戸百景)、「神田紺屋町(同)」、葛飾北斎の「鶯に垂桜」、「江戸日本橋(富嶽三十六景)」、「甲州石斑沢(同)」、喜多川歌麿の「ビードロを吹く娘(婦女人相十品)、「娘道成寺(当世踊子揃)」、東洲斎写楽の「市川鰕蔵の竹村定之進」、「三世坂東彦三郎の帯屋長右衛門 四世岩井半四郎の信濃屋お半」

DSCN2007 (300x400).jpg

 

 そして、鳥居清長の「小野小町」です。 江戸時代からの美意識と粋な役者の立ち居振る舞いを描いた作品に、胸中で、「大和屋!」と叫びました。

この催しの主催者は、NPO法人 東京ネット、後援は東京都、中央区、千代田区、港区、墨田区です。 沢山の企業に協賛され、御協力も頂いて盛大な催しです。 涼しく秋の気配が漂う今日この頃です。ご健康と美食めぐりを兼ねて、「EDO ART EXPOめぐり」をお勧めします。 イベントの詳細については、こちらを御覧下さい。http://tokyochuonet.wixsite.com/edoartexpo

 

 

穴子&蕎麦ランチ〔蕎麦Diningすが〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年9月26日 12:00

八丁堀3丁目、鍛冶橋通りに面した八丁堀駅近の本格手打ち蕎麦Diningすが」さんです

活〆穴子が名物で、入り口の水槽にはアナゴが泳いでいます

suga201801.JPG

、日本酒焼酎で肴に活〆穴子手打ち蕎麦も最高なのですが、お昼はカジュアルに蕎麦ランチが楽しめるようになっています

suga201803.JPG

朝〆穴子ランチメニュー」というのがあって、①ミニ穴子天丼ミニそば、②ミニ穴子天丼そば、③穴子天丼ミニそば、④穴子天丼そば、⑤穴子天もりのバリエーションがあります

suga201804.JPG

私は、本日、②の「ミニ穴子天丼そば」を注文しました

蕎麦は、石臼引き自家製粉二八蕎麦です

サクサクふわふわ大きな穴子天(写真では、穴子天の上半分が切れてしまいました)、硬めの蕎麦蕎麦の香り、とても満足です

穴子蕎麦を両方一緒に食べられる幸福感

suga201802.JPG

こちらは、会計を終えてお店を出るときに、飲み物をもらえます

缶コーヒーをいただきました

また、来ます

 

 

中秋の名月(十五夜)

[サム] 2018年9月25日 18:00

DSC07227RELS'.jpgDSC01465LSBG.jpg 今年は9月24日が旧暦の8月15日に当たり、中秋の名月(十五夜)。

この時期は澄み切った夜空に、ちょうど見上げるのに適した角度で月が上り、月見に最適のシーズンとされます。

この日は全国的に曇り空。

心配された空模様でしたが、都心では雲も切れ、月見を楽しむことができました。

隅田川沿いの新川公園(新川2)隅田川テラスから、大川端リバーシティ マンション群の夜景片隅に、幻想的な円い "お月さま" が姿を見せています。

因みに月の満ち欠けの周期がピッタリ1ヶ月でないことから、中秋の名月(十五夜)が必ずしも満月とならず、今年は9月25日が満月との事です。

 

 

第11回 EDO ART EXPO / 第7回東京都の児童・生徒による"江戸"書道展

[wienerhorn] 2018年9月22日 14:00

江戸書道展チラシ_ページ_1.jpg2018年9月21日(金)~10月9日(火)の間、第11回「EDO ART EXPO」が開催されます。これは、NPO法人東京中央ネットが主体となり、東京都中央、千代田、港、墨田区の名店、企業、ホテルや文化・観光施設などの既存の建物をパビリオンに見立て、「江戸の美意識」をメインテーマに、江戸から続く伝統や文化、歴史を紹介する事業です。
このイベントのひとつとして、第7回「東京都の児童・生徒による"江戸"書道展」が開催されます。応募総数4,000点以上の中から、72社のスポンサー企業による381点以上の企業賞が贈られ、各地で展示されます。力作ぞろいですので、ぜひ会場に足を運ばれてはいかがでしょうか。
入賞者、作品、展示会場などは、NPO法人東京中央ネットのホームページで見ることができます。