中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


鏑木清方 『築地明石町』をめぐって

[与太朗] 2011年6月30日 08:30

IMG_0480.JPG 中央区内の町名・地名をタイトルにもつ芸術作品は数多ありますが、何といっても白眉は鏑木清方(1878-1972)の『築地明石町』でしょう。清方49歳、昭和2年の作品です。外人居留地だった明石町の風光は彼にとって理想郷のようなものでした。近海通いの商船のマストが林立し、水色ペンキ塗りの木柵には朝顔が絡んでいます。清方が遠く回想する明石町の立ちこめた朝霧の中に立つ夜会結び(いぎりす巻き)の髪の美人、幸田露伴の『天うつ波』の中に出てくるお彤(とう)という女性の俤を描いています。モデルは泉鏡花の紹介で門人となった江木ませ子、初秋の冷気に袖を掻き合わせるポーズは長女の清子をスケッチしています。ちなみに、「築地明石町」という町名はありませんが、画伯は「語呂と実感から敢てそう名づけた」と書いています。

IMG_0489.JPG この作品が第8回帝展に発表されたときの反響は大きく、帝国美術院賞を受賞、近代美人画の傑作として、また後に文化勲章を受章する清方の最高傑作として今なお多くの人を魅了し続けています。親友の鏡花は『健ちゃん大出来!』という文章を書き、この絵を激賞しました。(清方の本名は健一) 「・・・今度のはしみじみいいと感じました。何よりも実に優婉、清淑、いき、人がらな姿です。それに、胸のあたりに籠った優しさ、袖の情、肩のいろけ・・・」

 清方は明治11年神田佐久間町に生まれ、昭和47年鎌倉市雪の下(現鏑木清方記念美術館)で亡くなります。引越し好きでその間30回以上転居していますが、1歳から17歳、22歳から34歳という幼・少・青年期のほとんどを現中央区エリアで過ごしています。生まれ育った環境がその後の清方芸術の基礎を築きあげました。また、『築地明石町』のほかにも区内住所と切っても切れない代表作がたくさんあります。『朝夕安居』『鰯』『築地川』などは幼少期の下町近所のありさまだし、『一葉女史の墓』は当時、築地本願寺にありました。『三遊亭円朝像』は京橋木挽町一丁目十一番地の IMG_0476.JPG自宅(父條野採菊宅)での速記録のための口演の図。『小説家と挿絵画家』は木挽町一丁目十五番地の自宅での鏡花との初対面の様子。『一葉女史の墓』以外は中央区を離れてから描いたものです。(とくに『小説家と挿絵画家』は実に50年後の昭和26年の作) これだけ中央区と関わりの深い清方画伯、生前に制度があれば文句なしの「名誉区民」ですね。

 ところで、この名作『築地明石町』ですが、個人蔵ということで、ここ三十数年美術展・回顧展などで公開されていません。生きているうちに何とかもう一度見たいと思っているのですが。

 

[ 写真上 ] 明石町河岸公園から佃大橋方面をのぞむ。

[ 写真中 ] 切手になった『築地明石町』。(1971 切手趣味週間)

[ 写真下 ] 「外人居留地跡」の説明板のある「聖路加病院前」バス停付近。

 

 

Free Paper 「日本橋ごよみ」

[O傘] 2011年6月30日 08:30

ご存じの方も多いと思いますが、日本橋地域の情報誌として要チェックです。

昨年(2010年)の10月下旬に創刊され毎月発行されています。ご紹介します。


IMG_0613colcompt.JPG「日本橋ごよみ」の発刊の趣旨が創刊号に載っています。

それによりますと、「伝統を重んじながらも常に新たな魅力を生み出し続けている街、日本橋。

2010年10月28日、日本橋室町に新しく大型商業施設「コレド室町」「YUITO」が誕生し、日本橋の老舗名店「日本橋三越」「日本橋高島屋」の百貨店を含めてさながら町自体がひとつの「日本橋百貨店」のようになります。

本物に出会え、お目当ての品物がきっと見つかる日本橋。その魅力を感じていただき、多くの人々に町を愉しんでもらいたいという想いをこめて「日本橋ごよみ」を創刊しました。日本橋ならではの逸品、美味しい処、行事やお祭り、そこに暮らす人々の想いなどを、毎月お届けいたします。」と云うようなことが書いてありました。


創刊は2010年10月発行の11月号。

IMG_0614colcompt.JPG IMG_0615colcompt.JPG



発行は毎月20日で、部数は3万部。 A3版8ページ(創刊号は12ページ)です。

記事の内容は次の通りです。

①今月の特集

IMG_0618colcompt.JPG IMG_0616colcompt.JPG

これまでに・・・、伝統と革新の街「ようこそ日本橋へ」(創刊号)、逸品が揃う街日本橋「大切な人に贈りたい」(12月号)、日本橋から福を呼ぶ「七福神めぐり」(1月号)、秘めた思いを形にする街「日本橋のバレンタイン」(2月号)、江戸の町「日本橋の外ごはん」(3月号)、過去・現在・未来「日本橋架橋百周年」(4月号)、母の日に愉しむ「日本橋スイーツ散歩」(5月号)、日本橋で選びたい「父に贈る逸品これくしょん 」(6月号)、川遊び・夕涼み「江戸に学ぶ心の涼」(7月号)


②江戸の逸品図鑑

IMG_0621colcompt.JPG
これまでに・・・、和紙の専門店「小津和紙」、和菓子の専門店「榮太樓總本鋪」、日本で唯一の楊枝専門店「さるや」、元禄2年創業の漆器専門店「黒江屋」、時代を超えて愛される暮らしの道具「江戸屋」、性別や世代、国境を超えて大勢の愛好家たちが足を運ぶ「榛原(はいばら)」、時代を超えて愛され続けているお菓子「三原堂本店」、時代を経ても色あせないオーダメイド眼鏡「村田眼鏡舗」、江戸団扇と絵師の持ち味を心得た浮世絵団扇「伊場仙」

③名店のおひるごはん

IMG_0620colcompt.JPG
これまでに・・・、江戸前風の味を屋台で「吉野鮨本店」、本格懐石を気軽に愉しむ「日本橋ゆかり」、江戸の味を代々受け継ぐ名店「割烹とよだ」、日本の洋食店の草分け「たいめいけん」、日本橋で働くビジネスマンたちに愛されてきた季節料理「千とせ」、幕末に流行した江戸料理番付にも勧進元として登場「割烹 嶋村」、お肉の美味しさを追求し続ける西洋料理店「せいとう」、花柳界を代表する料亭「割烹 や満登」、鉄板料理や洋食料理を愉しめる料理店「レストラン紅花別館」

④日本橋福徳塾  

福徳塾の老舗講座は、日本の文化・伝統を、今に生かす知恵を学び交流し、発信する講座です。前身の「室町 福徳塾」を受け継いだもので、その由来は「福徳神社」だそうです。

これまでに、にんべん、神茂(かんも)、鳥料理「玉ひで」、千疋屋総本店、明治座、榮太樓總本鋪、利久庵、たいめいけん、山本海苔店の日本橋老舗の社長の貴重な話が載っています。

⑤ECO EDO 日本橋 江戸の知恵から学ぶ「人と自然にやさしいライフスタイル」

⑥こよみマップ・イベントインフォメーション

なお、表紙の何月号の数字の脇には二十四節気が表示されていて、またイベントスケジュールのカレンダーには旧暦も合わせて表示してありますよ。

この「日本橋ごよみ」は日本橋三越本店、日本橋高島屋、コレド日本橋、コレド室町、日本橋三井タワー、YUITOが協力して発行しています。

このブログを読んで下さったので、「日本橋ごよみ」の記事の中から「知っ得」の「問題」を差し上げます。
「YUITO」のネーミングの由来は次のどれでしょう? (回答はこの記事の末尾にあります。)
A:都・人・時を結ぶアーバンスクエアを意味する「結都」に由来する造語
B:集団・構成単位を意味する英語「UNIT」と、結合した・束ねたを意味する英語「UNITED」に由来
C:日本語「あなた(YU:You)は私(I)と(TO:Together)一緒」を由来する造語

最後に、Free Paper「日本橋ごよみ」の配布場所ですが、日本橋案内所、三越、髙島屋、YUITO、COREDO日本橋ほか がありますが、筆者は日本橋の「三越本店新館」入り口や「コレド日本橋」の地下鉄から入れる地下一階入り口でゲットしています。
是非皆様もこのFree Paper「日本橋ごよみ」ゲットして、日本橋歩きの参考にして下さい。

なお、インターネットでもバックナンバーの主な記事を見ることができます。
http://www.nihonbashi-tokyo.jp/enjoy/magazine/index.html

問題の回答:A(創刊号5ページ右の「ココをチェック!」に載っています。)

 

 

 

梅雨時の湿気対策には、英国流の乾いたユーモアが効果的

[坂の上のねこ] 2011年6月30日 08:30

梅雨時の鬱陶しい毎日、外を歩くのはちょっと・・という方も多いかもしれません。そんなときはぜひ、雨の心配のない屋内で楽しいお芝居を鑑賞しましょう!

 

Dry Sense Of Humourがたっぷり堪能できる英国のダークコメディー「庭園のすべて」なら、湿った梅雨空をカラっと乾かしてくれそうです。

 

「庭園のすべて」

シアタージャパンプロダクションズ公演

ジャイルス・ブルック原作  高瀬一樹 翻案・演出

 

エドワード・アルビーの初期の代表作"庭園のすべて"(ブロードウェイ1967年初演)の元になる、イギリスの作家ジャイルス・ブルックによる台本を翻案し、上演します。

大都市の中流階級の家庭の女たちの売春という、センセーショナルなトピックを扱いながら、シチュエーション・コメディーのような軽妙なスタイルで描かれた、ダーク・コメディーです。

椅子を改装し、70席とさらに密になったMAKOTOシアター銀座の空間で、若い夫婦たちの悩める決断がもたらすトラジック・コメディーをご覧下さい。

 

公演日時: 6月 29日      7:30PM

      6月 30日  2PM  7:30PM

       7月 1日  2PM  7:30PM

            7月 2日  2PM  7:30PM

            7月 3日  1PM  5:30PM

 

場所:マコトシアター銀座(http://www.makototheater.com/

 

チケット:一般3800円 学生2500円

 

お申し込みはFAXまたはE-mailでどうぞ。

FAX: 03-5468-6462

E-mail: kazkit098@gmail.com(高瀬一樹)

 

庭園のすべて表.jpg  庭園のすべて裏.jpg

 

 

中央小学校・幼稚園にて

[ukiuki] 2011年6月30日 08:30

来年秋の完成をめざし、現在建て替え中の中央小学校・幼稚園。

工事をとりまく壁には、進捗状況と共に

「中央小学校・幼稚園 歴史館」の写真が。


ck1107_1106301.JPG


旧鉄砲州小学校の外観。


当時から三階建ての、立派な建物だったのですね。



ck1107_1106303.JPG


昭和初期の給食の風景。


お洒落な藤製のバスケットが素敵。



ck1107_1106302.JPG


同じく昭和初期の、

校庭での乾布摩擦。



「歴史館」は、他にも児童の写真や古地図なども。

文房具屋さんや駄菓子屋さんも近くにあったのですね。

 

今も品の良いご夫妻がやっていらっしゃる自転車修理屋さん、

アットホームな雰囲気の郵便局などがあります。

 

また、交通量が少ないこの中央小学校付近は

ふらっと歩きにもおすすめかと存じます。

 

 

 

キラリと光る日本料理「日本橋ゆかり」

[柳 さつき] 2011年6月29日 08:30

梅雨の最中にも、真夏日がやって来たりと、不安定な気候が続いておりますね。

こんな時期は、体調も不安定になりがちです・・・。

日ごろ、どちらかと言えばSWEETS(スイーツ三昧)に偏りがちな私・・・・。ちゃんとした食べ物で栄養補給しよう!と、日本料理の名店『日本橋ゆかり』さんへランチへ出かけました。 

P1050676.jpg

『日本橋ゆかり』さんは三代前から宮内庁御用達です。

現在は、2002年のJAPAN CUPで優勝なさった、三代目の野永 喜三夫さんが腕をふるっていらっしゃいます。

一日10食限定の【ゆかり御膳】を前もって電話で予約をお願いしておきました。

 

[お通し] 季節を感じる紫陽花の緑鮮やかな葉と花の下には・・・青梅の冷し羹

      P1050678.jpg P1050679.jpg

[ゆかり御膳]です。ご飯、香の物、赤だしが付いています。 P1050683.jpg

[前菜]:旬のもの盛りみ [お造り]:盛り込み(海ブドウが嬉しい!)         P1050685.jpg P1050687.jpg

[煮物]:鹿児島産黒豚の角煮 [揚げ物]:手造りしんじょう湯葉包み揚げを含む盛り合わせ         P1050686.jpg P1050689.jpg  

ひとつひとつの下ごしらえから・・・すべてのものには、丁寧に手仕事がほどこされています。

例えば・・・[前菜]のひとつ、海老にしても、背に入れた包丁目にはいくらが射込まれていました!

               P1050690.jpg

コンパクトに収められているものの、内容、品数、ボリュームともに、男性の方でも満足なさると思いす。

最後に(私の秘かなお楽しみ・・・) 

[デザート]:黒豆ときな粉のアイス 黒蜜がけです!

お米をカラリと揚げた(?)ライスパフがサクサクと、アクセントになっていました。

              P1050692.jpg    

とても充実したランチタイムを過ごすことができました。

『日本橋ゆかり』さんHP:http://www.nihonbashi-yukari.com/index.html


 

 

味な七福神さま

[キャサリン] 2011年6月29日 08:30

06 004.jpg  06  010.jpg

新橋演舞場六月大歌舞伎の帰り銀座でお茶でもしようかと、いわて銀河プラザから銀座に向かって歩いていましたら
ディスプレイの可愛いイラストに目が留まったのです。
そのお店は「幸煎餅」(さいわい せんべい)さんでした。幸煎餅さんは群馬県前橋市に本社があり、
並びの「ぐんまちゃん家」にも幸煎餅さんのあられが置いてありました。
私がおじゃましたお店は銀座本店(歌舞伎座正面真向い)です。

以前頂いたことがあり、可愛いイラストが印象に残っていたので
ここだったのね!と、さっそくお店に

今回購入したのは 巾着の「七福神あられ」と「めでた祭」です。


06 013.jpg巾着の「七福神あられ」は味ごとに小袋に入っているのと、バラの2タイプあって、私はバラのタイプを選びました。
一つ一つ可愛らしい七福神のイラストで個包装されて

一口サイズの七つの味

(しそ・チーズ・バター・カレー・えび・唐がらし・青のり)が楽しいです。軽い口当たりで一口サイズなのでついつい手がのびちゃいます。
どれも美味しいですが個人的にはチーズ味が気に入ってます。パステルカラーの色使いの包装がまた可愛いです。
七福神あられは3年連続モンドセレクション最高金賞受賞ということで、その味にうなずきながらまた、

あられに手がのびちゃいましたdelicious


めでた祭」は、祭好きの私、「祭」の文字に反応して購入しました。おかき10種、お菓子4種が入っていて、これも楽しい♪
なかでも、ラムネやカルメ焼きが入っているところが懐かしい~confident 子供の頃よくラムネや
縁日で必ずカルメ焼きを買ってもらったことを思い出しました。

  06 015.jpg店内は他にも種類が色々あって、次は何にしようかなぁ?と思ってます。
自宅用は勿論、贈り物にも喜ばれますね。

お店の方が気さくにお話をしてくださって、お会計の間にお客様に冷たい麦茶をお出しする

心遣いと笑顔がとても素敵でした。
その日暑かったので私も遠慮なく、ぐいーっと頂きました。ご馳走様でした。

銀座にお買い物、歌舞伎観劇などお出かけの際に、お立ち寄りになってみてはいかがでしょうか。

観光協会特派員ブログのお話をさせていただき快く店内の撮影にご協力いただき、

ありがとうございました。

 

「幸煎餅」さんのHP
http://www.7292.com/


 

 

 
123456789