中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


中央区ゆかりの「靴の記念日」(3月15日)

[ジミニー☆クリケット] 2018年3月 9日 09:00

入船3丁目、入船橋交差点に面して、植栽に囲まれて「靴業発祥の地が建っています

nisim201801.JPG

碑文には、このように記されています

nisim201804.JPG

明治3年(1870)3月15日西村勝三が伊勢勝・造靴場を創建したのは旧築地入船町5丁目1番のこの地であった。勝三は佐倉藩の開明進取の風土に育ち、時の兵部大輔大村益次郎の勧めと、藩主堀田正倫並びに渋澤栄一の支援を得て靴工業を創成しこれを大成した。斯くてこの地は日本に於ける製靴産業の原点であるのでこゝに建碑事蹟を記す

昭和60年(1985)3月15日

日本靴連盟

nisim201805.JPG

題字は、堀田正久氏書となっています

堀田正久氏旧佐倉藩主堀田家直系の子孫であり、4期16年にわたり佐倉市長を務められたそうです

nisim201803.JPG

碑文によれば、明治3年3月15日に、この地に佐倉藩士だった西村勝三氏革靴を製造する工場開業されたとのこと

陸軍の創始者であった大村益次郎の「勧め」とは、日本人に合った軍靴革靴)に対するニーズにもとづくものだったのでしょうし、当時、この築地の明石町一帯が、外国人居留地に指定されていて、多くの外国人によるの需要も多かったのでしょう

nisim201802.JPG

3月15日は、「靴の記念日」です

昨年1月、製靴業発祥佐倉藩の関係について紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/01/post-3950.html