Hanes

あのシーンをもう一度!2019年冬ドラマロケ地巡り

こんにちは。アクティブ特派員のHanes(ハネス)です^^
あっという間に4月に入り、新たな環境でスタートを切られる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
一方で新たな元号が発表になり、テレビでは2019年の春ドラマが始まる時期になりました!

2019年冬ドラマでは、中央区がロケ地になったものが多いと聞き、普段テレビを見ない私ですが、春ドラマが始まる前にロケ地巡りに出かけてみました
今回は数あるロケ地の中の1ヶ所にフォーカスしてみようと思います。


ロケ地の多い中央区

2019年冬ドラマ(ネット配信を含む)に登場した中央区の場所には、日本橋のビル、八重洲の本屋、八丁堀の銀行、銀座のブティックや歩道橋、築地の料亭、佃のマンション等があります。
勿論これがすべてではありませんが、聞いて驚くほど中央区の見慣れた風景がドラマの中に登場し、中央区ファンとしては見逃せないのが本音です!

その中で、実はいくつかのドラマに登場した場所があります。
どこだと思いますか?(ヒントは上のインスタ風画像にあります。)
(主人公役の女優さんのようにスタイルはよくありませんが、ロケ地で写真を撮ってみました^^)

それでは、その答え合わせを兼ねて、早速ドラマごとにロケ地をご紹介していきます

初めて恋をした日に読む話(TBS)

まず取り上げるのは、受験も就職も失敗したアラサー塾講師の春見順子(深田恭子さん)がピンク頭の不良高校生由利匡平(横浜流星さん)を現役で東大に合格させるという受験期ならではの胸キュンドラマ『初めて恋をした日に読む話』(通称:はじこい)。

こちらでは、区内の2ヶ所がロケ地になったようです。
その1ヶ所が、隅田川テラス(永代橋付近)

 あのシーンをもう一度!2019年冬ドラマロケ地巡り


このドラマには、順子(深田恭子さん)に想いを寄せる3人のイケメン男性が登場。
その1人で、高校の同級生で高校教師をしている(後に政界へ)山下先生(中村倫也さん)が、順子と缶コーヒー片手に話をするシーン(最終回)で登場したのがこちら。
新川(中央区)側から隅田川を臨み、対岸にある大島川水門(江東区)が見える場所

訪問時は桜が見ごろで、テラスでお花見をする方がたくさんいらっしゃいました。

 あのシーンをもう一度!2019年冬ドラマロケ地巡り


その他、中央大橋と佃のタワーマンション群改修工事中の永代橋およびその奥に見えるスカイツリーもドラマ内に登場しています。
ドラマさながら、こちらで缶コーヒーを飲みながらしばし黄昏てみるのもありですね

 あのシーンをもう一度!2019年冬ドラマロケ地巡り


また、ドラマ内には登場しませんでしたが、隅田川テラス沿いでは桜の他、季節の花が楽しめます。
現在、中央大橋の近くではレンギョウが見頃を迎えています

家売るオンナの逆襲(日テレ)

続いて取り上げるのは、三軒家万智(北川景子さん)がデキる不動産屋を演じ、次々と家を売っていく『家売るオンナの逆襲』
このドラマでは、中央区内のお店やビル等も比較的多く登場しましたが、隅田川テラスも例外ではありません!

 あのシーンをもう一度!2019年冬ドラマロケ地巡り


こちらのドラマで登場した隅田川テラスは、勝鬨橋付近
不動産業界のライバルともいえる留守堂謙治(松田翔太さん)が、万智への想いで悩むシーンで登場。
勝鬨橋や隅田川テラスに植えられた花もたびたび映りましたね^^

 あのシーンをもう一度!2019年冬ドラマロケ地巡り


そこで、実際に隅田川テラスにいらした際に注目していただきたいのは、こまめに手入れされた花壇。
季節の花が植えられており、いつ行っても目を楽しませてくれることは間違いありません

現在は、気分を高めてくれるような明るい色の春の花が咲いており、週末は隅田川沿いで優雅に読書なんていかがでしょうか。

オススメ交通手段「江戸バス」

さて、今回ご紹介した隅田川テラスですが、銀座や日本橋からは少々距離があります。
そこで、アクセスの際にご提案したいのが、中央区のコミュニティバス「江戸バス」
オススメの理由は、片道100円というお手軽さだけではありません。

中央区でロケ地巡りをしたいという方、まずは江戸バスのルートや時刻表が書かれたマップを入手してみてください

 あのシーンをもう一度!2019年冬ドラマロケ地巡り


現在は、桜だより編(区内の桜の名所をご紹介)、映画・ドラマ・小説の舞台編、英語版の3種類が発行されており、映画・ドラマ・小説の舞台編では、好きな作品の舞台情報が情報も入手できるかも!?

そして隅田川テラスへのアクセスですが、永代橋付近が行先の場合、北循環の㉗新川一丁目もしくは南循環の⑨マイホーム新川が最寄りのバス停となります。
勝鬨橋付近が行先の場合は、南循環の㉖勝どき橋西(ニチレイ本社前)が最寄りとなります。

2019年冬ドラマのロスに苛まれている皆さん、お花見やお散歩がてら中央区のロケ地巡りをしてみませんか?