中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


冬の銀座テラス〔銀座三越〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年1月20日 18:00

gintera01.JPG

銀座三越9階には、芝生の広場植栽スペースからなる「テラスガーデン」があります

gintera02.JPG

冬はの少ない時季ですが、それでもクリスマスローズがしっかり咲いており、リーフプランツとともに植栽スペースをにぎやかにしてくれています

gintera03.JPG

 

同じフロアには、銀座出世地蔵尊三囲神社銀座摂社が祀られています

gintera05.JPG

銀座出世地蔵尊は、明治のはじめ三十間堀から掘出されたといわれる地蔵尊で、昭和43年銀座三越新築に際して当所へ移されました

銀座出世地蔵尊は、銀座八丁神社めぐりの一社でもあります

 

gintera06.JPG

三囲神社銀座摂社は、弘法大師の建立と伝えられています

文和年間に社殿再建の折、白狐が御神体を三度めぐったと言う故事により、「みめぐり」と呼ばれているそうです

三井家の守護神として、三越の本支店屋上に祀られています

gintera07.JPG

 

寒い日が続きますが、風も無く晴れたお昼時には、9階テラスベンチに腰かけて、冬の太陽を浴びるのも気持ちのよいものです

gintera04.JPG

銀座三越のHPはこちら ⇒

http://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/index.html

 

 

「ガレとドームの世界展」〔日本橋三越本店〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年1月20日 14:00

日本橋三越本店新館7階ギャラリーで、「岡田美術館蔵 ~ジャポニスム 西洋と日本~ ガラス工芸の精華 ガレとドームの世界展」が開催されています

galle311.JPG

この展示会は、『箱根の岡田美術館が秘蔵するエミール・ガレドーム兄弟ガラス作品を初めて一般公開するにあたり、「ジャポニスム」に焦点を当て、アール・ヌーヴォーの工芸品と同館が誇る膨大なコレクションから選んだ日本美術の精華を取り合わせて展示する』ものです。

galle012.JPG

実際にガレドーム兄弟の作品を間近に見ると、ジャポニスムの影響ってこんなにすごいものだったんだと実感します

ガレドーム兄弟の作品の横に、鈴木其一の屏風や葛飾北斎伊藤若冲の掛軸、光琳蒔絵古伊万里が展示されていても、まったく違和感がありません

galle313.JPG

個人的には、ガラスの作品の表面にあしらわれた昆虫カタツムリの細工の細かさに感動しました

galle315.JPG

また、会場の照明も、作品のすばらしさを一層際立たせてくれており、特に、ガレランプのコーナーでは、作品から放たれるに癒されました

じっくりゆっくり見たい展示会です

galle006.JPG

開催期間は、1月23日)までです。

日本橋三越本店のHPはこちら ⇒

http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/index.html

 

 

2017酉年初春歌舞伎―歌舞伎座

[滅紫] 2017年1月20日 09:00

100_2190.JPG 100_2192.JPG 100_2191.JPG

 

初春歌舞伎は東京では今年4座で上演中とあって1月は何とも忙しい。今日で漸く3座目。歌舞伎座にやってきました。場内は新年にふさわしく華やかなこと。お正月気分が一番味わえるのは劇場かもとあらためて認識しました。昼の部は「大政奉還150年」(早いと思うかまだと思うか)と銘打った「将軍江戸を去る」を3代同時襲名が発表され、来年十代目幸四郎を襲名する染五郎さんが慶喜、愛之助さんが山岡鉄太郎を演じます。2幕目は「藤娘・座頭・船頭・鷹匠・大津絵の鬼の五役を愛之助さんが早替わりで演じる「大津絵道成寺」で染五郎さんが矢の根の五郎になる押し戻しつき。最後が吉右衛門さんと歌六さんの「沼津」、初春に嬉しい贅沢な演目です。いつもは幕間にデパ地下ご用達のお弁当なのですが、今日は友人と2回の「鳳」で豪華に「新春ごちそう膳」(4000円込)をいただきました。くずきりデザート付きです。

100_2193.JPG 100_2195.JPG100_2194.JPG

残念なことにおしゃべりに夢中になり、頂き終わらない内に「開幕5分前」の知らせが。・・・次回はゆっくりいただきます。奈良から観劇に上京した友人はこの日夜の部も見て、2日目が演舞場昼夜、3日目に国立と浅草公会堂と強行軍。お疲れ様。

夜の部は幸四郎さんと玉三郎さんの「井伊大老」5世中村富十郎7回忌追善狂言を息子の鷹之資くんが踊る「越後獅子」玉三郎さんの「傾城」染五郎さんの「松浦の太鼓」です。

 

26日千穐楽  お問い合わせはチケットホン松竹0570-000-489(10~18時)へ

 

 

ピースサインと指紋研究発祥の地

[ジミニー☆クリケット] 2017年1月19日 18:00

『「カメラに何げなくピースのサインをするだけで、指紋が出回ってしまう」。指紋の盗撮防止技術を開発した国立情報学研究所越前功教授は、こう警鐘を鳴らす。

を一緒に撮影した写真をネットに掲示すると、個人指紋を特定される恐れがある。

(中略)

国立情報学研究所の実験では3メートルの距離で撮影した画像でも読み取れることが判明しており、「自撮り」のピース写真をネットに掲示すると、簡単に盗まれてしまう・・・』(産経ニュース

 

すごい時代になってしまったなあと驚きつつ、そういえば、そもそも指紋個人を特定するために利用できるという研究は、中央区が発祥だったことを思い出しました

simon002.JPG

明石町に、「指紋研究発祥の地」の記念碑があります

simon003.JPG

ここは、もと外国人居留地で、宣教師であり医師でもあった英国人ヘンリー・フォールズ居住していた跡地です。明治7年1874年)から明治19年1886年)まで居住したとのことです

simon001.JPG

フォールズは、日本における指印の習慣に興味を持ち、指紋によって個人の識別ができることを発表して、多くの関心を集めました

彼は、指紋を、弓状紋蹄状紋渦状紋など5つの基本パターンに分類し、後に犯罪捜査に利用されることになったそうです

 

今後、この報道をきっかけとして、ピースサインではない写真撮影のポーズがでてくるのでしょうか

 

 

梅開花

[サム] 2017年1月19日 16:00

DSC_0687LS.jpg 1月10日、東京管区気象台より、気象庁生物季節観測情報のひとつ「梅開花」が報じられました。

平年より16日早く、昨年と同日との由。

浜離宮恩賜庭園の梅林の開花の便りはまだですが、大手門口の枝垂梅や、お花畑脇の早咲きの「八重紅梅」「甲州最小」「八重野梅」などが咲き始めていま

DSC_0691RSG.jpgす。

園が浜御殿と称せられる、徳川将軍家の別邸であった頃は、数多くの梅の木が植栽されており、馥郁たる香りに満ちていたと伝えられています。

現在園内の梅は、梅林に約80本、全体で10数種、約130本と聞きます。

昨年10月25日に種が蒔かれた菜の花畑は、ネットに覆われ未だ養生中ですが、園内は着実に春の訪れの気配が感じられます。

 

 

「昭和元禄落語心中展」〔銀座三越〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年1月19日 14:00

現在、銀座三越9階銀座テラス/テラスコートで、「昭和元禄落語心中展」が開催されています

開催期間は、1月23日)までです。

rakug02.JPG

落語ブームの火付け役人気漫画昭和元禄落語心中」のカラー原稿連載時の漫画原稿ネームノートなどが展示されています

原画の色がとにかく美しいのと、線描の繊細さ感動します

rakug03.JPG

昭和元禄落語心中限定グッズも販売されていますし、期間中のイベントも予定されています

イベント情報としては、

20日):昭和元禄落語心中×JAZZ NIGHTS

21日):アニメ昭和元禄落語心中声優トークイベント雲田はるこ先生サイン会

22日):三越劇場プレゼンツぎんみつ寄席」( 銀座三越で1日限りのスペシャル寄席の開催

rakug01.JPG

銀座三越のHPはこちら ⇒

http://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/index.html

 

 
1234567891011