中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


早春の女神の庭 2018

[サム] 2018年2月19日 18:00

DSC01891RELS'.jpgDSC01894RS'G.jpg  2月16日~23日までの8日間、ファンケル銀座スクエア(銀座5)では、10Fテラス付サロンスペース「ロイヤルルーム」を一般開放し、「早春の女神の庭 "球根とビオラのかわいいハーモニー"」が開催中です。(11:30~18:30)

現在年8回行なわれている「季節のガーデンイベント」の内、「冬のガーデンイベント」のひとつ。

屋上庭園が、春を待ち望み芽を出した珍しい球根達や、個人育種家こだわりのパンジー・ビオラで彩られ、早春の庭をラブリーに演出しています。

期間中、「ガーデニングミニレッスン "個人育種家こだわりのビオラと春の草花の寄せ植え"」や「育成ビオラのプチセミナー&販売会」も開催予定。

フリードリンクも用意され、ガーデンテラスを眺めながら、暫しの憩いが楽しめます。

 

 

春のチーズケーキ(さくら味)・春の手焼きチーズケーキ(さくら味)  ~ 資生堂パーラー ~

[rosemary sea] 2018年2月19日 14:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をメイク ザ モストして取材します、rosemary seaです。

 

すぐそこに春がやってきている気配がします。優しい風が待っています。

資生堂パーラー 銀座本店ショップをはじめとする全国の資生堂パーラーさんの、2月15日(木)からのこの春の季節限定商品、ご紹介です。

 

それは・・・

春チース゛(サクラ)2a.jpg

 春のチーズケーキ(さくら味)

です。

それから、銀座本店ショップ他取扱店限定の商品もご紹介します。

それは・・・

春手焼き(サクラ)イメーシ゛カットa.jpg

 春の手焼きチーズケーキ(さくら味)

です。

 

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

 

2018春チース゛(サクラ)3白大a.jpg 2018春チース゛(サクラ)6白大a.jpg

 春のチーズケーキ(さくら味)

3個入918円(税込)【上】 / 6個入1,836円(税込)【下】

桜の花由来のペーストを加えた濃厚なデンマーク産クリームチーズを、北海道産の小麦を使った桜の香りのビスキュイで包み焼き上げられています。

ひと口食べるごとに、さくらの香りが口いっぱいに広がります。

春の訪れを告げてくれるチーズケーキです。

 

2018春手焼き(サクラ)白小a.jpg

 春の手焼きチーズケーキ(さくら味)

1本入 2,700円(税込)

銀座本店ショップ他取扱店限定の商品です。

デンマーク産の濃厚なクリームチーズに、桜の花由来のペーストとさくらんぼの果肉(ドライ)を加え、1本1本手作りで焼き上げられています。

ビスキュイに練り込んだ塩漬けの桜葉が、さらに桜の風味を引き立てています。

やさしい桃色や桜の香りがひと足早い春の訪れを告げてくれる、このうえなく濃厚で贅沢な季節限定のチーズケーキです。

 

また、どちらのパッケージも資生堂パーラーさん創業115周年を記念した、レストラン開業当時の様子をデザインしたもの。

このパッケージも今回が最後です。

1928年資生堂アイスクリームパーラー開設時、銀座中央通り側にはショーウィンドウが設けられていました。

おめかしをした銀ぶら中のモガ(モダンガール)は、ショーウィンドウに飾られた満開の桜に目を奪われているようです。

 

・・・春、さくらの味わいと暖かさを感じるパッケージは、新しい旅立ちを応援するギフトにもおすすめです。

 

 画像はイメージです。

 いずれの商品も限定数量に達し次第、販売終了となります。お買い求めはお早目に。

 

 

パーラー本店0021b.jpg[お問い合わせ]

資生堂パーラー フリーダイヤル 0120-4710-04

月~土曜日 10:00~17:00

祝祭日、夏季休暇、年末年始を除きます。

 

資生堂パーラー 銀座本店ショップ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル1階

03-3572-2147

営業時間  11:00~21:00

無休

なお、年末年始にはお休みの日があります。

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

祝金メダル 特別ライトアップ

[サム] 2018年2月19日 12:00

P2170338ELS'.jpgDSC_1036ELS''G.jpg 平昌オリンピック9日目の2月17日、フィギュアスケート男子フリーで、羽生結弦選手が圧巻の演技を披露し、SPと合わせ、317.85点で二連覇を達成。

今大会の日本勢金メダル第一号です。

祝福の気持ちを込め、東京スカイツリーでは同夜17:30~24:00、2013年に公募によりデザインされた、金メダルをイメージした特別ライトアップが点灯。永代橋越しに見事な金メダルの輝きが望めます。

東京タワーでも同様に「金メダルおめでとう!スペシャルダイヤモンドヴェール」が点灯。

宇野昌磨選手も合計306.90点で銀メダルに耀き、フィギュアで初めて複数の日本選手が表彰台に立ち、列島各地が大歓声に包まれました。

 

 

「国立映画アーカイブ」の設置

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月19日 09:00

京橋3丁目、鍛冶橋通りに面して建つ東京国立近代美術館フィルムセンターが、今年の4月1日から、「独立行政法人国立美術館 国立映画アーカイブ」として、新たな位置づけで設置されるそうです

archiv201801.jpg

現在の「フィルムセンター」も、貴重な映画の上映映画に関する企画展を開催しており、何度かこのブログで紹介させてもらいました

archiv201802.jpg

今回、他の国立美術館同格の機関として改組されて、「映画を残す、映画を活かす。」をミッションとして、我が国の映画文化振興のためのナショナルセンターとして、一層の機能強化を進めていくそうです

新たに設置される「国立映画アーカイブ」のロゴマークはこちらです

archiv201803.jpg

今後、「国立映画アーカイブ」で企画される上映会イベントにも一層期待が高まりますね

詳しくは、東京国立近代美術館フィルムセンターのHPををご覧ください。

なお、「国立映画アーカイブ」のロゴマークの使用については、許可をいただいております。

東京国立近代美術館フィルムセンターのHPはこちら ⇒

http://www.momat.go.jp/fc/

 

 

松の御茶屋 (浜離宮恩賜庭園 その2)揺れる千鳥

[GPP] 2018年2月18日 16:00

 揺れる千鳥。これは池の水面に反射した太陽光が作り出した揺らめく投影なんです。(手振れ写真ではありません!)

16_02.jpg16_04.png

 冬の晴れた日の午後松の御茶屋を訪れた人だけが見ることができるそうです。

 松の御茶屋特別公開は、木曜日/午後1時~午後3時(悪天時中止)。


 松の御茶屋は、2010年に復元されました。潮入の池に面した茶屋であり、浜離宮の見どころの1つです

 鳥羽伏見の戦い(1867年)の最中、大阪城から船で江戸まで引き上げてきた徳川慶喜。しばし休憩したのが松の御茶屋、と言われています。

   外観(松の御茶屋)

11.jpg

   潮入の池(松の御茶屋から臨む)

12.jpg


 冬のシーズンに訪れたならば、欄間板の透かしは見逃せません。

   欄間板 千鳥の透かし(写真上部)

13.jpg

   板の間上部(写真右:欄間板透かし 写真左:貼付け壁)

14.jpg

 潮入の池の水面に反射した太陽光が、欄間板の透かしを通って、千鳥の模様を壁に映し出します。

   千鳥(欄間板)

15.jpg

   欄間板の投影(貼付け壁)

16_02.jpg

 風で水面が揺らぐので、千鳥型に繰り抜かれた欄間板を通過した光もゆらゆら...と揺れて見えるのです。肉眼だとはっきりわかります。


 松の御茶屋は茶屋(ちゃや)ですので、茶の湯を行う茶室(ちゃしつ)とは用途が異なります。

 回遊式庭園を歩き疲れた身体を休めたり、潮入の池を眺めたり、食事をしたり、...と。将軍が招いた重要なお客様方がリラックスできる特別な場所だったそうです。

 数寄屋風書院造の松の御茶屋内部には、見るべきものが数多くありました。

 違い棚(ちがいだな)、円窓(えんまど)、付け書院(つけしょいん)、松ぼっくりや蝉の釘隠し(くぎかくし)、泥間似合紙(どろまにあいし)を用いた貼付け壁(はりつけかべ)、屋久杉の天井、等。

 違い棚(ちがいだな)

17.jpg

 円窓(えんまど)

18.jpg

 付け書院(つけしょいん)

19.jpg

 釘隠し(くぎかくし)

20.jpg

 貼付け壁(はりつけかべ)

21.jpg

 屋久杉の天井

22.jpg


 

 

梅にメジロ 2018

[サム] 2018年2月18日 12:00

DSC_0714ELS'.jpgDSC_0715RS'G.jpg 久し振りに日中の最高気温が3月下旬なみの15.1℃を記録した2月15日。

浜離宮恩賜庭園のお花畑脇の一群の梅(八重紅梅、八重野梅など)にメジロが訪れ、「チィー、チィー」と地鳴きし、吸蜜中です。

頭部から腰は黄緑色、喉から胸は黄色、胸から脇腹は淡褐色。名前の由来ともなっている、目の周りの白い、アイリングが特徴です。

メジロは他の小鳥同様、春夏は虫を、秋冬は果実を採食しますが、花蜜も好物のようで、筆状になった舌先で舐めた蜜を口に運ぶとされています。

来園者に春到来間近を告げる愛らしいメジロの姿です。

 

 
1234567891011