中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


HERMES JUNGLE GAMES at Sony Park Ginza 2018

[銀造] 2018年12月12日 18:00

 銀座ソニーパークで、HERMES JUNGLE GAMES が開催されています。期間は12月25日までです。

1544174211015.jpg

 HERMESのビルの壁面には、ゲームのロゴが映し出されて、楽しい雰囲気が伝わってきます。

1544174607150.jpg

 どんなゲームなのかは、実際にご体験下さい。

 

 

銀座シックスそばの焼きいもやさん

[kimitaku] 2018年12月12日 14:00


夕暮れどき、銀座通りを散歩。銀座シックスの交差点まで来ました。

この日は昼間と違い夕方からとても寒くなり、手袋も恋しくなりました。

銀座シックスの「Fendi」の銀色のガラスががまぶしく、吸い込まれてゆくようです。


kimitaku1_20181205.jpg


 横断歩道を渡ろうとすると赤提灯が・・

・・・焼き芋屋さんが営業していました。・・・

銀色に輝くビルのガラスと対照的な赤提灯。

「焼き芋」の文字に誘われ。

女性たちが湯気の立つお芋をほおばっていました。


kimitaku3_20181205.jpg


銀座シックス(G6)へは、地下鉄銀座駅下車徒歩2分。

都営地下鉄東銀座駅からは徒歩5分です。

焼き芋屋さん ときどき出店しているようです。


kimitaku2_20181205.jpg  

 

師走のあかつき公園

[ジミニー☆クリケット] 2018年12月12日 12:00

meta201801.JPG

区立あかつき公園の、「生きている化石メタセコイア紅葉がみごとです

meta201802.JPG

生きている化石」と呼ばれる理由は、1941年に、化石学者三木茂日本産化石規準標本とし,スギ科の新属としてメタセコイア属を創設し、このメタセコイア属の植物は、当時絶滅したものと推定されていたところ、1946年に中国四川省で、メタセコイア現生種)が発見されたことによるものだそうです

meta201803.JPG

メタセコイア落葉樹で、落葉する前に、赤茶色紅葉します

meta201804.JPG

あかつき公園メタセコイアは、「メタセコイアの林」と書かれているくらい密集して立っていますので、とても迫力があります

meta201805.JPG

去年までは気付きませんでしたが、メタセコイアができていました

meta201807.JPG

メタセコイアの和名はアケボノスギだそうで、アケボノスギあかつき公園にあるのも何かの縁でしょうか

meta201808.JPG

2015年12月に同公園のメタセコイア紅葉を紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2015/12/post-2953.html

meta201806.JPG

 

 

【銀座五丁目】 タイ生まれの自然派スキンケア 「THANN(タン)」

[いのちゃん] 2018年12月12日 09:00

 

今回ご紹介するのはタイナチュラルスキンケアブランドTHANN(タン)です。

 

人気の旅行先としてつねに上位にランキングされる世界でも有数の観光立国である

タイには、人それぞれに思い浮かべるさまざまなイメージがあることと思いますが

意外と知られていないのがタイ生まれのコスメティクスたち。

農業大国かつ美容大国という側面を持つタイでは、自然素材を使用したいくつもの

良質なスキンケアブランドが誕生しています。

 

IMG_4565.JPG

首都バンコクにあるラチャダー鉄道市場。夕暮れとともに浮かびあがるテントの灯り

が創り出す"光の宝石箱"が写真共有アプリで話題。

 

すべての製品に植物由来成分の恵みがふんだんに活かされているTHANNもその

ひとつ。シソコメといった成分を取り入れたコレクションが代名詞となっ

ているTHANNのブランド哲学は私たち日本人の感性にもぴたりと寄り添います。

 

アジアをはじめ世界各国のリゾートホテルや航空会社でバスアメニティとして採用

されているTHANN。すでにどこかで出会ったことがある方もいらっしゃるかも

しれません。私自身もかつて宿泊したホテルで使ったことをきっかけにすっかり魅

了され、タイへ出向いた際には忘れずに購入して帰るようにしていましたが、今は

いつでも銀座で手に入れることができます。

 

東急プラザ銀座に来ました。

 

IMG_5993.JPG

2016年3月オープン。「光の器」というコンセプトのもと、伝統工芸である江戸切子

をモチーフにデザインされた立体的なガラスのファサードは、伝統と革新が共存する

銀座の街にふさわしい風格を携える。エリアを一望できる屋上の"KIRIKO TERRACE"

(キリコテラス)など、憩いの場となるパブリックスペースも充実。

 

IMG_5998.JPG

 

晴海通り×外堀通りのエスカレーターからアクセスし、エントランスをくぐれば

THANNはすぐ目の前に。

 

IMG_6005.JPG

 

コメヌカ油配合のボディミルク オリエンタルエッセンス(320ml 税込3,132円)。

人工香料不使用。のびがよく、肌にすっとなじむので年間を通して愛用しています。

 

IMG_6003.JPG

 

オリエンタルエッセンスタイ原産のレモングラスとカフィルライムをブレンドした

さわやかな香り。THANNのシグネチャーとなっているアロマティックウッド

柑橘系の甘さにスパイシーなアクセントが加わった温かみのある香りで、ハンドケア

を含むフルラインがそろいます。

 

IMG_6013.JPG 

 

ほかにも香りのラインナップには、優雅でロマンティックなエデンブリーズや、すっ
きりと爽快なシーフォームなどがあり、誰もがその日の気分や好みにあったものを見
つけられるはず。また、ミニマルなパッケージデザインのTHANNのプロダクトは

性別を問わず、あらゆる年代の方にお使いいただけます。

 

MG_6012.jpg

 

贈り物にもおすすめです。クリスマスギフトにいかがでしょうか。

 

IMG_6006.JPG

 

THANN(タン) 東急プラザ銀座店

中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座3F

03-6264-5205

 

 

 

ホワイトクリスマスガーデン

[サム] 2018年12月11日 18:00

DSC08084ELS''.jpgDSC08080RS'G.jpg 12月7日~16日の10日間、ファンケル銀座スクエア(銀座5)では、10Fテラス付サロンスペース「ロイヤルルーム」を一般開放し、ガーデンを幻想的な白色に染める「ホワイトクリスマスガーデン」を開催中です。16:00~19:00

現在年8回行なわれている「季節のガーデンイベント」のひとつで、今年のテーマは、環境に配慮した「ホワイトエコクリスマス」。

ペットボトルでクリスマスツリーを表現し、乳白色のポインセチアが配され、LED電球の白い光に包まれています。

期間中 17:00~ / 18:00~ の2回、日替わりで、ヴァイオリン、ピアノ、クロマティックハーモニカ、ヴァイオリン・パーカッション・ハープ、ヴァイオリン・コントラバス、ハルダンゲルヴァイオリンなどの生演奏が楽しめる「クリスマスDailyライブ」が組まれています。

 

 

Discover Chuo City : カトリック築地教会の敷地に住んだ億万長者

[Hanes] 2018年12月11日 14:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
もし、「カトリック築地教会の敷地に億万長者となった人物が住んでいたことがある」と言ったら、皆さんは信じますか?
私は初めてこの話を聞いた時、手放しで信じることができませんでした

DSC_3162.JPG

その人物は信徒ではなく、なおかつ関東大震災前の話なので、
教会にその人物についての資料は残っておらず、「やはりそんな事実はなかったのか...」と思いかけたその時、
茨城県のとある資料館にて、偶然にもそれが事実だったと知ることになりました。
今回はそのような嘘のような本当の話を通じて、
これまでほとんど知られてこなかった築地の歴史のワンシーンをご紹介します

時は戦後。日本には「戦後の三長者」と呼ばれる3人の億万長者がいました。
元力士でホテル・ニューオータニ創業者である大谷米太郎
大阪造船所社長である南俊二
そして、今回の主人公となる炭鉱経営者菊池寛実です。

お隣の港区には、「菊池寛実記念 智美術館」があるので、
彼の名前を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません

IMG_0734.JPG

栃木県の馬頭町出身の彼は、炭鉱で成功していた叔父の山崎藤太郎を頼って上京し、
入船町の運河に面した場所にあった山崎商店にて、隅田川で石炭の荷下ろしをする見習いとなりました。
当時内風呂のある家は少なかったので、一町内にひとつは銭湯があり、
彼も石炭や粉炭の汚れを洗い流しに銭湯に行っていたようです

入船湯.jpg
(もしかしたら入船湯のことかもしれませんね!)

そんな彼もやがて結婚し、アメリカ大使館やホテルオークラの近くである赤坂霊南坂に住み始めます
そしてその後、築地明石町に引っ越すことになるのです。

「大正十年、一家は霊南坂の家から築地明石町に移った。この家は、昔の居留地のまんなかにあったカトリック教会に隣接する教会付属の建物で、ローマ法王所有の家であった。明治十年以前の建築で、古くはあったがレンガ建ての立派な洋館で、二階を住居とし階下を辰ノ口炭砿の事務所に使った。新興成金の住居にふさわしい、というより身分不相応なくらいの堂々たるものであった。」
立石任夫『菊池寛実伝』(大心塾、1979年)、p. 180.※非売品

記念館.jpg
(菊池寛実記念高萩炭礦資料館(茨城県高萩市)にて撮影。)

「不景気のあとの不況の波が押し寄せてきた大正十(一九二一)年、寛実は転居している。新婚生活五年目であった。赤坂霊南坂から、築地明石町へ移転した。新居は新築ではなく、カトリック教会に付属した洋館で、ローマ法王庁所有の家だった。築四十五年というから古いが、赤レンガ建ての洋館で、当時まだめずらしい。どうしてこの家が手に入ったのか。娘の智によれば、ローマ法王庁の大司教座が霊南坂に移ったのにあわせて、寛実が譲り受けたらしい。二つの西洋館のうち、一軒は会社が使用し、もう一軒は住まいになっていた。この明石町は隅田川の河口に近く、川沿いで眺望も悪くない。数十年前まで、川に望んだ料亭など、なかなか風趣があったものだ。もともと、明治初年の、いわゆる築地居留地のあとだけに、大正時代にはまだ、居留地の名残が新東京風景としても知られているところだった。」
早乙女貢『怒涛のごとく:菊池寛実の不屈の生涯』(2008年、原書房)、p. 119.

炭鉱.jpg
(菊池寛実記念高萩炭礦資料館(茨城県高萩市)にて撮影。)

寛実は、関東大震災で家が消失したのを機に引っ越すことになりましたが、
その当時の教会の様子は、以下のように記録されています

「ローマ法皇庁の力も、贅を尽くした西洋建築もこの地震の前には、抗する術もなかった。地震は火災を引き起こし、火は風を呼び、烈風が火災を煽って、東京を焼き尽くしたのだ。(...)余震のつづく三日目には、早くも入船町の焼け跡の敷地に杭を打ち縄張りして、バラックを立てた。(...)寛実はそのバラックで早くも仕事を再開始し、ついで、ふたたび明石町の旧居跡にも、バラックを建てた。ここは敷地が広いので、空地を貯炭場に利用できる。教会が荘厳な雰囲気で蟠踞しているときはとても言い出せなかったことが、震災がもたらした幸いといえようか。教会のあった敷地が石炭置場になるなどと、だれが想像し得ようか。この明石町は隅田川と掘割に囲まれているために、水運に便利なことが石炭の運搬に最適だったのだ。」(早乙女、pp. 124-126)

石炭.jpg
(菊池寛実記念高萩炭礦資料館(茨城県高萩市)にて撮影。)

信じられないかもしれませんが、先日同期特派員の湊っ子ちゃんさんもご紹介していた教会敷地内の建物は、
かつて炭鉱事務所として使用され、石炭置場になったこともあるのです
そしてまた、後に億万長者となる菊池寛実の若き日を見届けた場所でもあるのです

事務所.jpg
(高萩炭礦の事務所の遺構)

黒いダイヤモンドで日本の発展を支えた男の築地での一時は、
既存の文献にはほとんど残っておらず、忘れられつつあります。
しかし、外国人居留地としての印象の強い築地明石町に、それも教会の敷地に、
そのような人物が住んでいたことは非常に意外で、興味深い話ではないでしょうか?

このように、中央区内には興味深い人物伝がまだまだ眠っています。
今後も石炭を掘るがごとく、人物伝を「採掘」していきたいと思います

 

 
1234567891011