中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


【本格和食の料理教室】 銀座 藤田(銀座八丁目)

[お染] 2018年7月29日 12:00

以前にもご紹介させていただいた、和食料理教室「銀座 藤田」
先日、ついに中級クラスまで終えることができました!
    
    
s53_08.jpg
中央通り沿い、博品館近くの第三ソワレ・ド・ビル 地下1階にあります。
    

「銀座 藤田」は普段は接待などに使われるような大人な雰囲気の和食料理店ですが、平日の昼間や土曜日には料理教室が開催されています。
初級クラスから始まり、それが終わると希望者は中級クラスに進めます。
    
プロが直接教えてくださいますし、グループで作業するのではなく全行程一人でできるのが魅力です。一方で、一クラス5~6名の生徒さんがいらっしゃるので、お仲間がいて楽しいし、自分だけでは思いつかない質問も聞くことができて勉強になります。
    

初級クラスではだしの取り方や包丁の使い方など基本から学びました。
授業中にお魚を何匹もさばいたり、卵焼きや太巻きを何本も作ったり、反復練習が多く授業内だけでもある程度体に染みつきます。
    
中級クラスでは、調味料の使い方やアレンジの仕方など、頭を使って工夫することがメインで、料理の奥深さを垣間見ることができます。
初級でもやったアジフライは、パン粉ではなく変わり衣で作ったり、豚の角煮やゆり根饅頭、カニ料理など、手の込んだ料理もします。
   
s53_02.jpg s53_04.jpg
繊細で美味な ゆり根饅頭(!)とサンマを使ったさつま揚げ。
カニはまるまる一杯を使って、炊き込みご飯とクリームチーズの茶碗蒸しにしました。
   
    
春にはふきのとうなどを使った山菜丼を作って季節を感じたり、個人的に取り扱いが謎だった鴨肉は、柔らかく仕上げるコツを学んだり。
s53_05.jpg s53_03.jpg
s53_07.jpg s53_06.jpg
手強かった北寄貝。。。最終的にお刺身になりました。ふぅ...(^_^;)
      
       
実際に一回やってみると、そんなに大変でもないことがわかって自信が持てましたし、食材のもつ元々の味を考えるようになって、今までルーチンのように入れていた調味料は、むやみに使わなくなりました。
     
また、料理教室で教えていただいた魚の昆布締めは、家でもちょくちょく作っています。そうなると、それに合う美味しい日本酒はないかなと探し出したりして...
今までお酒にあんまり興味がなくて、ポテチにジュースでもいいやと思っていたのに、自分で自分にびっくりです。
      
      
料理の引き出しも増えましたが、人生の楽しみ方も幅が広がりました
    

それから、一番学んだのは、料理は自由ということです。
(外してはならないポイントも!)
     
料理本などで「こうしなさい」と言われたとおりにやらねばならないと思い込んでいたので、自由に発想することが楽しくて、しかも美味しくできるなんて、大発見でした。
持ってた和食関連の料理本は必要性を感じなくなったので、今うちの本棚にあるのは「銀座 藤田」の料理教室ノートのみです!
     
s53_09.jpg
これさえあればいいんじゃない??
    

料理教室に通う前、職人さんは厳しそうだと勝手にビビり、問い合わせの電話をするのにも緊張したのですが、こちらの藤田先生はホスピタリティとユーモアにあふれた方で、そんな心配は全く無用でした。
料理を通じて生徒さんに楽しんでもらいたいとおっしゃっていましたが、本当にその通り!とても楽しかったです。
     

中級クラスには初級クラスを終えてからでないと進めないのですが、両方合わせて約3年、毎回新しい発見があって、もっと通いたいなと思うほど充実していました。
    
「銀座 藤田」のお食事もそうですが、美味しいだけでなく「こんなアイディアあるんだ~」という感動があるので、どちらのクラスも、ある程度料理の経験を積まれた方こそ、目からうろこではないかと思います。
     

ご興味ありましたら、まずは初級クラスから、お電話してみてください (*^^*)
(電話:03-3572-5601)
楽しいですよ~
     

◆◆募集中クラス(初級クラス)◆◆
定員:1クラス5~6名  回数:全14回(月1回×14回)
受講料:1回 7,500円×14回一括:入会金無料、受講料105,000円)
尚、2か月前入金 入金後キャンセルはできません。
    
イワシのなめろう・つみれ汁、ニンニクみそ、アジのバッテラ・フライ・南蛮漬け、いくらの醤油漬け、サバの煮付け、メバルの煮付け、子持ちいかの煮付け、天丼、いかの塩辛・ホイル焼き・いかソーメン、天茶、タイ茶、冷たいお茶漬け、たけのこ御飯、若竹煮、沢煮椀、玉子焼き、茶わん蒸し、かぶら蒸し、さくら蒸し、カレイの唐揚げ、ふろふき大根、なすのしぎ焼き、太巻他
      
※欠席の場合、受講料の払い戻しは致しかねますので予めご了承ください。(尚、2回まで無料で補習授業を受けつけます。)
      
      
◆銀座藤田
HP:http://hitosara.com/0006039581/(ヒトサラ)
住所:中央区銀座8-8-7 第三ソワレ・ド・ビル B1F
電話:03-3572-5601
     
s53_01.jpg
    
 

 

第34回能楽金春祭り 8月7日に能パレード

[銀造] 2018年7月29日 09:00

 銀座を歩いていて、「第34回能楽金春祭り」のお知らせのポスターを見つけました。

開催日は、8月1日から7日の期間に開催されます。

能パレードは、8月7日(火)夜6:00より。 場所は、銀座金春通りです。

1532006245720.jpg

 詳細は、こちらのHPを御覧下さい。http://komparu-ginza.com/

 

 

「林明子原画展」-絵本のひきだしー「羽海野チカの世界展」-開催中―松屋銀座

[滅紫] 2018年7月28日 14:00

100_2848.JPG 100_2850.JPG

上記2つの原画展が開かれています。19日からだったのですが、「ものすごく混んでいる」という噂で少し落ち着いてからと思っているうちに展覧会ははや終盤。慌ててお昼前に松屋さんに伺うとグッズコーナー横の特設レジは長い列。会場内はじっくりご覧になる方が多く、進みません。例によって逆回りを試みるも同様。林明子さんが1976年に初めててがけた絵本「はじめてのおつかい」から40年。懐かしんでご覧になっているシニア層の方から若いママとお子さんまで世代を超えて愛されているのがよくわかります。グッズコーナーは盛りだくさんで「おつかい」で買いに行った「牛乳」のパッケージに入った「はじめてのミルク・ラスク」もありました。

「羽海野チカ」さんは将棋を題材にした「三月のライオン」がTVアニメや実写映画になり、「将棋女子」ブームを起こしてよく知られています。こちらは圧倒的に20-30代の女性ばかり。執筆用具や原稿、ネタ帳の他に映画の中で神木隆之介が着用したメガネなどの衣裳の展示もあります。来場者には特典として「3月のライオン特別版」(銀座松屋版)が配られるのも人気です。(私もいただき地下鉄の中で読みながらニタニタしました)

新作の複製原画も人気で予約済みのシールがたくさん並んでいました。

100_2854.JPG 100_2852.JPG

100_2853.JPG 100_2857.JPG

「絵本のひきだし―林明子原画展」「羽海野チカの世界展」松屋銀座8Fイベントスクエア

-7月29日(日)まで  10:00-20:00 27日金は20;30まで 最終日は17時閉場

入場料一般 各 1000円

 

 

2018夏のGINZAカレーフェア  ~ 資生堂パーラー 銀座本店 ~

[rosemary sea] 2018年7月28日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をインターオペラビリティーを発揮して取材します、rosemary seaです。

資生堂パーラー 銀座本店レストランさん、2018夏のGINZAカレーフェアを8月31日(木)まで開催されています。

銀座本店さんでは恒例となりました夏のカレーフェアでは定番のカレーライス3種に加え、伝統のカレーソースをアレンジし、厳選素材を組み合わせたこだわりのカレーメニューが4種登場しています。

歴代シェフに継承される調理法をベースに、魚介・チキン・ビーフなどの美味しさを活かしております。

香ばしさと深いコクが食欲をそそる資生堂パーラーさんのカレー。

この4種、8月いっぱいまでです。

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さん、橋本さんにお世話になりました。

それではフェアのカレーライス、ご紹介です。

201807スープカレー2a.jpg

和歌山県産"紀州うめどり"のブレゼと夏野菜のスープカレー  2,900円(税込)

鶏肉本来の旨味、適度な弾力と柔らかさが特徴の紀州うめどりをジューシーにカレー風味のブイヨンで煮込みました。

鶏肉はほろっとくずれる食べやすさです。

香り高いスパイスを感じるカレースープが、美味しさをより引き立てます。

ブレゼとは・・・

braiser フランス語

肉を油脂で炒めて色付けしてから少量のだし汁で蒸し煮する料理。

つまり、炒め焼きと蒸しの2つを取り合わせ、蒸し煮にする調理法です。

煮込みではないので、水分が多すぎないようワイン、ブイヨン、水を入れ、蒸気と香りが逃げないように鍋を密封します。

弱火で静かに、気長にときどき肉の向きを変え、蒸すように仕上げます。

201807オマールカレー2a.jpg

オマール海老と帆立貝のカレー サフランライスを添えて  4,900円(税込)

軽くソテーすることで香りと甘みを引き立たせたオマール海老と帆立貝を、甲殻類のうまみとココナッツの香るカレーソースと合わせました。

魚介と相性の良いサフランライスが食欲をそそり、夏を感じる贅沢なカレーライスです。

201807和牛カレー2a.jpg

黒毛和牛三枚肉のプレミアムカレーライス  5,000円(税込)

きめ細かいさしの入った霜降りの黒毛和牛三枚肉。そのなかでも特別やわらかい部位だけを選び、エスパニョールソースでじっくり煮込みました。

とろけるような牛肉と玉ねぎの甘味を感じるカレーソースとの組み合わせは絶品です。

201807低糖スープカレー3.JPG

低糖質版マンガリッツァポークのブレゼと夏野菜のスープカレー  2,900円(税込) 糖質量38.8g

マンガリッツァポーク、資生堂パーラーさんでは何度も登場していますね。

ハンガリーの国宝と云われる"マンガリッツァポーク"をカレー風味のブイヨンで柔らかく煮込みました。

資生堂パーラーさん伝統のカレーソースをベースに、マンガリッツァポークのバラ肉を煮込んだブイヨンを加えることで旨味を倍増させています。

肉と夏野菜を贅沢に盛り合わせた低糖質版スープカレーとなっております。

 糖質量は「食・楽・健康協会」算出値です。

  (七訂食品標準成分表利用可能炭水化物をもとに計算されています。)

 お値段に別途サービス料10%がかかります。

 画像はイメージです。

・・・暑い夏、資生堂パーラーさんのカレーライスで、元気にお過ごしください。

5Fから レストラン内観a.jpg

資生堂パーラー 銀座本店

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル4/5階

03-5537-6241

営業時間  11:30~21:30(ラストオーダー20:30)

定休日  月曜日(祝日の場合は営業します。)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

銀座ライオン 8月4日はビヤホールの日 生ビール半額

[銀造] 2018年7月27日 12:00

 東京メトロ銀座駅直結の「銀座プレイス、GINZA PLACE」地下1、2階に銀座ライオンのビヤホール、ブラッスリーがあります。

平日13:00頃でしたので、店内は、そんなに混んではいませんでした。平日限定の日替わりランチに、お得な生ビールセット、別にワインを注文して、ゆったりと食事を楽しみました。(196はテーブルの番号で、このカードを持って行ってレジで、支払いをします)

1532525202190.jpg

サラダ、ビール、コンソメの写真が写っています。(日替わりランチのメニューは撮影を忘れました)

1532525283952.jpg

 そして、テーブル席を立って、手を洗いに行くと、眼の高さに、同社の歴史が案内されていました。

 

『銀座Xサッポロライオンの歴史』

明治32年8月4日 京橋区南金六町五番地(現銀座八丁目)に「恵比壽ビヤホール」開店。

日本初のビヤホール「恵比壽ビヤホール」の開店を、サッポロライオンの創業としています。

現在では、毎年8月4日を「ビヤホールの日」とし、全国のサッポロライオンチェーンで、"生ビール半額"イベントを実施し創業を祝っています。

 

同社のHPはこちらです。 どうぞ、暑い夏は涼しい所で、グラスを傾け、英気を養って下さい。

https://www.ginzalion.jp/top.html

 

 

銀座は工事中の装いもお洒落!?

[しばしばしばた] 2018年7月25日 12:00

銀座3丁目銀座通りマロニエ通りが交わるところにある
「シャネル 銀座」さんでは、2018年秋のリニューアルオープンに向けて
現在改修工事が進められていますが、
その装いが素敵なので、紹介させていただきたいと思います!
 
sbt_1807_01.JPG
今月撮影した「シャネル銀座」の様子です。
銀座通りに面した部分は建物全体が覆われていますが、
覆いの部分にはシャネルの本拠地・パリのランドマーク、
「エッフェル塔」の絵が描かれています。
 
そして、建物の低層階に目を向けてみると・・・
sbt_1807_02.JPG
高いところからの部材等の落下を防止するために、銀座通りの歩道上に庇が設けられているのですが、
この庇を支える柱の部分が、銀座通りのガス灯を彷彿とさせるデザインになっています。
それから、建物1階部分の囲いも、単調な白い壁にならないよう、素敵な絵が描かれていますね。
 
sbt_1807_03.JPG
歩道の上に立ってみると、このような見え方になります。
明治時代の銀座の姿に想いを馳せたくなりますね。
これ、「シャネル銀座」さんがリニューアル工事をしている間だけしか見られない
ある意味、期間限定の風景ですので、見に行くなら今です!

 

 
<<前のページへ 4567891011121314